コミュニケーションが苦手?克服するためのアドバイス20選!

コミュニケーション 苦手

ここでは、相手とコミュニケーションを取るのが苦手だという方に参考にして欲しい、コミュニケーション下手を克服するためのアドバイスについてまとめています。

今回は「コミュニケーションが苦手だという方は、どうすれば初対面の相手と上手くコミュニケーションを取ることが出来るようになるのでしょうか。」というアンケートを20名の方に実施し、それぞれ答えていただきました。

参考にしてみて下さい。

<スポンサーリンク>

アドバイス1

男性
(男性 22歳)

コミュニケーションをとる時に大事にしたいのは、遠慮しすぎない事です。

初対面であれば特に、失礼の無いようにとか、いい印象を持たれるように大人しくしようとか考えてしまいますが、向こうも大体同じ事を考えています。

そのため、どちらも相手の状況をうかがってしまうので、コミュニケーションを取るのが難しくなってしまうのです。

このようにどちらも牽制してしまう場面がよくあるので、初対面でも遠慮しすぎず話すことが大切です。

 

アドバイス2

女性
(女性 24歳)

私は接客業をしていますが、初対面の人とコミュニケーションを取ることが苦手でした。

それを改善するために、私自身が色々な経験や知識を得て、感性を磨くという訓練を行いましたが、上手く会話するためには、まずネタを用意しておくということが最も大切だと思います。

私が常に意識しているのは、「し、た、し、き、な、か、に」なんですが、これは誰とでも話すことができるネタの頭文字になっています。

つまり、仕事、旅、趣味、季節、仲間、家族、ニュースですね。

これらは誰もが共感できるものであるために、話が膨らみやすいです。

何を話したらいいかわからない、という人は意識してみてはいかがでしょうか。

 

アドバイス3

女性
(女性 26歳)

世の中には様々な人間が居ます。

特に初対面の場合だと、より慎重になってしまいがちだと思います。

しかし、相手が如何なる存在であろうと変わらない事があります。

それは「相手も自分と同じように、食事をし、睡眠をとり、トイレに行かなければ生きていけない人間である」という事です。

これを念頭に置いて、ある程度の礼節を持っておけば、気持ちも幾分か楽になると思います。

頭のどこかで相手を特別視していることに気付くことが鍵といえましょう

 

アドバイス4

男性
(男性 26歳)

初対面の人とコミュニケーションを取るにはまずは挨拶です。

挨拶で第一印象が決まると思います。

次に、比較的話しやすい話題を振ります。

例えば、今日の天気の話しです。

「今日はいい天気ですね、こーゆー日は何処かに出掛けたくなりますね」そうすると相手も「そうですね~」などの答えが返ってきます。

そしたら、「次の休みは晴れますかね?晴れてたら何処か出掛けたりするんです?」みたいな自然な流れで会話ができます。

「晴れてますね」だけなど続けづらい短文より、質問を振りやすいような会話の仕方をするのがいいと思います。

 

アドバイス5

女性
(女性 27歳)

気をつけていることは、とにかく笑顔でいることです。

やはり表情は印象に残りやすいと思います。

あと、複数の人数と同時にコミュニケーションをとらないといけない時は、特定の人にしかわからない会話で盛り上がらないこと。

複数の場合は喋りながら色んな人と目を合わすことです。

これは自分がされて気分がいいと思ったからです。

話し上手な人ほど目線の配り方が上手だと思います。

自分が聞く側に徹底していても、メインで話している人と目が合えば、そういうタイプの人はうまくパスを出してくれるはずです。

<スポンサーリンク>

アドバイス6

男性
(男性 28歳)

開き直る事だと思います。

私も以前はそうだったから分かるのですが、変に思われないように嫌われないように良く思われよう等色々考えすぎなんだと思います。

その結果、緊張して萎縮してしまい、上手くコミュニケーションが取れない事に繋がるのではないかと思います。

相手の事を気にしすぎないように、嫌われても別にいいかというある種の開き直りが大事なんだと思います。

後は相手を自分の母親だと思うとかです。

これは実際に、女性と接する時に私が試した方法でもあります。

母親相手だと気持ちも楽になり、自然体で接する事が出来ます。

 

アドバイス7

女性
(女性 28歳)

