大学と高校の違いを11個まとめてみた

大学と高校の11の違い

この記事では、新入生が知っておくべき大学と高校の11の違いについてそれぞれ詳しく説明しています。

”教育機関”よりも”研究機関”としての役割の方が大きい大学は、高校と異なる点が多いです。

進学する大学がすでに決まっている新入生たちにも、大学進学を考えている受験生たちにも、少しでも大学の雰囲気を感じて頂ければうれしいです。

<スポンサーリンク>

 

1.前提意識

高校:

  • 受け身の姿勢でもOK

大学:

  • 積極性が重要

高校からストレートで大学に進学する学生たちは、特に積極的に行動することを意識しておいてください。

高校と違い、大学はとにかく自ら動かなければなりません。

受講する授業や時間の使い方、付き合う友人たちも全てあなた次第です。

そして”自由”である反面、当然”責任”も全て自分にあることを肝に銘じておきましょう。

 

2.時間割

高校:

  • 時間割の選択肢 ×

大学:

  • 時間割の選択肢 ◎

大学生活を楽しく過ごす上で、時間割の組み方はとても重要です。

大学の時間割は良いように言えば選択の自由が有り、悪く言えば突き放されていると言えるでしょう。

小・中・高校では、授業はクラスごとにすべて決められていたはずです。

 

しかし大学では、自ら取得単位を計算して受講する授業を決めなければなりません。

いわゆる履修登録ですね。

大学の友人たちと一緒に履修する授業を決める方が多いでしょうが、しっかり考えて授業を選びましょう。

ちなみに、履修登録については以下の記事で詳しくまとめています。

参考:大学の履修登録のコツと基本

 

3.活動範囲の制限

高校:

  • 放課後まで学外に出られない

大学:

  • 日中でも学外に出られる

高校は一度登校すると、授業がすべて終わるまで基本的に学外へは出られません。

しかし大学は、学内外への移動が自由です。

高校で一日中束縛感を感じていた方も、大学ではあまり意識しなくなるでしょう。

 

4.学生

高校:

  • ”生徒”と呼ばれる
  • 地元の学生が多い

大学:

  • ”学生”と呼ばれる
  • 県外からの学生も多い

一般的な高校は地元の学生が大半を占めていますが、大学では世界中から多種多様な方々が集まっています。

方言や言語、価値観の相違などに臆することなくどんどん話しましょう。

ちなみに、そんな方々とコミュニケーションを取るときにオススメするのは地元の話です。

 

特に他県の大学に進学した学生たちはラッキーです。

地元民だからこそ喋ることが出来るローカルネタや方言は、あなたの強烈なアイデンティティであり、武器になります。

そしてこれらの武器を使いこなすことが出来るならば、初対面の人に名前を覚えてもらえなくても、あなたは少なくともその人の印象には残るはずです。

ガンガン方言を使っていきましょう。

 

また、高校から大学へ進学する過程で”生徒””学生”という呼び名に変わります。

大学は”自ら学んでいかなければならない場所”であるということを肝に銘じておきましょう。

 

<スポンサーリンク>

 

5.友人

高校:

  • とても作りやすい

大学:

  • とても作りにくい

高校は、授業やイベントも基本的にクラス単位で行われるため、受動的な出会いの場として機能しています。

しかし大学は高校と違い、まず人と出会う場が少ないです。

そして出会いの場はサークルやゼミ、クラス授業などに限られています。

 

”いやいや、学内にいっぱい学生が歩いてるじゃん”という意見もありますが、学内を歩いているの同じ大学の学生は、街で歩いている見ず知らずの他人と変わりません。

街で歩いてる見ず知らずの方にいきなり声をかけるでしょうか。

場合によっては声をかけることもあるでしょうが、声をかけづらいと感じる方の方が多いでしょう。

ですので、大学で友人を作るには集団に属することが重要になります。

 

高校において、すべての学生は”クラス”という名の集団に常に属しており、授業やイベントにもクラス単位で参加しなければなりません。

もちろん、嫌でも友人が出来ます。

しかし大学では、そのような機会はあまりありません。

一応、大学にもクラスは存在しますが、高校ほどお互いの仲が良いクラスは珍しいのです。

なので、学内の友人を手っ取り早く作りたいならば、サークルやゼミに参加することをオススメします。

 

6.サークル・部活動

高校:

  • サークル:無
  • 部活動:有

大学:

  • サークル:有
  • 部活動:有

サークル活動は、大学生活の華です。

人間関係がドライになりがちな大学において、深い人間関係をもっとも作りやすいのがサークル活動です。

大学生活で研究や勉強以外のことをエンジョイしたいならば、必ず入りましょう。

 

しかし、”サークル活動って一体何ぞや、部活動と何が違うの?”という疑問もありますよね。

イメージしやすいように簡単に説明すると、”サークル””ゆるい部活動”です。

そして大学の”部活動””全国を狙うガチの部活動”と言えるでしょう。

 

誤解のないように言っておきますが、部活動並みに厳しい活動を行っているサークルもたくさんあります。

しかし、サークルは部活動と比べて多種多様で数も多く、日々活動しているところもあれば、まったく活動していない名ばかりの団体もあるのです。

もちろん、中には危ない団体もあります。

 

