アニメを好きになる理由や心理7選!声優と躍動感が魅力?

アニメが好き

今回のテーマは、「アニメを好きな理由について」です。

現在、日本の『アニメ』は年間150本以上も新作が制作されており、海外での認知度や人気も年々高まっているなど、一大コンテンツとしてどんどん成長し続けています。

人々を惹きつけてやまないアニメの魅力とは、一体どこにあるのでしょうか。

今回は、19人の方に「あなたがアニメを好きな理由や、 アニメのどんな所に魅力を感じるのかについて具体的に教えて下さい。」というアンケートを行い、『アニメ』の魅力を教えて頂きました。

<スポンサーリンク>

1.非現実が実現するから

非現実が実現するから①

男性
(男性20歳)

◆好きな作品:『やはり俺の青春ラブコメは間違っている』

アニメは、見ている視聴者を今まで体験したことのない、まるで異世界に連れていってくれる感覚に導いてくれます。

ドラマなどですと人間が表現するので、どうしても現実味を帯びた内容になってしまいます。

ですが、アニメですと人物が表現するのではなく二次元のキャラクターが表現します。

ですのでどんな表現でも可能になります。

視聴者側とすれば、今まで見たことのない世界に浸ることが出来ます。

そんな体験したことのない場所に、見ているだけで連れていってくれるのがアニメの魅力だと思います。

 

非現実が実現するから②

男性
(男性20歳)

◆好きな作品:『イナズマイレブン』

私がこのアニメを好きな理由は、実際のサッカーでは起こることのないサッカーを見ることができ、色々な県から集まるメンバーが1つのチームとして世界を相手に戦うところが凄いと思うからです。

中学時代にサッカー部に入っていましたが、イナズマイレブンに憧れもあり、できそうな技があれば形だけでもできたらいいなと思いながらサッカーをしていました。

現実ではできないことをアニメでは描くことができるというところが、すごく魅力的だと思っています。

 

非現実が実現するから③

女性
(女性22歳)

◆好きな作品:『DEAR BOYS』

バスケをしていたので、バスケ漫画に1番興味があります。

単に実写より面白味があるので、アニメが好きです。

それ以外は、魔法が使えたり能力があったり、生き返ったりと現実では有り得ない事がアニメでは行われるのでそういうところに魅力を感じます。

小さい頃は、大人になったら私も魔法が使えるのではとか色々と考え、夢が膨らむので小さい頃からアニメは大好きです。

ある程度歳を取って、現実では有り得ないという事を知ってからも、有り得ないからこそ夢中で見れたりします。

ドラマみたいに中途半端に現実味があるとイライラしたり純粋に見れなくなるのでアニメは純粋にアニメとして有り得ない二次元空間として見れるので大好きです。

 

非現実が実現するから④

男性
(男性23歳)

◆好きな作品:『プリティーリズム・オーロラドリーム』

見たことのない景色が見れるというのがとても魅力に感じます。

クリエイターの試行錯誤した結果生み出される画作りであり物語であるところのアニメ作品ですが、これが自分がただ生きてるだけでは到底出会えない景色と出会えさせてくれるのです。

そして、その出会った景色によって自分の感情が揺さぶられてその結果、現実もなんだか楽しくなってくるような、そのようなところがアニメの魅力であり、私のアニメを見る理由になっているのだと思います。

非現実が実現するから⑤

女性
(女性35歳)

◆好きな作品:『魔法陣グルグル』

実写では難しいファンタジーの世界が広がっていて、夢を持てるところです。

現実では実現できない設定、キャラクター、ストーリーを誰にも邪魔されず堪能でき、色彩や音楽、歌にまで短い時間で見られるのが魅力です。

ファンタジーの実写映画だと、原作を壊してなくてよく出来ていても、その後の演じた俳優達が見えてしまうので、そこで現実に戻ってしまうことがあるのですが、アニメだとそれはないので、何年たっても見続けられるので好きです。

 

<スポンサーリンク>

 

非現実が実現するから⑥

女性
(女性36歳)

◆好きな作品:『キングダム』

アニメは大人が見てもワクワクしたり勇気をもらったりします。

特に私は歴史物、ファンタジー物、冒険物が大好きですが、自分がやりたくても経験できない事を変わりにやってくれたり、歴史物に関しては勉強になったりします。

特に好きなのがキングダムですが、キングダムを観ていると成り上がりのアニメなので、自分の抱えている悩みなどちっぽけなものに思えてきて、本当に勇気が湧いてきます。

アニメは子供だけが観るものだと思う方もいるかもしれませんがアニメの種類は沢山あるので、自分の好きなジャンルを選べるのも魅力の1つだと思います。

 

非現実が実現するから⑦

女性
(女性39歳)

