大学生の仕送りの平均額|いくらにするべき?

大学生 仕送り 平均

一人暮らしの大学生にとって、仕送りはとても重要です。

一人暮らしを始めた学生は親との接点が減り、コミュニケーションを取る機会が激減します。

そんな時に、一人暮らしの学生と親とをつなぐ接点となるのが、仕送りなのです。

しかし、仕送り額はとてもデリケートです。

仕送り額が少なすぎては学業に支障が出ますし、多すぎても学生が自立出来ません。

一人暮らしの大学生への仕送り額をいくらにするべきか迷っているという方は、学費、生活費、家庭の年収の3要素を参考にして検討してみましょう。

<スポンサーリンク>

 

大学生の仕送り額を決める3要素

大学生の仕送り額を決める3要素

大学の学費

生活費(家賃含む)

家庭の年収

仕送り額は、主に上記の3要素を検討して決めることになります。

仕送り額をいくらにするべきか迷っているならば、以下の項目で、それぞれの要素の平均仕送り額を参考にしてください。

3つの観点から平均仕送り額を分析することで、より適切な仕送り額を決めることができます。

自らの環境と照らし合わせながら、仕送り額を検討しましょう。

※以下の項目のデータは、すべて平成26年度学生生活調査(日本学生支援機構)より引用したものです。

 

大学生の平均仕送り額

全国の約10万人の大学生を対象にして行われた、日本学生支援機構の「平成26年度学生生活調査」を参考にすると、一人暮らしの大学生の平均仕送り額は月額約11.2万円になります。

また、仕送り額を含めた一人暮らしの大学生の平均月収は約17.6万円であり、その内訳は以下のようになっています。

 

一人暮らし大学生の月収内訳

平均額
仕送り 11.2万円/月
奨学金 4.0万円/月
アルバイト 1.9万円/月
その他 0.5万円/月


 

円グラフから、一人暮らし大学生の平均月収のうち、約6割が仕送りであることが分かりますね。

しかし、これは大学生全体の平均仕送り額となっています。

学費や生活費、家庭の収入など、経済事情は学生によってさまざまです。

以下の項目で、平均仕送り額についてより細かく見ていきましょう。

まずは、国公私立大学ごとの平均仕送り額からどうぞ。

 

〇国公私立別の平均仕送り額

大学

大学生の平均仕送り額は通う大学によって大きな差あるのですが、これには大学の学費の差が関係しています。

まずは、国公私立大学別の平均学費をご覧ください。

 

学費平均
国立 61万円/年
公立 62万円/年
私立 126万円/年

 

私立大学の学費が、国公立大学よりも約2倍ほど高いことが分かりますね。

したがって、私立大学に通う学生の方が必要な仕送り額が多くなるのです。

以下の、国公私立別の平均仕送り額をご覧ください。

 

平均仕送り額
国立 7.4万円/月
公立 7.6万円/月
私立 12.7万円/月

いかがでしょうか、国公立大学に通う学生と私立大学に通う学生の仕送り額に、大きな差があることが分かりますね。

やはり、仕送り額は学費の高さにある程度比例するようです。

仕送り額を考える際、まずは学費の高さに注目してみましょう。

しかし、仕送り額に差が生まれる理由には学費以外の要素も関係しています。

次の項目で、居住形態別の平均仕送り額を見てみましょう。

 

〇居住形態別の平均仕送り額

居住者別

大学生の一人暮らしに必要な生活費は、寮・アパート・マンションなど下宿先によって大きく変わります。

一人暮らし大学生の生活費は大半が住居費によって占められているため、下宿先の家賃によって大きく変わるのは当然ですね。

ちなみに、大学生の一人暮らしに必要な生活費については、以下の記事で詳しくまとめています。

参考:大学生の一人暮らしにかかる費用の平均は?

そして、日々の生活に必要な生活費が下宿先によって変わることで、必要な仕送り額も変化します。

以下の、居住形態別の平均仕送り額をご覧ください。

 

アパート等
国立  5.2万円/月 9.6万円/月
公立  6.9万円/月 8.2万円/月
私立  11.7万円/月 13.8万円/月

学生寮の方が、アパート等よりも月ごとの平均仕送り額が低いことが分かりますね。

一般的にアパートやマンション等よりも、学生寮の方が住居費(家賃)が安い傾向にあり、この傾向が仕送り額にも影響していると考えられます。

仕送り額を決める際は、家賃を含めた生活費も考慮しましょう。

また、学費・生活費と並んで、仕送り額を決める際に考慮するべき要素があります。

それが、家庭の年収です。

次の項目で、家庭の年収ごとの平均仕送り額を見てみましょう。

 

<スポンサーリンク>

 

〇年収ごとの平均仕送り額

年収

この項目では、家庭の年収ごとの平均お小遣い額について見ていきます。

※ここで引用しているデータは、一人暮らしの学生だけでなく実家暮らしの学生も含まれており、厳密には”仕送り額”であるとは言えないため、”お小遣い”と表現しています。

