イヤイヤ期の対応についての体験談20選|子育てに疲れないために

イヤイヤ期 対応 子育て

ここでは、イヤイヤ期の子供への対応で気をつけるべきことについてまとめています。

今回は「イヤイヤ期のお子さんに接する際に気をつけていた事を教えてください。」というアンケートを20名に実施してまとめました。

イヤイヤ期の子供への対応について、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

また、子育て体験の有る方々は、どのような事に気をつけていたのでしょうか。

みなさん、とても参考になる意見や体験談を答えてくださいました。

ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

イヤイヤ期の対応で気を付けるべき事まとめ

イヤイヤ期の対応と体験談1

女性
(女性 ?歳)

イヤイヤ期のときは、何をするのもいやがります。

服を着替えるよって言えば「走って逃げる」、

おむつかえるよって言えば、「嫌だと逃げておむつかぶれができる」、

ご飯食べないと言うから食べさせようと思い、口まで持っていくと、「いらないと、ポイってされる」、

これが毎日です。

正直毎回イライラしています。

しかし、こっちもイライラしていてもしかたないので、いつかはこんな時期もなくなると思い、日々戦っています。

気を付けていたことは、あまり怒りすぎないことです。

怒りすぎると、余計にイヤイヤがひどくなります。

一度深呼吸をして、考え直すといいとおもいます。

 

イヤイヤ期の対応と体験談2

女性
(女性 24歳)

イヤイヤする子供の意見を、まずはきちんと聞いてあげるようにしています。

それを聞き入れられる場合とそうではない場合があることを分からせるように、「今は出来ないよ」と教えます。

時間がある時や危険がない時には、必ず本人の意見を聞き入れるようにはしていますが、危険が及ぶ場合には本人の意見は聞き入れず無理にでもやめさせるようにしています。

例えば、道を歩く時に手を離したがる時です。

その場合には、危険が及ぶので絶対に手を離さずにダメなものはダメだと教えます。

しかし、その時にもどうしてダメなのか理由もきちんと教えるようにすると、きちんと聞き入れてくれます。

なぜダメなのか教えないと本人は納得できないし、考えも出来ないのでそれは必要です。

 

イヤイヤ期の対応と体験談3

女性
(女性 24歳)

自分でやりたくなる気持ちが芽生えてくるので、なるべく自分でやらせてあげるようにしていました。

出来たときはたくさん褒めてあげて、できなくて悪戦苦闘しているときは「手伝おうか?」とか「手伝ってもいい?」と声をかけて一緒にできるようにしていました。

「○○をしよう」と誘っても「嫌だ」と言われてしまうことも多かったです。

そんな時は、人形を使って人形が喋っているように見せかけて会話をすると、スムーズに行動してくれて助かりました。

 

イヤイヤ期の対応と体験談4

女性
(女性 27歳)

下の子が生まれて忙しい時期にイヤイヤ期に突入しました。

下の子に手がかかる分、着替えや出かける準備をスムーズに済ませたいのにイヤイヤ連発。

怒ったり注意の口調で話すと逆効果で、さらにイヤイヤモードになるので、優しい口調を意識して話しかけています。

イメージとしては、他人の子がいけないことをした際に注意するような感じです。

すごくストレスを感じますが、今だけだと我慢して頑張っています。

大好きなものを食べたり、たまには預けて一息ついたりして乗り切りましょう。

 

イヤイヤ期の対応と体験談5

女性
(女性 28歳)

イヤイヤ期の「イヤイヤ」は、自我があるのに、意思を上手に伝えることができない葛藤から起こるものだと思います。

そのため、子どもの「イヤイヤ」に対して親もそれを否定するようなことをすると、自ら代替案を提示することができないため、子どもの不満はたまる一方になると思います。

だから、私が心がけたことは、まずは子どもの希望に対して「そうなんだね」と一言受け止めてあげるようにしました。

その後、子どもの希望を叶えられない場合は一言理由をつけ、いくつか代わりを提示し選ばせるようにしたり、お利口にできたら「大きくなったね!」「かっこいいお兄さん・○歳になったね!(お兄ちゃん呼びだと兄弟の中の兄だからという雰囲気が強まると思うので)」と、子どもの成長を認める声かけに努めました。

