姉を嫌いになってしまう理由や本音14選まとめ

姉 嫌い

ここでは、自分の姉を嫌いになってしまう理由や本音についてまとめています。

今回は「あなたがなぜお姉さんを嫌いなのか、また、お姉さんにどんな所を変えて欲しいか具体的に教えて下さい。」というアンケートを実施し、まとめました。

参考にしてみて下さい。

<スポンサーリンク>

理由と本音1

女性
(女性 20歳)

私は姉があまり好きではありません。

最近ではどちらかと言うとを嫌いになってきました。

この1番の理由は、姉の物の言い方です。

妹に対してかなり厳しいものの言い方をしてきます。

このため姉に何か言われると、こちら全く言い返せなくなり、すべて姉の言いなりになってしまいます。

確かに姉の方が知識もあり、経験も豊富なのですが、ものの言い方については直してほしいと思います。

あれで世間でやっていけるのかどうか、妹としても心配になります。

 

理由と本音2

男性
(男性 25歳)

私は姉の事が大嫌いです。

姉には幼少期から、散々パシリとしてコキ使われて大嫌いです。

~~を買ってこい等の命令をされ、命令に背くと殴られていました。

長女なのに全然しっかりとした性格ではなく、遊んでばかりいる性格の姉が大嫌いです。

全ての責任を弟である私に押し付けて、姉は自由奔放で人生を謳歌しています。

姉が憎くて仕方ありません。

姉の自己中な所、無責任な所、人としての思いやりが一切ない所。

嫌いな点を挙げるといくつでもあります。

姉に、少しは人の事を思いやって行動したらどうなんだと言った事があります。

すると、思ってるから命令してんだよ。

と返されました。

姉が変わる事はないでしょう。

親が、姉の幼少期の時に、しっかり教育しておかなければならなかったと思います。

姉は、男遊びも激しいので、私は姉の事を「人間」と思っていません。

 

理由と本音3

女性
(女性 26歳)

姉は妹を見下した態度をとることが多く、自分より高価な物を持っていると「デザインが悪い」「趣味が悪い」となんとか自分の地位を保とうとします。

また、両親に散々金銭面も生活面でも甘えてきたにも関わらず、両親の老後の話となると妹に丸投げをするところなどは許せません。

その割に発言の一つ一つから「私がいないとうちの家族は、何もできない。自分だけが冷静だ」という思いが強いのが何よりも面倒臭い姉です。

姉の傲慢さ、自己中心的な態度、自意識過剰なプライドを直して欲しいです。

 

理由と本音4

男性
(男性 28歳)

嫌なのは、上から目線でモノを言ってくる事です。

事あるごとにお前は駄目だ、お前は私より劣っている等あんたは私より駄目なんだと擦り込んできます。

そして何か反論すると、お前の癖に生意気だと、例えるならのび太に接するジャイアンみたいな感じです。

こっちの良い所を誉めるなんて事は皆無です。

ひたすら否定です。

否定癖やそのジャイアンツ気質な所を治して欲しいと思ってますが、長年そういう思考、考えが染み付いてるせいかなかなか改善は難しい気がします。

 

理由と本音5

女性
(女性 30歳)

私は、30歳の会社員です。

姉は、3歳差の年の離れています。

小さい頃から、姉の言うことを聞いて育ってきました。

用事なども私がやったりもしました。

両親がいない間でも、私が家事をしたり、宿題もしたりしました。

姉は、サボってばかりいて何もやりません。

私のことを「デブ」「ちび」など言ってきます。

今でも姉は、私と比較したりします。

小さいときみたいに、近しくはないのでいいのですが、小さい頃を思うといたたまれないです。

<スポンサーリンク>

理由と本音6

女性
(女性 30歳)

3つ上に姉がいます。

とにかく私と姉は性格が正反対。

活発でアクティブな姉に対し、私はインドア派で静かに過ごしていることが好き。

なので、小さいころから姉は私にズケズケと自分の意見を言いまくりで、私の考えは一切無視。

感情の起伏が激しいので、姉の機嫌をうかがいながら過ごしています。

機嫌がいい日は買い物に連れて行ってくれたり、食事をおごってくれたりするのですが、「疲れたから」と機嫌が悪くなってしまうことも。

異性の兄弟だったらもう少しうまくいっていたのかもしれません。

 

理由と本音7

女性
(女性 30歳)

自己中心的で人のことをこき使うので嫌いです。

お互いいい年ですが、まだ幼いころの方が仲が良く昔から自己中心的なところはありましたが、姉のことは好きでした。

お互い子供ができ姉家族と自分の家族が里帰りしたときは母と父をこき使い自分は何の手伝いもしないので、段々腹がたってきました。

もつと自分の親のことを大切にしてもしいと思います。

またとてもケチで何か少しでも奢ってもらうと、それを厭味ったらしくいってくるところも嫌いになった原因です。

 

