関西弁を嫌いになる理由とは?15名の意見まとめ

関西弁を嫌いになる理由

ここでは、関西弁を嫌いな理由や意見についてまとめています。

今回は「あなたが関西弁を嫌いな理由について、具体的に教えて下さい。」 というアンケートを15名に実施してまとめました。

方便は聞く方によって印象やイメージが大きく変わってしまうものですが、関西弁は特にクセが強く、なんとなく「強い口調が怒られているようで怖い」と感じる方々が多いようです。

参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

関西弁嫌いな方々の意見まとめ

理由と意見1

男性
(男性 20歳)

単純に関西弁が荒っぽいような言い方・口調が苦手です。

関西すべてそうではないにしろ、私は幼少期から家庭で父が酔っ払って声を荒げているさまを見てきました。

その影響で荒っぽい口調や怒鳴り声に対し「怖い」という固定概念が拭えず、ちょっと声の大きい人でも怖い人、という認識をしてしまうほどです。

関西人が何したんだ、と言われるかもしれませんがその状況がフラッシュバックされてしまうのでトラウマを思い出すようで苦手・嫌いになっています。

 

理由と意見2

女性
(女性 21歳)

私が関西弁を嫌いな理由は、私の中で関西弁=芸人さんというイメージがあり、真面目な場面で関西弁で話しているのを聞くとふざけているように感じるからです。

本人は真面目に話しているつもりかも知れませんが、私は芸人さんのように面白おかしくはなしているのかなと思ってしまいます。

そういう場では標準語で正しく話してほしいと思います。

また、少し上から目線で話されているような気分になります。

それは、関西の方が物事をはっきりびしっと言うからそう感じるのかなと思います。

 

理由と意見3

女性
(女性 24歳)

関西弁は本人は荒くしゃべっているつもりはなくても、荒っぽく聞こえるし怒られていないのに怒られている感じで嫌な気分になるから嫌いです。

また早口なので、何を言っているかよくわからないし、馴れ馴れしく聞こえてしまいます。

大阪に行ったときに関西弁を聞いていたら、何語を話しているのか分かりませんでした。

それくらい早口に聞こえます。

お笑い芸人のネタとかは関西弁でも構わないですが、トーク時に関西弁を話しながら、ツッコミをすると荒々しく見えます。

女の人の芸人さんが関西弁だと下品な感じがあってあまり好きではないです。

 

理由と意見4

女性
(女性 29歳)

方言の使用は時に親近感や会話を広げるキッカケになりますが、TPOに関係なく関西弁で会話をしようとする人が多いのが嫌いな点です。

聴き慣れていないと聴き取りづらいし、意味が分からないことがある。

また、目上の方がいる際にはムッとされる方も多くいます。

また、会話だけでなくメールなどの文章においてもTPOに関係なく関西弁を使用する方が多いのが嫌です。

一方的な馴れ馴れしさを感じさせるし、返事をする際にこちらはどういった口調で返すべきか悩みます。

 

理由と意見5

男性
(男性 29歳)

関西弁が嫌いな理由として1番に思うことは、感情の入れ方が極端に感じることです。

大きな声で関西弁を話す人の声はまるで野次や煽りをしているように聞こえることがあります、おそらく話している本人達にはそれが日常的なもので普通のことなのだと思いますが、そういった話し方に慣れていない人には身構えてしまう迫力があります。

また、どこまで本気で話しているのかわからない時もあり、ふざけているのか、ツッコミが欲しいのか判断に困ってしまうのも関西弁がいまいち好きになれない理由かもしれません。

<スポンサーリンク>

理由と意見6

女性
(女性 32歳)

私は関西出身ですが、標準語に憧れていて関西弁が嫌いです。

なぜかというと、やはり関西弁はまずイメージが悪いです。

キツく聞こえたり、ガサツな感じがするイメージが強く根付いていると思います。

あとはロマンチックなシーンとかで「愛してるよ」という言葉が関西弁だとかっこよく決まらないからです。

「愛してるで」ってなんかすごくダサく聞こえます。

なんというか全体的にアホっぽく聞こえてしまう気がするので私は関西弁が嫌いです。

 

理由と意見7

女性
(女性 33歳)

関西弁は、人を傷つけるような言葉も簡単に軽く使っているイメージがあります。

言葉遣いに品がなく、また遠慮なくズケズケとものを言ってくる関西人の関西弁は、聞き慣れない地域に住んでいる人々にとっては、勘違いしやすく、気分を悪くしかねない、失礼な言葉や話し方がたくさんあると思います。

関西弁を使っている人は深い意味もなくサラッと口走る関西弁でも、書き手にとっては時として傷つく言葉になりかねないです。

また、関西弁は馴れ馴れしいイメージがあります。

 

