大学生のバイト勤務時間は平均どのくらい?

大学生 バイト 時間

ここでは、大学生バイトの平均勤務時間や、大学生たちが長時間アルバイトをする理由、長時間勤務になりがちなアリバイトについてまとめています。

学業と両立するバランスを取るのが難しいアルバイト時間ですが、自分に必要な収入額から逆算して、理想的なアルバイトの勤務時間を考えてみましょう。

<スポンサーリンク>

 

大学生バイトたちの平均勤務時間

ここでは、大学生たちの平均アルバイト勤務時間(週間)について見てみましょう。

資料は、全国の大学生たちを対象に行った「平成26年度学生生活調査結果(JASSO)」を引用しています。

0時間/週 32.3%
1~11時間/週 23.5%
11~20時間/週 31.5%
21時間以上/週 12.6%

週に11~20時間のアルバイト勤務が、アルバイトをしている大学生たちの中でもっとも多いようですね。

1回8時間のフルタイム勤務を週2回すると、

8時間×2日=16時間

となり、16時間/週になりますから、11~20時間/週のアルバイト勤務をする大学生たちが多いのも納得ですね。

また、週に21時間以上アルバイトをしている大学生たちは、全体の約1割しかいないようです。

そして、週に21時間以上アルバイトをしている大学生たちは、多くが週3日以上の勤務をしていると考えられます。

 

大学生は週3バイトが多い?

ここでは、大学生たちが求める1週間の勤務日数について見てみましょう。

資料は、「大学生の実態調査2016(就職みらい研究所)」の結果から引用しています。

大学生の平均アルバイト勤務日数

 

1日未満/週 11.1%
1日/週 9.3%
2日/週 23.6%
3日/週 27.4%
4日/週 16.9%
5日以上/週 11.8%

週2、3日でバイトをしている大学生たちが多いようですね。

「タウンワーク」や「マイナビ」などのWEB求人サイトで、多くのアルバイト応募条件に「週3日以上」というタグがついていることからも、週3日のアルバイト勤務が一定の基準になっていることが伺えます。

そして、週2日のバイト勤務をしている学生たちが多いことにも、注目するべきでしょう。

多くの求人サイトでは週3日以上の勤務が条件になっているわけですが、おそらく、採用された後にシフトを減らし、週2日の勤務に調整している大学生が多いのではないでしょうか。

”週3日はきついけど、週2日なら何とかバイトできるかも”という方々は、採用後にシフトを調整する前提で、「週3日以上の勤務」が条件になっているアルバイトに応募してみるのもいいかもしれませんね。

ちなみに、文系大学生の方が、理系大学生よりも平均アルバイト勤務日数が多いという調査結果も出ています。

 

<スポンサーリンク>

 

大学生が長時間バイトをする理由とは

ここまで、大学生バイトたちの平均勤務時間について触れてきました。

しかし、そもそも大学生たちは、一体何を目的として長時間アルバイトをするのでしょうか。

もちろん、学生それぞれによって、長時間バイト勤務をする目的は異なるでしょうが、ここでは主な理由をまとめてみました。

ずばり、以下の4つです。

●お金

●やりがい

●出会い

●無理やり

 

お金

大学生たちがアルバイトをする理由として、もっとも声が挙がるのが、「金銭目的」です。

アルバイトは、もっとも手軽かつ継続的に、学生が「時間」を「金銭」に変える事が出来る手段です。

理系大学生たちはさて置き、一般的な文系大学生たちの多くは時間に余裕がありますから、「時間的余裕」を利用し、長時間アルバイト勤務をする大学生たちが多いのが現状ですね。

 

やりがい

「お金」目的と同様に、「やりがい」を求めて長時間アルバイト勤務をする大学生も多いです。

例えば、教師志望の教育学部生たちが「塾講師バイト」をしたり、アパレル業界に興味がある学生が「ファッション系」のバイトをするなどですね。

これらに共通していることは、自分が興味がある業界や、将来就職したい業界内のアルバイトをするという部分です。

自分の興味がある仕事ですから、やりがいが生まれますし、長時間勤務が苦になりにくい傾向にあります。

 

出会い

アルバイト先の同僚に好きな相手がいるなどの場合、相手との接点を増やすために、長時間アルバイトをするというケースも意外とあります。

長時間アルバイトをしていれば、その分、目的の相手とのシフトもかぶりやすくなりますから、合理的な手段と言えるでしょう。

しかし、目的の相手に、すでに付き合っている人がいるなどが判明した場合、それでも長時間勤務に耐えられるかと言えば、難しいところです。

 