いきなり2人きりだど気まずいので、共通の友達を介すると話すきっかけがつかみやすくていいと思います。

手始めに、ラインを交換するのがいいと思います。

交換した後が重要で、1回や2回は送ったほうがいいかと思います。

共通の趣味があるとさらに話が盛り上がると思います。

どちらも受身だと距離が縮まらないので、相手が受け身だとおもったらこちらから思い切って話題をふるのもよさそうなきがします。

時代的に、コミュニケーションをとるのが難しい世代が増えていますね。

 

アドバイス8

男性
(男性 28歳)

話すことが嫌いな方には、無理にコミュニケーションを取らなくていいのですが、現状もっと相手とコミュニケーションを取りたいと思っている方へ、私なりのアドバイスをお伝えします。

まず始めに、普段家族と、どんな話をしていますか?

私は、普段の出来事を家族と話していています。

例えば、「今日の仕事でさー、上司に怒られて、マジで萎える」とか本当に、たわいもない話をする様な感じで相手と会話をするのが1番です。

特に女性などは、普段男友達なら喋れるのに、相手に好かれようとか変によく思われようと思い、ちょっとオーバーに話をしてしまい、落ちがなく相手に微妙な感じの表情になったりしないですか?

無理をせず家族と話をしてる様な感じで話をしてはいかがでしょうか?

 

アドバイス9

女性
(女性 29歳)

まずは、無理に自分から話そうとする必要はないと思います。

色んな人と積極的に話す機会を作って、それに同調するだけでも十分ではないでしょうか。

大切なことはそこから先で、色んな人と会話をする中で仕入れたネタや情報をその後の会話に繋げていくことです。

色々な話を聞いて、色々な人と接していたら、この人はこういう人なんじゃないかとある程度推測がつくようになって、こういう系統の質問をしたら会話が続くかな?ということが分かってくると思います。

 

アドバイス10

女性
(女性 29歳)

私自身コミュニケーションをとることがとっても苦手です。

それは、緊張してしまうからです。

相手の顔を見て話をしてるとめまいがしてくるくらいです。

しかし、初対面の人でもとにかくあいさつと笑顔を忘れないようにしています。

夜だと暗くて話がしやすかったり、お酒を飲みながらだといがいと話ができたり、マスクをしていると話ができたりってことが多々ありました。

相手の目をずっと見ながら話するのも緊張してしまうから、たまに横見たりってのもいいかもしれないですよね。

<スポンサーリンク>

アドバイス11

女性
(女性 29歳)

私自身、人とコミュニケーションを取る事がとても苦手です。

初対面の方と会う予定が前もってわかっている場合は、話のネタをいくつか考えてから行きます。

相手から質問された場合は、自分が答えた後に同じ質問を相手にもします。

どうしても会話が弾まない場合は、もうこの人とは合わないタイプなんだなと諦めちゃいます!

私自身の事を言うと自分の話をするのが苦手なので、聞き役に徹します。

自分の話をとにかく聞いてほしいマシンガントークなタイプの方の側に行き、うんうん、そうなんだ〜すごい!知らなかった〜などなど相打ちを打ちまくります。

相手は話せて満足、私は無理に話さなくていいのでwinwinです!

 

アドバイス12

男性
(男性 32歳)

他者とコミュニケーションを取るときに気をつけているのが、思いつきで話さないようにしているということです。

私も初対面と話すことが苦手なので、話す前に考えて話すようにしています。

ただ、これだと相手に良い印象を与えないことが多いので、話をされる際にはできるだけうなずいたり、相槌を打つことによって話を聞いていることを示します。

話すことが苦手であれば、リアクションでコミュニケーションを取っていくというのも良い方法です。

 

アドバイス13

女性
(女性 36歳)

まず初対面では自分から沢山話そうとはせずに、相手の方の表情であったり話すスピードを良くみて自分がテンポを合わせるようにしています。

挨拶、相槌などのリアクションは自分が思っているより気持ち大きめにして、相手が話しやすいような空気感を作ってみましょう。

まずどんな人なのか相手に興味を持ってみる、お天気でも身につけている持ち物や洋服などからでも簡単なことからでも質問して会話を広げていきます。

あとはコミュニケーションが苦手とおもっていると、表情まで強張りがちになってしまうと思うので、笑顔は心掛けるようにしています。

なるべく出掛けて色々な人と話すようにしていき、こういう人となら話しやすいと思える人を少しずつ見つけていくようにして楽しい会話のコミュニケーションの成功体験が増えていくと苦手意識は薄くなってくると思います。

 

