クリスマスといえば何?クリスマスのイメージ8選まとめ!

クリスマスといえば

ここでは、クリスマスについてのイメージについてまとめています。

今回は「クリスマスといえば何をイメージしますか?あなたがクリスマスでイメージするモノを教えて下さい。」というアンケートを30名の方に実施し、答えていただきました。

みなさん、クリスマスに対して主に以下の8つのイメージを持っている方が多いようです。

  1. クリスマスケーキ
  2. クリスマスプレゼント
  3. クリスマスツリー
  4. 家族との団欒
  5. カップル
  6. サンタクロース
  7. イルミネーション
  8. ケンタッキー

<スポンサーリンク>

クリスマスといえば1

女性
(女性 19歳)

クリスマスと言えば私の家でずっとそうだったからかもしれませんが、チョコレートケーキを思い浮かべます。

もちろんツリーや、イルミネーションなどもクリスマスのイメージとして出てきますが、あまりクリスマス当日、イブにはそとに出ないので、私はケーキをイメージします。

 

クリスマスといえば2

女性
(女性 21歳)

クリスマスといえば、クリスマスプレゼントをイメージします。

聖なる夜に恋人や友達同士でプレゼントを交換したり、親から子どもへプレゼントを渡すようなものをイメージします。

あたたかな、皆が笑顔なようなそんなイメージがあります。

 

クリスマスといえば3

女性
(女性 24歳)

私がクリスマスでイメージするのはやっぱりクリスマスツリーです。

特に、一昨々年、ユニバーサルスタジオジャパンで見た大きなツリーが忘れられません。

家にも置きたいなと思うほどにツリーは好きてで、飾りや全体的な感じもとてもクリスマスだと言う感じがして来ます。

 

クリスマスといえば4

女性
(女性 24歳)

クリスマスといえばクリスマスケーキとケンタッキーチキンです。

自分の家では必ずケーキとケンチキでお祝いしていました。

その名残で、自分が結婚してからもケーキとケンチキを購入しています。

クリスマスは特別という感じなので、普段は食べられないようなものを食べたくなります。

プレゼントも何もないけど、ケーキとケンチキがあれば贅沢してるなと思えます。

 

クリスマスといえば5

女性
(女性 26歳)

クリスマスでイメージするのは家族での団らんです。

普段会えない遠い家族など親、兄弟が集まってみんなで豪華な食事を囲み、チキンやクリスマスケーキなどを食べます。

また、みんなで持ち寄ったクリスマスプレゼントを交換して開いて楽しい時間を過ごすイメージです。

 

クリスマスといえば6

男性
(男性 28歳)

若いカップルが雪の降る繁華街でイチャイチャしながら戯れて、ケンタッキーフライドチキンやショートケーキ等を仲良く食べたりしてるイメージです。

後は繁華街には各地にクリスマスツリー等があり、キラキラとした灯りがいつも以上にあります。

 

クリスマスといえば7

女性
(女性 30歳)

クリスマスといえば、サンタさんとプレゼントをイメージします。

やはり子供にとっては、サンタさんからのプレゼントは嬉しいもので、毎年ワクワクする、子供にとっての一大イベントだからです。

後は、クリスマスといえばケンタッキーを思い浮かべます。

CMでも定番になりましたがチキンといえはケンタッキーだからです。

 

クリスマスといえば8

女性
(女性 31歳)

クリスマスツリーです。

家族で飾ったり、木の下にプレゼントを置いたりと、街や家庭など至るところで目にする欠かせない存在です。

海外のクリスマスソングや映画にもよく出てきて、好きで見ているうちに自然と親しみをおぼえました。

 

クリスマスといえば9

女性
(女性 31歳)

クリスマスツリーに取り付けられたピカピカ光る色とりどりの電飾が一番初めに頭に浮びます。

あと、ケンタッキーのチキンがいっぱい入ったパックですね。

幼い頃、毎年クリスマスになると家族で食べていたので。

他にはサンタさんでしょうか。

 

