五十嵐千尋は可愛いけど経歴と実力は?リオオリンピックリレーで貢献!

ここでは「リオオリンピック水泳(女子4x200mフリーリレー)」に日本代表として出場する、可愛いと話題の五十嵐千尋(いがらしちひろ)選手と、彼女の経歴についてまとめています。

五十嵐千尋選手のプロフィールから順を追って見て行きましょう。

 

<スポンサーリンク>

五十嵐千尋選手の経歴・プロフィール

【出身】神奈川県

【生年月日】1995年5月24日

【身長・体重】170cm・61kg

【泳法】自由形

【学歴】日本藤沢高校→日本体育大学

【ベスト記録】

  • 「女子200メートル自由形」”1分57秒75”(2015年世界選手権で更新)

【主な戦績】

  • 2014年:日本選手権 400m自由形(優勝)・800m自由形(2位)
  • 2015年:日本選手権 200m自由形(優勝)・400m自由形(優勝)
  • 2016年:日本選手権 200m自由形(2位)・400m自由形(優勝)
  • 2016年:ジャパンオープン 200m自由形(優勝)

 

3歳の頃から水泳を始めたという五十嵐千尋選手。

日本藤沢高校1年生の頃にはインターハイ「400m個人メドレー」で優勝しており、早くからその頭角を現していた選手です。

その後も国際大会を中心に戦っており、国際大会の経験を比較的豊富な選手と言えるでしょう。

そして彼女のおっとりとしたルックスも、ネット上では”かわいい”というコメントをよく見かけます。

五輪での活躍によっては、人気選手になるかもしれませんね。

 

また自由形の実力も確かな五十嵐千尋選手。

日本選手権「400m自由形」は2013年から2016年までで4連覇しており、上記のように「女子200m自由形」でも見事な戦績を持っています。

 

そして彼女は今回が初のオリンピック出場です。

今回のリオ五輪「女子4x200mフリーリレー」日本代表の選考条件は、「日本選手権2016(女子200m自由形)」の上位4人に入ることでしたが、五十嵐千尋選手は”1分58秒06”というタイムで見事2位に輝いたことで、念願の五輪に日本代表入りを果たしました。

この大会でリオ五輪「女子4x200mフリーリレー」日本代表の座を掴んだ五十嵐千尋選手は以下のように語っています。

 

「4年前は5位で五輪を逃した。今回は初めて出場できるので結果を出したい。」

引用:http://www.nikkansports.com

 

ぜひともリオ五輪ではその力を存分に発揮して欲しいですね。

<スポンサーリンク>

リオオリンピック「女子4x200mフリーリレー」について

2015年にロシアで行われた「第16回世界水泳選手権大会(女子 4x200mフリーリレー)」に、チーム最年長の青木智美と、五十嵐千尋、池江璃花子、持田早智のメンバーで挑み、決勝で”7分54秒62”というタイム を記録 で7位入賞し、2016年リオデジャネイロ五輪の出場枠を確保しました。

そして五十嵐千尋選手はこの大会の「女子200m個人自由形」で、それまでの自己ベストを”0秒37”更新し、自己ベストを更新しています。

 

リオ五輪で出場予定の「女子4x200mフリーリレー」では、各選手が「200m自由形」で泳いでつないでいきますので、2016年のジャパンオープン 「200m自由形」で優勝しているという事実からも、五十嵐千尋選手はリオ五輪「女子4x200mフリーリレー」日本代表を支える重要な選手だと言えるで しょう。

 

【リオ五輪「女子4x200mフリーリレー」日本代表メンバー】

  • 五十嵐千尋
  • 池江璃花子
  • 持田早智
  • 青木智美

池江璃花子の海外の反応や評価・人気まとめ(リオオリンピック水泳編)

持田早智の高校と性格について調べてみた。

青木智美(競泳)はかわいい法政大生

 

池江璃花子選手はリオ五輪で4種目に出場するほどの期待の高校生スイマーで、同じく高校生の持田早智選選手も「日本選手権2016(200m自由形)」で3位入賞するほどの実力者です。

そして五十嵐千尋選手ともっとも歳が近く、現在法政大学に通っている青木智美選手も自由形選手として日本屈指の実力を持っています。

 

ぜひとも五十嵐千尋選手と、彼女を含めたリオデジャネイロオリンピック水泳「女子4x200mフリーリレー」の日本代表メンバーたちには頑張ってもらい、不可能を可能にするほどの活躍を見せてもらいたいですね。

 

!!必見!!こちらの記事も読まれています。

金藤理絵の出身高校やコーチ、経歴は?所属は東海大学からJakedへ。

萩野公介のゴーグルや血液型、出身高校は?コーチや所属についても!

入江陵介のコーチや出身高校、ベスト記録は?経歴についても。

<スポンサーリンク>

いつも励みになっています。