スポンサーリンク

イヤイヤ期の対応と体験談6

女性
(女性 29歳)

こちらが言うことをすべて拒否し、段々イライラして疲れてくるのですが、子供の「嫌だ」という気持ちを受け止めてあげるという事に気をつけていました。

例えば、服を着たくないとイヤイヤしたときは、「じゃあご飯を食べてから着替えにしようか」や「こっちのお洋服にする?」など、他の条件を出して子供に選ばせたりもしていました。

イヤイヤ期は、長い子育てのほんの少しの間です。

子供はどんどん成長して大きくなっていくので、こんな時期も今だけと思って大きい心で受け止めるのが良いと思います。

 

イヤイヤ期の対応と体験談7

女性
(女性 31歳)

わたしは、今3歳4ヶ月になる男の子のママです。

もうすぐ二人目が生まれますが、イヤイヤ期でかなり大変でした。

まだ、今も2歳の時とは違う意思がはっきりしたイヤイヤ期ですが、2歳の時は、まだ力ずくや誤魔化しがきいても3歳はそうはいきません。

わたしが子供に接する際に、「普段通り〜しよう」と言っても、「嫌だ!」と、何に対しても「嫌だ」をつけてきますので、正直、全てに答えることはできないので、2歳の時は流して気にしないのが良かったです!

3歳の現在はさすがに流すわけにはいかないので、「何に不満を持っているのか」しっかり聞いて、そして話をします。

最近はだいぶ分かってくれているみたいで、「嫌だけど頑張る」と言ってくれるようになりました!

大変な時期ですが、こういう時期なんだと、しっかりと成長しているんだなと感じ、あまりカリカリせずにゆっくり子育てしてほしいです

 

イヤイヤ期の対応と体験談8

女性
(女性 31歳)

まさに、うちは最近までイヤイヤ期でした。

何をするにもイヤ、しまいには泣きじゃくる。

最初の頃は私までイライラして、お互いに嫌な気持ちになっていました。

でも、お互いにイライラしてると悪循環だということに気付き、すべて子供のペースに合わせる事にしました。

時間はかかりますが、その分朝早く起こしたり余裕をもった時間配分をすれば、特に問題なく過ごせました。

ご飯を食べなくてもお腹が空けば食べたくなるし、お菓子ばっかり食べてても、これからの長い人生でお菓子ばっかり食べるのなんてこんな時だけだと諦めて、好きなものを食べさせてました。

イヤイヤ期なんて、気づけばあっという間に終わってしまいます。

イライラもかなりしますが、それ以上にお子さんの可愛いところがたくさんあると思います。

そちらに目を向ければ、イライラよりも愛しさが増します。

 

イヤイヤ期の対応と体験談9

女性
(女性 31歳)

子どもがイヤイヤ言っている時に、急がせたり怒ったりするとかえって悪化してしまうので、時間に余裕をもって行動してました。

話を聞いてくれない状態のときは、落ち着くまで待って、ゆっくり話をしていました。

一方的に話すのではなく、話し合いをする感じで、子どもの言いたいことも聞くようにしていました。

イヤイヤ期っていうけれど、よく考えてみると「自分でできるようになってやってみたい」、「できることを見てほしい」っていう気持ちの表れだと思うので、しっかり受け止めることが大事かなと思います。

 

イヤイヤ期の対応と体験談10

女性
(女性 32歳)

我が子は3歳になってからイヤイヤ期が始まり、真っ只中です。

何をするにもイヤイヤするし、すぐ泣くし、キレるし、本当に大変です。

大人の私でさえ、そんな態度にキレてしまいそうでした。

でも一旦冷静になり、一歩後ろからそんな子供の姿を見ます。

そうすると、可愛くてなんだか笑えてくるのです。

それなので、私の中で気をつけていることは、一旦冷静になることです。

それでも限界がきそうになったら、親や夫に1~2時間子供を見てもらい、一人で過ごす時間をもうけることがオススメです。

スポンサーリンク

イヤイヤ期の対応と体験談11

女性
(女性 34歳)

