大学生が仕送りなしで一人暮らしをする方法とは

大学生 仕送りなし

ここでは、大学生が仕送りなしで一人暮らしをする方法と、毎月の必要な収入額についてまとめています。

仕送りがある学生と比べ、仕送りが無い学生は、アルバイトの負担借りる奨学金の額が大きくなりがちであるため、一人暮らしをするために大きな覚悟が必要になるのです。

しかし、大学生が仕送りなしで一人暮らしをすることは、決して不可能なわけではありません。

以下の項目を参考にして、あなたはいくらのアルバイト収入が必要なのか、そしていくらの奨学金が必要なのかについて検討してみて下さい。

<スポンサーリンク>

※以下の項目のデータは、すべて平成26年度学生生活調査(日本学生支援機構)より引用したものです。

 

大学生は一人暮らしにいくら必要?

そもそも、大学生の一人暮らしには、毎月いくらの費用が必要なのでしょうか。

いくらの費用が必要なのか、具体的に把握していなければ、仕送りなしで生活できるか否かについて考えることは出来ません。

まずは、一人暮らしの大学生活に毎月必要な費用について見てみましょう。

一人暮らしの大学生活に毎月必要な費用は、主に学費生活費によって大きく異なるのですが、ざっくりとした必要費用は以下のようになります。

 

学費・家賃・生活費を含めた必要費用

国公立大学生:約12.5万円/月

私立大学生:約18.3万円/月

国公立大学生と私立大学生との間に、必要費用の差が毎月約6万円もあることが分かりますね。

この差が生まれる主な原因は、大学の学費の差です。

国立大学・公立大学・私立大学、どんな大学に行くかによって、大学生活で必要になる費用は大きく異なるということを意識しておきましょう。

ちなみに、以下の記事で、大学生の一人暮らしに必要な費用の内訳について詳しくまとめています。

参考:大学生の一人暮らしにかかる費用の平均は?

 

一人暮らし大学生の平均月収

大学生の一人暮らしに必要な費用だけでなく、収入にも注目しなければなりません。

この項目では、全国の約10万人の大学生を対象にして行われた、日本学生支援機構の「平成26年度学生生活調査」を参考にして、一人暮らし大学生の平均月収とその内訳について見ていきます。

早速ですが、一人暮らしの大学生の平均月収は約17.6万円であり、そのうちの約11.2万円が平均仕送り額なっています。

より詳しく、月収の内訳を表と円グラフで見ていきましょう。

 

月収内訳

平均額
仕送り 11.2万円/月
奨学金 4.0万円/月
アルバイト 1.9万円/月
その他 0.5万円/月


 

上の表から、一人暮らし大学生の平均月収のうち、約6割が仕送りであることが分かりますね。

そして、仕送りなしで大学生活を送るためには、生活費の約6割の収入を仕送り以外で賄う必要があることも分かります。

学費・生活費・家庭の収入などによって必要な月収は大きく異なりますが、必要な収入がいくらであったとしても、収入の約6割を占める仕送りの重要性は変わりません。

そもそも、仕送りなしで生活している大学生は、全体の何割に該当するのでしょうか。

下の項目で見てみましょう。

 

仕送りなしの学生の割合

多くの大学生は、保護者から仕送りやお小遣いという経済的な支援を受けながら、大学生活を送っています。

しかし実際、何割の大学生が保護者から経済的な支援を受けているのか、はたまた、何割の大学生が保護者から経済的な支援を受けていないのか、気になりますよね。

ここで、日本学生支援機構が行った「家庭からの給付程度別・アルバイト従事者の学生に対する割合」という調査結果を参考にしてみましょう。

この調査によると、アルバイトしていて家庭から経済的な援助を受けていない大学生は、全体の7.5%であるという結果が出ています。

詳しくは、以下の表をご覧ください。

 

アルバイト従事者別の家庭からの給付の有無

アルバイトをしている 家庭からの給付を受けている  割合
65.7%
× 7.5%
× 26.8%


 

データから、 アルバイトしていて家庭から経済的な援助を受けていない大学生は、たしかに全体の約7.5%であることが分かりますね。

しかし、経済的な援助を受けていない大学生の割合を求めるには、アルバイトしておらず、家庭から経済的な援助も受けていない大学生の割合も加える必要があります。

アルバイトをしていない大学生は全体の約26.8%を占めていますが、この学生たちの大半は家庭から経済的な援助を受けているはずです。

アルバイトと仕送りからの収入が無ければ、残りはすべて奨学金からの収入ということになりますからね。

生活費と学費をすべて奨学金で賄っている大学生はそんなに多くないでしょう。

したがって、家庭から給付(仕送り)を受けていない大学生は、多少の誤差は考えらますが、全体の約1割ほどであると考えて問題ないでしょう。

 

<スポンサーリンク>

 

仕送りなしで生活するには

アルバイト収入と奨学金の比率

一人暮らしの大学生が仕送りなしで生活するためには、一般的にアルバイトと奨学金からの収入を増やす必要があり、ここで重要になるのがアルバイト収入と奨学金の比率です。

収入の何割をアルバイト収入から賄うのか、そして何割を奨学金から賄うのか、これらの比率がとても重要になります。

上の項目で、一人暮らしの大学生の平均月収は約17.6万円であり、そのうちの約11.2万円が平均仕送り額であると書きました。

つまり、平均して毎月約17.6万円をアルバイト収入と奨学金で賄わなければならないということですね。

しかし、通っている大学が国公立大学か私立大学かによって必要な月収は大きく異なります。

国公立大学に通う学生と私立大学に通う学生に分けて、必要な月収額とそれを補う方法について見ていきましょう。

 

