勉強を嫌いになる理由やきっかけ20選!

勉強 嫌い

ここでは、勉強を嫌いになる理由やきっかけについてまとめています。

今回は「勉強が嫌いだという方に質問です。理由や、あなたが勉強嫌いになったきっかけについて教えてください。」というアンケートを20名の方に行い、それぞれ答えて頂きました。

参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

理由やきっかけ1

女性
(女性 19歳)

コツコツ何かをすることが苦手だから。

簡単にできる計算はできるが、強制されて、学ばなければならない勉強は嫌いです。

自分の興味を突き詰めるような勉強は好きです。

私は今大学で物理について勉強しているのですが、やはり、高校までとは違い、計算ではなく、その理論についてを勉強することになり、どうして、そのように考えられるのかといったところを勉強することになるので、自分の興味とは離れたところの勉強をしなければならないので、将来繋がることでも勉強するのが大変です…。

 

理由やきっかけ2

男性
(男性 20歳)

私は今、大学に通っている学生です。

私が勉強を嫌いになったのは、高校からだったと記憶しております。

中学校まで、私は授業で聞いたことはしっかり覚えて、テストではそれなりの結果を残せるような生徒だったと思います。

しかし、高校に推薦ではいったために学力に関して周りと差がある状態でした。

授業で聞いていることはなにもわからない。

部活動があり、授業の復習や予習ができないなどといった悪循環に見舞われた結果、私は勉強が嫌いになりました。

関連:大学に行きたくない時に考えて欲しい5つの対策

 

理由やきっかけ3

男性
(男性 21歳)

私が勉強を嫌いになったのは、塾の先生のせいです。

中学のとき受験前は塾に通っていたのですが、そこの先生が勉強できない人をごみのように見るような人がいて、私は覚えが悪く何回も同じとこで間違えてしまい怒られていました。

その先生はついにキレて、大声で「なんでお前はこんなに頭が悪いんだ、恥ずかしくないのか」などと周りに聞こえるくらいの声で言いました。

それ以来、私は塾に行かなくなり、勉強をするのが嫌いになってしまいました。

 

理由やきっかけ4

男性
(男性 21歳)

わたしが勉強が嫌いな理由は、主に理系科目が理由です。

数学が特に苦手で、基礎的な問題は解けますが、応用問題がどうしても苦手で嫌いです。

社会系の科目は話を聞いていて興味が湧いていたので、好きでしたが、数学は先生が怖い方でしたし、プレッシャーから身が固まってしまいなかなか理解ができませんでした。

理系科目が嫌いな理由は、面白さが分からなかったからです。

答えは一つしかないし、数学や英数字などが乱立していて、微分積分などは本当に暗号に見えていました。

関連:数学が苦手になる理由や心理とは?20人の意見まとめ

 

理由やきっかけ5

女性
(女性 23歳)

小学校から中学校、中学校から高校と勉強が難しくなるにつれて、国語と算数以外はこれからの生活で必要ないのではないかと思うようになったことがきっかけです。

勉強ができなくても、最低限の常識と礼儀があれば生きていけると思います。

また、長期休みの度に大量の宿題を出され、全然休んだ気にならなかったのも理由の一つです。

休みの時くらいは何も気にせずに、羽を伸ばしたいものです。

未だに、勉強と聞くと気持ちが重くなってしまいます。

<スポンサーリンク>

理由やきっかけ6

男性
(男性 24歳)

勉強が嫌いという人の多くは、嫌いな科目が理解できていないので、その科目ができないから嫌いなのです。

嫌いになるきっかけは、多くの場合、その嫌いになった科目を教えている教員の説明ではその科目が理解できずに、当然ペーパーテストの点数がよくなかったからだと思います。

私も勉強が嫌いですが、その理由は学校の教員の教え方がたいへんへたくそで、ただその時間は学校のチャイムが鳴るのを待つだけの時間となったので勉強がきらいなのです。

 

理由やきっかけ7

男性
(男性 25歳)

私は歴史の勉強が昔から大嫌いでした。

興味が無いものを丸暗記しなければならないプレッシャーと、何とか覚えても一回のテストの為に覚えるとその後はすぐに忘れてしまい、何の役にも立たない無駄な労力だと当時はそう思いながら嫌々勉強していました。