子どものイヤイヤ期は、子どもが必ず通る成長のひとつです。

「イヤイヤ」と子どもが言い始めたら、「おっ、大きくなったね!」と成長の喜びを感じましょう。

感情的にならないことで、心のゆとりが生まれます。

普段より、子どもは「イヤイヤ」言うもの、大人の思い通りにはそう簡単にはいかないものと思っていると、幾分も苛立たないことでしょう。

子ども一人ひとり気持ちや考え、思いがあります。

その思いを尊重して、思う存分に自己主張してもらいましょう。

 

イヤイヤ期の対応と体験談12

女性
(女性 34歳)

とにかく、なんでもかんでも怒らないことです。

夫が仕事で、まわりには助けを借りれるような相手がいないお母さんたちはたくさんいると思います。

そんな時に、子どもがイヤイヤばかりしていたら精神的にも辛くて、こっちが泣きたくなりますよね。

でも、その不安な気持ちは子どもにも伝わって、余計にイヤイヤが強まってしまうと思います。

小さな子どもにとって、お母さんやお父さんの存在は「世界そのもの」だと思うので、大きな心で包んであげてください。

子どもの笑った顔は何よりの癒しになるはずだから。

 

イヤイヤ期の対応と体験談13

女性
(女性 35歳)

保育園に通っていたので、先生に相談しながらイヤイヤ期を乗り越えれました

時間がないときや自分に余裕ないときは、ついつい怒ってしまうこともありましたが、成長過程なんだと思って接していました。

なんでもイヤイヤですが、「じゃあどうしたいの?」、「ここまではお母さんが手伝うから少し自分でやってみない?」など少し子供に考えてさせ、意見や気持ちを聞いてあげたり「お母さん困ってるからお願いしてもいい?」と正直に話してみたりしていくうちに、イヤイヤの気持ちが落ち着き、切り替えができるようになっていくと思います。

 

イヤイヤ期の対応と体験談14

女性
(女性 38歳)

イヤイヤ期の子どもは、本当に何を言っても、何をしても「イヤイヤ」と言うのが仕事なんだと諦めて、「イヤイヤ」と言い始めたら、(今日は、何分くらい続くかな?)という程度の気持ちで、あまり気にしないようにして、子どもが好きな歌を歌って、あえて楽しそうな表情でいるようにしていました。

イヤイヤ期の子どもと正面から向き合いすぎると自分が疲れてしまうので、常に鼻歌を歌っているくらいの気持ちで、ゆったりと過ごすほうが子どものためにも良いです。

 

イヤイヤ期の対応と体験談15

女性
(女性 39歳)

イヤイヤ期、あまり気にしすぎないようにしました。

『イヤイヤ言うことは普通。自我が出てきてすごいなぁ、偉いなぁ、楽しみだなぁ』というように、あくまでプラス思考へ変換。

イヤイヤしすぎて泣いたりしても、ある程度好きにさせ、少し落ち着いてから静かに話すように心がけました。

と言っても、自分の精神的にも余裕がないときや、周りが人混みの時は、つい感情的になることもありました。

でも、いつかは終わる!

絶対に話も通じるようになるし、お話が上手になればきっと大丈夫と頑張りました!

今は6歳になり、かなり自分の思いを言葉にしてくれて助かっています!

スポンサーリンク

イヤイヤ期の対応と体験談16

女性
(女性 40歳)

イヤイヤ期は、子どもが自分のやりたい事や思いを主張し始める時期なので、頭からそのイヤイヤを否定したり無視したりしないようにしていました。

どんな時に、何がしたくて、何が嫌で主張しているのか、子どもの思いを一旦は受け止めるようにしました。

もちろん、子どもが言葉で伝えることは難しいので、前後の状況や文脈を読み取りながらということは子育てにおいても、いつも必要と思います。

その上で、良いこと悪いことについてはきちんと線引きしながら、時には厳しく教えています。

イヤイヤ期は、子どもが自分でやってみたいと思うことを、親はどれだけ辛抱して待て見届けられるかの時期だと思います。

子どもが自分でできることを増やしてやる、子どもの自立を促すためにも、親は辛抱して待つ作業をすることが、遠回りなようで1番の近道であるように感じています。

 

