クリスマスぼっちの過ごし方20選!クリぼっちの楽しさとは?

クリスマス ぼっち 過ごし方

ここでは、クリスマスを一人で過ごすという方々の、具体的なクリスマスの過ごし方についてまとめています。

今回は「「クリスマスを一人で過ごす」という方に質問です。あなたのクリスマスの過ごし方を具体的に教えてください。」というアンケートを20名の方に行い、それぞれ答えて頂きました。

参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

過ごし方1

女性
(女性 18歳)

私は、クリスマスの日にクリスマスケーキを自分で作ったり、クリスマスにまつわる映画や小説を温かい紅茶を飲みながら見ています。

普段は出来ないことをしたり、街に出かけてクリスマスパーティーに参加したりすることもあります。

一人でのんびりとクリスマスを過ごすことは、案外寂しくないです。

クリスマスツリーに自分好みに飾り付けをしてみたり、クリスマスケーキを何個も作って満足するまで食べたりすることも結構楽しいです。

 

過ごし方2

男性
(男性 19歳)

1人でクリスマス過ごす主な方法として、家の部屋でずっとこもることです。

下手に街に出たりクリスマスのデートスポットなどに足を運ぶと、カップルだらけで自分が虚しくなります。

また、ご飯を食べに行くや、アミューズメントスポットに足を運ぶなどのこともしません。

その理由として、カップルではない友だちの団体や、飲み会などをしている団体に会うと、1人でいる自分が悲しくなり、クリスマスがとことん嫌いになってしまいます。

 

過ごし方3

男性
(男性 21歳)

わたしのクリスマスの過ごし方は、基本的には普通に自宅で家族と一緒に夕飯を食べることが多いです。

友人とご飯に行きたい気持ちはありますが、彼女がいる友人は自分からはもちろん誘わないですし、他の友人は仕事で普通に時間が空いていないと言われることが多いので、彼女のいない自分は、クリスマスといっても一年のうちの1/365だと思って、普通にいつも通りの生活をしています。

毎年、「来年こそは楽しい思い、幸せな思いをしたい」と願いながら悲しい気分でいます。

サンタさんにプレゼントをもらいたいです。

 

過ごし方4

女性
(女性 24歳)

クリスマスは、基本的に家から一歩も出ないスタンスでいます。

街中に出れば嫌でもカップル達を目の当たりにすることになるので、それは避けたいと思って、このように過ごすようになりました。

前もってレンタルショップでDVDを借りて、お菓子も買いだめしておき、お腹が空いたら出前を頼みます。

クリスマスは基本的に寒いことが多いので、外に出て凍える心配もないですし、ちょっと寂しい気はしますが、自分の時間を満喫することができます。

 

過ごし方5

女性
(女性 28歳)

クリスマスに普通に買い物や外食をしようと思っても、街中はやたら盛り上がっていて落ち着かないので、家で過ごすことが多いです。

引きこもっている感が出るのは何となくくやしいので、極力快適に楽しく過ごせるように事前準備をします。

例えば、気になっていたCDやDVDをまとめて借りたり、いつもより少し高級な食事や飲み物を用意したり。

あとは肌触りの良い部屋着に着替えて、周囲を気にすることなく自分の部屋でのんびり過ごします。

<スポンサーリンク>

過ごし方6

女性
(女性 28歳)

日中は仕事をして、仕事終わりにケンタッキーへチキンを購入して自宅に帰ります。

予約しておいた魔法少女まどか☆マギカのクリスマスキャラクターケーキ(あにしゅが、というキャラクターケーキを取り扱っているお店で毎年予約注文しています)をフィギュアを目の前にして一緒に食します。

お気に入りキャラクターと過ごす、クリスマスで2ちゃんにスレ立てしたり、Twitterで画像を載せたりして自慢したり一人クリスマスを満喫します。

 

過ごし方7

女性
(女性 28歳)

家でひたすらDVD鑑賞をします。

クリスマスの日に借りに行くのはかなり寂しいので、数日前に何枚か借りてシャンパン片手にピザをむさぼりながら過ごすのが最高です。

この日は敢えてテレビ番組はつけません!

