大学に行く意味とは?|4つのメリットから考えよう

大学 行く意味

ここでは、大学に行く意味を考えてもらう上で知っておいて欲しい、大学に通うことで得られる4つのメリットについてまとめています。

大学生活をエンジョイしている中で、”このままでいいのだろうか”とふと考えてしまった大学生や、大学へ進学しようか悩んでいる方たちはぜひ参考にしてください。

<スポンサーリンク>

 

大学に行く意味

大学に行く意味を考えてもらう上で、第一に意識して欲しいことがあります。

それは、必ずしも大学には行く必要はないということです。

 

この記事を読んでいる方の大半は、大学に行く意味を見い出せていない方々のはずです。

そして大学に行く意味を見いだせないということは、大学に通うことに疑問を感じているということへの裏返しでもあります。

つまり、あなたは”大学に行く意味なんて無いだろう””大学なんて行く必要無い”と心のどこかで考えているはずです。

 

”学歴社会の終わり”、”各個人のスキルが重要”などという風潮が高まっている近年。

大学や学歴の価値というものは昔ほど高くはなくなっているのかもしれません。

しかしそれでも、”せめて大学までは卒業するべき”という意見を耳にすることは多いです。

受験生や大学生たちにとっては聞き飽きた言葉ですよね。

さらに、”普通科高校なら大学進学は当然”という風潮がまだまだ根強いのも事実です。

 

ですが、大学に行く意味を考えるのは何もおかしいことではありません。

周囲に流されるままに大学に進学した学生と、大学に進学する必要性について考えた学生との間には大きな差があります。

それは将来に対する危機感の差です。

この危機感を持っているか否かで、大学4年間の過ごし方は全く異なったものになります。

もちろん、自分にとって有意義だと思うのならば大学に行く必要もありません。

ですから、大学に行く意味について悩んでいるあなたは賢明であると言えます。

 

ここで話を戻して、大学に行く意味についてズバリ応えましょう。

大学に行く意味は、あなた自身が見出すべきものである。

 

いきなり突き放したような言葉をぶつけてしまいました。

しかし、これはとても重要なことです。

意志なくして大学で学べるものは無いですから、大学に行く意味というのは自分で見出すしかないのです。

他人に無理やり大学に行かされたとして、モチベーションを高く維持したまま大学に通うのは難しいですからね。

大学に行く理由について例を出すと、以下のようなものがあります。

 

大学に行く理由 (例)
  • 就職したい企業が大卒採用に力を入れている
  • 資格取得のために大学に行く必要がある
  • 大学で専門的に研究したいモノがある
  • 大学生の方がモテそう(勝手なイメージ)
  • 大学の部活動で全国を狙う

 

これらの他にも、大学に通う理由はそれぞれ千差万別です。

大学に進学する理由はどんなものでもいいのです。

大切なのは、あなた自身が大学に行く必要を感じ、大学に行く意味を見いだせるか否かです。

 

なので、この記事では具体的な大学に行く意味を伝えることはしません。

この記事でお伝えするのは、あくまでも大学に通うことで得られるメリットについてです。

大学に通うことで得られる数々のメリットの中から、大学に行く意味をあなた自身が考えてください。

 

<スポンサーリンク>

 

大学に通う4つのメリット

ここでは大学に進学することで得られる、主なメリットを4つ紹介します。

あなたが大学に行く意味を考えるうえで、参考にしてみてください。

大学の4つのメリット

  • 経験
  • 自由な時間
  • 能力の証明と社会的信用
  • 就職活動での新卒採用

 

経験

大学生でしか得られない経験はたくさんあります。

たとえば、以下のようなものです。

  • 全く興味がない分野の授業を受けてみる
  • ゼミに入って死ぬほど研究に没頭する
  • サークル活動や部活動に熱中する
  • 留学する

 

日常生活において、興味がないモノに自ら関わろうなんて普通は思いません。

なので、自分が知らないモノを知る機会というのはそうそう無いのです。

しかし、大学ではさまざまな分野についての講義があります。

一度出席してしまえば、自分すら知らなかった興味のあるモノを発見できるかもしれません。

 

