赤ちゃんにイライラを感じてしまった経験談20選まとめ!

赤ちゃんにイライラ

大変で忙しい子育て生活。

家事や仕事に追われる中で子育てをしていると、思い通りに行かない現状に不満と不安を感じ、思わず赤ちゃんにイライラしてしまうという場面も出てきてしまうものです。

そこで今回は、20人の方に「子育て中に、赤ちゃんに対して思わずイライラを感じてしまった経験談について教えて下さい。」というアンケートを実施し、みなさんの経験談を教えて頂きました。

赤ちゃんにイライラを感じてしまう事や、イライラしてしまう自分自身に悩んでいるという方は参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

 

経験談1

女性
(女性26歳)

思わずイライラした事は、夜になかなか寝つかずに大きな声で泣いたり、おしゃべりをしたりしていた時です。

近所迷惑になるような大きな声で、抱っこしてもミルクをあげてもまったく何の効果もなく、ただただ大きな声をだし続ける赤ちゃんにとてもイラつきました。

なので自分の気分転換も合わせて、車に乗せてドライブに出かけました。

もともと運転は好きだったので、いい気分転換になりイライラも収まりさらに赤ちゃんも寝てくれたのでよかったです。

 

経験談2

女性
(女性26歳)

オムツを替えても、ミルクをあげても、抱っこをしてもギャンギャン泣いて、私には泣いてる理由がわからなくてどうしようもなくなったときがありました。

子供も私のイライラを感じているようで、余計に泣き声がひどくなり、私も我慢の限界でこどもの口を塞ぎかけました。

しかし、「そんなことしてはダメだ」と自分に言い聞かせて、一度落ち着くためにトイレにこもりました。

一旦こどもと離れると気持ちの切り替えができ、何てひどいことをしようとしたのかと冷静になれました。

自分だけの空間を作って気持ちを落ち着けることが大事だと思います。

 

経験談3

女性
(女性28歳)

離乳食が始まると、一日中、食事の心配や世話ばかりしなければいけなくて、ずっとイライラしていました。

ネットや育児書を見ながら作った離乳食も食が細いのでなかなか食べないし、ようやく食べ終わったとホッとして、私が自分の食事を食べ始めると吐いてしまうこともあり、自分の食事はそっちのけで掃除をしなければいけませんでした。

あまりにもストレスがたまった時は、思い切って信用できるメーカーから出ているレトルトの離乳食を使っていました。

 

経験談4

女性
(女性28歳)

子供が産まれてしばらく病院で過ごし、退院してからちょっとたった頃におっぱいあげてもオムツを替えても泣き続けたときはどうしていいか分からず、イライラしてしまいました。

おそらく、初めて子育てをするときは誰もが経験することだと思います。

うちの子は抱っこしていたら割と大人しくなる子だったので、夜中も抱っこしたまま寝たりすることがありました。

そのおかげか、座ったままでも熟睡できる術を身に付けました。笑

他にも子供を安全なところに寝かして、一人で離れた部屋に行くなどして対処していました。

 

経験談5

女性
(女性30歳)

現在2人の子供がおります。

離乳食中期くらいに野菜のペーストが好みではなかったのか、全く食べない時期がありました。

その時はまだ1人目で何もかもが初めてで食べてくれない事にイライラ、というより不安が大きかったです。

あとはあまりお昼寝しない子で、トイレに行く時も、何をするにしても1人の時間が取れない事に対してストレスは感じていました。

旦那の転勤で見知らぬ土地でほぼ母と子だけの生活。

旦那は仕事も忙しく、朝から夜まで大人と喋ることもなく過ごしていた時期は、子供にイライラしていました。

 

経験談6

女性
(女性31歳)

私は、自分が空腹の時に赤ちゃんがわざと食べ物をぐちゃぐちゃにしたり、床におとしたりしたときにイライラを感じました。

あまり食が進まない赤ちゃんだったので、いろいろ工夫したり、キャラクターにしてみたりしたのに、わざとすることに腹が立ちました。

片付けないと、またその落としたご飯で遊びだしたり、食べたりするから、早く片付けたいのにぐずぐず言い出すし、夜ご飯はイライラしっぱなしでした。

「食事は楽しく」と言われるけど、全く楽しくなかったです。

 

