バイトをするのが怖い!そんな時の解決策まとめ

バイト するのが怖い

バイトを始めたいけど、どうしても怖い!

特にはじめてバイトを始める方は、どうしてもバイトに対して恐怖感を持ってしまいがちです。

「バイトを始めたいという気持ちはあるけれど、どうしてもバイトに対する恐怖感が抜けない」という方は、いったいどうすればいいのでしょうか。

今回は、そんな場合の解決策をまとめてみました。

参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

 

まず問い合わせをしてみる

バイトをするのが怖い時の対処法は、まず「採用担当者の方とお話をする」ことです。

多くのバイトたちがバイトを恐れる内容として、

 

「シフト時間に自由はあるだろうか」

「体力的に仕事を続けられるだろうか」

「自分の持つスキルが通用するだろうか」

 

などが有りますが、これらは全て、採用担当者とお話をしなければ何一つ解決しません。

お互いに無理強いは避けたいと考えてしまいますが、互いの要望を話し合わないことには何一つ先には進みません。

話をするだけであれば、長くても一時間程度で済むでしょうから、大きな時間の無駄と言うほどではありません。

なかなか雇用に関する話し合いの折り合いがつかず、お流れになったとしても、別の点で大きな収穫になることも多々あります。

例として、今までに無かった選択肢が増えるということが挙げられるでしょう。

とにかく、興味があるバイト先の採用担当者に、一度お話を聞いてみましょう。

 

この時、バイト先の採用担当者が怖いという方もいるでしょう。

しかし、バイトのみならず、バイトを雇う側も「怖い」と思うことが多々あるのです。

もちろん、「その人材が使えるかどうか」というのもありますが、それよりはるかに大きいのが、「バイト側に認めてもらえるかどうか」という心配です。

お問い合わせをしてきた方が、

「バイトとしてお店の力になってくれるだろうか」

「呆れて他のお店に行ってしまわないだろうか」

などと採用者側で心配することも、勿論あります。

怖いのは、あなただけでは無いのです。

興味がある求人情報を見つけたら、軽い気持ちでとりあえず問い合わせを行ってみましょう。

 

人間関係に注意

バイト先を選ぶ基準として、

「目標金額(週に何時間働けるか)」、

「そこで働く金銭以外のメリット(やりがい)」、

「働きやすさ(仕事内容や忙しさ)」、

「人間関係」、

などがありますが、この中でも人間関係は、仕事を続けるうえで特に重要な要素です。

人間関係が合わない職場で働くと、精神的に疲れきってしまいます。

人間関係が良好なのに越したことはありませんが、人間関係が合わない時は「すぐ辞めて他のバイト先を探そう」くらいの心構えで臨みましょう。

逆に、人間関係が良好な場合に「いい職場に出会えた」と感謝するくらいの気持ちが大切です。

 

働くイメージをする

次に、働いている姿がイメージ出来るでしょうか。

「そのバイトのある日の一日のスケジュールが、大まかに組み立てられるか。」

これが鍵です。

仕事内容の詳細が分かっていれば最も良いのですが、

「その仕事の前後の時間に何をしているか?」

これをイメージ出来るかが大切なんです。

ハードワークなバイト先であれば、バイト終了後に別のバイトを入れるなど不可能でしょう。

また、早朝から出勤なのであれば、起床後にすぐ出勤するといった生活リズムになるでしょうし、出勤時間に合わせて早寝をしなければならないことも多々あるはずです。

バイトを始める前に、バイトを含めたライフスタイルをイメージしておきましょう。

これをすることで、バイトについての不確定要素が減るので、バイトに対する恐怖心が多少は減ることが期待できます。

 

<スポンサーリンク>

 

