会社がつまらない?通勤のモチベーションを保つ心構え15選!

「会社がつまらない」「会社に行く気になれない」などなど、通勤のモチベーションを失ってしまった経験はありませんか?

「仕事内容のつまらなさ」を原因とする通勤のモチベーション低下は、なかなか容易に解決することができません。

世の多くのサラリーマンの方々は、一体どのようにして通勤のモチベーションを保っておられるのでしょうか。

今回は「どのように通勤のモチベーションを保っていますか?またオススメの心構えがあれば教えて下さい。」というアンケートを15名の方に実施してまとめてみました。

会社がつまらない、会社に行く気になれないと悩んでいる方は参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

心構え1

男性
(男性 20歳)

継続的にお金をもらえることです。

一人暮らしをしているので、毎月安定的に収入が得られないとなると不安なので必要になります。

モチベーションは、休みになる週末に近場でショッピングしたりちょっとした計画を立ててプチ旅行に行くのが趣味なので「今日の仕事終わったらプチ旅行行ける!」などと考えて日々仕事をしています。

通勤時やスキマ時間に「次は何処へ行こうか?何をしに行こうか?」と考えているのもとても楽しいです。

 

心構え2

女性
(女性 27歳)

テンションが上がるような音楽や好きなアーティストの音楽を聴きながら、たまに歌いながら通勤の時は食べ物などはケチらずに、好きなコーヒーやお菓子を食べながら通勤の時間が楽しくなるようにしています。

また、モチベーションを下げてしまわないように楽しいことを考えるようにしています。

「会社がつまらない」とか「行きたくない」とかは決して思わないようにして、仕事は嫌だけど休日に楽しみにできるような用事をなるべく入れるようにしています。

 

心構え3

男性
(男性 29歳)

とにかく妥協することだと思います。

つまらないと思ってしまったらなにもやる気も出ず、会社なんて行きたくないと思います。

そこでつまらない仕事でも「もう適当でいいや」と思うマインドがあればだんだん仕事が億劫にならなくなります。

会社はどれだけミスしても怒られても、最低限の給料がもらえます。

派遣やアルバイトでなければクビになることも少ないのではないでしょうか。

であれば、怒られてもいつかは上司も暇ではないので終わりますし、適当にやっていて何だこいつと思われれば、仕事も対してふってこないはずです。

そうするとだんだんそんな自分が嫌になっていきます。

このままでいいのかなと。

そうなれば転職なり、同じ職場で奮起してみるなどなにかしらやる気が出てきます。

一旦妥協してみましょう

 

心構え4

女性
(女性 29歳)

冷静に考えると痛々しいのですが、自分をオフィスの華と思いこむようにしています。

現実はどうであれ強く思い込むことによって、自分にとても価値があるように思えますし、

「出勤したら今日もみんなが喜んでくれる、私がいないとみんな元気が出ないもんなぁ。仕方ない、行ってやるか」

という風にちょっとだけ気分良く通勤することができます。

給料を割り算して日給で考えるのも効果があります。

「今日行ったら〇〇円もらえる・・・」という風に考えると、お金欲しさでやる気が出ます。

 

心構え5

女性
(女性 31歳)

通勤が車通勤なので、通勤中に車の中で自分の好きな音楽をかけて、それを歌いながら通勤することでモチベーションを保っています。

自分の好きな曲が聴けることと、思いっきり歌えることでストレス発散にもなります。

また通勤中は、「会社が終わったら、これをしよう」と家に帰ってからやりたいこを決めて、会社が終わったあとの楽しみを見つけることで、早く仕事を終わらせようという意欲も湧いてきます。

仕事のことを考えずに、ほかの楽しみを考えるのが良い心構えだと思います。

<スポンサーリンク>

心構え6

女性
(女性 32歳)

会社がつまらないと感じている自分がつまらないのだ、と思うようにしています。

また会社に良くないところがあれば、自分から何か提案をしたり環境を良くしようと意識することにも努めています。

つまらないと感じるのは、自分が日々の当たり前である物事に慣れてしまい、感謝の心が足りていないからだと思い、仕事があるだけで有難い、働ける体があるだけで感謝しなくちゃいけないんだと思ったら、会社がつまらないなんてあまり思わなくなりました。

 

心構え7

女性
(女性 32歳)

仕事が終わってからや休日に楽しみな用事を作ります。

帰ってから趣味を楽しむでもいいし、好きな音楽を聴くでもいいし、スイーツを買って帰って食べるでもいいし、何でもいいので楽しみを見つけます。

その楽しみの為に頑張ろうと自分に言い聞かせてます。

後は友達と「仕事嫌だね〜」とか愚痴を言いつつ、お互いに頑張ろうねと励まし合ったりもします。

自分の中だけで閉じ込めて思い詰めるより、声に出したり、文字にするとスッキリすることもあります。

 

心構え8

男性
(男性 33歳)

