引っ越しをめんどくさいと考えてしまう理由20選!

引っ越し めんどくさい

ここでは、引っ越しをめんどくさいと考えてしまう理由についてまとめています。

今回は「あなたが引っ越しするのがめんどくさいと考える理由について具体的に教えて下さい。」というアンケートを20名の方に行い、それぞれ答えて頂きました。

参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

めんどくさい事1

男性
(男性 21歳)

私が引越しをめんどくさいと感じる理由は、今の生活に慣れているからです。

私はまだ学生ということもありますが、新しいことに慣れるまでに苦労し、変化をあまり好まないタイプの人間であるため、実家で過ごさせていただいています。

社会人になり、勤務地が遠いことや会社での異動などがあれば引越しを余儀なくされると思うので、それはもう覚悟を決めて引越しをすると思います。

それでも、やはり準備や新居での整理整頓をすることを想像すると、めんどうだなと思ってしまいます。

 

めんどくさい事2

男性
(男性 24歳)

引越しするのがめんどくさい理由は、荷物をまとめなければならないことが面倒なことや、新しく住む場所を自分で探さなければならない点だと思います。

つまり、不動産屋に行ったり、役所に行ったりとやらなければならない諸々の手続きなどがたくさんあるので、そのようなことを嫌でも一つ一つこなさなければならないので、そのようなことを考えるとどうしても引越しという作業は非常にめんどくさい作業になってしまうのです。

 

めんどくさい事3

女性
(女性 24歳)

実家が違う県にあり、道具を取りに帰ることができないので、必要な荷物を嫁ぎ先に持ってきています。

なので荷物の量が多いし、また荷造りをして引っ越しするのは面倒くさいです。

ダンボールに全ての荷物を入れるのも、要るもの要らないものを仕分けるのも面倒くさくて嫌です。

要らないものを捨てて、勿体無いことをしていたと萎えるだけだと思います。

そして引っ越ししてからも、ダンボールに詰めたものをまた出して片付けないといけないし、片付ける時間もないので引っ越したくないです。

 

めんどくさい事4

女性
(女性 24歳)

引っ越しする際に荷物をまとめることが面倒です。

実家の部屋は広く、洋服や本などを多数持っていますが、引っ越すとなると多くの荷物を持っていくことは難かしくものも減らさなければなりません。

ものを処分することも手間ですし、思い出のあるものは気持ちとして処分しづらくもあります。

今持っているものを全て持っていける引っ越しならいいのかもしれませんが、そういった引っ越しは多くはないと思います。

なのでわたしは引っ越しは面倒に感じます。

 

めんどくさい事5

女性
(女性 27歳)

まず一番に思いつくのが、とにかく荷造りするのがめんどくさいということです。

特に細かい雑貨や、漫画が多いと段ボールに詰めても詰めてもなかなか終わらないので、憂鬱になります。

あとは、引っ越しが終わったあとの荷物の段ボールを開けて、コレはあっちにしまってコレはこっちにしまって、と考えながら動かないといけないのが嫌です。

荷物を出した後の大量の段ボールもたたんで、束ねて、ゴミの日までそれをどこかに置いておかなければなりません。

なので、引っ越しはめんどくさいし、出来ればしたくないと思います。

<スポンサーリンク>

めんどくさい事6

男性
(男性 28歳)

私の場合はまず少しでも安く済んで、安心できる業者に頼みたいと思う為、それに該当する引っ越し業者を探す作業から始めます。

業者といっても数多くいますから、これらの作業は骨が折れます。

決まった後もそこの業者に電話をしたり、何日の何時頃に来てもらう等の段取りをせねばなりません。

私は対人恐怖症なので、これら一連の作業をせねばならない引っ越し作業は面倒臭いを通り越して億劫です。

考えただけでも憂鬱になってしまいます。

 

めんどくさい事7

女性
(女性 32歳)

これが一番でしょう。

荷物を片付けるのがめんどくさい!