また、ゼミに入って教授やゼミ生たちとともに研究をするのも貴重な経験です。

教授は研究のプロですからね。

研究テーマだけでなく、物事を研究するプロセスを間近で学ぶこともできます。

教授にアドバイスをもらいながら研究する機会は、就職してからでは得難いものです。

その他にもサークルや部活動、海外大学留学など、大学生ならではの経験をすることができます。

 

現役大学生で”大学で得られるものなんて無い”と考えている方でも、大学でしかできない経験はないか、もう一度考えてみましょう。

そして大学進学を考えている方は、大学生として経験したいことはないか考えてみてください。

大学ごとにさまざまな特色があり、立地や偏差値によって集まる学生の質にも特徴があります。

きっと少しは惹かれる大学があるはずです。

ほんとうに些細なことでもいいですから、大学に興味を持つきっかけを探してみましょう。

 

自由な時間

大学生には4年間の自由な時間が与えられます。

当然授業を受けて単位を取得しなければなりませんが、高校生と比べると自由な時間はとても多いです。

仕事で責任を背負ったり残業をすることもなければ、平日に学校に拘束されるわけでもない。

まさに大学生は自由な身分です。

 

そしてこの膨大な自由時間を一体何に費やすのか。

ここが本当に重要です。

大学生活の過ごし方に差を作り出すのが、先ほどでも挙げた危機感です。

”自分はどんな道で生きていくのか””人生を通してやりたいことは何か”などの将来への危機感を感じている学生は、自然と積極的に行動します。

しかし、成り行きまかせで流されて大学に入った学生の中には、卒業後のことを深く考えていない学生も多いのです。

 

高校を卒業していきなり就職することに対して危機感を抱いている方は、社会に出る猶予期間を手に入れるために大学生になってもいいのです。

やりたいことがあるのならば自由な4年間を手に入れるために、”大学生”の身分を隠れ蓑として利用してもいいのです。

とにかく、4年間という自由な時間を無駄にしないというのであれば、大学生活を経験してみるのもいいのではないでしょうか。

大切なのは、大学に行く意味を見出せるか否かなのですから。

 

能力の証明と社会的信用

大学を卒業するということは、それだけで自らの能力の証明になります。

また、大卒というだけである程度の社会的信用も得ることができます。

いかに社会で”大卒は使えない”という声が聞こえても、学歴はまだまだ強いパワーを秘めているのです。

 

一般的に、人に自分のことを信用してもらうのは大変です。

特に、初対面の人に自分の能力を知ってもらい、信用を得るのは難しいです。

当たり前ですよね。

初対面の相手からすれば、あなたはどんなことが出来る人なのか全く分からない”謎の人”なわけですから。

しかし、こういう場面でも学歴は役立ちます。

学歴はある程度の能力の証明になりますし、ある程度の信用を得ることにもつながります。

 

もちろん学歴以外にも、自身の能力を評価してもらって信用を得る手段はあります。

ある程度の専門的なスキルを身に着けている方ならば、そのスキルを評価できる相手からはしっかり信用されるでしょう。

しかし、ここに落とし穴があります。

専門的なスキルは、そのスキルに精通した方にしか理解されないのです。

例えば、どんなに腕の良いプログラマーが作成したプログラムであっても、プログラミングに詳しくない方が見れば、そのプログラムを書いた人が本当に腕が良いのかどうかは理解できないのです。

 

ですが一方で、学歴は汎用的です。

世間的に名前が知られている大学の学歴であれば、専門的な知識の有無は関係ありません。

仕事上だけでなく、日常においても、学歴は自身の能力を保証してくれる分かりやすい証明書なのです。

 

就職活動での新卒採用

日本の大手企業には、企業の将来の中心メンバーを育てるための新卒一括採用の文化があります。

なぜ新卒採用が行われるのか疑問に思う方もいるでしょう。

それは、新卒社員は企業文化の継承を行いやすいからです。

 

