電話を嫌いになる理由や意見20選|電話嫌いの原因とは?

電話 嫌い これが嫌いシリーズ

ここでは、「電話が嫌いだ」という方々の理由や意見についてまとめています。

今回は「あなたが電話を嫌いな理由について、具体的に教えて下さい。」というアンケートを20名に実施してまとめました。

メールやSNSが普及し、電話を頻繁に使用する方が減少していますが、電話嫌いな方々は電話のどのような点が苦手なのでしょうか。

参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

電話を嫌いになる理由や意見まとめ

理由や意見1

男性
(男性 18歳)

私が電話が嫌いな理由は、第一に耳元で人の声がするのが苦手だからです。

私は人の声がすぐ傍で聞こえるのがゾワっとしてしまいます。

そのため電話の内容に集中できません。

また、lineなどの電話機能を使用する際、ノイズがひどく何を言っているのかわからないこともあるため、電話は苦手です。

第二に、lineなどのSNSのように何かあった際、メッセージであれば証拠を残すことができますが、電話では録音をしていなければならないなど様々な難点がありますなので私は電話が苦手です。

関連:LINE(ライン)でめんどくさいと感じる事20選と対処法まとめ

 

理由や意見2

男性
(男性 21歳)

私が電話を嫌っている理由は、2つあります。

1つは、忘れがちになる点です。

友人と会う約束をする時は、口約束になる事が多いです。

友人と電話をすると、ついつい長電話になりがちになってしまいます。

そのため、結局何を話したんだったか忘れてしまう事があります。

結局後でメッセージを送って確認することになるため、嫌いです。

2つ目は、人とは直接話をしたいからです。

電話をするよりも、どこかへご飯を食べに行って相手の顔を見ながら話し合いをするのが、電話よりも楽しいからです。

 

理由や意見3

女性
(女性 23歳)

自分が電話が好きでないことには色々理由がありますが、その中でも時間を拘束されるということが最も大きいように思います。

特に女性はそうだと思いますが、俗にいう『ながら族』のように、同時進行で色々と作業を進めてらっしゃる方が多いと思います。

メールやラインなどのツールであれば、自分の都合のいい時に一瞬メッセージを返せばいいだけですが、電話をしているその時間は、そのことだけに集中しなければならなくなります。

勿論同時にできることもあるでしょうが、他のツールよりは限られてくるでしょう。

その何もできない時間を勿体無いと捉えてしまうため、自分は電話が苦手なのだと思います。

また、このように自分が「電話が苦手」とずっと思ってきたことで、昔より苦手意識が強まってしまったように思います。

あまり思い込まない方がいいのかもしれませんが、そういった先入観も大きく影響していると思います。

 

理由や意見4

女性
(女性 23歳)

電話は対面の会話と違って、人の表情を見ることが出来ず、相手の感情を読み取りにくいため、機嫌を損ねていないか、もう少し長く話したいのか、それとも次の予定があり切り上げたいのか分からないので困ります。

そして人と話すときは喫茶店で飲みながら、食べながらのスタイルになれているので、電話だと手持ちぶさたになり、何をしようか迷います。

また細かいことですが、ずっと受話器を耳に当てていると耳が痛くなるのでそれが嫌です。

 

理由や意見5

男性
(男性 24歳)

相手の顔が見えないので、電話で話しても、相手の表情や感情が少し分かりづらい部分があり、表情が分からないと本当の気持ちでしゃべっているのかが、少し判断しづらい時があります。

電話だと人に聞かれてると思い込んでしまい、少し不安になる時があります。

家だと夜に大声で話したり笑ったりする事も出来ないので、電話はニガテです。

電話中だとメールなどが入ってきた場合も中々メールが返せる状況じゃなくなるので、メールの事も気になって不安なので電話はニガテです

スポンサーリンク

理由や意見6

男性
(男性 28歳)

私は会話するのが苦手です。

相手が話したことに対して上手く返答できません。

電話の場合は実際に面と向かっての会話より、沈黙の時間がキツイと思います。

そのため、スピーディに返答する言葉を見つけなければなりません。

それだったら、ゆっくり考えてから返答できるメールやラインのほうが楽でいいです。

返答はいつ考えてもいいですしね。

あと、周囲の目、耳が気になるというのも嫌な理由の一つです。

聞かれてても困るし、小声で話すのも疲れるし、やはりメールかラインですね。

関連:会話が苦手?会話下手を克服する方法20選!