<スポンサーリンク>

 

経験談7

女性
(女性32歳)

どうしようもなくイライラしたのは、夜泣きです。

息子は1歳半まで夜間の授乳が続いていたのですが、時おり授乳が終わっても寝付かず、夜泣きが始まることがありました。

これがとても辛くて、「いつもだったら授乳お腹いっぱいになったらそのまま寝るのに、なんで今日は寝ないの!」と、単なる夜泣き以上にイライラしました。

母乳の出が悪いのか良すぎるのか、部屋が暑いのか寒いのか、色々と考えて対処しましたが、結局対策を立てたところで関係なく泣いたり寝たりしたので、夜間授乳の卒乳まで耐える以外に手立てなく過ごしました。

卒乳した今では辛かった思い出のひとつですが、夜泣きが続いていた頃は昼間も寝不足でイライラしやすく、甘いものを食べまくってストレス解消してました。笑

今まさに夜泣きがひどい時期のお子さんがいらっしゃる方は、いつか必ず終わりますので、適度にストレス発散をしながら乗り切ってください。

 

経験談8

女性
(女性32歳)

いくらミルクやおっぱいをあげても欲しがったり、全然寝てくれなかった時にイライラしました。

自分も寝不足だったので、どうしたら寝てくれるのかわからなくなっていました。

初めの子は慎重になり過ぎてしまう事もあり、悩んでしまっていたのと、寝不足な日が続いた事でイライラしてしまったのだと思います。

イライラした時は、無理に寝かせようとせず、一緒に遊んでみたり、音楽を聞いて気持ちを落ち着かせたりしてイライラをなくしていました。

そして、寝不足な時は家事はせず、寝た時は一緒になっていっぱい寝る事にしました。

 

経験談9

女性
(女性32歳)

娘が3ヶ月頃のこと、夜なかなか寝ず、「抱っこしてトントンゆらゆらして寝かしつけ、そっと布団におろすと30秒ほどで泣くのでまた抱いて」というのを30回以上繰り返し、ついに我慢の限界がきてしまいました。

泣いている娘を布団の上に待たせ、隣の部屋のソファーに走ってソファーをゲンコツで叩き、ご近所迷惑にならないようにクッションを自分の顔に押し当て、

『なんなの?!なんで寝ないの?!一晩中抱いてろってこと?勘弁してくれよ!』と、

5分ほどクッションに向かって叫びイライラを発散しました。

 

経験談10

女性
(女性32歳)

生後2〜3ヶ月で始まった夜泣きにイライラしてしまいました。

ただでさえ、慣れない育児と不規則な生活に慣れず、疲れがピークになっていた時期でした。

これまでは夜中泣いてもオムツを替えたり、授乳をすればそのまま自然に眠る事が多かったのですが、ある時を境に何をしても泣き止まず、抱っこも添い寝も仰け反り、何で泣いているのか途方にくれてしまいました。

主人も夜勤や出張が多く、実家も遠方のため、1人で抱え込んでしまいました。

どうしても子どもが、泣き止まない時は少し距離を置いて様子を見ていました。

また抱っこをしながら「明けない夜はない」と自分に言い聞かせ、他にも夜泣きで起きているママがいると思い何とか向き合う事が出来ました。

 

経験談11

女性
(女性33歳)

車のシートに乗るのを子供が嫌がった時にイライラします。

背中を海老反りにして泣いて抵抗するので、チャイルドシートのベルトを付ける事もままならず大変です。

赤ちゃんは状況が読めないので、大雨でも濡れながら嫌がってくれる時もありました。

かといって、チャイルドシートに乗せずに帰る事も危険なので、乗せるしかありません。

その際、無理やりのせて、車中狭い中ずっと泣き通されるのもイライラします。

そうした状態にならないように、いろいろ試した結果、そんな時には、気をそらして乗せる事が1番だと感じました。

スーパーから帰る時には、買った物を手に持たせて乗せてみたり、公園からの帰りには、枝や石を拾って「パパに見せてあげようね」と声を掛けて乗せたりしています。

また、チャイルドシートから降ろす際に赤ちゃんの背中が汗でぬれていました。

チャイルドシートに密着は暑いようで、それも嫌な原因かと思い、夏場は赤ちゃん側の窓にカーテン、シートに冷却スプレーをしていました。

乗る際に、お菓子をあげることやDVDを見せる事は癖付いて欲しくなく、私は避けるようにしていました。

 

