大学生のバイト率が約70%って本当?

大学生 バイト率

学費や生活費、遊びや旅行など、何かとお金が必要になる大学生。

しかし、保護者から十分な仕送りを受けているのであれば、わざわざ大学生がアルバイトをする必要はないでしょう。

そこで今回は、アルバイトをしている大学生たちの割合についてまとめてみました。

理系学生と文系学生、学年によるバイト率の違いとともに見ていきましょう。

<スポンサーリンク>

 

大学生がバイトをする理由とは

そもそも、大学生たちはどうしてアルバイトをするのでしょうか。

これには、お金や恋人を得るため、就職活動でプラス評価を得るためなど、各学生がさまざまな理由を持っているでしょう。

しかし、そのさまざまな理由の中でも、特に、お金のためにアルバイトをする学生が多いのが現状です。

こちらの記事で、大学生の平均仕送り額についてまとめていますが、十分な仕送り額を受け取っているのであれば、無理にアルバイトをする必要はないでしょう。

大学生の仕送りの平均額|いくらにするべき?

 

大学生のバイト率は約7割

現在、約7割の大学生たちがアルバイトをしているわけですが、より詳しく見ていきましょう。

以下の円グラフは、「就職みらい研究所」が4000人の大学生たちを対象にして行った「大学生たちのアルバイト活動実施率」を表しています。

大学生 バイト率

円グラフから、約74%の大学生たちがアルバイトをしている一方で、約26%の大学生たちがアルバイトをしていないことが分かります。

約3割の大学生たちがアルバイトをしていないということから、大学生は必ずアルバイトをしなくてはならないとは言えないでしょう。

このアルバイトをしていない約3割の大学生たちは、家庭から十分な経済援助を受けているか、奨学金など外部からの資金援助を受けているはずです。

忙しいゼミやサークル・部活動に所属している大学生も多いですから、アルバイトをするか否かは、自身の経済的な状況から考えてみましょう。

 

理系学生と文系学生の違い

大学生全体で見ると、たしかに約7割の大学生たちがアルバイトをしていることが分かりました。

しかし、理系学生と文系学生を比べた場合ではどうでしょうか。

以下のグラフをご覧ください。

理系と文系のバイト率

いかがでしょうか。

グラフから、アルバイトをしている理系大学生は約70%、文系大学生は約76%であることが分かります。

文系学生の方が、アルバイトをしている大学生の割合が大きいことが分かりますね。

理系学生の方々は、学年を追うごとに研究活動が忙しくなるので、アルバイトをする暇がなくなるのは当然であると言えるでしょう。

また、これはアルバイトをしているか否かの調査ですが、おそらく、理系学生たちは文系学生たちと比べて勤務時間も短いと予想されます。

大学生のバイト勤務時間は平均どのくらい?

 

学年による違い

それでは、バイト率について、学年ごとに比較した場合ではどうでしょうか。

理系学生と文系学生の学年別のバイト率について、それぞれ見ていきましょう。

学年別大学生バイト率

いかがでしょうか。

理系大学生たちのバイト率が、学年を追うごとに低くなっている一方で、文系大学生たちのバイト率は、全学年を通してあまり変化していないことが分かりますね。

やはり、理系大学生たちは学年を追うごとに研究活動が忙しくなり、アルバイトをする時間を取れなくなっていくのでしょう。

一方、文系大学生たちに注目すると、大学4年生の時にバイト率が上がっています。

これは、就職活動に備えてアルバイトを始める文系大学生たちが、一部いるからかもしれません。

また、この調査が行われたのは12月ですから、就職先が決まった後からアルバイトを始める文系大学生たちもいるのかもしれませんね。

 

まとめ

以上から、約7割の大学生たちがアルバイトをしていることが分かって頂けたかと思います。

また、理系学生と文系学生で、バイト率に大きな差があることも一目瞭然ですね。

必ずアルバイトをしなくてはならないのかと悩んでいる学生の方は、まず自身が、理系と文系のどちらに属しているのかを考えてみてはいかがでしょうか。

現在、アルバイトをしている方々の多くは大学生ですが、経済的な余裕があるのであれば、大学生であっても、必ずしもアルバイトをする必要はありません。

サークルやゼミなど、アルバイト以外にも大学生の楽しみはたくさんあります。

大学生のサークル加入率が約50%って本当?

約7割の大学生がアルバイトをしているという調査結果に惑わされず、アルバイトをするか否かは自身でしっかり考えましょう。

 

長期バイトを探そう

「アルバイトを始めたいけど、どの求人情報サイトを利用するべきか悩んでいる。」

そんな方は、とりあえず「バイトル」からアルバイトを探してみて下さい。

バイトルは求人数が多く、あなたに合ったアルバイトが必ず見つかるはずです。

また、興味のある求人がすでに有るのであれば、「ジョブセンス」で一度検索してみましょう。

ジョブセンスには「採用お祝い金」というサービスがあり、最大2万円の現金キャッシュバックを得られる求人があります。

バイトルとジョブセンスを上手く利用し、あなたに合った求人を見つけてください。

アルバイトを探すなら「バイトル」

バイトが決まると祝い金!バイトさがしはジョブセンス

 

長期が嫌なら短期バイトをしてみよう

どうしても長期バイトが嫌だという方は、短期バイトをしてみてはいかがでしょうか。

短期バイトでは、長期バイトのような束縛感やめんどくさい人間関係を感じる機会が少なく、必要な時に必要な分だけ稼ぐ事が出来ます。

「長期バイトはやる気が出ないけど、1日だけならやってもいいかな。」という方は、ぜひ短期バイトを検討してみてください。

特に、ヤフージャパンとリクルートが協力して運営している『ショットワークス』は、「面接なし」や「1日だけ」の短期バイトが多く紹介されているのでオススメです。

1日から働ける激短バイト!ショットワークス

 

★おすすめ記事一覧

大学の入学式の基本|行かないとダメ?

大学の単位の仕組みとは

大学の履修登録のコツと基本

大学の時間割の組み方を徹底ガイド

大学生はサークルに入らないと後悔する?

大学生のバイト勤務時間は平均どのくらい?

大学生がバイトをしないのはアリ?就職活動への影響は?

大学生のお小遣い額の平均が月8万円って本当なの?

<スポンサーリンク>