グテーレス国連事務総長の評価について。任期はいつまで?

guterres
© REUTERS/ Denis Balibouse/File photo

潘基文事務総長の任期が2016年の年末に終わることを受け、安全保障理事会はアントニオ・グテーレス氏を次期国連事務総長の候補として国連総会に勧告することを決めたようです。

安全保障理事会が支持している次期国連事務総長の候補はグテーレス氏のみですから、次の国連事務総長はグテーレス氏で決まりだと思われます。

そこで今回は、アントニオ・グテーレス氏の今までの評価や任期、経歴についてまとめてみました。

それではみていきましょう。

 

<スポンサーリンク>

アントニオ・グテーレス氏の経歴など

【生年月日】1949年4月30日

【国籍】ポルトガル

【学歴】

  • セクンダーリア・デ・カモエンス学校
  • テークニコ高等学校
  • 高等工科大学(IST)

 

経歴

【経歴(時系列)】

●1971年 : 大学を卒業後、助教授に就任。

●1974年 : 「社会党」に入党

●1974~1975年 : 「産業大臣室長」に就任。

●1976年 : 「国会議員」に選出。(1995年まで)

●1992年 : 「社会党」の書記長と「野党院内総務」を務め、「社会主義インターナショナル」の副議長に就任。

●1995年~2002年 : 「第116代ポルトガル共和国首相」に就任。

●2002年~2005年 : 「社会主義インターナショナル」の議長に就任。

●2005年~2015年 : 「第10代国連難民高等弁務官」に就任。

●2016年 : 「国際連合事務総長」任命の勧告

 

大学で物理学と電気工学を学び、卒業後すぐに助教授に就任していることからとても優秀な学生だったことが伺えますね。

しかし助教授に就任して3年後には「社会党」に入党して政治の道へと進んでいるわけですから、この3年間はポルトガル国内の情勢が大きく動いた時期だったんでしょう。

そして驚くべきは「社会党」に入党後のキャリアですよね。

「産業大臣室長」として政治の経験を2年ほど積んだ後すぐに「国会議員」に選出されていますから、政治家としてもグテーレス氏が優れた才気を発揮したんでしょう。

 

そして、1995年にポルトガル国内で「社会党」が勝利したことで、グテーレス氏が「第116代ポルトガル共和国首相」に就任しました。

2期も首相を務めていることから、グテーレス氏が国内でどれほどの人気を博していたかわかります。

首相を務めた3年後には「第10代国連難民高等弁務官」に就任し、そこで国連での仕事を10年間経験したのちに、今回の「国際連合事務総長」任命へとつながったんですね。

<スポンサーリンク>

グテーレス氏の評価は?

大学を卒業後すぐに助教授に就任したことや、「社会党」に入党して2年後には「国会議員」に就任していることから、彼本人の資質としてとても優秀であることが伺えます。

また、「国会議員」に就任した1976年から首相を務めた1995年までの間に「社会党」内で確固たる地位を築き上げていたことや、2期連続でポルトガルの首相を務めたという経歴を見ても、本人に対する人気や評価はとても高かったことが分かりますね。

 

首相を辞めた後は「社会主義インターナショナル」の議長として海外規模での活動が増えたグテーレス氏ですが、ここでもやはり周りから高評価を経ていたようです。

その後2005年に「第10代国連難民高等弁務官」に就任し、見事に10年の任期を務め終えたグテーレス氏ですが、「国連難民高等弁務官」時代の評価が高かったからこそ、今回の「国際連合事務総長」の話へとつながったんですね。

 

ちなみに、「第8代国連難民高等弁務官(1990年 – 2000年)」を務めたのは、日本人の緒方貞子さんです。

sadako-ogata

©UNHCR/E.Brissaud

 

グテーレス氏の任期はいつまで?

「国際連合事務総長」の任期は、1期5年2期10年が慣例です。

前任の潘基文事務総長は2006年に「第8代国際連合事務総長」に就任後、2期にわたって10年間事務総長の仕事を務めあげたんですね。

 

そして今回のグテーレス氏ですが、彼に対する安全保障理事会の評価は現在とても高いので、この評価・人気を維持し続けることができれば、2期10年にわたって「第9代国際連合事務総長」を務めることが出来るのではないでしょうか。

1期5年の任期を終えるとき、2期目の投票は2020年ごろに行われるでしょうから、この投票結果いかんによってグテーレス氏の任期が決まるわけなんですね。

 

まとめ

グテーレス氏の経歴や今までの周りからの評価を振り返ってみると、信じられないほどに優秀な人物像が浮かび上がってきます。

まるで漫画の登場人物のように順調なキャリアを歩んでこれたのも、彼の実力が確かであるという証拠でしょう。

10年間「国際連合事務総長」を務めた潘基文事務総長の次を務める、グテーレス氏の手腕が楽しみです。

 

ツイッターを買収するのはどこ?買収額やサービスの変更についても!!

いつも励みになっています。