同棲生活の楽しいことって何?経験者10人に聞いてみた

同棲 楽しい

今回は、同棲経験者10人に対して、

同棲生活をしていて”楽しい”と感じることは何ですか?

というアンケートを実施し、それぞれの経験談を教えて頂きました。

同棲生活に対して不安を抱いている方は、ぜひ参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

 

1.結婚生活の疑似体験が出来る

◆30歳女性

●同棲時期:22歳~24歳

生活を共にすることで一体感を感じられることや、一緒にいろんな体験や感情を共有できることが楽しかったです。

例えば何気ないことですが、一緒にテレビを見て笑ったり、夜中にコンビニに行ったり。

そんなことも同棲生活をして隣にいるからこそ出来ることです。

あとは、結婚生活の疑似体験が出来たのが私は楽しかったです。

食事を作って彼の帰りを待ったり、一緒にお風呂に入って同じ布団で寝たり、結婚後の生活がリアルに想像できたのが良かったです。

 

2.「恋人」のまま一緒に生活できる

◆47歳女性

●同棲時期:22歳〜23歳

結婚とは違い、恋人のまま一緒に生活出来ると言うのが楽しいところです。

それなりに気を使いあえるし、自由なところも楽しく感じる理由のひとつです。

一緒に料理して一緒に片付けてくれますし、洗い物も手伝ってくれました。

毎日料理を作る必要はなく、外食しても怒られないし、作っただけて喜んでくれました。

時間に縛られることがないので気楽でした。

だんだんと2人のお揃いのものが増えていくのも楽しかったです。

自由でお気楽というところが、同棲していてお互い楽しかった理由だと思います。

 

3.二人でゆっくりできる

◆20歳女性

●同棲時期:19歳~現在

同棲生活をしていて楽しいと感じることの一つ目は、食事です

「何食べたい?」という会話をするのも楽しいですし、一緒に料理を作ることも出来ます。

必ず「いただきます」と「ごちそうさま」を一緒に言い、「美味しかったよ。今日もありがとう。」と毎日言ってくれるので、明日も頑張って作ろうと思えます。

二つ目は、ゆっくりくつろいでいる時です。

テレビで面白いことがあってても、すぐに気持ちを共有できます。

ゆっくりしながら今日あったことなど話すだけでも楽しいです。

ゲームやアニメ、映画、楽器など、趣味が同じなので、二人で趣味の時間を楽しんでいます。

 

4.毎日を一緒に過ごせる

◆27歳女性

●同棲時期:26歳〜現在

その日のお夕飯を何にするか話し合ったり、買い出しや食事の準備を一緒にしたりしている時がとても楽しいです。

あとは毎日同じテレビ番組を観ながら一緒に笑ったり、泣いたり、感動したりできるのも同棲の醍醐味だと思います。

時には、チャンネル争いしたりするのも、それはそれで楽しかったり、自分の好きな番組を相手がちゃっかり録画しておいてくれたりという気遣いに感動することもあります。

あとは、どちらかが出掛ける時には、「行ってらっしゃい」を、帰宅した時には、「お帰りなさい」と言い合える相手がいるということが何より幸せだと思います。

 

5.親に内緒で同棲

◆24歳男性

●同棲時期:19歳〜21歳

一人暮らしで気持ちも親と離れ自由ですよね。

学生だったので学校に通ってましたけど、何もかもが自分の好きなように生活してました♪

それまでは専門学校生として実家で暮らしていましたが、県外で生活することで、親の有り難みが少しでも分かるのではという思いもありました。

実際生活してみると、掃除や洗濯、炊事とやらなければならないことは勉学以上にたくさんあり、学力のない私にとって大変な毎日だったことは言うまでもありません。

そんな中で出逢った相手が、なかなかのお嬢様で人生で初めてのタイプな人でした。

同棲は今でも言えませんが、親には内緒でしたね。

仕送りしてもらっている立場で、しかも学生だったのですから。

 

<スポンサーリンク>

 

6.気楽に家飲み

◆29歳女性

●同棲時期:25歳〜26歳

気楽に家飲みができることが楽しかったです。

まず、一緒に買い物に行き、「鍋にはこれを入れたい」「手巻き寿司の具材はこれがないと」など、お互いの好みを話しながら食材を買います。

そして、帰ってきて一緒に台所に立って料理をし、ダラダラとテレビを見て、お酒を飲みながら食事をします。

終電も門限も関係ないので、時間を気にせずのんびりできます。

日常的なことでも、「ふたり一緒に」何かをするということが、とても楽しかったです。

 

7.平凡な毎日が楽しい

◆24歳女性

●同棲時期:19歳〜22歳

朝一緒に起きてご飯を食べて、夜も相手が帰って来るのを待ちながら、ごはんを作って一緒に食べて、食べながら他愛もない会話をしたり旅行などの計画を立てたり。

その日あったことを話すのも楽しかったです。

また、一緒に料理したり掃除したり、家事をしながらふざけあったりとそういう平凡な事がなにより楽しかったです。

時には喧嘩もありましたが、話し合いをして仲直りしてっていうそういう繰り返しも大事で、わりと楽しかったですね。

 

8.朝起きたら恋人が隣に居る

◆21歳女性

●同棲時期:18歳〜19歳

まず、朝起きたら隣に居ることです。

朝起きて、「おはよう」を1番に言えて、「いってらっしゃい」が出来るということは、同棲を始める前にとても憧れていたことだったので嬉しかったです。

あとはご飯を一緒に食べられることや、何気ない日常を当たり前に過ごせて居ること、例えば、歯磨き一緒に出来て居るときに幸せだな、楽しいなと感じました。

朝起きてから寝るまでの沢山の楽しいや悲しいなど、感情を相手と共有できることが1番同棲して良かった点です。

 

9.ストレス解消にも

◆29歳女性

●同棲時期:26歳~現在

二人とも次の日が休みの前日の夜が楽しいです。

離れて生活をしていたときは、休みの日に会っていたのですが、次の日が仕事だと早めに解散しないといけなけませんでした。

しかし同棲中なら、仕事が終わって帰って来てから、おつまみを用意し、お酒を飲んで、テレビを見たり、ゲームをしたりして夜更かしするのが、とても楽しいです。

仕事から帰ってきて、愚痴をお互いに話して、笑い話にしたり、ストレスも解消でき、とても充実して過ごせているように感じます。

 

10.二人でやれば上手く出来る

◆23歳女性

●同棲時期:19歳~現在

一緒にテレビを観たり、家事をしたり、ゲームをしてみたり、何気ないことが楽しかったりします。

特に料理は、

「お互いに不器用なのもあるけど、一緒にしてみると意外とこんなこと出来るじゃん。」

という発見があったりして楽しかったりします。

2人で作って食べれば2倍美味しく感じます。

もちろん、洗い物も一緒にやりますよ。

あとは、帰る場所が同じなので出かけた時の別れ際の寂しさもなく、その後も時間を共有して過ごせることに幸せを感じます。

 

まとめ

いかがでしょうか。

多くの方が、同棲生活の中で”楽しい”と思うこととして、「毎日恋人と会えること」を挙げていましたね。

また、料理や買い物などの「家事全般を一緒にできることが楽しい」という意見も多かったです。

結婚する前に同棲生活を一度経験し、本当に一緒に生活できるか見極めるのもいいのではないでしょうか。

<スポンサーリンク>