 

理由や意見7

女性
(女性 29歳)

私が電話をするのが嫌いな理由は、声だけという情報量で、自分の言いたいことがちゃんと相手に伝えることができるのか、そして伝わっているのかがわかりにくいからです。

ちゃんと相手に情報を伝えるために電話をかける前に、頭の中で一旦伝えたいことの文章を構成してからかければ大丈夫かと思い、毎回そうしてから電話をかけるのですが、いざ繋がると相手を長時間電話対応に拘束してしまっては申し訳ないと、焦って端的に伝えようとしてしまい、構成していた文章がごちゃごちゃになってしまいます。

結果、伝えたいことの半分も伝わらないことがあるので、ちゃんと伝えるためにはできるだけ電話ではない方法で連絡を取りたいと思ってしまいます。

 

理由や意見8

女性
(女性 29歳)

家族の場合は嫌ではないですが、友人や仕事関係などの場合はとても嫌です。

かける場合は、相手がどんな状況か分からないのでとても気を遣います。

以前かけた相手が、とてもイライラをしていて素っ気ない態度で言い方もキツく、不愉快な思いをした事がありました。

私もかける時間帯を変えれば良かったかなとも反省しました。

不在の電話があった時も、相手が折り返しの電話を待っているかもしれないと早く電話しなきゃと少し焦ります。

電話は用件が素早く済む便利な部分もありますが、かける場合もかかってくる場合も少しストレスを感じてます。

関連:仕事が疲れる?みんなの仕事のストレス解消法20選!

 

理由や意見9

女性
(女性 30歳)

久しぶりな友人だと久しぶりに声がきけて嬉しい気持ちにもなりますが、地元を離れてるいる訳ではないので、嬉しいのは一瞬のような感じがしてます。

ついつい話が長くなってしまい、遅くなりがちになるので出来れば会って話すか、ラインで終わらす方が好きです。

疲れている時は気分が乗らないせいもあり、電話を早く切りたくなってしまいます

そんなときに相談連絡や愚痴の聞き役になった日には、心の何処かで早く終わらしたいと思ってしまうのです。

拒否はしませんが、好きではないです。

関連:友達はいらない?友達が必要ではない理由15選

 

理由や意見10

女性
(女性 31歳)

人見知りで、人と関わるのが苦手だからだと思います。

普段から人との会話に慣れていないため、電話での会話中にも何か間違った答えを言ってしまわないか、相手に失礼な事を言ってしまわないか、また、馬鹿にされてるんじゃないかなど、考え過ぎてしまい苦手意識を持っているのだと思います。

意外と、電話での通話を始めてしまえば上手くしゃべれることがほとんどで、むしろ相手の表情が見えない分顔を合わせての会話より楽しめたりもするのですが、先入観が勝り電話を好きにはなれません。

関連:人付き合いに疲れたときに参考にしたい意見20選まとめ

スポンサーリンク

理由や意見11

男性
(男性 33歳)

仕事に集中していようが寝ていようが、電話は不意打ちでかかってくるからです。

こちらの都合はお構いなしです。

これだけ通信技術の多様化した現代でも電話はまだまだ主要な連絡手段であると思います。

特に、職場においてはそれが顕著です。

EメールやSNSを使ってくれれば、こちらも楽なのですが。

そんなことを言うと、冷たいとか心がないと言う人達がいるけど、こちらの都合を無視して一方的に電話をしてくることに対しては何とも思わないのでしょうか?

 

理由や意見12

女性
(女性 34歳)

顔が見えないので萎縮してしまう。

相手も丁寧に話してくれる方だといいのですが、怒鳴り口調の男性だったりすると最悪です。

仕事の都合上、電話は避けられませんので、電話応対のスキルを磨きたいとは思っていますが、元来の性格はなかなかネックです。

相手のペースに飲まれず、落ち着いた対応ができるようになりたいと思っています。

お互いに顔が見えないからこそ、思いやりをもって電話に答えて欲しいです。

プライベートではほとんど電話をしません。

 

理由や意見13

男性
(男性 35歳)

電話そのものは嫌いではないですが、忙しいときにどうでもいい要件でかかってくることがわずらわしいと思います。

緊急でどうしてもメールで伝えることが難しいときは電話は必要だと思いますが、それ以外の場面ではできるだけ電話を使用することは避けた方がいいと思います。

相手方も忙しい時に電話は避けてほしいと思います。

相手の立場を考えることが苦手な人は電話は使用するべきではないと思います。

かけるときもできるだけ手短に話すのがマナーではないでしょうか。

 