アドバイス14

女性
(女性 37歳)

まずは相手の目をしっかり見て話すことです。

キョロキョロと違うところを見ていると、あまりいい印象ではありません。

ただ、あまり目ばかり見ていると相手が嫌がることもあるので、少し目線を外して眉間や首もとなどでもいいとおもいます。

あとは、相手のいいところを見つけてほめてあげることです。

どんなことでもいいので、少しでも良いなと思ったところは言ってあげると嬉しいと思います。

ほめられて悪い気がする人はいないと思います。

 

アドバイス15

女性
(女性 38歳)

まずは、初対面の相手の好みを知るように努力します。

自分が詳しくない分野に詳しい相手ならば、教えてもらうような気持ちで話を聞き、逆に自分の好みと同じ分野に詳しい相手だとわかれば、悩まずに自然に話が弾むと思います。

そして、大事なことは、とにかく笑顔で接することだと思います。

気難しい顔をしているより、笑顔のほうが(話してみよう)という気持ちになりやすいと思うからです。

人は、外見だけではわからないので、話しかけやすい雰囲気を作ることも大事だと思います。

<スポンサーリンク>

アドバイス16

女性
(女性 39歳)

コミュニケーションが苦手な人は、相手の反応が妙に気になってしまったり、必要以上に身構えてしまったりすると思います。

自分がどう思われているのか、必要以上に心配しているのではないでしょうか。

私は、自分の思っているほど相手は自分を気にしていないと考えます。

そうすると自然と気持ちが楽になり、肩の力を抜いて話ができます。

無理に話を続けるのではなく、相手の調子に合わせることから始めれば自然と会話もできます。

後は笑顔を心がけれは悪い印象は持たれません。

 

アドバイス17

男性
(男性 39歳)

初対面で人と話すのが苦手な人は、相手に対して色々と気を使いすぎているのだと思う。

必要最低限のマナーとかTPOに合わせたことをやっていれば問題ないです。

普通に行動してたら人は話した内容・行動などほとんど忘れてしまうし印象に残らないです。

相手に興味を持たれていたら話は別ですけど、初対面でそんなことになるのはイケメン・美女とかごく稀な人達です。

だから、臆せずどんどん適当にコミュニケーションを取って行くと良いと思います。

 

アドバイス18

女性
(女性 39歳)

恋愛等で過剰な好意を寄せてくる迷惑な場合を除いて、自分の事を好きだと言ってくれる人を無碍にできる人はそういません。

なのでまず相手を好きになる事です。

好きになる為には興味を持つこと。

興味を持って相手を知りたいと思えば話しも弾みます。

「人と話すのは苦手だ」「この人にもきっと嫌われる」「暗いと思われてる」と自己暗示をかけず、無理のない笑顔で挨拶をし、相手を知りたいと思ってみて下さい。

話しをした後は忘れないうちにメモをとりましょう。

たまに見返したり、その人に次に会う前に読んでおくと「以前こんな事をおっしゃっていましたよね、どうなりましたか」など話しを広げることができ、相手も「きちんと聞いて覚えていてくれた」と親近感がわくはずです。

コミュニケーションが得意だという人は、そういった努力を影でしているものです。

 

アドバイス19

女性
(女性 43歳)

まず、はじめに挨拶をしてから相手にいくつかの質問をして、相手が応えることに対してにこやかにうなずいて話を聞くようにしています。

特に、初対面の相手に対してはお互いに警戒心がわくと思うので、笑顔は大切だと思います。

自分を知ってもらうよりも先に、相手のことをよく知ることでコミュニケーションは取りやすくなるので、なるべく「聞き手」にまわるのが良いでしょう。

人は自分の話を真剣に聞いてもらうことで好感を抱きやすいように感じています。

 

アドバイス20

女性
(女性 44歳)

まずは第一印象が大事なので「笑顔」にはかなり気をつけています。

最初に話す前でも笑顔から始めると相手も気持ちがリラックスするのか!?話がスムーズに広がっていくことが多いです。

確かに自分がその相手だったら、ムスッとした無愛想な表情から始まったら「何だろう?今日は機嫌が悪いのかな?」とか「何だかとても話しづらい雰囲気なんだけど・・・。」っと、最初から嫌な雰囲気で始まってコミュニケーションを取ろうなんて気も起きませんものね。

なので、まずは「笑顔」から相手の心の中に入っていくと良いと思いますよ。