大学の学生証写真の服装やサイズの理想は?|基本まとめ

大学 学生証 服装

大学生になると、さまざまな場面で学生証を使うことになります。

カラオケやボウリング場を利用する際など、学割を使うためには学生証を見せる必要があるわけですから、大学生にとって、学生証はとても重要な証明書と言えるでしょう。

しかし、この学生証の写真については、あまり気を使っていない学生が多いのです。

中には、学生証に使われると知らないまま、自身の写真を提供したという学生もいるほどです。

4年間も使うことになる学生証ですから、出来れば写真映りの良い写真を使うべきでしょう。

そこで今回は、大学の学生証用写真を撮る際の、服装やサイズの理想についてまとめてみました。

<スポンサーリンク>

 

大学の学生証の写真はいつ撮るのか

まず、大学の学生証の写真は、いつ提出する必要があるのでしょうか。

これには、主に以下の2パターンがあります。

 

〇入学願書・受験票の写真

こちらは、入学願書や受験票の証明写真が学生証に使われるというパターンです。

学生証に使われると知らないまま証明写真を提供した、という学生がよく生まれので、出願の際に注意が必要です。

特に、「高校の学生服を着ている証明写真が大学の学生証で使われる」というケースが多いです。

 

〇入学手続き書類の写真

こちらは、入学手続き書類の証明写真が学生証に使われるというパターンです。

合格が決定した後に学生証用の写真提出を求められるので、しっかり学生証を意識した学生証を作る方が多いですね。

 

 

学生証に使われる写真のサイズは?

基本的に、学生証には縦4cm×横3cmサイズの証明写真が使われます。

しかし、大学によって求められるサイズが異なる場合がありますから、しっかり大学ごとに確認しておきましょう。

また、サイズのほかにも、上半身・正面・無帽・無背景・枠なしが基本です。

 

学生証の写真はどこで撮るべきか

学生証用の証明写真を撮る手段について、価格が安い順に3つまとめてみました。

それぞれにメリットとデメリットがありますから、しっかり検討しましょう。

 

〇自撮り

自撮り

主に、スマートフォンのアプリで撮影することになります。

撮影した自撮り写真はコンビニなどで印刷するだけですから、200~300円ほどで証明写真を仕上げることが出来ます。

しかし、上手く撮影するのは難しいですし、写真の印刷作業に慣れていなければ手間取るでしょう。

 

〇証明写真ボックス

証明写真ボックス

「写真館」でこだわった写真を撮影するよりは、安く証明写真を用意することが出来ます。

相場としては、6枚一組で600~1000円ほど。

あまりこだわった写真は求めないという方におすすめです。

 

〇写真館

写真館

金額にあまりこだわらず、クオリティにこだわった写真を用意したいのであれば、「写真館」一択です。

最寄りの写真館を利用しても良いですが、よりクオリティを追求するのであれば、古くから経営している写真館を選ぶべきでしょう。

証明写真を撮り慣れている主人が撮影してくれれば、アングルや表情など、微妙な差にこだわった写真を手に入れられる確率が上がります。

 

<スポンサーリンク>

 

学生証の写真を撮る際の服装は?

学生証の写真は基本的に自由で、もっとも多いのは私服です。

学生証は公的証明書として使われることもありますから、華美なものは出来るだけ避け、清潔感のある地味目な服装を意識しておくのがベターです。

スーツでも全く問題はありませんが、学生服は避けるよう心がけましょう。

 

4年間も使用する学生証の写真ですが、大学の卒業アルバムに使用する写真を提出しなかった場合、卒業アルバムには学生証の写真が使われることもあります。

この場合、末永く一生付き合っていく写真となるので、学生証の写真に着る服装には気を使っておきましょう。

 

女子は化粧をするべき?

証明写真は主に本人確認のために使われますから、本人確認が可能な程度であれば、メイク有りでも問題ありません。

しかし、一応証明写真ですから、華美になりすぎないように注意するべきでしょう。

具体的には、付けまつ毛やアイラインは避けるべきです。

肌色が分かる程度のファンデーションや、それに合う程度の口紅を使うなど、できるだけナチュラルなメイクをするのがベターです。

 

学生証はいつ受け取る?

多くの大学では、学部別で行われる「新入生ガイダンス」の際に学生証を配布します。

また一部、「入学式」のときに学生証を配布する大学もあるようです。

もしも学生証を受け取り忘れてしまった場合は、すぐに学生課に問い合わせてください。

 

大学の学生証を紛失したらどうすればいい?

学生証を紛失したり、盗難に遭った場合、最悪の場合学生証を悪用される恐れがあります。

したがって、もしも大学の学生証を紛失してしまった場合は、まず最寄りの交番や警察署に届け出を行わなければなりません。

そしてその後、大学ごとに定められた窓口にて、学生証再発行手続きを行うという流れになります。

大学によって異なりますが、多くの場合、学生証を再発行する際に手数料として2,000円が必要になります。

出来る限り、学生証を無くさないよう注意しましょう。

 

<スポンサーリンク>