脱サラの失敗体験談と後悔した事15選!重要なのは何?

脱サラ 失敗体験談

ここでは、脱サラの失敗体験談と後悔した事、気をつけるべき事についてまとめています。

今回は「脱サラの失敗談と後悔した事について教えてください。また脱サラ希望者へのアドバイスがあればお願いします。」というアンケートを15名の方に実施し、それぞれの脱サラ経験談を教えていただきました。

やはり、脱サラ後の仕事の無さや資金のショートについて、見通しが甘かったと後悔してしまった方が多いようです。

脱サラして独立を考えている方は参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

脱サラの失敗体験談1

女性
(女性 30歳)

脱サラしてフリーランスになりました。

最初は常駐フリーランスで月給制でしたが、まず社保が一切ありません

メンタルに不調が出て数日休んだら、即日解雇されましたが、もちろん失業保険も傷病手当金もありません。

それから2ヶ月間仕事が見つからず、その後フリーランスと同様の職種の派遣社員になりました。

社保があるだけマシですが、安定はありません。

あと、最も重要なこととして、常駐フリーランスになるときに開業届を出してしまったのです。

開業届を出すと、失業保険は出ません…。

なので、契約を切られたら自力で新しい仕事を探すしかありません。

在宅でも仕事をしていますが、なかなか月に何十万も在宅で稼ぐのは難しいです。

会社勤務することになります。

 

脱サラの失敗体験談2

男性
(男性 35歳)

33歳で脱サラしました。

会社での評価に不満があり、一人でもやっていける自信があったので、同業種で独立を決意しました。

しかし実際に始めてみると、なかなかうまくいきませんでした

以前は会社のネームバリューで付き合ってくれていた顧客も、独立してから挨拶に行くとすごく素っ気ない態度でした。

自分の実力を過信していたのを思い知らされました。

半年ぐらいはほとんど無給で働く覚悟が必要です。

私は妻は会社員で働いていましたのでなんとかなりましたが、1年分ぐらいの生活費は余分に置いておいたほうがいいですね。

しかし、諦めずに、頑張ればいつかはチャンスが回ってきますので、地道に頑張るしかないですね。

才能はなくても根性でなんとかなります。

 

脱サラの失敗体験談3

男性
(男性 37歳)

仲の良い同期や同僚のリストラがあり、そこの会社で働くの意欲をなくした私は昔からやりたいことがあり、いつか実現するために独立しようと思っていました。

リストラが良い機会なのではないかと思い、思い切って脱サラしてみたものの、世間はそんなに甘くない事を実感しました。

独立当初は知人から紹介で仕事をもらえるくらい、脱サラするときに家族から大反対も受けましたが、最終的には妻がやってみたら?の声で独立することになりました。

しかし、生活していく上でお金は必要です。

サラリーマンだった頃は仕事をこなすだけで毎月決まった額の給与が振り込まれる

今になってこんなに幸せな事はないなと実感しています。

でも今は後悔はしていません。

やりたい事をやらせてもらいそこそこ利益も出せるようになってきました。

やっぱり家族の理解が1番大切だと思います。

 

脱サラの失敗体験談4

女性
(女性 39歳)

主人が長年、製菓製パンの仕事に携わっていた事から、夫婦二人でパン屋を開業したのですが、4年足らずで廃業する事になってしまいました。

反省点&後悔した点としては、

①経営に関する知識が、だいぶ足りなかった

②アルバイトを雇う事を想定していなかったので、上手く人を遣う事が出来なかった

③自宅とは別に店舗を借りていたので、先の事を考えるとかなりの経費になると判断した

④労働時間が過労死ラインを遥かに越えすぎて、精神的に不安定になった(これが一番の理由かも)張り切りすぎても、後が続かないと意味がありません。

やはり、商売の基本は細く長くだと思いました。

誰でも開業したては右も左も分からず不安になると思いますが、焦らず気長に頑張って下さい。

 

脱サラの失敗体験談5

男性
(男性 40歳)