理由や意見14

女性
(女性 39歳)

人見知りをする性格なので、知らない人と、しかも顔の見えない状況で話すのがとても苦手です。

電話をかける前に深呼吸をして、相当気合いを入れないといけないし、緊張して上手くしゃべれないことが多いので、実際にかけるまで30分くらい悩んでしまうこともあります。

昔はとにかく電話対応のない仕事を選んで働いていましたが、今はそうもいかないのでどうしても電話しかない場合は我慢しますが、メールなど他の連絡手段がある時には、迷わずそちらを選びます。

 

理由や意見15

男性
(男性 45歳)

基本的に相手と会話すること自体が、あまり得意ではありません。

もともと知り合いだったり、何度もあったことがある方であればそれなりに話はつなげられますし、電話であっても相手の表情のようなものが想像できますは、面識がない方に電話するとなると、電話の先の相手の表情などが想像しづらくどんな気持ちなのかわかりません。

そんなことを考えているとどんどん電話をすることが嫌になり、なるべく電話しなくて済むメールなどで連絡方法を優先してしまいます。

関連:コミュニケーションが苦手?克服するためのアドバイス20選!

スポンサーリンク

理由や意見16

女性
(女性 45歳)

学生時代にかなりないたずら電話がかかってきたり、電話の相手から電話口で今部屋に帰ってきたでしょ、とか帰宅したとたんに電話があったりもして、かなりな怖い思いをした覚えがあります。

そのせいで、自宅の電話は毎日留守電にしとかないと不安で仕方ない状況ですし、また周りから電話に出る時にかなり不機嫌な話し方するよね、とか何回も言われた事もあるしで、電話で話す事は本当に嫌いになってしまってます。

打ち解ける方には、必ずメールやラインにしてもらってます。

 

理由や意見17

男性
(男性 46歳)

まず電話の着信音が嫌いです。

普段ほとんど鳴らないということもあり、音が鳴るだけでかなり緊張してしまいます。

正直不快なので、知らない電話番号だとまず出ることはないです。

次に、どうしても会話に時間を使ってしまうのが嫌いです。

余計なあいさつや敬語のやり取りに時間を費やすのは、本当に無駄と考えます。

ホリエモンも言っていましたが、基本的にメールで済む用事はメールで済ますべき。

個人に限らず企業や病院もネット受付に対応すべきと思います。

 

理由や意見18

女性
(女性 46歳)

元々、人と話すのが得意ではなく、どちらかと言うと人見知りです。

だからこそ、電話なら話しやすいはずなのですが。

こちらから電話する時は特に、緊張してしまいます。

理由としては、相手の表情が見えないため。

マイナスなイメージを抱いてしまうからです。

声って感情が凄く伝わってくるので。

例えば、彼との電話だと、他の音(テレビ)が聞こえると、電話(私の声)に集中してないな→私の事嫌い→浮気など。

かなり、特殊なタイプの人間なのかもしれませんがそのような感じでしょうか。

 

理由や意見19

女性
(女性 49歳)

電話で沈黙があると、何か話題を提供しなくてはと焦ってしまいます。

話題はお互いに出せばいいのでしようけど、なんとなくその沈黙に耐えられなくなり、焦ってきます。

すると、余計に何を話せば相手が楽しいのかわからなくなってきて空回りしてきます。

そんな感じで緊張もしてきますので、話していて楽しいというよりは終わるとどっと疲れたりします。

メールやLINEなどで、文字の会話の方が、話題を考えながら打てるので気楽に会話が出来ます。

 

理由や意見20

男性
(男性 56歳)

若いときから、仕事柄クレームばかりを担当してきました。

怒られる電話です。

従って、電話の音が鳴るたびにビクビクしていた恐怖心が現在もぬぐえません。

それと、電話をする人というのは、したい人の都合であって、受ける人の都合でないのがたまりません。

「なんでこんなときに」ということがよくありました。

そして、最近はなんといっても、電子メールの普及です。

これは、メールが来たからと言って、すぐ見なければならないことはございません。

全然驚くことが無いので精神衛生上よいのです。

 

★こちらも読まれています

仕事で疲れた時は何してる?仕事疲れを癒す解消法14選!

友達はいらない?友達が必要ではない理由15選

婚活に辛いと感じたらどうする?経験者20名のアドバイス

会社がつまらない?通勤のモチベーションを保つ心構え15選!

スポンサーリンク