クリスマス特集でどの局もキラキラしているので感に触ります(笑)

Twitterやインスタ、FacebookなどのSNSもシャットアウトして、外界と極力触れないように過ごすことが私のクリぼっちの精一杯の過ごし方です。

 

過ごし方8

男性
(男性 28歳)

毎年恒例何ですが、ネット上で同じ境遇の者達と「リア充共は今頃云々」と愚痴り合います。

そして好きなアニメキャラの画像を検索して、「自分にはこの子がいるからいいか」と言い聞かせて、その後は脳内でそのキャラとデートしたり、和気あいあいと戯れる場面を想像してニヤニヤします。

コタツに籠って、一人薄暗い部屋でショートケーキを食べたり、ネットサーフィンをしたり、動画を見たりするのも毎年恒例行事です。

来年こそはこの行事から解放されたいものです。

 

過ごし方9

女性
(女性 30歳)

クリスマスで浮かれているのは世間だけなので、他のなんでもない1日と同じように特別なことはせずに過ごします。

ただ、買い物に行ったりして出歩くと、カップルばかりいて気がめいってしまうので、なるべく家に引きこもって過ごすようにします。

たまっている録画した番組を見たり、食べたいものを食べてゆっくりと1人でも充実していると感じられるクリスマスを過ごします。

恋人や好きな人と一緒に過ごさなくても、十分楽しめます。

 

過ごし方10

女性
(女性 30歳)

もう付き合っていて7年以上経つ旦那がいるんですが、クリスマスにデートした記憶はほとんどありません。

基本的に旦那は仕事で同じ職場にいた時は一緒に働いていたことも1回か2回はありましたけど、基本的に私はおうちで一人でゲームしたり、パソコンで動画を見たり、漫画喫茶他で漫画を読んでいたりしてました。

コンビニでチキンやケーキを買っていき、一人寂しく過ごしつつ旦那にメールを送り、いつもどおりに過ごして就寝するのが大半でした。

<スポンサーリンク>

過ごし方11

女性
(女性 30歳)

私は3年ほど前から毎年クリスマスは一人で過ごすことが多く、主にSF映画を見て過ごします。

というのも、個人的には冬はSFというイメージがあり、実は内容もクリスマスにぴったりだからです。

SF映画も意外と雪のシーンやクリスマスに悲劇が起こるなどの設定があり、クリスマス気分を盛り上げます。

一般的には、クリスマスといえばハートフルなラブコメなどをカップルで見たり、友達とパーティーをするのかもしれませんので、はた目には私の過ごし方は理解されないかもしれません。

しかし、個人的にはクリスマスが大好きなので、SF映画を見ながらホットワインとジンジャークッキーを食べてクリスマス気分を盛り上げています。

 

過ごし方12

女性
(女性 30歳)

クリスマスは1人で外出すると、カップルが沢山いますが、気にせず日中は出かけます。

意外とおひとりさまはにぎやかなファッションビルとかには多いし、買い物を楽しんでる人もいるので、1人で過ごしても大丈夫です。

夜はご飯を購入し、クリスマスの特番をみながら食事をします。

ケーキは流石に食べませんが、普段の日常と変わらない一日を過ごします。

イベントで外に出るのが恥ずかしいという意見もありますが、日中は1人の人もいるので、気にする必要はないです。

 

過ごし方13

女性
(女性 33歳)

私はクリスマスというかイベントを特に気にするタイプではありません。

もちろんキリスト教徒でもありません。

だから、彼氏がいないのならば一人でゆっくり過ごしたいです。

クリスマスはただでさえ、外は人で溢れかえっています。

人混みは苦手なので出かけたくはありません。

なので、クリスマスはいつも飲んでる発泡酒をビールに格上げして、好きなテレビを見ながらいつも通りに過ごします。

意外とそれが私にとって幸せに感じれます。

 

過ごし方14

女性
(女性 33歳)

クリスマスは必ずだれかと過ごさないといけないという考えは私にはなくて、過ごせる人が居てたら過ごしますし、「あえて誰かと・・」とか無理に予定を入れることは余計みじめな感じがして、私は一人の時は一人で過ごして、予定があればそれに行くという感じで過ごしてきました。