脱サラの前は公務員でした。

38歳までです。

退職時の給与は年収で600万オーバー。

結婚もしていなく、両親もまだまだ元気だったため、預金額も8桁台でした。

しかし、公務をゲームのようにしか思えなくなり、別のやりたいことを見つけました。

そして、運命的な出会いを経て飲食+心理カウンセリングを開業しました。

近くに合計で300人規模の人数で元の職場の支店のようなものがあり、ほとんどの方が知り合いでしたし、職場での私の仕事面、プライベートともに信用度が高かった、テナントを構えた位置が立地的にも好立地(土地開発・道路開発予定)だったため、思い切って起業しました。

しかし、結果は散々でした。

最初は面白がって前の職場の人も来ていたのですが、1年も経つ頃には、常連と呼べるのはほんの一握り。

開発計画も思うように進まず、店の前が駐車場だけつぶされ通行不能の状態。

これでは私の資金のほうが底をつくほうが早いと思い、早々に撤退しました。

早めに撤退したため、借金を背負うまではいきませんでしたが、ほとんどの預金を失い、再就職も年齢というハンデと元公務員、自営業崩れということが足をひっぱり難航しています。

ある程度の年齢までいってからの退職は、正直相当なリスクを負います

私のように守らなくてはいけないものが何もないなら、何とかなるかもしれませんが、これで家族がいたらと思うとゾっとします。

逆に、守るべきものがあったら退職という選択はなかったかもしれません。

脱サラを考えていらっしゃるなら、この辺をゆっくり吟味してみてください。

<スポンサーリンク>

脱サラの失敗体験談6

男性
(男性 41歳)

私が脱サラをしたのは、リーマンショック直後の事でした。

某大手半導体会社の工場に勤めていましたが、仕事が一気に無くなり、仲間も次々に退職させられました。

以前から興味のあったマッサージの仕事をする事を目標に掲げ脱サラしました。

準備期間は約1年としました。

この時、私が失敗した事は、準備期間と仕事が軌道に乗るまでのお金です。

退職金50万円と貯金残高150万円で何とかなると考えていましたが、家族4人を養いながらの生活で半年ほどでなくなってしまいました。

保険の解約や過払い金の臨時収入があった為、何とか凌ぐ事はできましたが、お金の悩みは創業して7年経った今でも尽きる事がありません。

脱サラ希望者の方へのアドバイスとしては、脱サラした直後に収入源となる仕事等をしっかり確保しておくのか、もしくは、脱サラする前に貯金をしっかり蓄えておく様にするのか決めておいた方が良いという事です。

 

脱サラの失敗体験談7

男性
(男性 42歳)

私が脱サラしたのは38歳です。

インターネットショップを立ち上げそこで物販をしておりました。

商品は中国から仕入れを行います。

私は物販の経験がありませんでした。

インターネットで未経験でも儲かる。

インターネットを利用して自由な生活が手に入る。

成功するまで徹底指導。

という起業塾入りそこで教えられたとおりに頑張り起業までこぎつけました。

ところが思うように売り上げが伸びません。

大手物販サイトに登録出店するとすごい金額がかかります。

更にはそこで広告を出さないと売り上げが立ちません。

起業塾で言われたとおりにやりました。

しかし、言われたとおりの結果は出ませんでした。

塾でのサポートは「頑張りましょう」とか、「自由な明日を手に入れるためです」とか美辞麗句を並べるだけです。

中身がなかったということに今更気が付きました

 

脱サラの失敗体験談8

男性
(男性 42歳)

脱サラに関して一番悩むのはお金ですが、お金というより仕事が無い苦しみが大きいです。

もちろん仕事がないのでお金がないのですが、サラリーマン時代は仕事がなくとも仕事を与えられていた。

脱サラして自分が一人になると本当に仕事がない時間、どうして良いのかわからない。

ただ気持ちだけは焦る。

何とかしなくてはと必死になって、仕事につながるなにかを探して作業を行うが、全く仕事に繋がらない。

脱サラして時間はたっぷりあるのだが、自分でできることを見つけられない人はサラリーマンをしていた方が良いと感じます。

自分は空いている時間にアルバイトをするようになりました。

なんのための脱サラだったのかと今思えば後悔することばかりです。

 