経験談12

女性
(女性33歳)

とにかく、生まれた時からよく泣く子で、最近はさらにパワーアップして参っている。

泣き方も、外で泣き出すと周りの人が驚いてひくぐらいで、家で泣かれる時など、虐待疑惑で通報されないかビクビクしてしまいます。

何かと思い通りにならないと泣き出し、要求が通るまでどれだけあやしても無駄、叱っても逆効果で、どうしようもなくてイライラしてしまいます。

必ず自分の要求が通るわけではないことを、そろそろ覚えなければいけないので、泣き止まなくてもこちらは毅然とした態度を取り、あとは構わないで放っておくようにしています。

泣いているのに付き合うと、もっとイライラしてしまうので。

 

経験談13

女性
(女性35歳)

産後しばらくして、自分も寝不足の毎日が続いていてイライラしたり、精神的にやられてしまっている日でした。

2時間以上泣いて寝てくれなく、オムツを替えても泣き止まない、ミルクをあげても泣き止まない、ずっと抱っこしてあやしてあげたり、ゆらゆらしてあげたり、歌を歌ってあげたりしても泣き止んでくれなかった時に限界になってしまいイライラしてしまっていました。

見かねた両親や旦那が子供を見てくれて、少し預けて睡眠を取って気分を落ち着かせました。

 

<スポンサーリンク>

 

経験談14

男性
(男性35歳)

2人の子供がいますが、夜中にお腹が空いて泣きまくったり、どうして泣いてるのかわからない時等は、さすがにイライラしてしまいましたね。

しかも最低なことに、無抵抗の最愛の赤ちゃんに手を出してしまった事も多々あります。

冷静に戻ると、なんて事をしてしまったんだといつも後悔してましたが、また頭に血が上ってしまうと同じ事の繰り返しで、さすがにこのままではいけないと思い、話し合った結果、嫁と二人で見るようにしました。

それまでは一人責任で、一人が寝て一人が面倒を見るってやり方でしたが、なるべく二人で、泣いた時、オムツを変える時など、全てを二人でお互いを思いやりながらってやり方に変えました。

それでもきつい時もありましたが、そんな時に嫁が寝てていいよって言ってくれた事もあったので、イライラする事よりも逆に俺がやるよって気持ちに変わりました。

子供はやはり母親だけが多く面倒を見るというのは古い考えで、父親も同等に見るのが当たり前だと実感しました。

 

経験談15

女性
(女性37歳)

言葉が通じない分、忙しい時やゆっくりしたい時に泣かれたり、寝てくれない時にイライラしました。

オムツも替えた、授乳もした、ひたすら抱っこして、散歩して、やっと寝たと思ったら、布団に寝かす時に起きてしまうという事が何度もありました。

泣かれちゃってイライラした時、深呼吸して、前出に書いたオムツ替え、授乳に挑むのですが、その際、布団で行うようにしました。

こちらが辛い体勢になりますが、赤ちゃんがミルクや母乳を吐いてもいいように、赤ちゃんを横に寝かせ、腕枕して、自分の心音が聞こえる辺りに、赤ちゃんの頭が来るのがベストポジションです。

そうすると何故だか飲み寝して、しばらくゆっくり出来る時間が出来ました。

私の場合は、一緒に寝ちゃう事の方が多かったです。

くれぐれも、赤ちゃんの窒息などには注意が必要な手段です。

 

経験談16

女性
(女性39歳)

新生児の頃は、授乳とおむつ替えを頻繁にしないといけなかったので大変でした。

特におむつは、授乳前に交換して、授乳が終わるとまたおしっこをしていたり、交換した直後にまたうんちが出たりした時は、その作業がエンドレスなのでちょっとイラっとしました。

