「ごちそう」といえば何?30名のイメージ・意見をまとめてみた

「ごちそう」といえば何

ここでは、「ごちそう」のイメージについての意見をまとめています。

今回は「あなたは「ごちそう」といえば何をイメージしますか?また、その理由やエピソードについて教えてください。」というアンケートを30名に実施してまとめました。

参考にしてみて下さい。

<スポンサーリンク>

「ごちそう」といえば何?1

男性
(男性 21歳)

私の思うごちそうは、お寿司です。

100円均一の回転寿司が最近本当にいろんなところにあるので、バイトで貯めた資金に余裕がある時には、友人と食べに行こうとなります。

1皿100円とはいえ、10皿食べただけで1,000円を超えます。

また、茶碗蒸しや赤だし、デザートなどのサイドメニューを頼むともっと支出が増えるので、学生にとってはごちそうです。

 

「ごちそう」といえば何?2

女性
(女性 21歳)

わたしは「ごちそう」といえば、徳島の郷土料理の蕎麦米雑炊をイメージします。

わたしは徳島出身で、母のつくる蕎麦米雑炊が大好きだったので、風邪をひいたときや何かで賞を取ったときは母が蕎麦米雑炊をつくってくれていました。

 

「ごちそう」といえば何?3

男性
(男性 24歳)

私がごちそうといっていもい浮かべるものはローストビーフです。

うちではクリスマスにローストビーフを食べる習慣があったので、クリスマスにならないとローストビーフを食べることができませんでしたので、私にとってごちそうはローストビーフなのです。

 

「ごちそう」といえば何?4

女性
(女性 24歳)

具だくさんのすき焼きです。

すき焼きって作ろうとすると野菜、豆腐、白滝、麩など具材をたくさん買わないといけないので高くつきます。

また、せっかく作るなら柔らかい良い牛肉を使いたいのでなかなか気軽にできるのものではないからです。

 

「ごちそう」といえば何?5

女性
(女性 24歳)

私にとってのごちそうは、「すき焼き」です。

なぜか外食では食べないけれど、年に1〜2度家で、家族みんなで囲んで食べます。

そこまで高級でもないが、皆が好きな料理だけど、頻繁には食べられない存在なので、私にとっては「ごちそう」です。

 

「ごちそう」といえば何?6

女性
(女性 26歳)

いくらと大トロです。

年始親戚一同新年の挨拶で集まる際に祖父が美味しいいくらと大トロを買って大トロは綺麗に切ってお皿盛り振舞ってくれるからです。

年始の集まりなので年に一度しかないものですし尚更とても特別感があり味も美味しいので私にとって一番のご馳走になっています。

 

「ごちそう」といえば何?7

女性
(女性 26歳)

私が「ごちそう」と聞いてイメージするのは、お寿司です。

実家の近くにはお寿司屋さんがなく、元々外食の少ない家庭で育ちました。

そんな中、年に1度祖母が住む田舎に帰るといつも宅配のお寿司を取り寄せてくれました。

お寿司にはその時の嬉しい気持ちを感じます。

 

「ごちそう」といえば何?8

女性
(女性 29歳)

今現在一人暮らしをしているのですが、仕事が忙しく、料理というと一品料理を作るのが精一杯なので、和食などで汁物があり、さまざまなおかずがあったりと、単品でない料理を次々と出されるとごちそうだなと感じます。

 

「ごちそう」といえば何?9

女性
(女性 30歳)

ぶあつめのステーキが真っ先に思い浮かびました。

特別なエピソードや思い入れがあるわけではないのですが、なぜか、ごちそうと聞いて昔らかイメージするのがこれです。

多分、見た目のイメージなのかもしれませんね。

 

「ごちそう」といえば何?10

女性
(女性 30歳)

私の中でもごちそうは、いくらが沢山入ったちらし寿司です。

小さい頃からお祝い事や家族でいいことがあった日はちらし寿司を食べるという決まりみたいなものがあって、大きな器に盛られたちらし寿司をみんなでワイワイ分けながら食べていたので

<スポンサーリンク>

「ごちそう」といえば何?11

女性
(女性 32歳)