ちまたで流行っている”即戦力”という言葉がありますが、すぐに役に立つほどのスキルを持っている中途採用の人材は、当然スキルを磨いてきた場所(企業)があるはずです。

つまり、中途採用の人材は他企業の企業文化を経験しているということですね。

ですから、もしかすると中途採用の人材は自社の企業文化と合わないかもしれませんし、その結果として別の企業に転職してしまうかもしれません。

 

しかし、新卒社員であれば一からスキルを磨かせて育てることが出来ますし、他企業の文化が入っていない分、自社の企業文化を継承させることが比較的容易です。

そのため、最初に入社した企業に対する強い帰属意識から、新卒社員は簡単に辞めることはないだろうと思われているんですね。

さらに、大卒という資格はある程度の能力と信用の保証にもなります。

ゆえに大手企業は、一から育てるならば出来るだけ若い大卒の人材を採用したいという心理に行き着くわけです。

 

大手企業に対しては、”大卒”というカードはまだまだ効果があるのが現状です。

大手企業に就職したいのならば、中小企業から叩き上げで大手企業への中途採用を狙うか、大学を卒業してからの新卒採用を狙うか、どちらが自分に合っているか考えてみましょう。

ちなみに、大卒の方が一般的に年収が高い傾向にあります。

 

それでも悩む大学生たちへ

大学に行く意味を考えてもらううえで、大学のメリットを4つ紹介しました。

しかし、それでも大学に通う意味を見いだせないという大学生もたくさんいるはずです。

そんな方々は、自分が大学進学を志した理由を思い出してみてください。

 

どうしてその大学を選んだのか

どうしてあなたは自身が通うその大学に入学したのですか。

多くの方は高校生のときに先生や両親らとともに進路相談を行っているはずです。

そして何かしらの目的・目標があって、現在あなたが在籍している大学をあなた自身が選んだはずです。

「いやいや、人に勧められて大学や学部を選んだんだ。」という方もいるかもしれません。

しかし、先生に勧められようが、親に勧められようが、大学選びについて最終的に決定を下したのはあなた自身なのです。

 

そして、現在あなたが通っている大学をあなた自身が選んだ際、何かしらの理由・目的があったはずです。

それは夢を叶えるためだったり、就職に有利だからだったり、単に狙える大学で一番偏差値高かったからだったり、人によってさまざまでしょう。

しかし、決定的な何かがあったはずです。

まずは、あなたが現在在籍している大学を選んだ理由を思い出してみてください。

 

今も目的を持っているか

大学に来た目的、大学を選んだ理由を思い出せたら、現在もその目的を心に持ち続けられているか考えてみましょう。

人が何かをする際、明確な根拠や目的の有る無しはモチベーションに大きな影響を及ぼします。

大学の授業を受けることに対してやる気に満ちているなら、たとえ”来るな”と言われても行きたくなるはずです。

もしも大学に行く明確な目的が有るのであれば、面倒くさくても行くべきです。

しかし大学に在籍する理由を失っていたり、それが変わってしまっているならば、自分が大学に行く意味について改めて考えてみましょう。

 

まとめ

いかがでしょうか、大学に行く意味をあなたなりに少しでも考えることが出来たなら幸いです。

繰り返しになりますが、重要なのは大学に行くか否かではありません。

本当に重要なのは、あなたが大学に行く意味を見いだせるか否かです。

あなたが大学に行く必要性を感じるのであれば、大学生としての生活をエンジョイすればいいのです。

しかし大学に行く必要性を感じず、行かなくても後悔しない自信があるならば、大学に無理をして通う必要はないのです。

大学に通う(通い続ける)べきか、はたまた社会の荒波に飛び込むか。

自分自身でしっかり考えましょう。

大学に行きたくない時に考えて欲しい5つの対策

 

★こちらも読まれています

大学を辞めたいという時に考えるべき3つのこと

大学と高校の違いを11個まとめてみた

大学生がバイトをしないのはアリ?就職活動への影響は?

大学生はサークルに入らないと後悔する?

<スポンサーリンク>