私は通勤中には会社に行くのが嫌になってしまう時がありますが、こういった時に関しましては休日中の自分の楽しかった事や、今後の自分の休日中の予定について考えていたりもします。

このようにする事によって、モチベーションも上がってきますし、仕事に関しましても嫌な事があったとしてもその楽しみに向けてモチベーションを保つことが出来ているのです。

時には家族の幸せについて考えたりもして、モチベーションを保ったりもしています。

 

心構え9

男性
(男性 35歳)

仕事自体が面白くなく、モチベーションが上がりません。

月曜日から金曜日まで、とにかく無心で働いています。

なんとかモチベーションを保つために、毎日、週末に何をするかを想像し、それを実現させる為に仕事を頑張ります。

長期休暇には海外旅行を企画して、ひとり旅しています。

一回の旅行で10万円以上使うので、働いてお金を稼ぐしかありません。

とにかく私は会社の外に生きがいを見つけて楽しんでいます。

そうするとやる気が出てきます。

 

心構え10

女性
(女性 37歳)

私は朝は必ずモチベーションが下がるので、仕事の段取りを考えます。

1日のスケジュールを立てる事で、スムーズに仕事が終わるようにしています。

そうすると、難しいと考えていた案件も違う観点から簡単にこなすことができたりします。

朝は仕事の段取りをすることが一番効率的になり、前向きになれます。

また、終わってから夕御飯に何を食べようかや、デザートを何にしようかと考えたり、楽しみのテレビ番組の事でモチベーションを上げるようにしています。

<スポンサーリンク>

心構え11

女性
(女性 40歳)

私は働いている会社での毎日が本当につまらないと感じていました。

ただ辞めたいけど金銭的な問題で、それもなかなか難しく毎日嫌々通っていました。

そこで私は、会社が終わったあとの予定を毎日のように立てて、通勤のモチベーションを保っていました。

その時は、英会話とスポーツジムに通っていたので、会社帰りに必ず行くようにしていました。

またたまには飲みに行ったり、女子会を開いたりなどして、会社終わりのプライベートを充実させるようにしていました。

 

心構え12

男性
(男性 48歳)

私の通勤に対するモチベーションは、自分に対するご褒美をモチベーションにしています。

私は現在営業職をしているのですが、毎日会社に通勤することが嫌でたまりません。

会社での人間関係もできれば避けたいものです。

しかし、生きていくためには嫌な仕事でもしなければなりません。

自分のモチベーションの保ち方は人によって違うと思いますが、私は毎日仕事をしたご褒美として美味しい食べ物を食べています。

特に焼肉が大好きで。

焼肉を食べると明日の仕事へのモチベーションが上がります。

 

心構え13

男性
(男性 48歳)

食品の製造管理を行う会社に勤めていますが、年々製造業の発注の依頼がめっきり減って来たので、長年仕事に携わってきた私に取っては会社や仕事の質に対する向上が薄れて来てる気が此処最近思う様になって来ています。

そんな中で、何とか仕事へのモチベーションを上げる意味でも有るのが、給料の配当がある事かと今ではそれだけがモチベーションアップに繋がる唯一の楽しみでも有ります。

又、それ以外でストレス発散方としては、月に一度の外食で贅沢出来るのが楽しみになっています。

 

心構え14

女性
(女性 48歳)

1日1日、毎日を同じように繰り返すと、1日が過ぎていきます。

嫌なことがあっても、その時、嫌なことを少し我慢すれば、月日がたてば、そんなことさえもどうだってよいことのように思える時がきます。

今は辛くても、ほんの一時、やり過ごせば、きっとたわいのないことになるはずだと、その時を乗り過ごしましょう。

ただただ、毎日を、同じように繰り返して、仕事をこなしていけば、お金も頂けて、こんな幸せなことはないです。

毎日毎日を、ただやりこなしましょう

 

心構え15

男性
(男性 52歳)

長い会社組織での生活、つまらないときもあれば意欲的に取り組めるときもあります。

まずは、自分ひとりでは大きな会社組織をどうしようもない、ということを悟りましょう。

転職先でも最初は意欲的に取り組めるかもしれませんが、つまらないときが出てくるはずです、今と同じです。

つまらないときでもモチベーションをしっかり保つには、どんな状況でも一生懸命に力をだすことです。

悔いがないようにしっかり仕事をしていけば、つまらないなんて思えなくなるはずです。

また、仕事ぶりを上司や他部門が見てくれて自分に合った仕事にありつけるかもしれません。

とにかく、「仕事とはこういうもんだ」と割り切りながらもBESTを尽くす、その心構えが必要です。

 

★こちらも読まれています

有給が使えない会社は退職するべき?考えるべき5つの事

残業をしないで帰る方法とは?会社員20人に残業を減らすためにしている事を聞いてみた

仕事がだるい!やる気が出ない!という時の対処法4選

仕事の失敗談20選まとめ!新人に失敗はつきもの?

<スポンサーリンク>