一人でのクリスマスの時は、録画していたドラマを観たりのんびりと過ごしていることが多かったです。

それはそれで、ゆっくり自分の時間をもてて良かったですよ。

街へ出ると寂しくなりますが、家に引きこもるタイプです。

 

過ごし方15

女性
(女性 34歳)

クリスマス業界ではないのですが,繁忙期でデスマーチに入っています。

職場で仕事をしているか,家で眠っているかのどちらかが多いですね。

仕事の行き帰りにショーウィンドウの可愛いディスプレイを横目で見て楽しんでいます。

25日の深夜に家のそばのファミレス(友人が店員をしています)に寄ると半額になったクリスマスケーキを半ば強引に押し付けられます。

毎年違う種類のケーキなので実は嫌でなかったりします。

帰宅してひとりで食べます。

子どものころからの夢だったホールケーキ独り占めですが,何度も経験すると味気なく感じます。

<スポンサーリンク>

過ごし方16

女性
(女性 34歳)

クリスマスだからといって特に普段と変わらないです。

パートナーが居ないから一人で過ごすというわけではなく、クリスマスを特別視していないのです。

今までのクリスマスを振り返ってみても、どう過ごして居たか?思い出に残るようなクリスマスはありません。

そのくらい普段通り、いつもの一日という感覚です。

今年もその例年に則る形になりそうです。

もしその日に仕事があれば、朝ごはんを食べて、仕事に出かけて、帰ってきて、テレビ見て夕飯食べて、お風呂入って寝る。

そのような過ごし方をするでしょう。

 

過ごし方17

男性
(男性 36歳)

私はレンタルビデオ店で10本ぐらいまとめてレンタルしてきて、それをじっくりと鑑賞して過ごすことにしています。

レンタルビデオの鑑賞に疲れてきたら、ゆったりとした音楽を聴きながら読書したりもします。

それと食事に関しては、ケーキ屋で3個くらいケーキを購入したり、フライドチキンやフライドポテトなどを購入して一人で食べたりします。

後は夜になったらストレッチをしてから、牛乳を飲んですぐに眠ることにしています。

 

過ごし方18

女性
(女性 37歳)

外は、お店にはいるのも一杯なので、すでに前日に買える食料は買っておきます。

チキンが食べたければ、帰りにさっと寄って帰ります。

以外とテレビの特番がどこも気合いがはいっているので、テレビを見ます。

それが終わったら、普通に寝るという感じです。

ここ何年、ずっと同じように過ごしていますが、特別な日という感覚もなくなりつつあります。

ケーキもその日に限って食べることはありません。

食べたい日に買って帰ります。

自分で気にしないようにしているのかもしれませんが、気にならないです。

 

過ごし方19

男性
(男性 38歳)

クリスマスと休みの日が重なった日は、家にいる事が多いです。

もし外出するとしたら、繁華街はカップルだらけで、その中を一人で歩くのはやりたくないので、その日に予め、歯医者の予約をして定期健診、眼科検診等の医療機関に通う事が多いです。

何故ならその日は他の日に比べて人が少ない為、すぐに診察してもらえるからです。

この方法をつい最近ですが、気付きました。

あとはクリスマスっぽい事をするとしたら、ケーキとフライドチキンを買って家で一人で食べてます。

クリスマスが好きなのではなく、ケーキとチキンが単純に好きだから、その時期にたくさんセールしているのであれば、自然と目につくので、必ず買います。

 

過ごし方20

男性
(男性 62歳)

普段から一人暮らし私には、何時もの日と何も変わらな一日なのです、特別にコンビニで買うクリスマスケーキくらいのことです、そのケーキワンホールを一人で食べるくらいのことです、されが私のクリスマスです。

一人での生活でもクリスマスらしいことをするのはこれくらいですね、それで十分クリスマスを感じることが出来るのです、十分です。

余裕が有れば、ワインでも飲むことが有るかもしれませんが、私的には普通の一日にすぎないのです。