引っ越しする際に大変だと感じる事20選!

引っ越し 大変

ここでは、引っ越しする際に大変だと感じる事についてまとめています。

今回は「あなたが引っ越しする際に大変だと感じる事について具体的に教えてください。」というアンケートを20名の方に行い、それぞれ答えて頂きました。

参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

大変な事1

男性
(男性 21歳)

最近引っ越しを考えているのですが、引っ越しは初めてな上に敷金礼金なしのアパートであることも加わり、退去時の部屋の傷などに対する金銭のやり取りがどうなるのか分からず、大変だと感じています。

また、学校や仕事に通いながら引っ越しの荷造りをし、さらにガスや水道、電気を止めて新しい入居先の方の手続き、引っ越し業者との日程確認や値段交渉、郵便局や市役所に行き住所変更の手続きまでもしなければならないというのは本当に億劫です。

 

大変な事2

女性
(女性 24歳)

荷造りと掃除が大変です。

まず、荷造りをするために、いるもの、いらないもの、引っ越し先に持っていくもの、捨てるもの、を分ける作業があります。

引っ越してきた頃よりも、確実に物は増えているので、想定している以上に段ボール等が必要となります。

そのため、荷造りになかなか入れません。

荷造りできる量にするのがまず大変です。

掃除も、見えない場所や、窓ガラス、ウォールステッカーの貼り跡等、細かいところが大変です。

普段なかなか手が回らないところにも目がいってしまい、時間がかかってしまうのが大変です。

 

大変な事3

女性
(女性 24歳)

引っ越しする時は、全ての荷物をダンボールに詰める作業も大変ですが、全ての掃除が一番大変だと思います。

年に一回大掃除をしますが、できないところもあります。

そこを片付けて掃除をしないといけないので、埃やゴミを取るのが大変です。

また、窓のサッシのカビとかは特に取れなくて冬だったら、寒さと闘いながら掃除しないといけないので嫌です。

引っ越し場所に綺麗な状態で持っていかないと、新築の家にダニを持ち込みたくないので、カーテンや布団を洗ってしまわないといけないので、全て綺麗にするのはとても大変だと思います。

 

大変な事4

女性
(女性 25歳)

1つ目は、退去する日取りや入居する為の契約手続きです。

たくさんの書類に対する説明や、サインを求められますし、保険の解約や新規契約などもある為、大事な事だとは思っていても面倒に感じてしまうのが正直な気持ちです。

2つ目は、撤去する際の家財の梱包、入居後の開梱作業です。

特に開梱作業では、どこに何をしまったか把握しきれず、必要な時に欲しいものを取り出せない事に苦労します。

家財を新しい部屋へ配置するのも、何日もかけてようやく完成しますし、1週間位は慌ただしい生活になり、大変だと感じます。

 

大変な事5

男性
(男性 27歳)

私が引っ越ししたとき大変だった事は、引っ越し業者を使った時に荷物の引き取りと配達の日時を都合をつけるのが大変でした。

会社の寮に住んでいて、辞めるときに引っ越しすることになったので、なるべくはやく引き上げなくてはならなかったので、なかなか都合をつけるのが大変でした。

引っ越し先への配送も日時に幅があり、いつ届けるか前日にしかわからない様な状態だったので、都合をつけるのが大変でした。

大手の会社では無かったので、下手に比較サイトを見るより、安定した大手の会社に任せるのがいいのかなと思いました

<スポンサーリンク>

大変な事6

女性
(女性 28歳)

細かな雑貨や文房具等を箱に片付ける作業が一番大変です。

出す時の事を考えて、何処に何が入っているのかを小さな箱で多数に別けたいと思いがちですが、箱の数が多ければ多い程運び出す作業が手間になり、壊れやすさも増してしまいます。

また、ハサミや印鑑などが引っ越し作業中に無くならない様に気をつける方が多いとは思いますが、爪切りや耳かき、体温計などは行方不明になりがち。

いざ必要な時に見つからないとストレスが溜まります。

シールやマジックを使い、箱の外に内容物をすべて記入し、新しい部屋に運ぶ際にも其れがわかる向きに箱を置くように対策を取っています。

 

大変な事7

女性
(女性 28歳)

私が引っ越しする際に大変だと感じる事は3つあります。

まず一つ目が、引っ越し先では使用しない家具や電化製品の処分です。

大型の家具や家電を処分するのは費用もかかりますし、処分の仕方もわからなかったので苦労しました。

次に二つ目が、ダンボールに荷物を纏める作業です。

全てを持って行く訳にはいかなかったので、断捨離して必要なものだけを選定するのに3日程時間がかかりました。

3つ目は、引っ越し先で衣類をタンスに収納する作業です。

夏用、冬用、長袖、半袖に分類するのに苦労しました。

 