旅行にいく準備もめんどくさくて、当日あわてて準備をする性格なのに、生活しながら生活用品を片付けていくのが、もう想像もつきません。

ゴミもでるだろうし、家具を片付けて、虫も出てきたらと思うと、1人ではできません。

誰か全部やってくれたら、と思いますが、仕分けを考えるのもめんどくさい。

すごく今の生活に不都合なことが起きない限り、引っ越しは考えるのもめんどくさいです。

 

めんどくさい事8

女性
(女性 34歳)

引っ越す前も引っ越した後でも、市役所などでの事務的な手続きが多いことがめんどくさいです。

転出届と転入届だけでなく、保険証、子供手当、子供医療証、マイナンバー、印印鑑証明など、市役所内のあちこちで手続きをしなければならず、市役所は平日の決まった時間しか開いていないため、仕事をしている場合は1日休まなければならないのも大変です。

また子供が保育園や幼稚園に通っている場合、引っ越し先ですんなりと次の編入先が見つかるわけではなく、空きがある園を探さなければならないのもめんどくさいです。

 

めんどくさい事9

男性
(男性 35歳)

引越し業者を選ぶのが面倒くさいです。

比較サイトで一度一括見積もりを登録すると、ひっかきりなしに電話がかかってくるようになり、我こそは良い引越し業者ぞと言わんばかりに猛アピールを何社もしてきます。

たくさん来てしまった連絡の中から、自分にあった引越し業社をクチコミを見ながら決めていくのが、とても面倒です。

同じ引越し業者でも、地域によって評判が大きく違うので、地域が変われば引越し業者選びは一からやり直しです。

 

めんどくさい事10

女性
(女性 35歳)

私が「引っ越しするのがめんどくさい」と考える理由は2つあります。

1つ目の理由は、家中のものを整理しなくてはならないという事です。

単身ならまだしも、家族の物すべてとなると大変な物量です。

必要なもの、いらないもの、今は使わないけど捨てるのはもったいないからとっておこうかと迷うもの、そんなことをいちいち考えながら作業するのはとても手間がかかってうんざりします。

2つ目の理由は、引っ越すことを知り合いに連絡しなくてはならないという事です。

電話や、はがきや親しい人はLINEなんかで引っ越す旨と新居の住所を伝えなければなりません。

面倒だけど、人と関りを持つ上では大切なマナーなので仕方のないことです。

<スポンサーリンク>

めんどくさい事11

女性
(女性 39歳)

まず、新しい家を探すところから時間がかかると思います。

旦那の通勤距離や、子供の学校などの環境なども考えないといけないので、次引っ越す時にはかなり慎重になると思います。

それと、大型家具や家電など、荷物も沢山増えているので、運び出す際の荷造りも時間がかかりそうです。

帰省の時の準備でさえ面倒と思ってしまうので、引っ越しになるとどれだけ大量の荷物になるのかと思うと、ぞっとしてしまいます。

何よりも、またいちから人間関係などを築かないといけないのが、一番面倒くさいと思います。

 

めんどくさい事12

女性
(女性 42歳)

まず1番は人間関係です。

せっかく築き上げてきた人間関係がなくなり、また1から作り直さなければいけません。

子供の学校の友達関係等あれば、本当に淋しいし、1からまた親しい関係になるまでは大変です。

土地勘もなくて覚えなくてはいけないし、子供の習いごとや病院も全部探します。

後は手続き上のことで、全ての書類関係の住所変更。

また年賀状の時期にあわせて、友人関係に引っ越し葉書をだしたり連絡もしなければいけない。

引っ越しする際の荷造りはもちろん面倒です。

関連:人付き合いを嫌いになる理由や心理とは?20人の意見まとめ

 

めんどくさい事13

女性
(女性 42歳)

必要であればもちろん行いますが、引っ越しをする時に何よりも嫌だと思うのが、段ボールにすべての荷物を詰めることと、電気や水道などの手続きが必要になることです。

引っ越ししてからすぐに使うものは段ボールからすぐに出しますが、あまり必要でないものは段ボールに入れたままになってしまい、いつまでも段ボールが家の中に置いてあることと、水道や電気は止めたり開いたりする手続きが面倒なので、引っ越しのすべてが面倒な動きだと思っています。

 

めんどくさい事14

女性
(女性 42歳)