◆好きな作品:『月刊少女野崎くん』

現実ではあり得ない世界観を楽しめることが一番にあります。

ファンタジー作品の場合は特に小説や漫画よりも明確にイメージが目に飛び込んでくるので、世界観がひと目でわかって作品に没入できるのが素晴らしいと思います。

人間の視点ではありえない構図からの俯瞰やぐるっとまわるカメラワークなどもワクワクして楽しめるのが良い点です。

ギャグアニメではデフォルメを上手く使った表現で、実写よりもわかりやすくテンポよくギャグが展開できるのがいいと思います。

 

非現実が実現するから⑧

女性
(女性43歳)

◆好きな作品:『のだめカンタービレ』

アニメでは、異次元の世界観や、現実ではありえないシチュエーションも何でもありですが、そんな世界を2次元で体験できるような感覚が、好奇心や不思議な体験、時には感動を覚えたりと、いろんな世界に引き込んでくれ、自分自身の感受性を引き上げてくれるところに魅力を感じます。

また、アニメならではの繊細な心の動き、またハードなシーンを観ていて、ドキドキしたり、心動かされたり、そして、色々な感情がわかりやすいので、とても好きです。

 

非現実が実現するから⑨

男性
(男性47歳)

◆好きな作品:『ドカベン』

わたしが子供のころ、ゴールデンタイムで、良く見てました。

高校野球で、こんなことは、まずないだろう?と思ってましたが、現実に起こっています。

ドカベンは、未来を予言してたのでは、ないか?と思う程です。

漫画だから、自分の発想通り書けると思います。

しかし、漫画家は、未来を見据えて描くので、本当になることが多いです。

主人公の山田太郎だけは、嘘は描いてはいけないと、作者は言ってました。

岩城や殿馬は、自由に描いてるそうです。

 

2.絵が動いて躍動感があるから

絵が動いて躍動感があるから①

女性
(女性21歳)

◆好きな作品:『フェアリーテイル』

アニメは漫画と違って無料で見られますし、声やBGM、オープニングやエンディング曲など様々なことが追加されているため、楽しく見やすいです。

バトルシーンなどは、アニメでは動きがあるため躍動感があり、緊迫した空気がとても伝わってきます。

さらに、好きな声優さんが出ているという理由でいろんなアニメを見ることにより、漫画では手にしなかったかもしれない作品に出会えるのもよいところだと思います。

 

絵が動いて躍動感があるから②

男性
(男性22歳)

◆好きな作品:『ブリーチ』

漫画よりアニメの方が、実際に動いているので爽快感スピード感があります。

ブリーチの登場人物のほとんどは刀を持っていて、刀がぶつかり合うシーンや、能力を使ってそれぞれ派手な必殺技が繰り出されるのは非常にカッコいいです。

職種によって最終奥義のようなものがあり、死神だと「卍解」。

アランカルだと「解放」。

主人公には卍解の他に虚化というものがあり、それぞれ刀の形や能力、身に纏う服などがパワーアップしたり変化します。

その状態変化が見どころで、アニメは加えてBGMも変化するのでとても魅力を感じます。

 

<スポンサーリンク>

 

3.声優さんやキャラの声がいい

声優さんやキャラの声がいい①

女性
(女性24歳)

◆好きな作品:『名探偵コナン』

名探偵コナンは漫画でもあって、私は漫画でも読んでいるのですが、少し文字が多くて読むのが疲れてしまうことがあります。

でもニメは見ているだけでいいので疲れず、トリックなども動画で再生された方がより分かりやすくて納得できるので、基本的にはアニメが好きです。

声優さんの声も聞くことができるのもアニメを見る利点だと思います。

ドラマなど、実際の人間には不可能なものもアニメなら動画で見れるので、それもまたアニメを見る利点だと思っています。

 

声優さんやキャラの声がいい②

女性
(女性27歳)

◆好きな作品:『名探偵コナン』

私がミステリー作品を好きになったきっかけが名探偵コナンです。

漫画で読むのも良いのですが、アニメーションになることにより、声優さんの声でキャラクターの良さが引き出されたり、好きなキャラクターの動いている姿を見れるのがアニメーションの魅力だと感じています。

小さい頃からアンパンマンやドラえもんなどをテレビで見る機会も多く、大人になった今もアニメーションなら、こどもと一緒に見やすく楽しめるので毎日のように何かしらのアニメーションを家族で見ています。

 

声優さんやキャラの声がいい③

女性
(女性30歳)

◆好きな作品:『コードギアス反逆のルルーシュ』

アニメと言えば子供向けのイメージがありますが、大人が見ても楽しいストーリーが魅力です。

また、コミックのキャラクター達に色がつき、動いたり、喋ったりしている姿を見れるのでより現実的に楽しむことが出来ます。

同じ声優さんが、アニメ毎に全く違うキャラで演じ分けているのを見るのも楽しいです。

声が全く違っているのに別の作品に出ている声優さんを何度か見たことがありますが、その演技力の高さに惹かれました。

近年は大人も楽しめるアニメが多々あるし、1クールに何本ものアニメが放送されるので自分の好きなジャンルの選択の幅が広がるのも魅力の一つだと思います。

 