学費や生活費(家賃含む)によって、大学生活に必要な費用が大きく異なることはすでに書きました。

しかし、学生の大学生活に必要な費用を、十分に賄えるほどの額を給付出来る家庭もあれば、出来ない家庭もあるのです。

つまり、家庭の年収によって、学生に与えられるお小遣いの額は制限されるということですね。

そこで気になるのが、家庭の年収ごとの平均お小遣い額です。

まずは、大学設置者別の家庭の平均年収をご覧ください。

 

家庭の平均年収
国立 839万円
公立 733万円
私立 826万円

 

意外かもしれませんが、国立大学と私立大学に通っている学生たちとの間には、家庭の平均収入の差があまりないことが分かりますね。

そして本題、家庭の年収ごとの平均お小遣い額は以下のようになっています。

 

家庭の平均年収 家庭からの平均給付額
年収400万円以下 6.7万円/月
年収700万円以下 8.5万円/月
年収1000万円以下 10.3万円/月
年収1500万円未満 12.5万円/月
年収1500万円以上 20.6万円/月

家庭の年収が上がるにつれて、家庭からの給付額(お小遣い)が増えるのは当然ですね。

学費・生活費から考える仕送り額は、送られる側(学生側)から見た理想的な仕送り額です。

しかし、家庭の年収から考える仕送り額は、送る側(保護者側)からから見る現実的な仕送り額となるでしょう。

いくらまで必要額を仕送りで満たすのか、また、足りない額をどこからの収入で補うのか、これらを考えなければ適切な仕送り額を決めることはできません。

学費・生活費・家庭の収入の3つの要素をしっかり検討しましょう。

 

さらに、仕送り額は不況・好景気などの経済的な景気によっても左右されます。

以下の項目をご覧ください。

 

平均仕送り額の推移

以下のグラフは「家庭からの平均給付額の推移」を表しています。

一人暮らしの学生だけでなく実家暮らしの学生も含まれているため、厳密には仕送り額の推移とは言えませんが、誤差の範囲だと考えて問題ないと思います。

いかがでしょうか、2008年には約12.5万円/月だった学生のお小遣いですが、年々その額が減っていることが分かりますね。

2008年から2010年にかけての下がり幅が大きいのは、リーマンショックが影響していると考えられます。

家庭の仕送りを送る経済的な余裕が年々なくなっており、この傾向が今後も続くかもしれません。

仕送り額は、今後の継続的な収入額も考慮して計画的に決めたいですね。

 

仕送り額は十分か

家庭からのお小遣いや仕送り額には当然限界があり、生活費や学費が足りない場合は、奨学金やアルバイト代に頼ることになります。

そこで気になるのは、家庭からの給付額(お小遣い・仕送り額)に満足している学生の割合ですよね。

ここで、興味部深い調査結果があるので参考にしてみましょう。

この調査では、修学継続に必要な額に対して、家庭からの給付がどの程度十分であるかというテーマをもとに、大学生から以下の内容のアンケートを集計しています。

 

 内容  割合
家庭からの給付のみで修学可能 38.2%
家庭からの給付のみでは修学に不自由 14.1%
家庭からの給付のみでは修学継続困難 13.4%
家庭からの給付なし 7.5%
アルバイト非従事者 26.8%


 

円グラフで見ると分かりやすいですね。

調査結果から、「家庭からの給付のみで修学可能である」と答えた学生は、全体の約4割を占めていることが分かります。

また、「アルバイトをしていない学生も、家庭からの給付額に満足していると考えていいと思います。家庭からの給付額に満足していないならば、自らアルバイトをして稼げばいいわけですからね。

アルバイトをしていない26.8%の学生は、アルバイトをする必要が無いほどに家庭からの給付額に満足しているとみなしていいでしょう。

すると、全体の約6割の大学生が家庭からの給付額に満足していると考えられるのではないでしょうか。

 

しかし、約3割の学生の家庭からの給付額が十分ではなく、約1割の学生は家庭からの給付が無いという状況にも注目しなければなりません。

この調査結果は、国公私立で比較しても大きな差はありません。

つまり、大学生全体として捉えるべき事実なのです。

仕送り額は、大学を続けるために十分な額を検討してから決めましょう。

 

まとめ

学費、居住形態別、家庭の年収の3つの観点から平均仕送り額を見て頂いたわけですが、いかがでしょうか。

仕送りの額は学生の生活に大きな影響を及ぼします。

仕送り額が少なすぎては、アルバイト以外の活動に積極的に参加することが出来ませんし、多すぎても学生が自立出来ません。

そのため、大学生全体の平均仕送り額を、そのまま実際の仕送り額にするというのはベストではありません。

適切な仕送り額は、それぞれの学生によって異なるのです。

以上で挙げた学費、居住形態別生活費、家庭の年収の3要素から仕送り額を検討してみてはいかがでしょうか。

 

こちらもどうぞ

大学生が仕送りなしで一人暮らしをする方法とは

大学生がバイトをしないのはアリ?就職活動への影響は?

大学生のバイト代の平均は5万円前後?

<スポンサーリンク>