マックのチーズバーガーのカロリーと栄養成分まとめ

チーズバーガー©McDonald's
チーズバーガー©McDonald's

ここでは、チーズバーガー単品のカロリーと栄養成分についてまとめています。

チーズバーガー

カロリー:310kcal

糖質:29.1g

コレステロール:40mg

<スポンサーリンク>

 

カロリー

『チーズバーガー』のカロリーは310kcalです。

マクドナルドのバーガー商品の平均カロリーは約480kcalですから、マクドナルドに限ると『チーズバーガー』のカロリーは比較的低いと言えますね。

ちなみに、成人1食分(1日3食)のカロリー摂取基準(目安)は、男性が約880kcal女性が約650kcalだと言われています。

参考:マクドナルド低カロリーランキング(バーガー編)

 

糖質

『チーズバーガー』の糖質は29.1gです。

ちなみに、マクドナルドのバーガー商品の平均糖質量は約36gです。

参考:マクドナルド低糖質ランキング(バーガー編)

 

栄養素

各栄養素の含有量を、成人1食分の目安食事摂取量とともにまとめています。
※あくまで”目安量”ですのでご注意ください。

三大栄養素など

三大栄養素

タンパク質、脂質、炭水化物の3つは三大栄養素と呼ばれており、健康を保つために欠かせない栄養素です。

ここでは『チーズバーガー』に含まれている三大栄養素のほかに、ナトリウムの塩分換算量についても取り上げています。

  • タンパク質 : 16.2g
  • 脂質 : 13.5g
  • 炭水化物 : 30.8g
  • ナトリウムの塩分相当量 : 2.4g

 

<スポンサーリンク>

 

ビタミン

ビタミン

ビタミンは栄養素の動きを活発にし、体の調子を整えるために重要な働きをするとされています。

ここでは『チーズバーガー』に含まれているビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ナイアシンの5つを取り上げています。

  • ビタミンA : 0.062mg
  • ビタミンB1 : 0.09mg
  • ビタミンB2 : 0.16mg
  • ビタミンC : 2mg
  • ナイアシン : 2.7mg

 

ミネラル

ミネラル

ミネラルは身体の調子を整え、酵素のはたらきを助けるとされています。

ここでは『チーズバーガー』に含まれているカリウム、カルシウム、リン、鉄の4つを取り上げています。

  • カリウム : 246mg
  • カルシウム : 120mg
  • リン : 190mg
  • 鉄 : 1.2mg

 

※カリウムを多く含んでいるマクドナルド商品には『チキンマックナゲット』が挙げられます。

※上記のデータはすべて『日本マクドナルド』の公式HPからの引用です。

※「目安量」は、厚生労働省の「日本人の食事摂取基準2015年版」に掲載されている男女別と年齢別の「必要カロリー量」の平均値を参考にしています。
1日を3食とした場合の成人1食分の目安食事摂取量となっていますが、あくまで”目安量”ですのでご注意ください。

 

セットのカロリー

※『チーズバーガー』のバリューセットは現在販売されていません。

レギュラーメニューのサイドメニュー

マックフライポテトS

マックフライポテトM

マックフライポテトL

チキンマックナゲット5P

サイドサラダ

スイートコーン

レギュラーメニューのバリューセットは全12種類のバーガーが対象となっており、6種類のサイドメニューを選択することが出来ます。

 

一覧

合計
チーズバーガー + ポテトS 542kcal
チーズバーガー + ポテトM 734kcal
チーズバーガー + ポテトL 844kcal
チーズバーガー + ナゲット5P 573kcal
チーズバーガー + サイドサラダ 320kcal
チーズバーガー + スイートコーン 366kcal

ドリンクを含めた最低カロリー320kcal

  • 『チーズバーガー』
  • 『サイドサラダ』
  • 『コカ・コーラ ゼロ (M)』

ドリンクを含めた最高カロリー1000kcal

  • 『チーズバーガー』
  • 『マックフライポテトL』
  • 『ファンタ グレープM』

<スポンサーリンク>

メニュー

  • 『チーズバーガー』
  • 『ミニッツメイド オレンジ(S)』
  • 『マックシェイク バニラ(S)』

【価格】400円
【合計カロリー】609kcal
【糖質】94.9g

例2(セット風)
  • 『チーズバーガー』
  • 『ミニッツメイド オレンジ(M)』
  • 『マックフライポテト(M)』

【価格】640円
【合計カロリー】880kcal
【糖質】108.6g