国公立大学の場合

国公立大学生の必要費用

約12.5万円/月

国公立大学の場合、一人暮らしの大学生が仕送りなしで生活するためには、学費・家賃・生活費を含め、平均して毎月約12.5万円ほどの費用がかかります。

つまり、毎月約12.5万円ほどの収入が必要であるということですね。

しかし、注意しなければならないことがあります。

それは、学費の納入日です。

国公立大学の場合では、一般的に年間約60万円ほど学費が必要ですが、前期と後期に分けてそれぞれの学費を一括で払わなければなりません。

なので、仕送りなしの大学生たちは、毎月の奨学金は貯金して学費に充て、アルバイト収入を生活費に充てるというのが基本的な戦略になります。

そして、この戦略に沿って、毎月必要な奨学金の額とアルバイト収入を計算すると、以下のようになります。

 

必要な月収額の内訳

奨学金の額:約5.0万円/月(学費 約60万円÷12カ月)

アルバイト収入:約7.5万円/月(家賃・生活費 約90万円÷12カ月)

国公立大学に通う一人暮らしの大学生の方々は、ぜひ上の月収内訳を参考にしてみてください。

もちろん、必ずしも上のとおりの月収内訳にする必要はありません。

アルバイトをする時間が少ないという方は、奨学金の額を増やし、その一部を生活費に充ててもいいでしょう。

あくまで目安として、自分なりの収入内訳を考えてみてください。

 

私立大学の場合

私立大学生の必要費用

約18.3万円/月

私立大学の場合、一人暮らしの大学生が仕送りなしで生活するためには、学費・家賃・生活費を含め、平均して毎月約18.3万円ほどの費用がかかります。

つまり、毎月約18.3万円ほどの収入が必要であるということですね。

そして国公立大学と同様に、学費の納入日に注意する必要があります。

私立大学の場合では、一般的に年間約125万円ほど学費が必要であり、前期と後期に分けてそれぞれの学費を一括で払わなければなりません。

これは国公立大学の学費の約2倍ですね。

なので、毎月の奨学金は貯金して学費に充て、アルバイト収入を生活費に充てるという基本的戦略は国公立大学の学生たちと変わりませんが、私立大学の学生は収入をより増やす必要があります。

以上の戦略に沿って、毎月必要な奨学金の額とアルバイト収入を計算すると、以下のようになります。

 

必要な月収額の内訳

奨学金の額:約10.4万円/月(学費 約125万円÷12カ月)

アルバイト収入:約8.0万円/月(家賃・生活費 約95万円÷12カ月)

奨学金の額が大きいのは、奨学金全てを学費に充てる前提になっているからです。

もちろんアルバイトやその他からの収入が多いならば、奨学金の額を減らすことは可能です。

しかし、毎月約8万円ものアルバイト収入だけでも、学生生活には十分な負担です。

アルバイトをがっつりする予定のある方以外は、学費を十分に賄うことが出来るように奨学金の額を決めましょう。

 

まとめ

大学生が仕送りなしで一人暮らしをするのは不可能ではありません。

しかし、仕送りなしで大学生活を送るためには、大きな覚悟が必要です。

アルバイト収入を増やす場合、多くの”時間”をアルバイトに充てなければなりませんから、授業やサークル活動への出席率は下がります。

また、奨学金は借金であるわけですから、増やせば増やしただけ将来への経済的な負担となり、将来の進路を考える際に大きな壁となります。

さらに、経済的な理由によって、大学の飲み会や友人たちとの旅行に参加する機会も少なくなるでしょう。

仕送りなしで大学生活を送るためには、多くの負担と苦難を乗り越える必要があるのです。

 

そもそも、あなたはその負担に4年間耐え続けられるほどの、大学に通い続ける強い意志を持っているでしょうか。

一人暮らしの大学生活を仕送りなしで過ごす中で、「大学に行く意味なんてあるのか」と考える時期は必ずあります。

参考:大学に行く意味とは?|4つのメリットから考えよう

そんな辛い時期を乗り越えてでも「大学を卒業する」という覚悟が無ければ、仕送りなしで一人暮らしの大学生活を送ることはできないと考えてください。

ですが、それでも確固たる意志と覚悟をもち、大学に通うと決めたのでしたら、アルバイト収入借りる奨学金の額を綿密に計算しましょう。

 

ですが、悲観的なことばかりではありません。

もしも、一人暮らしの大学生活を仕送りなしで乗り切ることが出来たならば、あなたの「生活力」や「生き抜く力」は必ず大きく成長するはずです。

そして、その経験から学んだ知識と知恵は、一生に渡ってあなたの財産になることでしょう。

仕送りなしで一人暮らしをすることも、チャレンジだと前向きにとらえてみてはいかがでしょうか。

 

こちらもどうぞ

大学生のお小遣い額の平均が月8万円って本当なの?

大学生はサークルに入らないと後悔する?

大学の履修登録のコツと基本

<スポンサーリンク>