脱サラの失敗体験談9

男性
(男性 43歳)

個人事業主として、コピーライターとマーケティング調査業務委託をしています。

私の場合、サラリーマンとしての仕事が嫌で脱サラしましたが、退職してから初めて始めることはご法度です。

無理をしてでも、現在の仕事をしながら、少しずつ脱サラして計画している仕事をはじめ、現在の月収を超える確信を得たら、会社を辞める時期です。

脱サラするとお金もかかりますし、1年間はうまくいかなくて当たり前と心得て、しっかり準備をして退職してください。

借金はおすすめできませんが、する際は返済の計画をしっかりとたてて、最悪の事態を想定したうえの返済計画を立てるべきです。

夢は大きく、目先の目標は低め(最初は10の希望は3で)確実にこなしていくことが大切です。

無計画で辞めることは決してやめてください。

なんども言いますが、現在の仕事をしながら月給の同額を稼げなくては、脱サラのうまみはありません

 

脱サラの失敗体験談10

男性
(男性 44歳)

私が35歳の時ですので、もうお9年前の事です。

その当時、脱サラして起業しようと考え行ったのです。

ざっくりとした計算でも「脱サラからの成功は約1%」と言われ、残りの99%の人は後悔する可能性が高いと言われていましたが、それでも失敗を恐れず、挑戦することに意味があると行ったのです。

しかし、脱サラ後はストレスが多く、ネガティブになる事が多く、後悔の連続となりました。

やはり、その時にメンターと呼べるような人がいないと押しつぶされてしまいますね。

脱サラ・独立後は、やること全てが自己責任。

いちいち誰かの評価を気にすることはなくなる反面、重圧は半端ないですね。

収入面の問題もありますが、とにかく時間との戦いもあり、今までの会社員での気楽さを考えて脱サラしたことに後悔してしまいました。

結局、今は会社勤めに戻っています。

<スポンサーリンク>

脱サラの失敗体験談11

男性
(男性 44歳)

脱サラで失敗したことは事業が順調にいくまでの生活資金の不足や運転資金の不足や、後悔したことは国や市町村からの助成金や給付金を有効に活用するべきだったことです。

 

1.生活資金の不足や運転資金の不足について事業が順調にいくようになるまで6月程度かかりました。

運転資金とは別に100万程度の生活資金の余裕を持っていましたが、6ヶ月後には生活資金が底を突くような状態となり間一髪逃れましたが、冷や冷やしました。

とくに予定にない税金類などに圧迫されました。

生活資金は多めに見積もり、1年程度の余裕を持ったほうが何かとイレギュラーなことに対応できて良いと思います。

運転資金は300万程度用意しました。

業種特有の支払方法などもあり(締め日や支払日のタイムラグおよび手形など)やや不足の感じでした。

1年近くの運転資金の余裕は必要と感じました。

支出経費は出て行きますが、成果収入は最速でも1ヶ月後の入金、遅い取引先で半年後でした。

 

2.後悔した助成金や給付金新規事業や起業したさいには助成金や給付金がもらえる場合があります。

諸条件を満たすともらえるのですが返済不要のモノがあるので有効に活用すべきです。

脱サラ時に資金が少ないので、他人と中古品を売買したり、不要なモノを修理して使ったりしたため、全く助成金や給付金の対象となりませんでした。

仮に給付金をもらえたら中古品を購入した同様の金額で、性能の良い新品が買えたと思うと残念でした。

現在設備のメンテナンス買い換え時と重なっていますので非常に後悔しています。

新品ならまだ買い換えしなくても良い時期ですので。

 

脱サラの失敗体験談12

男性
(男性 47歳)

僕はそれまでは上場企業のサラリーマンでした。

脱サラしたきっかけ、ヒトの下につくのが嫌だったからです。

上司の顔色をうかがわないといけない、失敗してもしなくても叱咤されるという現実から脱したかったのです。

以前から友達と一緒に起業、とはいっても飲食店ですが、一緒にやろうと声かけて頂いてたので、我慢して働いて、30歳の頃に居酒屋をオープンしました。

初めのうちは良かった。

固定客がつくまで、仕事終わりに友達が飲みに来てくれて、なんとかやっていけました。

しかし、今が不景気なのもあってどんどんお客がすくなくなってきました。

ライバル店というより、うちはチェーン店ではないので材料費が高騰したりすると本当に経営にひびきます。

時間を長くしても同じでした。

 