私にとってのご馳走はステーキです。

もともと肉が好きなのですき焼き、じゃぶじゃぶ色々と思い浮かびますが、あの厚切り肉にかなうものはないと思っています。

とくに焼き加減がレアで切り口の肉の赤みが感じられると高級なイメージです。

 

「ごちそう」といえば何?12

女性
(女性 32歳)

カウンターで出てくるお寿司屋さんに行った時はゴチソウだと思いました。

なかなか食べに行けないですが、働いていた時に、社長に連れて行って貰い、東京のカウンターのお寿司屋さんは凄く高いイメージなので凄く嬉しかったです。

普段食べないカラスミも食べられました。

 

「ごちそう」といえば何?13

女性
(女性 33歳)

お寿司、ステーキ、カラフルなスウィーツなどがたくさん並んでいるビュッフェをイメージします。

仕事の打ち上げで、パーティー会場にて豪華なこれらの料理が並んでいたときに、ごちそうだ!と感動しました。

その場でお肉を焼いてくれるスタイルもごちそうのポイントだと思います。

 

「ごちそう」といえば何?14

女性
(女性 34歳)

すきやきをイメージします。

我が家では昔から、家族が集まって食べていました。

私の誕生日は年末で、冬期休暇前に通信簿をもらって帰り、成績が良ければ母がすきやきを用意してくれました。

家族みんなが幸せそうにお肉を食べて暖かい家族団らんを過ごしました。

 

「ごちそう」といえば何?15

女性
(女性 34歳)

手巻き寿司とおこげのおむすびです。

うちは何かお祝い事があると親戚が集まって手巻き寿司になるんです。

コンロのお釜と電子ジャーでたくさんのお米を炊くんですが、そのおこげに祖母がちょっとお醤油をたらしておむすびにしてくれるんです。

それで、お腹を空かせて夕飯が待ちきれない孫達に食べさせてくれるんです。

それがもう美味しくて美味しくて。

だから私にとって手巻き寿司とおこげのおむすびはワンセットなんです。

楽しい雰囲気と合わせてのご馳走でした。

 

「ごちそう」といえば何?16

女性
(女性 34歳)

イメージするのはステーキです。

普段食べるものでは無いし、子供の頃からステーキをナイフとフォークで食べるのは贅沢だと思っていました。

結婚した今、ごくたまにステーキ肉を買って家で焼くことがありますが、お皿に大きな肉をドーンと置くと、やはり「ごちそう」感が出ます。

 

「ごちそう」といえば何?17

男性
(男性 35歳)

ごちそうといえば「ステーキ」をイメージします。

家族の誕生日や記念日には、よくごちそうとしてステーキ用のお肉を買って、家で焼いて食べることが多いので自然とごちそうといえばステーキというイメージが家族には定着していきました。

 

「ごちそう」といえば何?18

女性
(女性 35歳)

私にとっての「ごちそう」はすき焼きです。

なぜかというと、勤め先から毎年年末に「一年間お疲れさまでした。

」という気持ちを込めておもてなしという形でA5ランクのすき焼き肉が支給されるからです。

この時期になると今年も一年よく頑張った、美味しいものを食べて来年に向けて気持ちを新たにまた頑張ろう!と思えます。

 

「ごちそう」といえば何?19

男性
(男性 36歳)

私のごちそうは外食での焼肉です。

小さい頃から決まって家族で行っていた焼肉店がありました。

特別なときにいつもそのお店へ行っていたので、今でもそのお店を特別なときには使用しています。

他の焼肉店ではなく、その店での焼肉が私にとってのごちそうです。

 

「ごちそう」といえば何?20

女性
(女性 37歳)

私の「ごちそう」のイメージはエビフライです。

子供の頃母が「お誕生日の日は何が食べたい?」と聞いてくれると、私は必ず「エビフライ!」と答えていたそうです。

エビフライは意外に料理するのに手間がかかりますが、母はいつも誕生日やクリスマスなど特別な日には沢山エビフライをあげてくれて私を喜ばせてくれました。

なので私は「ごちそう」と聞くとエビフライが浮かびます。

<スポンサーリンク>

「ごちそう」といえば何?21

男性
(男性 39歳)