クリスマスといえば10

女性
(女性 32歳)

クリスマスといえばごちそうが思い浮かびます。

今年もきれいでおいしそうなコンビニのケーキたちの予約が始まるなと思って毎年わくわくしています。

ケーキのほかにはオードブルなど何を買おうか迷ってあれこれカタログをみて吟味しています。

<スポンサーリンク>

クリスマスといえば11

女性
(女性 33歳)

クリスマスといえば、クリスマスツリーとイルミネーションです。

特に、表参道や六本木ヒルズ、恵比寿ガーデンプレイスなどを思い浮かべます。

季節的にも寒いですし、空気が澄んでいるので街中のイルミネーションとクリスマスソングがクリスマスのイメージです。

 

クリスマスといえば12

女性
(女性 33歳)

クリスマスといわれてイメージするものはやはりサンタクロースです。

子供の頃はサンタクロースがプレゼントをくれると信じてクリスマスイブはなかなか寝付けなかったことが思い出されます。

今は自分がサンタクロース役になり子供にプレゼントあげています。

 

クリスマスといえば13

女性
(女性 33歳)

クリスマスといえば、ツリーなのどイルミネーションを見たりチキンやビュッシュ・ド・ノエルを食べたりして子供のころは、サンタクロースにプレゼントもらうのがうれしい日であり大人になってからは、家族や恋人同士で過ごす日をイメージします。

 

クリスマスといえば14

女性
(女性 36歳)

子どもの頃、クリスマスになると小さいながらもツリーを出して飾っていました。

小さいので、飾りはあまりないのですが、ライトをつけるとカラフルに光り華やかになりました。

特別なパーティをしていたわけではありませんが、ツリーがあるだけでクリスマスのワクワク感は高まるので、クリスマスと聞いて思い浮かべるのは、やはりクリスマスツリーです。

 

クリスマスといえば15

女性
(女性 40歳)

やはり恋人たちです。

日本で生まれ育つと、24日のクリスマスイブから25日のクリスマスにかけて恋人と一緒に過ごすものだとイメージしてしまいます。

あとは雪です。

ホワイトクリスマスに、サンタさんがトナカイのそりに乗ってやってくるイメージです。

恋人たちと、雪と、サンタさんは絶対はずせないイメージです。

 

クリスマスといえば16

女性
(女性 41歳)

クリスマスと言えばクリスマスケーキ…ですが、以前小売業に勤めていた時期があるので、クリスマスケーキの予約のノルマをどうやって達成するかということばかりを思い出してしまいます(笑)。

正直、苦しかったとか大変だったという思い出しかないですね…。

なので、今でもクリスマスケーキ予約などのチラシやノボリを見ると、心臓がバクバクします…。

 

クリスマスといえば17

女性
(女性 42歳)

クリスマスツリーです。

なぜかというと、クリスマスツリーにはクリスマス用のオーナメントを付ける訳で、オーナメントにはプレゼントやトナカイやサンタクロースに雪や星などですから、クリスマスツリーを飾るだけでクリスマス雰囲気が味わえます。

 

クリスマスといえば18

女性
(女性 42歳)

クリスマスでイメージするモノは、クリスマスケーキとクリスマスプレゼントです。

ケーキはクリスマスにしか食べないブッシュ・ド・ノエル。

その上にはサンクロースの飾りと、食べられない柊の飾りが乘ったチョコレートケーキタイプです。

クリスマスプレゼントは子供の頃のイメージの方が強く、寝る時にはなかったのに朝起きると枕元に置いてあるおもちゃのプレゼントです。

 

クリスマスといえば19

女性
(女性 42歳)

クリスマスと言えばクリスマスツリーです。

いろいろな飾りで飾られたモミの木は一年の中でも一番に輝いて見えます。

昼間は色とりどりに飾られたモミの木、夜間はイルミネーションでライトアップされたモミの木は最高にきれいだと思います。

 

