一人暮らしの辛い孤独感への対処策8選!

一人暮らし 辛い

何らかの目標や理由のために実家を出て一人暮らしを始めると、急に生活環境が一変したことにより、今まで感じたことのなかった「孤独感」を感じるという方は多いです。

慣れない一人暮らしの「孤独感」に耐えきれず、「辛さ」を感じてしまう方も多いでしょう。

しかし、一人暮らしの孤独感は、あらゆる方法で解消することが可能です。

今回は、そんな一人暮らしの中で感じる孤独感に対する具体的な対処法についてまとめてみました。

一人暮らしの中で孤独による辛さを感じてる方は、ぜひ参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

 

孤独を感じる環境とは

そもそも「孤独」とは、自分1人であるという状況よりも、周りの環境によって生み出される感情です。

何かに熱中しているという方や、趣味がある方、孤独を感じる暇がないほど忙しいという方の多くは、孤独を感じることはありません。

「”何か”によって精神的に満たされている」という状況の方々が、これに当てはまります。

つまり、孤独を感じる環境というのは、暇を持て余し、何もすることがなく、「精神的に満たされない」という環境がよく当てはまるのです。

それでは、孤独を感じないようにするためには、一体どうすればいいのでしょうか。

 

対策1:根本から孤独を感じる環境を創り出さない

家の中で、一人でぼーっとしてしまう時間を作らないようにするために、なるべく外出をするように予定をみっちり入れるよう心がけたり、熱中できることや趣味を見つけたり、家の中でも何か頭を使ってできることを見つけましょう。

そうすることによって、「私、孤独だ。」とふと考えてしまうような環境を創り出さなければいいのです。

また、友達を頻繁に呼んで、お泊まり会などをするのも手っ取り早い解決策です。

 

対策2、孤独を感じたら気分転換しよう

もしも家の中で「孤独」を感じてしまった時には、そのままだらだらとマイナス思考に陥る前に、早急に解消しましょう。

自分の好きな音楽をかけたり、お笑い番組を見たり、楽しい映画を見るなどして、気分がなるべく明るくなるように心がけることによって、孤独感をすぐに忘れられます。

孤独感は長く感じていれば感じるほど、後々に思い出してしまうことも増えてしまうので、直ぐに気分転換することがキーポイントです。

 

根本的に一人が無理なら

いくら予定をいれても、どうしても1日の中で睡眠時間や、入浴時間などの1人にならなければならない時間が生まれてきます。

そういった時間に「孤独感を感じてしまう」という方も多いのではないでしょうか。

そんな時には、「自分は1人ではない」という錯覚に自らを陥りさせましょう。

 

対策3:音楽やテレビを常にかけておく

音楽やテレビ、ラジオなどを常にONにしておくことによって、誰かが家の中にいるような感覚を得ることができます。

つまり、家の中で自身以外の声を聞くことによって、孤独感を減らすということですね。

常に耳から情報が入ってくることによって頭も常に回転しているので、効果的です。

 

<スポンサーリンク>

 

対策4:できる限りSNSを見ない

孤独を感じるポイントとして、

「一人でいるときに、友達が楽しそうに遊んでいるところや充実しているところを見ると、自分だけ取り残されたような感覚がしてしまう」

ということがあります。

ですので、そういったことを前もって回避するために、一人でいるときは出来る限りSNSを見ないというのが得策です。

 

対策5:マインドセット

「孤独」を感じてしまっても、それ以上深く考えず、「自分は孤独ではない。」とマインドを持っていくことが大事です。

「孤独感というのは、結局自分で感じているだけのことであって、孤独ではない。」

と、自分に言い聞かせてマインドセットをすることも大切です。

慣れてくれば、孤独であるというのは自分の勝手な思い込みであるということに気づき始めます。

 

対策6:ペットを飼う

いっそのこと、思い切ってペットを飼うのも一つの手です。

彼らは人間ではありませんので喋りはしませんが、同じ動物なのでとても親近感がわきます。

また、毎日生活を共にしている内に、会話は出来なくてもお互いに意思疎通ができるようになってきます。

そうなると、孤独感をかなり和らげることが期待できるでしょう。

 

自分を励ます

対策7:一人暮らしを始めた時の目標・理由を思い出す

そもそも「孤独感を感じてもう一人暮らしをやめたい」と言っている方たちにも、一人暮らしをしているのにはそれぞれ理由があるはずです。

「上京して夢を叶えるため」、

「親から自立するため」、

「大学進学のため」などなど、

それぞれの方に一人暮らしを始めた理由があり、その先には何かしらの目標があったはずです。

その目標のことを思い出してみてください。

今感じてる孤独感と当時の目標を比べて、どちらの方が大きいかどうか考えてみたときに、もしも目標・理由の方が大切、優先すべきであれば、「孤独を感じて一人暮らしが辛い」と言っていた自分を励ましてあげることが出来るかもしれません。

 

冷静になって考える

対策8:実家に少しの間戻り、冷静に考えてみる

上記のことを全て試しても、「孤独の方が大きい」「辛い」「孤独感は増すばかり…。」という人には、一旦休暇をとって実家に短期間でもいいので帰ってみることをオススメします。

親や地元の友達にも、孤独を感じている状況や思っていることを話してみることによって第三者からのアドバイスを受けることができます。

そして、元いた場所に戻ってみることによって、一人暮らしをする前、どうして一人暮らしを始める経緯になったのか、本来の目標や理由はなんだったのかということを鮮明に思い出し、自分の状況を客観的に見ることができます。

 

まとめ

いかがでしょうか。

もし、一人暮らしが孤独で辛いのであれば、何かしら自分からアクションを起こしましょう。

なにも言わなければ、周りはあなたの感じている孤独感には気づいてくれませんし、本来助けてくれるであろう人も助けてくれません。

自分一人で生活するということだけではなく、感情をもコントロールできるようにならなければ、一人暮らしはできません。

孤独に耐えられないという方は、ぜひ孤独の辛さを感じない程熱中できるものを探してみてください。

<スポンサーリンク>