大変な事8

女性
(女性 32歳)

引越し業者に頼むのも高いし、見積もりとるのにも何箱になるかわかんないダンボールの数や、どんな家具や家電があるかいちいち教えなきゃいけないし、ダンボールも事前に知らせて送って貰っても足りなかったりすればまた頼まなくてはいけないところが嫌です。

ダンボールに梱包するまではいいですが、ダンボールに何が入ってるか書いてても引越し先で空ける時に書いてても、見つからない物があって探さなくてはいけなかったりするので大変だなと思います。

 

大変な事9

女性
(女性 33歳)

小物、本類、食器類などの梱包、箱詰めです。

大きなものを動かすことよりも、小さなものをまとめて、箱に詰めていく作業、そしてまたそこから出して片付けていく作業は大変だと思います。

タンスがそのまま動けばいいのですが、そういうわけにもいかないので服も詰めることになります。

食器に至っては、割れ物なので雑に詰めることはできませんし、丁寧に梱包していく必要があります。

引っ越し後のゴミもたくさんでますし、大変だなといつも感じます。

 

大変な事10

男性
(男性 35歳)

引越しをする際に多変だと感じることは、引越しで去る部屋の掃除です。

費用を抑えたいので、引き払う部屋の掃除は業者に頼まずなるべく自分でやるようにしているのですが、荷造りをしたあと、冷蔵庫の裏など普段動かない大物がある箇所から物がなくなると、長年ほっとかれたしつこい汚れやカビがこびりついていて綺麗にするのに体力と時間を要します。

しかも、大抵そういう場所は手を入れにくい場所であったり、掃除のしにくい形状をした場所であったりするので、苦労が絶えません。

<スポンサーリンク>

大変な事11

女性
(女性 35歳)

まず、荷造りです。

段ボールに荷物を箱詰めするのですが、物の大きさによって段ボールにすんなり入ったりしてくれればよいのですが、少しおおきいものだと、大きい段ボールに入れなければならず、また、大きい段ボールにも用量があるので少ししか入らなかったりします。

荷物の詰め込みで面倒なのは、食器類です。

1枚ごとに新聞紙で包んだりしなければならず手間も時間もかかります。

意外に厄介なのが、布団や毛布です。

かさばるし、重みもあり、圧縮すれば袋も使い手間もかかります。

あとは引っ越し後の荷ほどきです。

引っ越ししたらずぐに生活を始めなければならず、荷ほどきも必要なものから即座に開けなければいけなくて、てんやわんやになります。

 

大変な事12

女性
(女性 35歳)

引っ越しは、荷物をまとめるのが1番大変です。

私はあまり整理が得意な方ではない上に、つい何でも後回しにしてしまう所があるので、引っ越す日までに荷物をまとめる事が億劫になってしまうのです。

あとは、引っ越すと家具家電の置く場所が変わってくるので、必要な物、不必要な物が出てきてしまって、それを整理して考えるのがとても苦手です。

引っ越してしばらくは、どうしたら生活しやすくなるかをばかりを考えてしまい、なかなか生活が落ち着きません。

 

大変な事13

女性
(女性 35歳)

一つは不要なものと必要なものを分別することです。

どこから始めるかで時間がかかるのと、いらないものとすぐに判断できる物もあれば、いるかいらないか悩むものもあるのでスムーズに進みません。

もう一つは箱詰めをすることです。

なるべく種類別、部屋別に梱包してしまおうとすると、後から違う箱にまとめればよかったと思うものが出てきたり、最初はきれいに箱詰めされていたのに形や重さなの様々なのできっちり梱包できなくてやり直したりすることがあり、手早く片付けられたらなと感じます。

 

大変な事14

女性
(女性 37歳)

小さい子供がいるのでどちらかが見ていないといけない事や、引越しまでに置いておくダンボールもいたずらされる危険があるので、食器類などは十分に注意を払わないといけません。

そのため、引越し作業がはかどらない事がまず大変です。

業者はコストがかかるので、少しでも自分たちでできる事はやろうとすると、夫は家で仕事をすることもあるため大きなパソコンや機材の梱包・運び出しもあります。

さらに、ダブルベットの解体やワードローブの移動もあるため、引越しが大変だと感じます。

 

大変な事15

男性
(男性 38歳)