自分のごちそうと言えば一皿100円の回転寿司です。

今大人になってある程度自由に使えるお金ができた事で小さな幸せを感じてます。

自分が子供の頃今程100円寿司は普及してなくあったとしても一皿300円と言う世界で、恥ずかしながらあまり裕福ではなかったので中々連れてってもらえなかった事がすごく悔しかったです。

その為現在月に一度の外食の時は100円寿司が自分のごちそうです。

 

「ごちそう」といえば何?22

女性
(女性 41歳)

やはりお寿司ですね!実家の両親がお寿司好きだったのもあり、私が子供の頃には毎月1回はお寿司(回転寿司ですが…)を食べていました。

恐らく今思うと父親の給料日の後だったと思うのですが、その月に1度行くお寿司屋さんが楽しくて美味しくて、ものすごく「ごちそう」だったなぁと思います。

 

「ごちそう」といえば何?23

男性
(男性 42歳)

「生寿司」高くてなかなか食べられない私にとって、最高のご馳走は生寿司です。

昔は誕生日がくると母親が生寿司を作ってくれました。

一年に一度の楽しみで、マグロが大好きだった私はマグロばかり食べていました。

今はサーモンとマグロの生寿司が大好きですね。

 

「ごちそう」といえば何?24

女性
(女性 42歳)

実家に帰った時の母の手料理が一番のごちそうです。

炊きたてのごはんや具沢山の味噌汁などシンプルな食事でも、一緒に暮らしていた時には気がつかなかった母の温もりを感じて、何故かとっても美味しいです。

こればかりは、高級なレストランでもかないませんね。

 

「ごちそう」といえば何?25

男性
(男性 45歳)

一般的に言われる「何とか牛」とかの高級素材ではなく自分の好きなカレーライスやハンバーグや焼きそばなどがお腹一杯に食べられる事であり、テストでいい点が取れた時や誕生日とかに出されると嬉しくなって食べ切れた時に私にとって「ごちそう」だと思います。

 

「ごちそう」といえば何?26

女性
(女性 45歳)

自分が子供の頃からごちそうと言えば、すき焼きです。

家にお客さんが来た時、誕生日や卒業式などのお祝いを家で家族と一緒にする時は必ずすき焼きだった記憶があります。

お肉をといた卵につけて食べるのはすごく美味しかったです。

 

「ごちそう」といえば何?27

男性
(男性 48歳)

焼き肉店で、たくさん食べることです。

家では、天井が汚れてしまうので、昔のようなことは、出来なくなりました。

お店なら、汚れを気にせずに、食べれるので、とても良いです。

焼きたての肉は、やはり美味しいです。

 

「ごちそう」といえば何?28

男性
(男性 49歳)

牛肉です。

私が子供の頃は今ほど安価ではなくステーキとか焼肉とかすき焼きと言えば年に数度しか味わえない本当のごちそうと言える贅沢なものでした。

お正月に親類が集まった時には必ずすき焼きが出ていた事には、またご馳走が食べられると、何年たってもいい思い出として残っています。

今なら牛丼ならワンコイン以下でも食べる事ができます。

しかしそういう子供の頃のイメージがいつまでも残っていますので何年たってもやはり牛肉はごちそうというイメージはずっとあります。

 

「ごちそう」といえば何?29

女性
(女性 49歳)

ご馳走といえばやっぱり、まわらないお寿司です。

私が子供の頃は、回転寿司などがなかったので、滅多にお寿司屋さんに連れていってもらいませんでしたが、お酢のいい匂いは忘れられません。

主人と初めてまわらないお寿司屋さんに行き、いきなりトロを頼んだ事は、今思うと無謀すぎたと、いい思い出になりました。

 

「ごちそう」といえば何?30

女性
(女性 56歳)

私にとっての「ごちそう」は「ちらし寿司」です。

母がお祝い事がある時や、お客様がある時に作ってくれたものです。

実家を出てもっと高価な食事をする事があっても、母が作ってくれたちらし寿司は当時の思い出と重なって、私にとっては今でも何よりのご馳走です。

 

★こちらも読まれています

料理が苦手?料理下手を克服するためのアドバイス20選!

料理の失敗談20選まとめ|落ち込まなくても大丈夫!

共働きの子育てが辛い!無理をしないための経験者20名のアドバイス

<スポンサーリンク>

関連コンテンツ