クリスマスといえば20

男性
(男性 44歳)

クリスマスでイメージするものは、プレゼントです。

子供へのプレゼントですが、選ぶときからワクワクします。

サンタクロースをまだ信じていますので非常に楽しいです。

欲しいものを聞き出すために夜空に向かってサンタさんにお願いしてごらんと毎年やっております。

<スポンサーリンク>

クリスマスといえば21

男性
(男性 44歳)

クリスマスといえばやはりサンタクロースをイメージします。

小学校3年生迄は、本当にサンタクロースが毎年クリスマスイブの日にプレゼントを持って来てくれるんだと信じていました。

母親からはクリスマスが近付くと、しっかり勉強しないとサンタクロースが今年はやって来ないと言われ、クリスマス前には一生懸命勉強した事を覚えています。

 

クリスマスといえば22

女性
(女性 46歳)

「クリスマス」と聞いて、頭に浮かぶことは、街を彩るきらびやかなイルミネーションです。

あとはクリスマスケーキでしょうか。

普段、クリームたっぷりのケーキを食べることはほとんどありませんので、(クリスチャンでない私にとっては)クリスマスは美味しいケーキを食べる絶好の機会なのです。

 

クリスマスといえば23

女性
(女性 46歳)

私が一番にイメージするのは やはりクリスマスといえばもみの木 クリスマスツリーです。

力強いもみの木に願いを込めて 家族や友人と飾り付けし 暖炉のあるお部屋 鈴の音と笑い声など 家族が集い楽しく過ごす風景がイメージされます。

 

クリスマスといえば24

女性
(女性 47歳)

クリスマスといえばやはりサンタクロースです。

うちはもう子供達が大きいですが、まだ小さかった頃はサンタの話をよくしていました。

下の子はサンタ宛に手紙を一生懸命書いて、プレゼントをお願いしていたのを思い出します。

 

クリスマスといえば25

女性
(女性 49歳)

街を彩るクリスマスツリーなどのイルミネーション、クリスマスケーキ、クリスマスプレゼント、バブルの頃に比べたら、金額も少なくて、行っている人も少ないと思うけれども、カップルがクリスマスに少しリッチなディナーをすること。

 

クリスマスといえば26

女性
(女性 49歳)

クリスマスに流れてくる山下達郎の歌『クリスマス・イブ』です。

メロディーがドラマティックで、歌詞はせつなくて、お洒落感があります。

思い出の曲でもありますが、何年たっても色褪せません。

間奏を聴くだけでも、ときめきます。

 

クリスマスといえば27

女性
(女性 50歳)

クリスマスといえば、クリスマスツリーをイメージします。

この時期はどこでもクリスマスツリーが飾られているのを見かけます。

また、クリスマスツリーをはじめとした、イルミネーションもキレイです。

毎年、近所のイルミネーションを見に出かけています。

 

クリスマスといえば28

女性
(女性 52歳)

クリスマスツリーです。

大型のショッピングモールなどに豪華なクリスマスツリーが毎年飾られていて、見ていてワクワクします。

あとは、ささやかに自宅でケーキとチキンなどを買って食べること。

太ることを気にして普段ケーキはあまり食べませんが、この日はワンホール買ってきて食べちゃいます。

 

クリスマスといえば29

男性
(男性 53歳)

以前流れてたJR東海のクリスマスエクスプレスのCMと山下達郎の「クリスマスイブ」です。

何となくバブリーな時代を思い返してしまいます。

仕事や生活感よりも恋愛が優先されるトレンディードラマのような世界をイメージします。

 

クリスマスといえば30

男性
(男性 56歳)

クリスマスといえば真っ先にケーキをイメージします。

子供の頃はケーキを食べたい一心でクリスマスが来るのを心待ちにしていたものです。

おじさんになった今でも子供のころのワクワクした感覚が身体から抜けていない様です。