理由と本音8

女性
(女性 33歳)

私は2つ上の姉が大嫌いです。

私とたいした人生経験は変わらないのに、いつも上から物言い私を子供扱いします。

私がなにかに失敗したりしていると、慰めるわけではなくだからあなたは甘いのよと私の傷口に塩を塗ります。

しかも、歳が近いせいで両親にも姉とはかなり比較されてしんどかったです。

姉は姉私は私なのになかなかそれを受け入れてもらえませんでした。

誰しもが個性があって違う人間なのになぜ同じように考えるのかがよくわかりませんでした。

 

理由と本音9

女性
(女性 37歳)

私のする事を色々真似してくるところが嫌いです。

私自身、自分なりに調べたり工夫しているものを簡単に真似されると腹が立ちます。

しかも、周りにはさも自分でやったように伝えるところが嫌です。

参考にするのなら私に参考にする旨を聞くとか、周りにも私のを参考にしたことを伝えるくらいしてほしいです。

自分が同じことをされたらおそらく私に怒りをぶつけて九るはずです。

自分がされて嫌なことは私にもしないでほしいと思っています。

 

理由と本音10

女性
(女性 39歳)

姉のルーズでマイペースな性格にイライラします。

時間やお金にルーズで、まわりの人に配慮せずに迷惑をかけていることに気が付いていないのです。

お互いが結婚してそれぞれの家庭を持つと、そのルーズさがさらに際立ってきました。

予定を合わせようにも連絡がなかなかとれない、建て替えたお金は返ってこないなど、年々イライラが増して悲しくなります。

姉妹であっても別の所帯である以上は、相手の家庭のことを考えて行動してほしいです。

いい大人なのだから、「親しき仲にも礼儀あり」という言葉の意味を理解して、特にお金に関してはきっちりとしてほしいです。

<スポンサーリンク>

理由と本音11

女性
(女性 41歳)

私が姉を嫌いなのは、「専業主婦を見下している」からです。

私自身が現在専業主婦をしているのですが、ことあるごとに「専業主婦ってヒマだよねぇ~」とか、「PTAの役員に専業主婦がいるんだけど、本当に使えない」などという専業主婦への悪口を言っています。

自分は子供を産んでもずっとフルタイムで働いているのが自慢のようですが、子供達が熱を出したりしたら実家や義実家に頼り切りのくせに、偉そうにしないで欲しいです。

専業主婦はきちんと自分の子供を責任持って見ているんだ!ということを少しでも理解してくれればいいなぁと思います。

 

理由と本音12

女性
(女性 41歳)

何かにつけ自分の方が上だという事をマウンティングしてくるところです。

子供の頃から勉強や運動などでも自分の方が能力が勝っていることをわざわざ見せてくるところが嫌です。

そしてものの言い方が常に上から目線のところが嫌です。

ちょっとでも気に入らない事があったら余計ひどくなるので嫌です。

姉が負けず嫌いなのは仕方ないのですが、腹が立つので私を見下したようなものの言い方をやめて平等の立場の人間として接して欲しいです。

 

理由と本音13

女性
(女性 42歳)

一生会いたくない、顔を見たくないと思うほど嫌いではないですが、どうしても姉の方が先に産まれた分、甘やかされている、融通が利いてしまう部分があり、今でも姉が言ったことは絶対のような空気があるので、一緒にいることが苦痛ではないですが、もう少し周りに優しくなって欲しいです。

結婚して離れて暮らしていると言っても家族には違いないので、こちらの希望や要望を聞いたり優しい気持ちを持ってくれるとありがたいと思っています。

 

理由と本音14

女性
(女性 60歳)

三人姉妹で姉達二人はお嫁に行き、末っ子の私が家を継ぐことになりお婿さんを貰いました。

それぞれ家庭を持って子供が出来色々な事を三人で話し相談しあい仲良く姉達の旦那さんともお付き合いをしてきました。

親が歳をとり、少し認知が入って介護が必要となりました。

ショートステイ等やヘルパーさんを利用して私が家で見ておりました。

オムツを必要となり、僅か二万の年金しかもらえない母に少しずつ出し合い、介護施設を探したらどうだろうかとこれから酷くなった時の事を考え切り出しました。

お金がかかることなので、少しでも負担して欲しい旨話ました。

あんなに色々な事を相談したり、優しい姉達でしたからいい返事が返ると思い込んで素直に話ました。

お金がかかることになると、今迄の姉達と違渋りが見られビックリやらショックやらで、母が三人姉妹をとても可愛がって育ててくれた事を考え涙しました。

それぞれの家庭事情があるので無理は言えず仕舞いでした。

それからはやはり一呼吸置いて話す様になり、家庭を持つとこうなるのか、お金がこんなになるのか人の情けはどうなったのか感謝は、色々頭の中がぐるぐる回っています。