大学の友達の作り方|大学生の友達付き合いで重要なこととは?

大学の友達の作り方

ここでは、大学での友達の作り方について筆者の経験を交えてまとめています。

高校と比べて様々なことが異なる大学ですが、友達との付き合い方も学生によっては高校時代と大きく違います。

学内の友人たちとの付き合いの基本や、学内の友人の作り方など、大学生の友達付き合いで重要なこととは一体何なのでしょうか。

「大学で友達ができるか不安だ」

「想像以上に大学の友達が出来ない」

「友達を作るタイミングを完璧に逃したッ!」

という方々は、参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

 

大学1年生は学内の友達を作るベストタイミング

まず言っておきたいのは、大学1年生は、大学生として最も学内の友人を作りやすい時期であるということです。

これは当然ですよね。

特に大学に入学したての学生たちは、その多くが、新しい大学生活に対しての不安を心の中に抱えています。

そして、その不安を共有する相手を強く求めているのです。

つまり、新入生ガイダンスや入学式で一人で行動しているっぽい大学生は、声をかければ親しくなれる可能性が大なのです。

あなたが新入生で、どうやって大学の友達を作ろうか悩んでいるのであれば、まずは一人で行動しているっぽい学生に声をかけてみましょう。

ちなみに、大学で一番最初に声をかけて出来た友達は意外と卒業まで仲が良いパターンが多いようです。

 

大学の友達作りはコミュニティに所属するのが一番

「新入生ガイダンスや入学式などの新入生イベントが終わっても、友達が一人もできない。どうしよう。」と不安を抱えている方もいると思います。

しかし、そんな方々も全く心配することはありません。

大学生活は長く、例え大学1年生時点で友達0人であったとしても、まだまだ学内の友人を作る機会はたくさんあります。

ここで、大学内の友人を作るために入るべき主なコミュニティについて紹介します。

大学内の友人を作りたいのであれば、以下のどれか一つは必ず入るべきでしょう。

●サークル・部活動

●大学近くのアルバイト

●ゼミ・研究室

 

●サークル・部活動

これに関しては、深く書く必要はありませんね。

サークル活動といえば、大学生活の華です。

そして勿論、サークルほど友達作りに向いたコミュニティはありません。

サークル内で共に活動していれば、特に意識せずともあっという間に友人が出来るでしょう。

関連:大学生はサークルに入らないと後悔する?

 

●(大学近くの)アルバイト

サークルに入るつもりがないという学生は、アルバイト先で学生を探してみましょう。

学内の友人を作りたいのであれば自分の大学に近いアルバイト先を選べばいいですし、学外の友人を作る機会にもなります。

しかし、自分の大学の授業や勉強面で助け合える友人がいないとなると、期末テストはかなりキツイ戦いになるでしょうから、学内に親しい友人を作っておくことは重要です。

関連:大学生の約7割がアルバイトをしてるって本当?

<スポンサーリンク>

●ゼミ・研究室

ゼミや研究室も、友達を作る絶好のコミュニティです。

ゼミや研究室では、自身の研究の発表を行ったり、同じゼミ・研究室の学生たちとのコミュニケーションが必要になる場面が多々あります。

多くの学生は2年次以降からゼミや研究室での活動が始まるでしょうから、大学1年生で友達ができなかったという方は、おそらくここが友達作りの最後のチャンスになるでしょう。

 

そして、これらの他にも必修授業のクラス分け大学の各イベントの運営委員会など、友達を作りやすい機会はたくさんあります。

大学で友達を作るためには、何かしらのコミュニティに属することがもっとも無難です。

ぜひ、大学生活を楽しむために自分に合ったコミュニティに所属してみてください。

しかし、友達を作るためだけにコミィニティに入るのではなく、コミュニティ自体とその活動を楽しむことを忘れないようにしましょう。

もしあなたが活動を楽しむことができるのであれば、きっと自分と気が合う友人が自然に出来るはずです。

 

大学内の友人との基本的な付き合い方と心構え

大学生になると、非常に多くの知人・友人が出来ます。

おそらく、入学後はラインにどんどん新しい友達が追加されるでしょう。

しかし、ラインに追加された人々全員と濃い友人付き合いをしなければならないかというと、そうではありません

大学生の友達付き合いの基本として、広く浅い友人関係がとても重要になるのです。

 

先程紹介した大学のコミュニティに入っていると、どうしても学生とコミュニケーションを取る機会は増えます。

当然、友人知人は増えます。

しかし、知り合った全員との友人関係を維持しようとすると、たくさんの時間やお金を消費しますし、精神的にも疲れ果ててしまいます。

ですから、「連絡は取らないけど、学内で遭ったら軽く会釈する」程度の友人が多いことを気にしないようにしましょう。

結局、気があって大学内で一緒に行動することになる友人は2、3人程になるでしょうし、それで十分です。

大学では、広く浅い人間関係と上手く付き合っていくことがとても重要なのです。

友達を作ることをいとわず、しかし自分に大きな負担をかけない、そんな人間関係を意識して大学生活を楽しみましょう。

 

★こちらも読まれています

大学に行きたくない時に考えて欲しい5つの対策

サークルを掛け持ちする際の注意点と体験談

大学生のバイト勤務時間は平均どのくらい?

大学生の仕送りの平均額|いくらにするべき?

<スポンサーリンク>

関連コンテンツ

ABOUTこの記事をかいた人

conn

大学生・浪人生に向けた記事を書いています。 大学生活で気になった事や、大学生たちに知っておいて欲しい事について、出来るだけ分かりやすくまとめています。