田知本遥の海外の反応や評価・人気まとめ

ここでは、「リオオリンピック女子柔道70キロ級」日本代表である田知本遥(たちもとはるか)選手の、海外の反応や評価・人気についてまとめています。

近藤亜美選手、中村美里選手、松本薫選手らに続き、「リオオリンピック女子柔道」でメダルを獲得することはできるのでしょうか!?

<スポンサーリンク>

田知本遥選手について

【出身】富山県射水市

【生年月日】1990年8月3日

【所属】綜合警備保障

【階級別世界ランキング】13位

 

柔道78kg級で活躍している田知本愛選手を姉に持つ田知本遥選手。

柔道も小学2年生のときに姉の愛さんと同時に始めたそうですが、柔道が嫌いで、ピアノを習いたかったそうです。なかなかオリンピック選手の小学生時代にしては珍しいと思いますが、試合が嫌で仕方なかったそうです。

それでも、練習にはまじめに取り組んでいたそうですから、小さなころから、嫌なことでも続けることができるほどの忍耐力を持った方だったんでしょうね。

地元の「小杉中学校」へ進学した際も、本当は陸上部に興味があったそうですが、姉の愛さんがすでに所属していた柔道部に父親によって見学に連れていかれた結果、気が付いたら外堀を埋められており、柔道部に入らざる負えない状況になっていたのだとか。

まさに「柔道」に愛された人生を送っている方だと言えるでしょう。

しかし、中学校入学時点で田知本遥選手の実力は高く、数々の全国レベルの大会で上位入賞を果たしています。

また、田知本遥選手は中学校を卒業した後も愛さんと同じ「小杉高校」に進学し、「金鷲旗」と「インターハイ(団体戦)」で優勝したことで本格的に柔道家としての頭角を現しました。

その後、柔道の名門である「東海大学」に進学した田知本遥選手は、国際大会にも積極的に参加するようになり、2016年までに「グランドスラム」で4回、「グランプリ」で3回、金メダルを獲得しています。

姉であり、【階級別世界ランキング】8位でもある田知本愛選手は、リオオリンピックには出場しませんが、田知本遥選手にはリオオリンピックで活躍してほしいですね。

<スポンサーリンク>

海外の反応

 

●なんてことだ。

世界ナンバー1のキム・ポリング選手が初戦で田知本遥選手に敗れたぞ!!

 

●カモンッ!TACHIMOTO!!!

 

●田知本選手が初戦はで素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたな。

 

●田知本選手が燃えている!!

頑張って!!!

 

●田知本遥選手の戦いを見ていて疲れ果てたよ。

 

●田知本遥選手がラウラ・ファルガスコッホ選手に大外刈り技ありで勝利した!!!

彼女は金メダルのために戦っている!!!

 

●日本代表のTACHIMOTO!!!

日本のために決勝でも勝利を勝ち取ってくれ!!!

 

●田知本選手はよくやった!!#JudoRio2016

 

田知本遥選手が金メダルを獲得した。

 

●投げ技は確かにかっこいいけど、結局、寝技が王様なんだ!

田知本選手は本当に見事な試合をしたよ。

 

●わお!!田知本遥選手は正々堂々戦って美しい勝利をおさめた。

金メダルおめでとう!!!

 

●田知本遥選手が金メダルを獲得した!!!

本当におめでとう!!!

 

●田知本選手が日本女子柔道代表初の金メダリストになった!!

女子70キロ級の決勝は見事な試合だったよ!!!

 

●Tachimoto!!!!!!!

彼女が日本のために一本勝ちで金メダルを獲得した!!

 

●彼女は本当によくやったよ。

翻訳元:Twitter