犬を嫌いな理由や心理20選|音や匂いが主な原因?

ここでは、「犬が嫌い」という方の理由についてまとめています。

犬は昔から人との関わりが深い動物のひとつですが、犬嫌いだという方は一体どんな所に苦手意識を持っているのでしょうか。

今回は、「あなたが犬を嫌いな理由や、犬の苦手な所を具体的に教えて下さい。」というアンケートを実施し、犬嫌いな方々の意見をまとめてみました。

参考にしてみてください。

 

犬嫌いな理由1

女性
(女性21歳)

私が犬を嫌いな理由は、嚙みつくところです。

実家で飼っていた犬に人差し指を噛まれて以来、犬が嫌いになりました。

犬はお家で飼えることから、温厚な性格だと思われがちです。

しかし、人間と違って犬は獣であるが故に、犬の獣の部分がいつ出てくるのかが分からないので、自分が犬に触っているときには噛まれたり襲われたりしてもおかしくないのです。

鋭い犬歯に噛まれたらひとたまりもありません。

いつ獰猛になるかわからないので犬は苦手です。

 

犬嫌いな理由2

女性
(女性22歳)

理由は2つあります。

1つ目は、犬に噛まれたことがあるからです。

当時犬が好きだったわたしは、友人の家に遊びに行くと、いつも犬をいつも撫でていました。

ところがある日、興奮してしまった犬がわたしに飛びつき、手を噛まれてしまいました。

小さな犬でしたが、豹変してしまうことに驚きそれ以来怖くなってしまいました。

2つ目は、わたしの服におしっこをされたからです。

とてもお気に入りの服だったので悲しくなりました。

以上の理由から、わたしは犬が嫌いになり、遠くから見ているだけでいいなと思うようになりました。

 

犬嫌いな理由3

女性
(女性23歳)

他の動物に比べて、誰彼構わずによっていき、ペロペロと舐めたり寄っていくので苦手です。

また、散歩をしている飼い犬ですら、こちらの気も知らないで大きな鳴き声で鳴いたり、誰でも犬がすきだと思っているのが好きません。

大きい犬だと襲い掛かってきそうだし、小さい犬は見えなくて蹴飛ばしてしまいそうな、ただの骨の塊にしか見えません。

全ての行動が本能の思うがままという感じで、頭の悪さが表に出てしまっているところが特に嫌いです。

 

犬嫌いな理由4

女性
(女性24歳)

まだ幼い頃に友達の買っていた小型犬に噛まれてしまったことがあり、それから犬が怖くなりました。

今でもまだ大型犬が吠える声が怖いです。

大型犬に噛まれたら痛そうだなと思うと吠えるだけでも噛まれると思ってしまいます。

それから、近くに吠えて寄ってくる小型犬も苦手です。

よくいく人の家で飼っている犬は触ったりもできるのですが、慣れていない道ですれ違った犬は避けたりしてしまいます。

テレビで見ているのはすごく可愛いのですが、自分が触るとなるとすごく怖いです。

 

犬嫌いな理由5

女性
(女性27歳)

見ていて可愛いとは思いますが、犬を飼っている友人宅へ行くと必ず思うのが臭いです。

飼い主の方は、空気清浄機をつけている方が多いと思いますがやはり飼っていない人からすればかなり臭います。

あと、絨毯やクッションについている犬の毛もとても気になるし、自分の服にもついたりするのがとても嫌です。

放し飼いで飼っているところはもっと嫌で、食事中にテーブルや椅子に登ってきたりくつろいでいる時に飛びかかってきたりと衛生面でも気になります。

 

犬嫌いな理由6

女性
(女性29歳)

幼少期、散歩中の犬に噛まれたことがあり、トラウマになっています。

また友達が飼っていた犬は、とても異臭を放っており近寄り難かったです。

どうしても私の中で犬=不衛生で綺麗ではないというイメージがついてしまっています。

これも環境のせいで、私の周りが綺麗に飼育していたのであればそのようなイメージを持つことなく接することができたのではないかと考えます。

実際テレビなどの映像で見る分には苦手意識はありませんので、徐々に克服していきたいなとは思います。

 

犬嫌いな理由7

女性
(女性30歳)

遠くから見ている分には嫌いではないし、可愛いとも思いますが、自分からは絶対に近づいたりしないし、触りたくないと思うくらいには苦手です。

外で飼われている犬の近くを通るだけで、大声でワンワン吠えられると毎回びっくりするし、散歩中の犬がしっぽをふってこちらにすりよってきたりすると、嫌な気分になります。