一日中開けようと思うと人件費が高くなります。

結局しめてしまいました。

脱サラ希望者へのアドバイス、脱サラ、成功した人もいるが一握りです。

サラリーマンがどんだけ楽かとも気づかされます。

起業したければ、ここまでで目が出なければサラリーマンに戻るとか、期限を区切った方がいいと思います。

 

脱サラの失敗体験談13

男性
(男性 50歳)

私は小規模ながら貿易商社に勤めておりました。

そこで関西でしたのでアジア系の衣料雑貨を扱っておりました。

小規模なので大手にはないすべての業務が専門ではなく、オールマイティに従事出来ました(書類作成、通関業務、細かい製品の国内卸商談、得意先管理など)なのでどうしても社員というより一国一城の主みたいな思い上がる意識がありました。

恐らく輸入元、卸先等の方々には気を付けて接していましたが、独り立ちしたい野心は見え隠れしてたと思います。

資金のほうはどうしても、外回りの接待交際費で足が出た分をポケットから出していましたし、一軒では終わりませんでしたし銀行の信用は預金額が少し足りないかもしれませんでした。

国内が不況になった時支払いが滞っている販売店様の回収が上手くいかず、かといって仕入れも流行がありますので、行わないといけませんし、こうやって体力不足から資金繰りの自転車操業がつじつまが苦しくなりました。

やはりある程度余裕のある人脈金脈作りが大切さを痛感いたしました。

 

脱サラの失敗体験談14

男性
(男性 51歳)

私は35歳の時、最後のチャンスと思って芸術方面の仕事がしたくて脱サラしました。

しかし、芸術方面の仕事はなかなかなく、あっても生活していけないとかで結局無職の期間が長くなりました。

そこで、芸術方面は諦めて再就職を試みましたが、受けては落ちの連続で職に就けず、就いても長続きせずでした。

そして、うつ病だったこともあり引きこもりになってしまいまた。

引きこもりになってからは、精神障害のデイケアから始めて、作業所、短時間パート、そして15年掛けてやっとフルタイム会社員まで上って来れました。

全ては35歳の時の世間を知らなかった自分の罰です。

その時に、せめて次の職が決まってから、あるいは見通しがハッキリしてから脱サラすべきでした。

脱サラすると当然無職になります。

そこを考えて、脱サラしたい方には次が確実に決まっていることを前提に話を進めて欲しいです。

 

脱サラの失敗体験談15

男性
(男性 55歳)

脱サラしていざ起業!って意気込むまでは良かったのですが、貯金が100万ぐらいしか有らずにいたった為に、金不足。

でも彼は銀行から融資受けれると思っており安心していた。

しかし起業してから足らないお金をいざ融資受けようと銀行へ行くが融資貰えず。

すでに起業しているため100万は水の泡。

しかも直ぐに自己破産。

莫大な借金だけ残ることに。

私の過去を振り返れば、一番、きつかったのは、相手のバックにヤクザ組織がついているというのを知らないで、お客さんにだまされて債権を回収できなかったときですね。

この負債総額だけで、1億弱です。

これは、きつかった。

自分が蓄積してきた資金をすべて失って、それでも足りなかったので、借金をした。

まだ脱サラ起業して3年目くらいのことでした。

会社の金では足りなくて、個人のカードを使って、借りれるだけ借りた。

稼いでも稼いでも日々借金の返済の毎日でした。

 

★こちらも読まれています

有給が使えない会社は退職するべき?考えるべき5つの事

仕事がだるい!やる気が出ない!という時の対処法4選

会社がつまらない?通勤のモチベーションを保つ心構え15選

残業をしないで帰る方法とは?会社員20人に残業を減らすためにしている事を聞いてみた

<スポンサーリンク>