”授業やアルバイト、ゼミ活動と両立しながら、大学の友人たちと気軽に関われることがしたい”という学生に、サークルは持ってこいの場なのです。

一方、”授業やアルバイトなんてどうでもいいよ。それよりも一つの競技で全国の猛者たちと戦いたい”という学生は、部活動向きです。

なんにせよ、自分が楽んで続けられる団体に入りましょう。

 

 

7.ゼミ活動

高校:

  • 基本的にゼミは無い。

大学:

  • 学生として教授と共に専門研究の調査や研究発表を行うメインの場。
  • 基本的に1~4年生合わせて15名程度で構成されている。

ゼミナールとは、少人数の学生たちが教授の個人的な指導のもとで、ひとつのテーマのために研究と議論を重ねる授業形態のことです。

少人数で行われるため、基本的にうちとけた雰囲気のゼミが多いです。

高校では一部を除き、一つのテーマを掲げて研究に取り組んでいる部活動は基本的にありません。

 

自分の興味がある分野について詳しく研究するために、ゼミは大きな力を発揮します。

また、サークル活動同様に大学の友人を作る貴重な場ですし、就職活動でも評価の対象として扱われます。

卒業後に就職を考えている学生は、出来るだけゼミに入りましょう。

 

余談になりますが、ゲッチンゲル大学のゲスナー教授が哲学のゼミを始めたのが、ゼミナールの起源だそうです。

大学の歴史と比べると、意外とゼミ制度の歴史は浅いんですね。

 

<スポンサーリンク>

 

8.授業

高校:

  • 40名程度のクラス授業が中心
  • 50分授業の学校が多い

大学:

  • 100名程度の大教室授業が中心
  • 90分授業の学校が多い

大学では1クラスに約50名程度の学生が所属しており、必須科目の授業はクラスごとに決められていることが多いです。

特に理系学部の場合、実験をクラスごとで行うことがよくあります。

 

また、基本的に大学の授業では席が決められていません。

早いもの勝ちです。

毎回授業を受けていると、学生たちのそれぞれの定位置が暗黙のうちに出来ていたりしますが、座りたい場所に座ればいいのです。

 

9.指導者

高校:

  • 教員免許を持つ教師

大学:

  • 研究者である教官

高校では、教員免許を持つ教師学習指導要領に基づいて授業を行います。

しかし大学では、研究者である教官自身の専門研究領域を中心に授業を行います。

 

高校の先生たちは、教員免許を持った”各教科を教えるプロ”ですが、大学の先生たちの本業は”研究者”なのです。

なので大学には、教えるのが上手い先生もいればそうでない先生もいます。

特に、黒板に何を書いているのか、何を喋っているのかすら分からないという先生の授業は、履修登録の際にしっかり吟味しましょう。

 

10.試験

高校:

  • 試験目的は「知識の確認」
  • 試験形式は「空欄補充」や「論述問題」など
  • 重要なのは「知識の正確な暗記」

大学:

  • 試験目的は「用語・概念の理解度と問題意識の確認」
  • 試験形式は「用語説明問題」や「論文論述問題」など
  • 重要なのは「論文形式の問題に対する自身の主張」

高校生までは、知識を正確に暗記する力が重要です。

しかし大学では、”考える力””人に意見を上手く伝える力”がより重要になります。

 

大学でも先生によっては空欄補充の問題を出すことがありますが、試験形式としては、基本的に”文章で答える”問題が多いです。

期末試験でいきなりA4サイズの白紙の解答用紙を渡され、

”~問題に対するあなたの意見を述べよ。”

という問いに、死に物狂いで取り組むこともあります。

 

また、高校と大学の試験でもっとも違うのは、”明確な答えが無い問題”の有無です。

このような問いに対しては、問題について自ら調査し、自ら考え、自らの意見を分かりやすくまとめる能力が求められます。

レポートなどが良い例ですね。

 

すぐに答えが分かる問題を大学で学ぶ必要はありません。

答えが無い問題だからこそ、大学で研究し、追求していく価値があるのではないでしょうか。

ちなみに、教養科目として高校と同じ数学や語学の授業もありますが、理系科目は論述式や論証式問題が多く、語学は要約問題や内容把握問題が多いです。

 

11.長期休暇

高校:

  • 夏休みは約1カ月
  • 冬休みは約2週間
  • 春休みは約2週間

大学:

  • 夏休みは約2カ月
  • 冬休みは約2週間
  • 春休みは約2カ月

※もちろん学校によります。

大学の長期休暇は高校と比べてもスケールが違います。

ひたすらに長いです。

1カ月も休めば、思わず自分が大学生であることを忘れてしまいます。

それぐらい長いです。

 

ですが、この長期休暇の過ごし方はとても重要です。

アルバイトやサークル活動に熱中する学生もいれば、思い思いに有意義な過ごし方をしている学生もいます。

しかしその一方で、2カ月間も”食っちゃ寝生活”をしてしまう学生もたくさんいるのです。

大学生としてのはじめての長期休暇は、くれぐれの計画的に過ごしましょう。

 

まとめ

いかがでしょうか。

大学と高校の11の違いを知り、大学の雰囲気を少しでも感じていただけたのなら幸いです。

大学は本当にいろんな方々が集まっている場所です。

それぞれの学生に大学に進学した理由が有り、人種、年齢、性別関係なく学んでいます。

しかし、大学では積極的に行動しなければ得られるものは無いと思ってください。

 

もちろん、ここで挙げられていない大学と高校の違いもあるはずです。

常に挑戦的な気概を持って、大学生としての新生活を楽しんでください。

<スポンサーリンク>