原沢久喜の出身中学校や彼女について!高い身長が魅力?

ここでは、柔道100kg超級の原沢久喜(はらさわひさよし)選手について、彼女の噂や出身中学校、高校についてまとめています。

身長191cmという恵まれた体格を持つ原沢久喜選手。

まずは原沢久喜選手のプロフィールから見ていきましょう。

<スポンサーリンク>

原沢久喜選手のプロフィール

【出身】山口県下関市

【生年月日】1992年7月3日

【所属】JRA

【階級】100kg超級

【身長】191cm

【学歴】早鞆高校 ⇒ 日本大学

 

 

出身中学校、高校について

小学一年生のときに柔道を始めたという原沢久喜選手。

小学生時代は目立った成績を残しておらず、卒業後は地元の「下関市立日新中学校」に進学しました。

また調べてみたところ、中学生時代も目だった成績を残せていないようです。

 

オリンピック日本代表に選ばれるほどの選手には、中学生の時点で全国レベルの成績を残している方が多いですから、そういった面から見ると、原沢久喜選手はめずらしい選手だと言えるでしょう。

 

そして、原沢久喜選手の柔道家としての本当のキャリアは高校生になってから始まりました。

中学校を卒業後、山口県最大規模の学校である「早鞆高等学校」に入学した原沢久喜選手。

高校1年生の前期のころは身長177cmほどで66kg級の選手でしたが、成長期だということもあり、高校3年生になるころには身長が190cmに伸び、100kg超級の選手へと成長しました。

一般の方であれば中学生の時期に身長の伸びはおさまるものですが、高校生3年間で身長が13cmも伸びるなんてすごいですよね。

<スポンサーリンク>

しかし、いくら身長が急に190cmまで伸びても、体格はそうそう大きくなりません。

原沢久喜選手は高校3年生時、身長190cm、体重107kgだったそうですが、柔道100kg超級で戦うには少し厳しい体格だったのではないでしょうか。

それでも高校時代では、「インターハイ」3位、「全日本ジュニア」2位という確かな成績を残しており、原沢久喜選手の将来性に目をつけた「日本大学」に声をかけられ、原沢久喜選手はさらに躍進していくことになりました。

そして「日本大学」入学後の原沢久喜選手の成長は目覚しく、練習漬けの日々の末に柔道100kg超級でも戦える体格を手に入れたことでどんどん実績を積み上げていき、柔道部の主将も務めました。

 

そして大学卒業後に原沢久喜選手は「JRA」に所属し、2015年だけでも以下のような成績を残しています。

 

  • 「ヨーロッパオープンローマ」優勝
  • 「全日本選手権」優勝
  • 「グランドスラムチュメニ」優勝
  • 「グランドスラムパリ」優勝
  • 「グランドスラム東京」優勝

 

凄すぎる・・・。

 

高校生のときに身長が伸びたことで一躍柔道家としての道を歩みだした原沢久喜選手。

そして、そんな原沢久喜選手に目をつけた「日本大学」があったからこそ、今の原沢久喜選手がいるのではないでしょうか。

 

原沢久喜選手の彼女の噂

日本屈指の柔道家としての実力を持っている原沢久喜選手。

彼女の有無は気になりますよね。

 

ということでネット上の情報を調べてみましたが、残念ながら彼女に関する情報は挙がっていませんでした。

原沢久喜選手はツイッターやブログをされていないようで、ネット上から情報を得られません。

しかし、ネット上に情報が挙がっていないというだけで、一般人女性と付き合っている可能性は十分にあるでしょう。

2016年で24歳になる原沢久喜選手。

もしかすると電撃結婚とかもあるかもしれませんね。

原沢久喜選手の今後の活躍に期待です。