まずは、区役所に転出届を提出し、引越し後2週間以内に新しい住所の管轄の区役所に転入届を出さなければならないとの事。

2週間に手続きしないとペナルティが出るらしく、区役所は土日、基本的に休みなので平日にわざわざ休みを取り、(有給が貰えない時期なので欠勤扱い)郵便局に転送届を出し、届け出を出してから手続き完了までは旧住所に郵便物が届いてしまうので、会社帰りに遠回りして、旧住所に2回程郵便物を取りに行くためだけに足を運びました。

電気・ガス・水道の公共の料金の住所変更。

インターネットの回線プロバイダーにも連絡し、新居で対応しているインターネット回線を使わなければならないため、インターネットも再度セットアップ。

旧住所で使っていた物で処分する物がたくさんあったので、それを処分するのに2万円近くかかりました。

部屋のサイズは当然異なる為、新しいカーテンを買うんですが、配送の都合上、引越し当時まで届かない製品もありましたので、男ではありますが、外から部屋の中が丸見えなのはさすがに嫌でした。

転居の1週間前に通販で購入したのですが、発送まで2週間かかるとは思ってもいませんでした。

BSテレビが映らなかったので、業者に頼んでチューナーを設置してもらいましたが、終日家にいなきゃならない全く出かけらないのが嫌でした。

引越し前の荷造り等も含めて、上記諸々作業含めると落ち着いた生活が出来るまで1カ月以上かかりました。

その間は休みの日もほとんど、引越しの作業を終わらせるのに時間がかかってましたのでゆったり時間がなかったのが、辛かったです。

一人暮らしの人が全部やると大変です。

<スポンサーリンク>

大変な事16

女性
(女性 38歳)

いる物なのかいらない物なのか、よくわからないものをぐちゃぐちゃ梱包したり、開封してどこに置くのかを考えるたりするのが大変だと思います。

家電品とかは置く位置がだいたい決まってて、引っ越し屋さんに置いてもらえますが、こういう細々したがわけわからない物が、大変な作業です。

いつまでも片付けられない段ボールが数箱残っているような気がします。

引っ越しを機に捨てられるのが一番いいですが、それができずに大変なのです。

 

大変な事17

女性
(女性 39歳)

荷物を運んだり片付けたりするのは勿論大変なのですが、電気やガス、新聞の契約の変更や、住民票の書き換え、クレジットカードや銀行などの住所を変更をする書類的なことがすごく面倒くさいです。

重要な所だけでなく、インターネットで登録しているサイトや携帯電話の会社など、思っている以上に次から次へと忘れた頃に登録変更を求められて鬱陶しいです。

それに加えて、子供が就学しているので学校の転校手続きもあると本当に大変です。

新しい引越し先の近所へのご挨拶なんかも気をつかうので苦手なのですが、大事なことなのでせざるを得ず引っ越しは嫌です。

 

大変な事18

女性
(女性 41歳)

引っ越しで大変なのはやはり荷造りですね。

要らないものと要るものに分けるのですが、迷ってしまうものも色々と出てきたりしてとにかく時間がかかります。

それに、一旦荷造りしてしまった後から「あれはどこにしまったんだっけ…」と探すことがたまにあるのでそれも大変ですね(涙)。

あとは段ボールをスーパーから取ってくるのも意外に大変。

最近はあまり貰えなかったりもするし、ちょうどいいサイズがなかったりするんですよね。

 

大変な事19

女性
(女性 42歳)

まず荷造りが大変です。

少なそうに見えても段ボールに詰めるとなかなか減っていきません。

たくさんの数になります。

そしてその後の掃除です。

特にガス回りやダクトファン等、油汚れはなかなかおちなくて大変です。

そして荷造りも小さい子どもがいたら、ゆっくり荷造りなんてしていられません。

後は手続きです。

市役所関係はもちろん、銀行、郵便局、保険、免許等々全部一つ一つ変えるのは本当に大変です。

病院も行きつけていたところをやめて、また探さなくてはいけないし、道も一から覚えなくてはいけません。

軌道にのせるまでが大変です。

 

大変な事20

女性
(女性 49歳)

結婚してから、一度だけ引越しを経験しました。

まず引越し業者の見積もりを何社か取り、手頃な値段のところと交渉しました。

段ボールを無料でいただき、使わないものから荷造りをし、物の多さに我ながら呆れるほどでした。

新しい家の掃除をして、部屋に家具を置くイメージを立て、部屋の寸法を測りレイアウトを考えることが大変でした。

当日玄関から荷物が入らず、窓枠の格子を外して、窓から家具を入れたり、思わぬ事が起きて、引越しは大変だと思いました。