自分に合ったバイトを探す

また、恐れているものに「ブラックなバイト先」というものがあります。

これは業種でもある程度の絞り込みは可能であり、「常日頃からバイトを募集をしている」、「労働条件が悪いなど」、ネット上などに様々な判別方法も出ています。

ブラックなバイトを選ばないためにも、情報収集はしっかり行いましょう。

またブラックバイト以外でも、バイトが自分に合うかどうかというのも大きな要素となります。

それこそ、働く姿をイメージして、そのバイトが自分に合っているかどうかの見極めを事前に行うことが有効でしょう。

気になった求人があってもすぐに応募するのではなく、一度お問い合わせをするだけで、自分に合わないだろうバイトを事前に回避することが可能だったりもしますからね。

そして何より、一度働いてみることをお勧めします。

 

接客が怖いなら

バイトをするのが怖いという根底には、人と接するのが怖いといったものが大なり小なり存在します。

もちろん、「接客をするのが死ぬほど怖い!」という方も中にはいるでしょう。

しかし働くにつれて、形は多少違えども、お客さんと接する怖さは薄れてくるのです。

接客できるか不安だという方は、深く考えすぎず、「未知の経験をしてみる」という程度で考えてみてはいかがでしょうか。

何より、人と接するメリットの方がはるかに大きいことにも気づくはずですよ。

 

ミスが怖いなら

出来るかどうか分からないことは、

「とりあえずやってみよう」

ということだけがスタートとなります。

仕事における失敗もまた同様です。

ミスは誰でもいくらでも起きるものです。

ベテランでも例外ではありませんし、ミスをしない人というのは過去に多くのミスをしてきた人がほとんどです。

何より、起きてしまったあとの対処が一番大切です。

それによってミスを防ぐことも多くあるわけです。

ミスを恐れる必要性はないのです。

 

とにかくやってみる

バイトを長続きさせることも重要ですが、無理をして長続きさせなくても大丈夫です。

長続きさせたいと思うだけで十分ですし、本当に出来たらしめたものです。

自分がどんな仕事をしたいのか分からない人は、「自分に何が出来るのか」、そして「自分に何が絶対にできないのか」探りましょう。

そして、ベストなものを始めから狙うより、ワーストを徹底して避けることから始めましょう。

ベストが何なのかはっきり分からないことも多ければ、考え方そのものも変わってきて、ワーストも変わってくることが多いのです。

とにかくワーストを避け、何事もやってみましょう。

やった先でしか、何がベストなのか知ることはできませんからね。

考えすぎて不安を抱え、何が正解なのか分からなくなってしまったという方も、とにかく目欲しいバイト先に問い合わせをおこなってみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

仕事は続けていくと、余裕が生まれます。

余裕がないと、何をするにもステップアップはのぞめませんし、余裕の無さから恐怖が生まれます。

バイトをしている人は、ほとんどの人が同じように「バイトするのが怖い」と思った記憶があるのではないでしょうか。

もちろん、バイトを雇う側でさえそう思ったことはあるでしょう。

何が怖いのかを考えて、一つ一つつぶすだけでも違います。

そして、完全に恐怖を潰せるのは、バイトを雇う側と話をすることに他なりません。

そこで気づくはずです。

ほとんどのことが「とりこし苦労」であったと。

電話して、バイトを募集している店舗の方と話をするだけで、気分が楽になるはずです。

そこから検討を始めても遅くありません。

あなたが、素敵なバイト先に出会えることを願っています。

 

短期バイトをしてみよう

どうしても長期バイトが嫌だという方は、短期バイトをしてみてはいかがでしょうか。

短期バイトでは、長期バイトのような束縛感やめんどくさい人間関係を感じる機会が少なく、必要な時に必要な分だけ稼ぐ事が出来ます。

「長期バイトはやる気が出ないけど、1日だけならやってもいいかな。」という方は、ぜひ短期バイトを検討してみてください。

特に、ヤフージャパンとリクルートが協力して運営している『ショットワークス』は、「面接なし」や「1日だけ」の短期バイトが多く紹介されているのでオススメです。

1日から働ける激短バイト!ショットワークス

 

★こちらも読まれています

大学生がバイトをしないのはアリ?就職活動への影響は?

大学生のバイト勤務時間は平均どのくらい?

大学生のバイト代の平均は5万円前後?

浪人生にアルバイトをおすすめしない3つの理由

<スポンサーリンク>