数学や英語だと知っていれば生活に役に立つことも多いのですが、歴史の授業からはその恩恵を感じませんでした。

高校生になると、世界史と日本史の両方があるので苦労が2倍になって、勉強嫌いに拍車をかけました。

 

理由やきっかけ8

女性
(女性 27歳)

私が勉強が嫌いな理由は、まず第一に集中力がないからです。

音楽やテレビがついていても、人がいる場所でもまったく頭に入ってきません。

なので、一人でかつ静かな空間でしか勉強ができないのです。

そして第二に、記憶力が極端に悪いです。

歴史や理科など暗記系は、人よりも何倍も時間をかけてやっと覚えることができるので、一度見たら(聞いたら)覚えられるという人が羨ましいです。

この2つのことから、幼い頃から自分は勉強に向いていないと思い今でも苦手なままです。

 

理由やきっかけ9

男性
(男性 28歳)

勉強が嫌いな原因は、元を辿れば学校での勉強にあるような気がします。

学校の勉強は勿論必要なのは分かってるのですが、自分が率先して学ぼうとしてる事ではありません。

自分の意思に関係なく学ばされて、しかも大半は興味のない事です。

人間誰だってそうだと思うのですが、興味のない事を無理矢理やらされたら、苦痛でしかありません。

ストレスです。

それらを好きになる訳がないんです。

だから私の中には勉強はつまらない、苦痛というイメージが擦りこまれてしまって、今でも勉強が嫌い、苦手なんだと思います。

 

理由やきっかけ10

男性
(男性 30歳)

勉強が嫌いになったきっかけは、小学生時代にあります。

成績は悪くなかったのですが、行きたくもない塾に通わされるようになり、強制的に勉強させられるようになったのです。

そのおかげで私立の中学校に受験で入れたのですが、好きでもないものを強制的にさせられた経験はトラウマになり、それ以来勉強をあまりやらなくなってしまいました。

自分の好きなことや読書したりすることは好きなのですが、何かを強制的に覚えたり叩き込んだりすること自体が苦手になり、今も克服できていません。

<スポンサーリンク>

理由やきっかけ11

女性
(女性 30歳)

私は、暗記などの面倒なことがとにかく大嫌いでした。

特に英語は、別に海外に行くわけでもないのに、なぜ勉強しなければならないのだろうかと学生時代はずっと思っていました。

思い返せば、子供の頃に親に勉強を教わり、間違うといつもビンタをされていたことを思い出しました。

間違うことを悪い事と思い、間違うのが怖くて勉強をしなくなったのかもしれません。

人は失敗をして物事を覚えていくように、勉強も間違えて覚えていくのだと思います。

 

理由やきっかけ12

男性
(男性 31歳)

私は小学校の頃より学校の勉強が嫌いで、特に数学と英語が未だに嫌いです。

何故かと言うと、私の父が厳格で勉強が出来て頭が良く、私はよく学校の宿題などで父に勉強を習っていました。

父は私に勉強を教えるのですが、私が数学や英語の問題を解いて分からない事があると、「さっき公式や文法を教えたのにお前は理解できないのか。」とよく怒られていました。

それ以来、私は勉強嫌いのとなり、自身が苦手な科目や嫌いな科目は一切勉勉をやらなくなり、いま社会人として振り返ると、勉強嫌いが仇になり後悔している事もあります。

 

理由やきっかけ13

女性
(女性 31歳)

勉強する事に楽しみを見い出せないからです。

ゲームなら、経験値が貯まってレベルアップしたり新しい職種にジョブチェンジしたりといった「やりがい」があるのに、勉強にはそれが無いと思います。

難しい事のオンパレードで、しかも覚えた事が社会人になってから殆ど役に立たないという悲しさ…。

一般常識や他人への礼儀などは親に教わることが出来るので、わざわざ高いお金を払って学校に通う必要は無いと思います。

自宅学習で十分です。

人生を送る上で重要なのは学校での勉強では無く、日常生活において様々な人と交流し、常識や礼儀・思いやりを育む事だと思います。

 