たぶん、噛み付かれるのではないかという恐怖感や、この犬は清潔なんだろうかとか色々考えてしまうからだと思います。

 

犬嫌いな理由8

女性
(女性30歳)

幼少期に祖母宅の近所の家にいた大型犬に吠えられて怖い思いをしたからです。

当時の自分より大きいと思うくらいの大型犬でした。

頑丈な柵はありましたが飛びついてきそうな感じで、声も大きく本当に怖かった記憶があります。

それ以来大型犬だけでなく、犬全般に対してトラウマを持つようになってしまいました。

犬を見ると今でも、吠えられるんじゃないか、手を出したら噛まれるんじゃないかという恐怖心が芽生えてしまい、近づくことができません。

 

犬嫌いな理由9

女性
(女性30歳)

小学生の頃に近所の家の門にしがみついて犬を見ていたら突然こっちに走ってきて手を噛まれたので怖くなって嫌いになりました。

大人になってからも近所の人が散歩させている犬がとびついてきたせいで、シフォン素材のスカートが破れてしまいました。

犬を散歩させる人はこっちが犬が嫌いだということも知らずに普通に歩いてくるところもますます嫌いになる理由です。

犬は走って寄ってくるので本当に怖いです。

あと吠える声もびっくりするしうるさいと思います。

 

犬嫌いな理由10

女性
(女性32歳)

犬が嫌いというか、見た目は愛くるしくかわいいなと思いますし、かっこいいなと思うのですが、どうしても噛まれるのではないかという先入観がぬぐえません。

もう寿命で他界したのですが、実家でボーダーコリーという犬種を飼っていました。

実家で飼った初めての犬でしたが、父にしかなつかず、噛み癖のある子だったため二度ほどかまれた経験が私にはあります。

一度目は犬の下にあった学校の靴をとろうして噛まれたこと。

もうひとつは散歩途中で犬の顔に引っ付き虫がついたため、取ってあげようとして噛まれました。

それ以来、どの大きさの犬でも手を出すことが怖くてたまりません。

 

犬嫌いな理由11

女性
(女性33歳)

小学校低学年の頃、下校中に小さな犬に1kmほど追いかけられた経験があり、そこから犬が苦手になりました。

猫はこちらが追いかけると逃げていくことが多いけれど、犬はとびついてくることが多いところも好きではない理由の1つです。

そのため、犬を飼っている友達の家にお邪魔する時は、ゲージに入れてもらうようにお願いしています。

私は人間でも動物でも、相手にグイグイ迫られるのが苦手なので、どちらかというと犬よりも猫のほうが性格に合っているのかもしれません。

 

犬嫌いな理由12

女性
(女性34歳)

元々動物全般が苦手です。

ホームセンターのペットコーナーに近付くのも嫌です。

動物特有の匂いがするから。

なので、極力動物を避けて生きていますが、犬だけは避けれない。

なぜなら、犬を連れて歩いている人が多いから。

犬を連れているからといって、知り合いや友達を避けることは出来ません。

大人ですから挨拶します。

そしたら犬まで近付いてくる!これが本当に嫌です。

嘗めたりされようもんなら、速攻家に帰って洗い流します。

犬を連れてる人は、大抵、世の中は犬好きばかりと思っているので、こちらの気持ち悪さなどお構い無しです。

向かってくる犬を止めてはくれません。

犬嫌いには耐えられません。

 

犬嫌いな理由13

女性
(女性35歳)

私が犬を嫌いな理由は、子どもの頃に大型犬に飛び掛かられたことがあるからです。

私が小学生の頃、公園で遊んでいたとき、公園の近くの家から、大型犬のゴールデンレトリバーが逃げてきました。

大きな犬が公園内に入ってきた時点で、相当怖かったのですが、その犬は私のほうに向かって走ってきて、飛び掛かってきたのです。

決して嚙まれたりしたわけではなく単純にじゃれついてきただけなのですが、自分とあまり変わらない大きさと思われる犬に飛び掛かられたのは相当に怖かったし、その犬が興奮して、私にとびかかりながらおしっこを漏らし、もらしたおしっこが私にかかったのも、すごく嫌な記憶として残っています。

それ以来、犬を見るとその恐怖体験が蘇ってしまい、犬が苦手になってしまいました。

 

犬嫌いな理由14

女性
(女性35歳)