ですが、自然現象だしどうにもならないことなので、しばらくの間の我慢だと割り切ってやり過ごしました。

ちゃんとうんちが出て、ミルクも飲んでくれるのは健康な証拠だと発想を転換すると、イラっとしなくなりました。

 

経験談17

女性
(女性40歳)

まだ0歳の頃、ミルクを飲ませて、オムツを替えて、ベビーベッドに寝かせたら、うんちをした。

そのうんちが背中まで漏れていたから、服を着替えさせて再び寝かせたら、今度はミルクを吐いた。

再び服を着替えさせて再び寝かせたら、またまたミルクを吐いた。

洗濯物を干す時間も無いのに、汚れものばかりが溜まっていき、替えても替えてもオムツは汚れ、着替えても着替えても服を汚されるのが嫌でした。

でも、人前ではイライラしても怒れないのが自分でわかっているので、イライラが溜まっている時は、赤ちゃんを抱っこして、あてのない散歩に出かけたりしていました。

多少なりとも、自分の気分転換にはなったと思います。

 

経験談18

女性
(女性40歳)

子育て中に赤ちゃんにイライラを感じたことがないお母さんなんて一人もいないと思います。

みんな多かれ少なかれ、なんらかのイライラは感じるのが普通だと思います。

お母さんは神でも仏でもないからです。

単純に赤ちゃんは言うことが伝わるはずもなく、言うことを聞いてくれるわけでもないからだと思います。

それと同じように赤ちゃんは赤ちゃんで泣くのが普通で、赤ちゃんとしても「なんでお母さんのくせにこちらの望みがわからないのか」と思っているのかも知れません。

何度も深夜に歯を食いしばって我が子をあやしましたし、一緒に泣き叫んだこともあります。

 

経験談19

女性
(女性42歳)

赤ちゃんのお母さんでもあり、その赤ちゃんに上のお子さんがいたらその子のお母さんでもあり、そして妻でもあり嫁でもある立場だと、いろんな事柄に板挟みになる事が多々出てきます。

私も時々、子育てしている中で「イライラ」した事がありました。

可愛い赤ちゃんに対してイライラしてしまった時は、今振り返るとやはり目の前の赤ちゃんの事ではなくて、赤ちゃんのお世話と同時に何かをして「あげなくては」ならない事に挟まれた時でした。

赤ちゃんは敏感なので、お母さんが自分だけをみていてくれないと泣いて訴えてきます。

なだめても、そういう時は直ぐには泣き止みません。

踏んだり蹴ったりです。

辛くて辛くて、どうしたらいいのとパニックになりそうでしたが、そんな時は次のようなやり方をとってみました。

まず、「赤ちゃん」の事を優先しました。

目の前の赤ちゃんを真っすぐ見てあげられる「余裕」を持ちました。

そうすると板挟みの切なさから解放されて、笑顔で色んなことに対処できるようになりました。

辛い時には、まずまっすぐ赤ちゃんの事を見つめて包む。

是非やってみてください。

可愛い天使が力をくれると思います。

 

経験談20

女性
(女性45歳)

夜泣きが毎晩酷くて寝られなかった時、主人が夜子供をあやして寝かしつけてくれました。

毎日続いては持ちません。

そんな時主人から見てくれると声をかけてくれたので良かったです。

私から「たまには子供の面倒みてよ」って言っていたらイライラしている事もあり、きっと喧嘩になっていたと思います。

急がなければいけない時に限って必ず愚図りはじめます。

そんな時はお母さんがイライラして怒ってしまうので、お父さんがいる時はお母さんを責めるのではなく代わってくれればいいですね。

お母さんが一度落ち着けるので、お父さんが何も言わず子供の事をやってくれるといいです。

うちは主人がそうしてくれました。

 

アンケートに答えてくださった方々、ありがとうございました。

★こちらも読まれています

子育ての楽しいことは何?|経験者10人に聞いてみた

専業主婦が暇な時間にしている事10選!おすすめは何?

ママ友がめんどくさい!そんな時の対策と注意点とは

夫のむかつく所8選!イライラを感じた時の対処法は?

子供を可愛くないと感じてしまったエピソード15選まとめ!

<スポンサーリンク>