大学生がパソコンを持ってないのはマズい?|使う場面とは

大学生 パソコン 持ってない

大学生にとって、パソコンは必須アイテムなのでしょうか。

進学する大学が決まった新入生の中には、大学生活に向けてパソコンを購入するべきか否か、迷っている方も多いでしょう。

そんな方々は、以下でまとめた大学生活の中でパソコンを使う場面を参考にして、パソコンを購入するべきか否か検討してみてください。

<スポンサーリンク>

 

大学生がパソコンを使う場面

大学生はどんな時にパソコンが必要になるのでしょうか。

大学生がパソコンを使う機会について、それぞれ見ていきましょう。

大学生がパソコンを使う主な7つの場面

学校からの連絡・告知

レポート課題の作成

プログラミング

授業に必要なソフト

サークル活動

ゼミ活動

アルバイト

 

1.学校からの連絡の把握

多くの大学では、学籍番号とパスワードの入力が必要ですが、休講情報試験情報などをネット上で配信しています。

大学には、ホームルームのような情報を受動的に共有できる機会はありませんから、ネット上の大学情報を積極的に仕入れる必要があります。

学校からの連絡は、パソコンかスマートフォンを使ってしっかり把握しておきましょう。

 

2.レポート課題の作成

大学生として最もパソコンを使う機会が多いのが、レポート課題の作成でしょう。

大学では、筆記試験だけでなく、レポート課題がよく出題されます。

そして、このレポート課題は、たいていフォーマット(提出形式)が決められており、多くの場合、ワードなどの「Office」ソフトが必要になります。

手書きのレポートでは、受け取ってもらえない場合が多いのです。

つまり、レポート課題を提出して単位をしっかり取得するためには、パソコン(Office機能付き)が必須であるということですね。

 

3.プログラミング

プログラミングをするためには、パソコンは必須アイテムとなります。

特に、理系大学生の方々は、多くのプログラミング言語を学びます。

プログラミング自体が課題になることもあれば、プログラミングを使って解を求める課題も出題されます。

パソコンなしでプログラミングをするのは、武器なしで戦場に立つようなものだと覚えておきましょう。

 

4.授業に必要なソフト

どの学部でも「Officeソフト」はほぼ必須ですが、在籍している学部・学科によっては、授業で特殊なソフトが必要にある場合があります。

建築学部に在籍しているなら「CAD」、生物系であれば「ChemBio」、マーケティング系で広告を作るなら「Adobe Illustrator」などが該当しますね。

そして勿論、これらの中には、個人が気軽に買えないような高価なソフトもあります。

そのような場合では、すでに特定のソフトをインストールしている、大学の共有パソコンを使って授業を行うこともあります。

自分でソフトを買う必要があるのか、しっかりと知っておくのも重要です。

 

5.サークル活動

サークル活動や団体内の役職によっては、パソコンが必要になる場合があります。

例えば、マーケティング系のサークルであれば、広告デザインを考えるために「Illustrator」が必要かもしれませんし、会計の役職ならば、会計管理のために「エクセル」が必要になるでしょう。

サークルによっては、パソコンが必要になる団体もあることを知っておきましょう。

 

6.ゼミ活動

ゼミ活動では、「PowerPoint」を使ったプレゼンの発表や、「ワード」を使ったレポートの作成など、パソコンを使う機会がたくさんあります。

研究内容についての教授やメンバー内での話し合いも、パソコンを使うことでスムーズに進めることが出来ます。

この場合、持ち運びに便利なノートPCを使うとより便利です。

 

7.アルバイト

意外かもしれませんが、アルバイトをする際にもパソコンが必要になる場合があります。

例としては、「採点アルバイト」「ネット家庭教師」など、主に教育関係のアルバイトが挙げられますね。

これらのアルバイトは、パソコンを持っていなければすることが出来ません。

もしかすると、パソコンを持っていることで、素晴らしいアルバイトに出会えるかもしれませんから、できるだけ自分が自由に使えるパソコンを持っておきたいですね。

 

大学生はパソコンを持つべき

大学生はパソコンを使う機会が多く、パソコンを持たずに大学生活を送るのは、とても難しいのが現実です。

自由に使えるパソコンを一台も持っていないという方は、必ずパソコンを購入するべきです。

そして、新しくパソコンを購入するのであれば、ノートパソコンを購入しましょう。

約7割の大学生が専用のノートパソコンを持っていますし、ノートパソコンには、デスクトップパソコンには無いさまざまなメリットがあります。

大学生は出来るだけノートパソコンを買いましょう。

 