無理やり

ブラックバイトに入ってしまったり、無理なシフトを断れなかった場合に、仕方なく長時間アルバイト勤務をしてしまうというケースもよくあります。

無理やり長時間勤務を強いられて困っている場合は、とりあえず、大学の学生相談室で相談してみましょう

いきなり警察に行くのは精神的なハードルが高いですからね。

長時間勤務したくないという方は、無理やりシフトを組まれそうになった時に”NO”と言うか、長時間勤務になりがちなバイトを避けるようにしましょう。

 

勤務時間が長くなりがちなバイト

多くの大学生が働きそうで、長時間勤務になりがちなアルバイトは、ある程度決まっています。

ここで、特に長時間勤務になりがちなバイトTOP3を紹介しておきます。

 

3位:塾講師

約4割の大学生が経験したことが有ると言われているほど、大学生に人気の塾講師バイト。

基本的に、特定の”担当”生徒を受け持ち、曜日指定で固定シフトに入るのが一般的です。

通常時は、学校終わりに数コマ教えて終わりというのがほとんどなのですが、夏休みや冬休みなどの長期休暇が落とし穴です。

特に、担当している受験生から長期休暇中に数十コマ分の授業を申し込まれた場合、一人で対処できる量を超えてしまうことがよくあり、この場合、どうしても長時間勤務になりがちです。

申し込まれた授業を他の講師に丸投げしてもいいのですが、たいていの場合、ほかの講師たちも同じことを考えているため、結局、自分で授業をさばくことに。

 

2位:アパレル系

中小規模のお店が多いアパレル業界。

中小規模のお店は、多くのアルバイトたちを抱え込むのが経済的に難しいため、どうしても少人数でお店を回すことになります。

常にギリギリの人数で回っていると、欠員が出た場合などに呼び出されることがままあり、長時間勤務になりがちです。

また、アパレル業界は裏方の「在庫整理」がとても大変で、よく残業の元になります。

好きじゃないと、なかなか続かない仕事ですね。

 

1位:飲食系

何かとブラックバイトの代名詞にされがちな「飲食系」バイト。

特に「居酒屋バイト」は、数あるアルバイトの中でも屈指の忙しさです。

飲食は薄利多売のお店が多いので、どうしても多くの店員が必要になるのですが、多くの飲食店は必要最低限のバイトたちで回っています。

そして、シフトも限界ぎりぎりで入れられるケースが多いので、どうしても長時間勤務になりがちです。

また、業務が忙しいので時間があっと言う間に過ぎていくため、長時間勤務しがちでもあります。

シフトを思う存分入れることが出来るため、”とにかく稼ぎたい”という学生たちにはおすすめのバイトだと言えるでしょう。

 

まとめ

大学生バイトたちの平均勤務時間や、勤務時間が長くなりがちなバイトなどについてまとめてみましたが、いかがでしょうか。

多くの大学生たちは、週3日、合計20時間以内でアルバイトをする傾向にあるようです。

しかし、これらはあくまでも大学生全体の平均の話です。

学生によって必要なアルバイト収入は異なりますから、自分がどの程度アルバイトで稼がなければならないのかを把握し、そこから逆算して勤務時間を決めるよう心がけましょう。

そして、どんな業種のアルバイトにせよ、ブラックバイトには気を付けましょう。

 

短期バイトで収入を調整しよう

「今月の収入ちょっとヤバイな」

「希望シフトが中々通らない」

というように、想定外な事情によって収入が少なくなることはよく有ることだと思います。

そんな時は、目標額までの差額を補うために短期バイトをしてみましょう。

短期バイトは支払いや労働時間に融通が効きやすいですから、急にお金が必要になった時には強い味方になってくれます。

クレジットカード払いを使って負担を来月に回すよりも、短期バイトで収入を調整した方が精神的にも安心できますからね。

特に、ヤフージャパンとリクルートが協力して運営している『ショットワークス』は、「面接なし」や「1日だけ」の短期バイトが多く紹介されているのでオススメです。

1日から働ける激短バイト!ショットワークス

大学生に人気の「試験官バイト」や「イベント運営/設営」で、ガンガン稼ぎましょう!

 

★こちらも読まれています

バイトが楽しくない!そんな時は原因から解決しよう

店長が嫌い!バイトを辞める前に考えるべき対処法4選

免許合宿の楽しい事まとめ!学生は合宿で免許を取るべき?

大学生がバイトをしないのはアリ?就職活動への影響は?

<スポンサーリンク>