理由と意見8

女性
(女性 33歳)

私自身関西在住ですが関西弁が嫌いな時があります。

自分では優しく言っているつもりなんですが関西弁は他府県の人が聞くと怒っているように聞こえるみたいで、いつも機嫌をとられます。

怒ってないよと説明するのも段々イヤになってきました。

そういうつもりで話ているわけじゃないんですがそう思われてしまうこと。

声が大きいと尚更怒鳴っているように聞こえてしまうみたいです。

関西弁を冗談ぽく話しても冗談として聞いてもらえない時などは関西弁じゃなかったら良かったのにと思ってしまいます。

 

理由と意見9

女性
(女性 38歳)

お笑いが好きです。

漫才やコントなど同じような内容でも関西弁であることが笑いをよりそそっているように感じます。

ツッコミも関西弁であることで 標準語の時より面白く感じますが、それはあくまでもテレビなどで見る面白さで、実際に普通に暮らしている上で、関西弁の人話した時に感じました。

あー。

なんか嫌だなって。

決して、その人が嫌だったわけではないのですが、京都の方だったのですが 行ってるからを言ってはるからとか 言い回しが慣れないせいかとてもきつく感じました。

 

理由と意見10

女性
(女性 42歳)

私は東北地方の田舎で生まれ、関西弁はテレビ以外で周りに話している人はほぼいない環境で育ちました。

そのせいか、語調が強くて言い捨てるような怖い感じがします。

話している人には申し訳ないのですが、汚い言葉に聞こえてどうしても怒っている怒られているように感じてしまい、好きになれません。

テレビでも漫才や芸人さんの方が話しているのを聞くことが多く、たたみかけるようなイメージがあり、おっとりした田舎者の私にはせかされているようで聞いていて疲れます。

<スポンサーリンク>

理由と意見11

男性
(男性 42歳)

ずっと関東にしか住んだことがないので偏見もありますが、関西弁で話されると何語で話せばいいのかわからなく、口調がきつく感じるのでどちらかというと嫌いです。

関西のテレビでは関西弁が当たり前でしょうが、関東のテレビで関西弁を話されると違和感しかなく、早口で聞き取りにくい、口調がきついので聞いていてもいい気持ちがせず、そんなに関西弁で話したいなら関西人とのみ話してほしいと思ってしまっているので、好きではないというよりも嫌いです。

 

理由と意見12

男性
(男性 44歳)

私が以前働いていた会社が、本社が関西にあり、電話でのやり取りや上司との会議の時に思いっきり関西弁で、普通にしゃべっているだけなのに何か怒られてるように聞こえて少し怖い感じがしていました。

あと本当にミスをして怒られるときは、いつもの2倍くらいの早い口調で話されて、その言葉が全然頭の中に入ってこず、いつもの2倍くらい怒られている感じがしてとても嫌だった思い出があります。

それ以来、関西弁でしゃべられると一歩引いてしまう自分がいます。

 

理由と意見13

女性
(女性 46歳)

それほど親しくもない間柄なのに、「ちゃう、でっ!」と語尾を強めに否定をされたり、話の途中でも間髪入れずに「ちゃう、ちゃう!」と否定されたりすると、相手はごく軽い気持ちであったり、それが普段からの習慣であったとしても、こちらはものすごく傷つくので関西弁が苦手です。

全ての関西の人が、会話の途中でそのようにしたり、話に割り込んで来たりする人ばかりではない。

と解ってはいるのですが、どうもそう言う人に遭遇してしまうことが多いので、そうした「ちゃう!」が出ると、更にズカズカ入って来られるような気がして、すっとシャッターを閉めたくなります。

 

理由と意見14

女性
(女性 48歳)

方言自体が苦手なのです。

自分のペースに巻きこもうとして、協調する姿勢が見られない人がほとんどのような気がします。

なかでも関西弁を喋る人は、お笑いなどで市民権を得ているかのように使い、真面目に話していることも煙に巻かれそうな気がします。

関西に本社を置き、上司のほとんどが関西人という会社で働いたときには、喧嘩腰で話す人がいて(河内弁?)で話す人もいて怖かったです。

ミーティングのときくらいは、標準語で話してほしかったです。

 

理由と意見15

女性
(女性 52歳)

関西弁は嫌いと言うより苦手です。

京都弁は上品に聞こえて好きなのですが、どうしても関西弁はうるさく聞こえてしまいます。

抑揚があり過ぎるのか、声が大きい人も多いように思います。

加えて漫才も関西弁の漫才は見ません。

関西弁でまくしたてられると、面白いと言うよりうるさい印象しか残りません。

関西弁の印象が悪いのは、テレビでよく関西弁でづけづけ物を言う場面をよく見ているからかもしれません。

一般人の方も漫才やって喋っているようです。