まずは荷物の梱包作業です。

そのたくさんの荷物をを引っ越し先で出して、所定の位置に片付けるのも面倒です。

荷物が少ないならそれほどの手間ではありませんが、私は荷物がとても多いのでできれば引っ越したくないのです。

また、新しい引っ越し先でのご近所付き合いを、また一から始めなくてはならないのかと思うと面倒です。

今いるご近所さんと長い年月をかけてやっと仲良くなることができたことを思うと、到底引っ越そうと思えません。

 

めんどくさい事15

女性
(女性 43歳)

引越しをすると、住所変更等の手続に区役所に出掛けて書類の手続きがめんどくさく感じます。

光熱費の関係もすべて書類の記入が発生します。

引越し先の周りの人間関係や環境が変わると、今まで便利だった事が不便になるとストレスになります。

その変化に合わせると、自分が疲れてしまう気になります。

慣れた環境でまあいいかと諦めみたいな物を感じます。

色々な人がいるわけですから、お隣さんの家の人と多少なりともお付き合いを求められます。

田舎だと特にそうなので引越しはめんどくさいです。

<スポンサーリンク>

めんどくさい事16

女性
(女性 44歳)

まずは、引越し先を決めるのが面倒ですよね。

一応、ちゃんと物件を見てみないと間取り図だけでは当てにならないので、時間を費やしますしね。

あとはやはり引越しの梱包ですね。

かなり家の中の荷物があるので、それを一人で黙々と100箱以上も詰めなくてはいけないのが苦痛です。

それと同時に、不要な物を捨てなくてはいけないのも同時進行に行わなくてはいけませんしね。

いっそ、まとめて不要な物を全部ポイポイゴミ出し日とか分別とか関係なくできたら良いのにって思ってしまいます。

 

めんどくさい事17

男性
(男性 44歳)

荷物をいるもの、いらないものを仕分けて段ボールにまとめるのがとてもめんどくさいです。

あと引っ越し屋さんをどこにするかいろいろ調べて、値段の交渉もまためんどくさいです。

あと、家具や電化製品も色々変えないといけなくなるので、その寸法を測って買いそろえるのが本当にめんどくさいです。

また引っ越しして周りの知らない隣近所の人に挨拶したり、全然知らない人との交流などがとてもめんどくさいです。

こういったことを考えると、引っ越しはとても大変でめんどくさいです。

 

めんどくさい事18

女性
(女性 48歳)

まず、引越し先を探すのがめんどくさいです。

不動産屋さんがはずれでも困るし、引越し先のご近所がはずれだったらどうしよう・・って思ったりもします。

ご近所のつきあいがなくなってきたご時世といえど、アパートでも戸建てにしても、周りの環境は大事です。

引っ越し先にタオルなどを持って挨拶に行ったほうがいいのかなど、考えると憂鬱になってめんどくさくなります。

今がよほど嫌な環境でなければ、めんどくさいからやめておこうかと考えてしまいます。

また、引っ越しをするにしても、現在住んでいるところでの荷造が大変だと思うし、それもめんどくさいです。

 

めんどくさい事19

女性
(女性 55歳)

今まで作ってきた生活を、いったん解除して、もう一度最初から作り上げていかなければならないからです。

かなりのストレスがかかります。

最近の引っ越しが「大手不動産会社に土地を売って新しい高層マンションを作る」という、大家さん側の一方的な理由で立ち退かされての引っ越しだったので、かなりつらい思いをしました。

当時、うつ病をわずらっていた私の症状は一気に悪くなり、現在はかなりよくなったものの、ときどき激しい落ち込みや不安を感じます。

現在の家は、古いことを除けばまあまあ楽な上、独居する母の家からも歩いて25分程度で行けるので、引っ越しはめんどう意外の何でもありません。

 

めんどくさい事20

女性
(女性 56歳)

引っ越しで一番面倒くさいのは、登録してあるいろいろなものの住所変更手続きです。

電気、ガス、電話、インターネット、スマホ、役所関係、銀行、趣味や習い事関係、クレジットカード、ポイントカード、ネットのいろいろなサイトの会員登録......など、考えるだけでめまいがします。

ネットですぐに住所変更ができるものがほとんどですが、その数が多く、どれだけあるのか把握するのが容易ではありません。

また、知人や親せきなどにも新住所を知らせなければならないのでそれも大変です。