旦那が家事をしない!イライラする前に知るべき3つの基本

旦那 家事 しない

家事を全く手伝ってくれない旦那さんに対して、ついついイライラを感じてしまうこともあると思います。

いったいどうすれば、うまく旦那さんに家事を手伝って貰うことが出来るのでしょうか。

今回は、そんな家事をしない旦那さんに悩んでいる方々に知っておいて欲しい事を3つまとめてみました。

夫婦で協力して家事を行うために、参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

 

1.男性は気付かない生き物。とにかく先回りすること

家事しない旦那さんに対して、

「どうして家事しないの!?」

といきなり責め立てても、きっと旦那さんはびっくりするでしょう。

基本的に、男性は女性ほどまわりに気付かないものと考えておきましょう。

旦那さん自身が、自分が家事をしていないことに悪気を感じているとは限らないのです。

旦那さんに家事をさせたいと思うのであれば、まず、旦那さんが家事をすることが当たり前な環境を作ったり、先回りをして言っておく必要があるのです。

 

1-1. 選択肢を提示しよう

共働きの場合、協力して家事をすることは必須です。

例えば、朝のゴミ出しから朝食の準備片付けなど、することがたくさんありますよね。

そういった時は、「ゴミ出しと片付け、どちらをする?」とすでに家事をすることを前提に話をしましょう。

旦那さんとしても、具体的にどんな家事を手伝えばいいのか分からなければ、うまく行動することは出来ません。

「どんな家事をして欲しいか」について具体的な選択肢を提示することで、旦那さん自身も行動しやすくなります。

それに、選択肢を絞ることで、旦那さんが迷う時間を減らすことができ、お互いにイライラするような事態も減らすことが出来るでしょう。

 

1-2. 手を焼きすぎない

旦那さんが自分で冷蔵庫から出したものは、旦那さん自身に片づけてもらったり、

家の中で明らかに旦那さんしか触れないような場所については、旦那さん自身に掃除をしてもらうなど、

旦那さんに対して、手を焼きすぎないことも大切です。

家事についてあれもこれもとやっていては、小さなストレスがたまり、やがて家事に疲れ果ててしまいます。

「旦那さん自身が簡単にできそうなことであれば、必要以上に手を出さない」

という意識を持ってみてはいかがでしょうか。

 

2. 素直に伝えること

主婦のみなさんは、普段から素直に嫌味なく旦那さんに物事を伝えているでしょうか?

夫婦仲が良くないと相手も素直に受け答えができません。

溜め込むことをせず、普段から会話をするようにしましょう。

家事しない旦那さんはもしかしたら自分が生み出してしまってるかもしれません。

 

<スポンサーリンク>

 

2-1.家庭内の挨拶

朝の挨拶や寝るとき、忙しくなってくると人は挨拶を怠りがちです。

親しくなっても、家族になっても挨拶は旦那さんの顔を見てしましょう。

また、笑顔はとっても大事です。

旦那さんがつまらない話や自慢をしてきても、たまには笑顔で受け答えしてみてはいかがでしょうか。

もしかすると、普段やらないのに、コーヒーなんか淹れてくれるかもしれませんよ。

 

2-2.家庭内の”ほうれんそう(報告連絡相談)”

夫婦互いに会話が減っていませんか?

食事中もテレビを見ていたり、向き合うことが減るとお互いに愛着がなくなっていきます。

普段からケンカではなく、楽しく会話したり相談できる仲に戻りましょう。

そのためにも、お互いの会話についてはしっかりしましょう。

 

3.気にしないことも大事!すこし楽に考えてみましょう

最終手段としては、相手を変えるのではなく自分が変わることです。

どんなに仲が良くなっても、伝わらない部分はあります。

そういったときは「細かく気づきすぎなのかもしれない」と思ってみることです。

お互いになんでも言えるご夫婦なのに旦那さんが家事しないのは、奥さんの期待に十分に答えられる自信がないからかもしれませんね。

 

3-1.綺麗の限度は人それぞれ違う

掃除ひとつにしても、許される汚れと許されない汚れが人それぞれ違うものです。

困ってる奥様方は完璧主義の方が多いように見受けられます。

毎日の掃除を完璧にこなそうとすると、どうしても相手にも大変な思いをさせてしまう結果になってしまいます。

そうなると旦那さんも付き合ってられません。

すこし手を抜いてみることも大事です。

 

3-2. 口を出しすぎない

旦那さんが料理や掃除をしたときに横から心配そうに見てしまってはいませんか?

あまり口を出されすぎるとやろうと思っていたことでもモチベーションが下がってしまいます。

一度任せたときは必ず口を出さず、「やってくれたことに感謝」して次につなげましょう。

慣れないことをやってくれたけど、もうすこしここをこうしてくれればいいのに…なんて言われてしまうと結構ショックですよね。

奥様はお母さんではないので、ほどほどの距離で見守ってあげましょう。

<スポンサーリンク>