4.マンガよりも表現が多彩

女性
(女性25歳)

◆好きな作品:『NARUTO』

マンガや小説などにはない、映像による動きや色、音楽など複数のものがミックスすることによって、色々なものが表現できます。

色の配色により、服装の細かい部分が明確になり、キャラクターにより濃い性格が溢れ出します。

また、背景の映像と音楽とのコラボレーションで、出てくるキャラクターそれぞれにより感情移入などがしやすいのが非常に魅力的な部分です。

音楽でいえば、オープニングとエンディングがあるのも特徴で、アニメを象徴するものでもあり、特にオープニングはこれから始まるアニメへの期待感も膨らむため、ここも魅力の一つです。

 

5.手軽に楽しめるから

男性
(男性32歳)

◆好きな作品:『ガンダムシリーズ』

とりあえずテレビかインターネット機器があれば鑑賞できる手軽さが魅力です。

録画再生機器も合わせれば鑑賞するタイミングも自由になりますので、ますます手軽です。

最近では作品数も爆発的に増えてきて供給過多に感じるくらいですから、アニメを観たいけど何もない!なんてこともそうそう起こりません。

足りないのはむしろアニメを観る時間でしょう。

あっという間にストックが溜まり、暇になればすぐにでもアニメ鑑賞に入れる状態です。

 

6.演者がいないから良い

演者がいないから良い①

女性
(女性33歳)

◆好きな作品:『攻殻機動隊』

心を動かされる仕組みはドラマや実写映画と一緒です。

後ろに俳優さんが透けて見えないので余計なことを考えずに見られる点と、実写でやられたら耐えられないような恥ずかしい描写でも、アニメであれば素直にみられる点が魅力です。

カメラワークが自由自在な点も魅力の一因ではないでしょうか。

実写だとカメラの量が増えれば予算がかさんでいきますが、アニメであれば視点切り替えで予算を食うことはありません。

実写と違って「作画カロリー」という言葉があるくらいなので、画面を動かすためにはお金が必要ですが、最近は動けば傑作というわけでもないですし。

 

演者がいないから良い②

男性
(男性47歳)

◆好きな作品:『メガゾーン23』

CGが発達したとはいえ、やはり実写では難しい描写や演出、構図などがあります。

この点、アニメのほうが自由度が高く、幅広い表現を実現できることが利点であるかと思います。

実写と絵という違いも、子供のころから慣れ親しんでいれば、違和感もなく物語を楽しめます。

また、実写で中途半端に現実に近づけるよりも、初めから作り物とわかっていることが、物語自体に集中して見れる場合もあります。

そして、実写の場合は出演者の印象が強くなりすぎ、素直に楽しめない場合もあります。

例えば、ドラマである俳優が出ていたとしても、その俳優の今までやってきた他の役柄、TVでしゃべっていたことなどが頭にあると、役柄によけいなイメージがついてしまいます。

この余分な情報が少ない点がアニメでは利点かと考えます。

 

7.生きる元気をもらえるから

男性
(男性49歳)

◆好きな作品:『一休さん』

アニメは子供の頃から見ていて知らない間にはまっていて今も大好きです。

そのように、子供の時でも大人になっても気軽に楽しめるのも好きで魅力な点です。

子供の頃に見たアニメには史実に近いものもありましたので、歴史の勉強にもなりましたし、アニメなので字だけよりもわかりやすく頭にもよく入りました。

色々なジャンルのアニメがあるので非現実的な物語もあります。

「そんなことがあるはずかないでしょう!」と笑いながら突っ込みを入れて楽しめるのも魅力の1つですね。

あと、テレビで見るアニメは1話完結ではなくある程度連続しているのも多いので、大好きなアニメだと次回が待ち遠しくて仕方ないというのも魅力です。

その楽しみがあるからそれまでの1週間は頑張れる原動力にもなります。

 

まとめ

アンケートに答えてくださった方々、ありがとうございました。

非現実的な事を観られるという点が、多くのアニメ好きな方々を魅了しているようですね。

また、マンガと違って映像として多彩な表現が可能であることと、キャラクターとマッチした声優の声についても多くの意見が挙がっていました。

アニメを楽しむことが活力につながるという意見からも、アニメの魅力が十分に伝わってきますね。

アニメ業界の今後の発展が楽しみです。

 

アニメを観るなら

見逃したドラマや映画を観たいという方や、懐かしい作品をもう一度観たいという方には、『U-NEXT』をおすすめします。

『U-NEXT』は日本最大級の動画配信サービスで、12万本以上の作品を観られるだけでなく、DVD発売前に観られる最新作品まで配信されています。

今なら31日間無料で利用できますので、ぜひ覗いてみてください。

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

★こちらも読まれています

アニメが嫌いだという方の理由5選!原因は何?

友達はいらない?友達が必要ではない理由15選

テレビを嫌いな理由8選!面白くないと感じるのはなぜ?

同窓会で感じる格差10選!気にせず行くべき?

<スポンサーリンク>