理由やきっかけ14

女性
(女性 32歳)

少しおかしいかもしれないのですが、小学生のころにテスト勉強というものをしなくてはならないという考えがなく、テストがある日はべつに前もって勉強していなくてもその日がきたらただテストを受けると言った感じでした。

しかしいつも絵を描くのが好きで休み時間も絵ばっかりかいていたら、テストで悪い点を取ったときにクラスのみんなの前で担任からお絵描きばっかしてないで勉強しろと怒られてから、反発する心がうまれてしまい、かたくなに勉強したくなくなりました。

 

理由やきっかけ15

女性
(女性 33歳)

私は勉強が嫌いです。

どう頑張ってみても、自分の頭が良くなくて結果がついきていません。

そして、小さい時に頭の良い姉と比べられることによって余計に勉強が嫌いになりました。

両親にはいつも勉強しろと言われ、無理矢理机に座らされ勉強させられていました。

もちろん、両親が私の将来を見越してやっている事はわかっていました。

勉強ができていい大学に行けば良い将来があります。

でも、私にとっては勉強だけが全てだと思えず、他の大事なことを優先しようと思っています。

<スポンサーリンク>

理由やきっかけ16

女性
(女性 34歳)

元々、頭は良くないんですが、歴史を覚えたりするのが凄く苦手でした。

数学などの公式を覚えたりも苦手です。

教えてもらっても理解出来るまでに、時間がかかってしまい途中で諦めてしまうんです。

英語に関しては、全く理解出来ないんです。

日本語のように順番に文章を読むんじゃなく、英文に読む順番があり前後するのが理解出来なかったです。

未だに理解出来ないまま、学生を卒業してしまいました。

今後も勉強したいと思わないくらい、勉強が大嫌いです。

 

理由やきっかけ17

男性
(男性 37歳)

勉強は、「できない」から嫌いです。

幼いころは「できる」ので、勉強は割と好きでした。

中学生の頃までは、できない問題も無く、成績も上位の方だったため、そんなに苦ではありませんでした。

高校へ進学してから、数学Ⅱという壁にぶち当たり、周りもできる人ばかりで、いくら勉強しても成果が出ないので、段々嫌いになっていきました。

歳をとってからは脳も衰えて、新しいことを頭に入れることが苦痛です。

資格試験の勉強なども、本当に億劫です。

 

理由やきっかけ18

女性
(女性 38歳)

子供の頃、両親が家で勉強しようとしないのに塾など通ってもムダだと、夕飯後は常に机に向かうよう強く言われていました。

小学生の頃は周りがお受験ブームがあり、私も強制的に私立受験をさせられそうになり、嫌だったのでよく母と衝突していました。

学区域の公立学校が近所では素行が悪く、評判が悪かったので、親が行かせたくないという考えをする持っていたのは、今の年齢になれば理解できますが、勉強している姿を親自身が目にしなければ、やっていてもやっていないと責められていた記憶があります。

 

理由やきっかけ19

女性
(女性 40歳)

子供の頃から頭が良くないのに勝手にできると思われて、「君ならできる」と無理難題を押しつけてこられることが多かったです。

好きでもないのに無理矢理勉強しなければならない環境におかれて、理解できないからますます嫌いになります。

できないと期待を裏切られたと失望され、いいことが全くありません。

怒りにまかせて勉強し、まぐれにもできてしまったときは、ほめられることもなく当然のように受け取られ、さらに無理難題を言ってきます。

勉強するも地獄、しないも地獄です。

 

理由やきっかけ20

女性
(女性 42歳)

お金の計算は子供のころから大好きですが、算数や数学のような勉強の計算は大嫌いで、小学3年生に時に風邪で学校を休んでいる間に四捨五入の授業が進んでしまい、算数に全くついていけなくなってしまい、それ以来算数と数学は特に嫌いになりました。

そのほかでも、自分が興味がない時代の歴史は覚えることができず、化学も式が難しくて理解できず嫌いなので、考えてみるとほとんどの教科の勉強が大人になった今でも理解ができていないので嫌いなようです。