子どもの頃に大きい犬に追いかけられたことが、今でも嫌な思い出だからです。

遊びのつもりで追いかけてきたのだと思いますが、当時は恐怖で走って逃げて、逆効果だったのか余計に追い回されたのがトラウマになりました。

走ってきたり、吠えられたり、じゃれる為抱きついてくるのが苦手です。

おとなしい小型犬は大人になってからやっと、近くにこられても逃げずにできるようになったのですが、中型犬より大きいのが散歩してると大回りで逃げます。

 

犬嫌いな理由15

女性
(女性38歳)

小学校3年生の時、集団下校で班ごとに帰る途中野良犬がいて、人慣れしていた犬だったので私以外の子が触ったりなでたりしていたらついてきてしまいました。

その班の子はどんどん自分の家に帰って行ってしまって一番家が遠い私が最後に犬と残ってしまいました。

もともと犬が苦手だったので慌てて走って帰ろうとしたら、犬がすごい速さで追いかけてきてすごく怖い思いをしました。

その時はたまたま家に父がいたので追い払ってくれて助かりましたが、それ以来犬が大嫌いになりました。

 

犬嫌いな理由16

女性
(女性43歳)

犬のしつこいところが苦手です。

また怒るとご機嫌を伺う様な目つきをするので、こちらが罪悪感でいっぱいになってしまいます。

基本的に寂しがり屋で依存してくる雰囲気、いつもかまってほしそうにしているところなど、家では一人でいたい自分にはうっとうしく感じてしまいます。

散歩を毎日しなければならない、またしなくてもいいけどしないとすごく残念そうにされるなど、飼い主へいつも期待感いっぱいで、こちらが裏切っても信じてくる姿が辛いです。

 

犬嫌いな理由17

女性
(女性45歳)

犬嫌いになった理由は、小学生の頃、近所のおじさんが散歩させている犬が、とても大きくて活発で、鳴き声も大きく、怖かったからです。

実際に噛まれたり、危害を加えられたりしたことはないのですが、大きな声で吠えられると逃げていました。

でも、走って逃げると追いかけて来るから、平気なふりをしてじっと耐えたほうがいいと聞いて、逃げられない恐怖から、ますます犬嫌いになってしまいました。

よだれを垂らしながら、体をなめて来るのも、とても不愉快です。

 

犬嫌いな理由18

男性
(男性46歳)

小学生4年生の頃、近所の犬を撫でようとしましたら、親指を噛まれました。

その後病院で数針縫った思い出があります。

慣れた犬にはいいこいいこと撫でることが出来ますが、街中を歩いていて散歩している犬と遭遇した際にはビクッとなって避けてしまいます。

吠えられると小さな犬であっても怖いと感じてしまっています。

嫌いというよりも怖いというのがあります。

小さい頃の記憶がいうものを引きずっていて恥ずかしいのですが出来れば犬好きになりたいと思っています。

 

犬嫌いな理由19

女性
(女性49歳)

子供の頃、近所の飼い犬がじゃれてきて飛びつかれたことがあります。

大きな犬だったので恐怖を感じてしまい、それ以来犬が嫌いになってしまいました。

犬がじゃれて舐めてきたりされるのも嫌で匂いも苦手です。

毛の長い犬は特に匂いがきついと感じます。

こちらが苦手に思っていることが犬にも伝わるみたいで、よく近所の犬に吠えられます。

目を合わせないようにしていますが吠えられると恐怖を感じてしまいさらに嫌いになってしまいました。

 

犬嫌いな理由20

女性
(女性55歳)

大型犬は率直に怖いです。

鼻をクンクンさせてこちらを向くだけで足がすくみそうになります。

小型犬や中型犬は鳴くのが嫌です。

マンションは小型犬なら飼育可ですが、朝早くから鳴かれるとやはりイライラします。

また、犬を飼っている家に行くと動物臭がするのが気になります。

道の真ん中で同じような犬を連れた人が集まって犬談議に興じているのも気になりますし、犬を「〇〇ちゃん」とか「うちの子」、自分を「ママ」とか呼んでいるのも不自然でなじめません。

もっともこれは犬だけには限りませんが。

散歩が必要なのも自分が飼うなら面倒でできません。

全く可愛いと思えず、犬種によっては見るのも嫌な犬もいます。

なぜわざわざ品種改良してそんな犬を作るのかも理解できません。

飼っている人には申し訳ありませんが、どうしても犬は好きになれないのです。

 

アンケートに答えてくださった方々、ありがとうございました。

★こちらも読まれています

動物を嫌いな理由8選!性格は関係あるの?

 

<スポンサーリンク>