大学生のノートPCとして最低限欲しいスペックと選び方

ノートパソコンは非常に種類が多く、長々と書くと「結局何が良いんだよ!?」と頭がこんがらがってしまうと思うので、ここで大学生が使うのに十分なノートパソコンのスペックについてかなり簡単にまとめて説明します。

まず、大学生として4年間十分に使うためにオススメなノートパソコンのスペックは、以下のとおりです。

 

●画面サイズ:大きくても14型まで

●CPU:「Intel Core i5」か「Intel Core i7」

●メモリ:4GB以上

●HDD/SSD:HDDなら500GB以上、SSDなら250GB以上

●バッテリー駆動時間:目安は3~5時間

 

どうでしょうか。簡単ですよね。

少なくとも、この条件に合ったノートパソコンであれば、4年間大きなストレスを抱えることなく、快適な大学生ノートパソコンライフを送れるはずです。

そしてこのスペックに合致しているのであれば、もはや「富士通」や「DELL」などのブランドはあまり気にしなくて大丈夫です。

自分の好みの形、柄のものを選んで下さい。

 

また、エクセルやパワーポイントを使うための「Office」ソフトは入って無くても良いのか、という疑問を持つ方もいるでしょう。

勿論、大学生にとってOfficeソフトは必需品です。

しかし、Officeソフトは最悪後からインストールすればいいのです。

最初からOfficeソフトが入っている方が楽ではありますが、どうしても高価になってしまいますし、「Officeが入ってないから」と好みのノートパソコンを諦めなければならなくなるのは非常に悲しいことです。

ですから、上記で説明したスペック以上のパソコンであれば、後は「4年間使いたくなるノートパソコンか否か」で選んでみて下さい。

 

さらにバッテリーについては、3~5時間の駆動時間を目安に選んでみて下さい。

欲を言えば、バッテリーの駆動時間は長ければ長いほど良いのですが、バッテリーの駆動時間を求めていくと、パソコン選びが面倒くさくなります。

バッテリーはしょせん消耗品ですし、電源の有るカフェも増えてきました。

「ずっと外出してノートパソコンをカタカタする」という方以外は、上記のバッテリー駆動時間で十分です。

 

安いノートPCを購入する方法とおすすめブランド

しかし、「どうしてもパソコンを買う余裕が無い」という方もいると思います。

そんな方は、無理をしてパソコンを購入する必要はありません。

パソコンを購入する経済的な余裕が出来るまで、大学にある共有パソコンを利用するという手段もオススメです。

また、「予算が10万円も無いんだけど、いい感じのPCが欲しい」という方は、新品よりも中古のノートパソコンを探してみてください。

中古パソコンでも十分使えるお得なパソコンは多いですし、大学で使っていても「あいつ中古パソコン使ってるぜ(笑)」なんて事にはなりません。てかバレません。

ただ、中古ノートパソコンを購入する際も上記で挙げたスペックを必ず参考にして欲しいのですが、中古のノートPCの場合はバッテリーがどうしても消耗していると考えられます。

ですから、店頭で店員さんにバッテリー残量を聞いてみたり、メーカーからバッテリーのみを取り寄せたりしなければならないという制約があります。

まあ、バッテリー自体は基本的に1万円もしないケースが多いですし、十分なスペックのパソコンが数万円で購入できるのであればお得でしょう。

ぜひとも、自分の目的・使用用途に合ったノートパソコンを安く選んで下さい。

 

ちなみに、購入価格を気にするのであれば、個人的には以下の2つのブランドがオススメです。

「Let’s noteシリーズ(パナソニック)」:デザインをあまり気にしない方向き。とにかく頑丈でバッテリー長持ち。ビジネスマン御用達。

「Think padシリーズ(レノボ)」:多少デザインを気にする方向き。とにかく安くて安定している。

 

★こちらも読まれています

大学生にノートパソコンが必要な6つの理由

大学の入学式の基本|行かないとダメ?

大学の単位の仕組みとは

大学の履修登録のコツと基本

大学生はサークルに入らないと後悔する?

大学生のバイト勤務時間は平均どのくらい?

大学生のお小遣い額の平均が月8万円って本当なの?

<スポンサーリンク>