海水浴はいつまで出来る?遊泳期間が終了する時期まとめ

海水浴はいつまで

ここでは、「海水浴はいつまで出来るの?」という疑問に答えるため、海水浴シーズンの終了時期についてまとめています。

全国共通で「海水浴は○月○日まで」と決まっているわけではないですが、海水浴シーズンが終了するタイミングについてはある程度の傾向があります。

また、海水浴を最大限楽しむためには、クラゲの発生や天気が荒れやすい時期についても注目する必要があります。

海水浴シーズンを最大限楽しむために、知っておかなくてはならない情報満載ですので参考にしてみてください!

<スポンサーリンク>

 

1.海水浴シーズン終了の目安

海水浴シーズン終了の目安

●東日本:8月下旬まで

●西日本:8月末まで

海水浴のできる時期は地域によって異なり、エリアによって少しずつ違いがあることが一般的です。

西日本の地域においては、多くの海水浴場が8月31日までを海水浴のできる期間としていることが多く、夏休み期間いっぱいは海でのレジャーを楽しむことができます。

また、東日本や東北地方などでは、8月末まで海開きが行われる海水浴場は比較的少ないとされており、8月20日~25日頃に海水浴の時期が終了するところが多いとされています。

さらに東日本の早いところでは、お盆の時期が過ぎると海水浴が終了する海もあり、場所によってまちまちであるという点が特徴として挙げられるでしょう。

大まかな目安としては、西日本は8月いっぱい、東日本では8月下旬までをひとつの区切りとして、海水浴の期間を把握することが望ましいです。

 

2.遊泳期間終了のタイミング

海水浴場で遊泳期間が終了するタイミングは、監視員の配置が終了するタイミングと同じになることが多いとされています。

監視員の常在する期間が終了すると同時に、その海の海水浴シーズンが終了すると言ってよいでしょう。

監視員が常に海水浴場を見張っていることで、突発的な事故の際などには迅速に対処してもらうことができます。

また、人が溺れたり、クラゲに刺されたりしたという場合も、すぐに監視員を通じて助けを求められる環境が作られています。

しかし、監視員がチェックをしなくなった遊泳期間終了後でも、立ち入り禁止にされていない状態の海も多いです。

そのため、シーズンが過ぎても海で泳げると考える人も多いかもしれませんが、突然の事故への対処が難しくなり、取り返しのつかないことになる可能性も想定されます。

監視員がいる時期に海水浴を楽しむことは、自身の身を守ることにもつながります。

必ず、監視員がいる時期に海水浴を楽しみましょう。

 

3.クラゲの発生に注意

海水浴シーズンについては、クラゲが成長する時期にも重なりますので注意が必要です。

8月の後半に差し掛かると、多くの海でクラゲが成長する時期に入ってきます。

早いところでは、お盆頃からクラゲの成長が急速に進む環境になっているため、遊泳する際には危険が伴う可能性が高くなります。

どの地域でもクラゲがよく発生するものとして知られていますが、特に日本海地域ではクラゲが多く発生し、大きく成長して人に危害を加えてしまうこともあるとされています。

秋に近付くこの時期は、まだ暑いと感じる気候であるかもしれませんが、クラゲが大きく育つため海で遊ぶことが危険になっていくと考えられています。

海水浴場が8月の後半で終了することの多い背景には、クラゲの生育との関わりが密接にあると言えるでしょう。

また、クラゲは繁殖期以外で、海には少なからず生息しています。

そのため、常にクラゲ対策をしてから遊泳するよう心がけましょう

 

<スポンサーリンク>

 

4.天気が悪くなりやすいのは8月後半

8月の後半は、天候不順になる傾向が毎年強いとされています。

この特徴も、海水浴場がお盆明けから順次終了していくことに絡んでいるとみられています。

台風による悪天候や、ゲリラ雷雨などによる集中豪雨が多発する時期になっており、海水浴が危険になるタイミングとして認識されています。

こうした天候不順の可能性が高くなる時期が、8月の後半から終わりにかけて訪れることを考慮し、8月の20日頃で海水浴場の運営を修了するところも散見されています。

当然、お盆前であっても突然の荒天などに見舞われることがあるため、海水浴に出掛けて大雨に見舞われた場合などは、遊泳をすぐに中止するなどの判断をすることが求められています。

特にここ数年は、天気予報にない雨や雷の発生が注目されており、海に出掛ける際には注意するべき点として挙げられています。

落雷による事故は特に危険であるため、各自の適切な判断で遊泳を中止することなども求められるでしょう。

 

まとめ

海開きは7月の頭の海水浴場が多いため、海のシーズンは7月、8月の約2か月であることが多いとされています。

丸々2か月海を楽しめるところもありますが、8月の後半は遊泳期間が終了するところもあることから、1月半だけ海開きを行うところも複数存在します。

西日本の一部の海水浴場では、6月下旬から先行して海開きを行っているところもあるため、そのような場所でより長く海を楽しむことができるのではないでしょうか。

海によってレジャーを楽しめる時期は少しずつ変動していきますが、8月の前半までは確実に海水浴や遊泳を楽しむことが可能となります。

クラゲの成長や天候不順の時期が重なってしまうため、お盆明けから海での遊泳ができなくなるところも増えていきますが、その前の時期は最大限に海が楽しめるでしょう。

事故や怪我のないように安全に配慮し、海水浴を最大限楽しみましょう。

 

★こちらも読まれています

旅行を嫌いになる理由10選!疲れるから行きたくない?

有給が使えない会社は退職するべき?考えるべき事まとめ

チキンクリスプの値段が安い理由とは

<スポンサーリンク>