イヤイヤ期の対応と体験談17

女性
(女性 42歳)

子供のイヤイヤ期はどうすることもできない時期なので、とにかく自分が感情的に怒鳴ったり怒ったりすることはしないようには気を付けていました。

人間なので、いくらかわいい我が子と言えど、毎日イヤイヤ言われ続けたらいくら親でも精神的には辛いので、あまりにイヤイヤ言われ続ける時は、少し子供と距離をおくために家の中でも子供と離れるようにして、違うことを考えたり好きなものを食べると、イライラした気持ちが治まり、怒ったり怒鳴ったりしなくても子供と接することができると思います。

とても大変な時期ですが、本当に少しの時期のことなので、あまり考えこまないようにすることも大切です。

 

イヤイヤ期の対応と体験談18

男性
(男性 44歳)

2~3歳頃はとてもかわいくて、とても大事な時期だと思います。

何をするにも嫌々言って、いつも一緒にいるとムカつくかもしれませんが、4歳ころになると全く嫌々言わなくなるので、嫌々言っている時はあまり無理にやらせるのではなく、やりたいことを思いっきりやらせてあげて、のびのび育ててあげるのが一番良いと思います。

無理にやらせると嫌々やるので、何もかも中途半端になって親も余計に腹も立ちますし、いいことはないと思います。

 

イヤイヤ期の対応と体験談19

女性
(女性 45歳)

イヤイヤ期は成長過程の1つなので、甘やかしてはいけないとかあまり考えずに、受け入れてあげてほしいと思います。

イヤイヤはいつの間にかおさまっていることが多いです。

家の娘の場合、他の子に比べて言葉が遅めだったので、意思の疎通ができなくてイヤイヤしていることもありましたが、おしゃべりが上手くなってくるとコミュニケーションが取れるようになり、少しずつおさまってきました。

例えば、「もう少し待ってくれれば、お菓子食べていいよ」とか、「これを我慢出来たら抱っこするよ」など、『少し待てばいいんだ』というのが分かるようになると、じゃあ待つというような感じでした。

また、どうしてもでなければママさんは無理しなくてもいいと思います。

娘は着替えや歯磨きが嫌だと言って、出かけるのにとても時間がかかり、かなりイライラしました。

でも、どうしても着替えないといけないわけでもないし、1度くらい歯磨きをしなくてもすぐに虫歯になるわけでもない、だからしない時はそのままでもいいのかも。

お出かけもどうしてもでなければ、家でパジャマのままのんびりもいいと思います。

あとは、ママさんのストレスの発散方法を見つけて、時間を見つけてストレス発散をして乗り切り、イヤイヤが終わる時期が来るとおさまってきます。

私はストレス発散のひとつとして、ママ友とたくさんおしゃべりして大きな声で笑っていました

それだけでも、スっとして楽になり頑張ろうと思いました。

 

イヤイヤ期の対応と体験談20

男性
(男性 48歳)

ついイラっとしてしまうこともありますが、基本的にはまず肯定してあげることが大切だと思います。

例えば「〇〇が食べたい」というから作ってあげれても、「イヤだ」ということなどよくあると思います。

そんな時でも、「そうだね」とまずは肯定してあげることを心がけていました。

泣き出すこともあると思いますが、抱っこして「そうだね」と慰めてあげると、しばらくすると素直になることも多いです。

そこでこちらの思いをぶつけてしまうと、よりイヤイヤが増幅するので、肯定してあげたほうが楽だと思います。

 

★こちらも読まれています

ママ友はいらない!という子育て経験者20名のアドバイス

年の差婚は後悔するって本当?経験者15名にリアルな実情を聞いてみた

図々しいママ友のエピソードや経験談15選!撃退するには?

同窓会に行きたくない理由や心理とは?20名の意見まとめ

スポンサーリンク
関連コンテンツ



子育て
ギガヤク