サークルと部活の違い|どちらがオススメ?

サークル 部活 違い

大学のクラブ活動には、「サークル」と「部活動」という2種類のカタチがあります。

高校までは「部活動」しかないわけですが、大学で登場する「サークル」とはいったい何なのでしょうか。

そして、サークルと部活動は、いったい何が異なるのでしょうか。

今回は、そんなサークルと部活動の違いについてまとめてみました。

<スポンサーリンク>

 

サークル・同好会・クラブ・部活動の違いとは

大学には、サークルや部活動のほかにも、「同好会」や「クラブ」という言葉もよく耳にします。

まずは、これらの団体の整理をしていきましょう。

まず「同好会」は、”学校で正式な部活動として認められていない団体”のことを指します。

そして「クラブ」は、”学校で正式な部活動として認められている団体”のことを指します。

つまり大学では、同好会とはサークルの事であり、クラブとは部活動のことを指すのです。

サークルと部活動の違いのひとつとして、学校に部活動として認められているか否かという点が重要であるということを知っておきましょう。

 

サークルと部活の違いまとめ

サークル 部活動
目的 さまざま 成果を出す
規律 自由 厳しい
活動頻度 さまざま 多い
成果の評価 されにくい されやすい
厳しさ さまざま 厳しい
資金援助 少ない or 無し 多い
顧問 いない or 空気 いる
活動報告 簡単 複雑

それぞれについてみて行きましょう。

 

目的の違い

●サークル:さまざま

●部活動:成果を出す

サークルと部活動の違いのひとつとして、学校に部活動として認められているか否かという点が重要であることは書きました。

サークルは団体ごとにさまざまな目的をもって活動していますが、部活動は大学に認められた団体であるがゆえに、成果を出すことを目的に活動しています。

 

規律の違い

●サークル:自由

●部活動:厳しい

サークル内の規律は、団体ごとに自由さまざまです。

しかし一方、部活動は成果第一の団体であるため、規律は厳しくなりがちです。

団体内の規律がゆるんでいては、素晴らしい成果を出せないかもしれませんから、どうしても部活動の規律はサークルと比べて厳しくなりがちなんですね。

 

活動頻度の違い

●サークル:さまざま

●部活動:多い

サークルは、団体によって活動頻度はさまざまです。

月一回の活動を行っているだけの団体もあれば、週3回以上の活動を行っている団体もあります。

成果を出すことが絶対目的ではないため、活動頻度が少なくても何も問題はないわけですね。

しかし一方、部活動は成果を出すために、頻繁に活動しなければなりません。

具体的には、週5回以上の活動などですね。

 

成果の評価の違い

●サークル:されにくい

●部活動:されやすい

サークルの活動は、あくまで学生たちが主体的に自由に行っているという体なので、成果がなかなか評価されないというケースがあります。

しかし、部活動は大学が全面的にバックアップを行っているので、成果の評価がされやすいのです。

というか、成果の評価をされなければ、部活動は予算を削られてしまいますので必死です。

どんな小さな成果であっても、学校側に積極的にアピールできるのが部活動の強みのひとつであり、評価されやすいため、部活動をしている優秀な学生たちは、第一種奨学金の基準を満たしやすいのです。

 

<スポンサーリンク>

 

厳しさの違い

●サークル:さまざま

●部活動:厳しい

サークルは、団体によって活動の厳しさはさまざまです。

部活動並みの厳しさを誇るガチなサークルもあれば、ほぼ酒を飲むだけという”飲みサー”もあります。

しかし一方、部活動は規律や活動頻度と同様、練習も厳しいです。すべては成果を出すためなのです。

 

資金援助の違い

●サークル:少ない or 無し

●部活動:多い

言ってしまえば、サークルは学生が勝手にやっている団体ですから、基本的に大学側から予算をもらう機会は非常に少ないです。

もちろん、サークルに資金援助を全くしていない大学もあります。

しかし部活動は、大学が全面的にバックアップしているため、多くの予算も組まれます。

 

顧問の違い

●サークル:いない or 空気

●部活動:いる

サークルにも、一応顧問がいるというケースが多々ありますが、あくまでサークルは学生主体であるため、顧問は口を出さないのが基本です。

教員からしてみても、サークルの顧問になるのは完全なボランティアであるため、あまり関わりたくないというのが本音でしょう。

多くの教員は、サークルよりもゼミで忙しいですからね。

しかし、部活動の顧問は、監督やコーチを積極的に兼任します。

優秀な指導者が顧問や監督になってくれれば、それだけ部活内のレベルもアップしやすくなるわけですから、大学も外部から顧問を雇ってくる場合も多々あります。

 

活動報告の違い

●サークル:簡単

●部活動:複雑

サークルの活動報告は、とても簡単なものが多いです。

学校に届け出を行っていない団体は、活動報告をする義務さえありません。

しかし一方、部活動はしっかりとした活動報告が必要になります。

大学から多くの予算を受け取っているわけですから、成果を細かく活動報告によって伝えることがとても需要になるわけです。

まあ、普通に活動しているだけであれば、活動報告に絡む機会は少ないでしょう。

 

どちらがおすすめ?

サークルと部活動、どちらがオススメであるかというのが気になる方もいるでしょう。

一般的に、部活動に入っていれば、就職活動の際に大きな話のネタにすることが出来ますし、歴史の長い団体であれば、OBの方が就職活動の際に推薦してくれる可能性も割とあります。

サークルに入っているだけであれば、就職活動の時に大きく評価されることは少ないですから、就職活動だけに注目するのであれば、部活動に入る方がいいでしょう。

就職活動に有利なサークルの共通点とは

しかし、部活動に入ってしまうと、部活動中心の大学生活を送ることになります。

サークルと比べて、大変な思いをすることも多いでしょうし、なにより忙しさでアルバイトをすることさえ難しくなるでしょう。

したがって、サークルと部活動、どちらがオススメであるかという問いに答えるのであれば、

「自由に選んでください」

としか言えません。

というか、サークルや部活動以外にも、アルバイトやゼミ活動など、大学生にはさまざまな活動の場があります。

大学生活を幅広く謳歌したいのであればサークル、部活動中心の大学生活を送りたいのであれば部活動を選べばいいでしょう。

何より重要なことは、後悔しないように充実した大学生活を送ることなのですから。

 

★こちらも読まれています

大学生はサークルに入らないと後悔する?

サークルを掛け持ちする際の注意点まとめ【体験談】

サークルは途中から加入しても馴染めない?

サークルに馴染めない大学生が取るべき3つの行動とは

<スポンサーリンク>