結婚を諦めた時の年齢と理由は?独身15人に聞いてみた

結婚 諦めた

今回は、「結婚を諦めた年齢と理由」をテーマに、

「結婚を諦めたきっかけや理由について教えてください。」

というアンケートを募集し、男女問わず15人の方に答えていただきました。

結婚を人生でもっとも重要だと考える方がおられる一方で、結婚をあまり意識していないという方々もおられます。

そんな方々は、一体どのような理由で結婚を諦められたのでしょうか。

今回は、それぞれの理由を6つに分類してまとめてみましたので、参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

 

1.結婚する必要性を感じない

1-1.【女性20歳】子供を産むメリットとは

◆結婚を諦めた年齢:19歳

このご時世、「男性が稼ぐ」という考えは古くなりました。

女性であっても、一生自分を食べさせていけるだけの給与が得られるようになりました。

だから、結婚する必要性を感じません

結婚、というものに経済的なメリットだけしかないと思っているわけではありません。

けれど、子供を育てるのにも莫大な養育費がかかります。

そうまでして子供を産むことにメリットを感じません。

そういった理由から尚更結婚することに必要性を感じません。

関連:子供はいらないという方々の理由とは?20名の意見まとめ

 

1-2.【女性36歳】自分流が出来てしまった

◆結婚を諦めた年齢:33歳

1人で生活するスタイルが長くなり過ぎて、結婚して誰かと一緒に住む事がストレスになりそうなので諦めました。

1人の生活が長くなると「自分流」が出来てしまい、自分なりのこだわり、自分なりのやり方、何かにつけて自分流が先に出てしまい、誰かと生活するにあたり自分のやり方と反してされてしまうと少しイラついてしまいます。

結婚していい事もあるかとは思いますが、自分1人で何でも出来てしまう分、気も楽ですし結婚する必要性を感じなくなりました。

 

1-3.【女性41歳】結婚は人生の無駄

◆結婚を諦めた年齢:35歳

沢山のカップルが離婚しているのを見てると、「どうせ離婚するのなら、結婚しない方がストレスがなく生きていけるのに」と思ってしまいます。

幸せなのは一時で、後はお互いストレスを溜め込んで、人生の貴重な時間を無駄にするだけだと思います。

特に女は、旦那や子供のために家事に追われながら仕事をすることになり、離婚したらシングルマザーに。

もしそんなことになれば、大した慰謝料や養育費ももらえずに一人で子育て。

大変すぎると思う。

そんなことになるのなら、自分のために時間を使い、自分のために生きたいです

 

2.趣味に熱中

2-1.【女性24歳】婚活よりも趣味に熱中

◆結婚を諦めた年齢:20歳

母親が20歳の時に結婚をしたと子供の頃聞いていたので、自分も20歳になれば自然と結婚するものだと思ってました。

しかし、成長するにつれて、「自分は本当に結婚したいのか」と真剣に悩むようになりました。

20歳になった頃、結婚というよりは他に熱中するものがあった為、それを手放してまで結婚したいか自問自答し結婚を諦めました。

「自分の趣味に寛容な人を探せばいい」と周囲に言われたことがありますが、きっと結婚できたとしても趣味に熱中したままで、結婚生活なんてままならないんじゃないかなと思ってしまい、婚活などもしていません。

 

2-2.【男性23歳】独身で余裕を保ちたい

◆結婚を諦めた年齢:22歳

大学生活が終わったのに、一度も女性と付き合った事がありません。

就職したはいいけれど、男性社員ばかりで出会いもありません。

この23年間、女性と付き合わず困ったことはありません。

それに、もし付き合って結婚するとなったら、自分の趣味の時間や一人の時間がないと思うと耐えられません。

結婚して子供が出来たら子育てに追われそうですし、休日も家族サービスをしなくてはいけないだろうし気が滅入ります。

自分の時間を失いたくないですし、経済的な面でも余裕のある独身でいたいです。

 

<スポンサーリンク>

 

2-3.【男性41歳】自分が結婚に向いてない

◆結婚を諦めた年齢:35歳

交際初期は相手を慮って遠慮する面がありますが、だんだんとお互いに自己主張が現れてきます。

分かっていてもどうしても譲れなかったり、相手を許せなくなる瞬間が出てくるのです。

結婚を諦めたとする年齢を35歳としましたが、何人もの交際を経るうちに、段々と自分が結婚や他人と生活共にすることには向いていないと思えるようになりました。

35歳で交際していた人とは私も相手も結婚するつもりにはなっていましたが、結局、気持ちの面でのすれ違いが出来て別れました。

まあそこで、歳も歳だしもう結婚は諦めというか、あえてそこに向いていくことは止めにしました。

私の周囲でも離婚経験を持つ人は珍しくありませんし、ニュースでは家族であっても害を加えたりする事件頻繁に聞かされます。

子供がいて離婚したら子供に多かれ少なかれ影響はあるでしょうし、親が不仲な子は不幸だとは皆わかっているのに夫婦喧嘩や家庭に疲れたり果ては離婚です。

また、血は水より濃いとか何とか言いますが、そんなこと関係なく家族を刃を向けることさえ多くなってきている社会です。

そんな状況で結婚に希望が持てなくてもおかしいとは思いません。

 

2-4.【男性38歳】一度結婚を経験して分かったこと

◆結婚を諦めた年齢:34歳

34歳で離婚しました。

離婚して改めて、自分には結婚が向いていないという事に気が付きました。

理由としては、前の奥さんの実家で暮らしていましたが、あまりにも自分の時間や居場所が無さ過ぎる事と、子供が産まれてからの奥さんの態度の変わり様が酷過ぎたため、とてもでは無いけど一緒にやっていけないと思いました。

また、自分自身も他人と暮らす事で当たり前の事が出来なかったり、不満があっても言えなかったりで、結婚自体に馴染めなかったと思います。

離婚して独りになって、精神的に落ち着いてからは、今後結婚はしないと思いました。

 

3.婚活問題

3-1.【男性29歳】婚活が嫌

◆結婚を諦めた年齢:29歳

29歳の誕生日を迎え、婚活を約1年続けてきました。

しかし、パーティーや合コンなどで女性の方と話しが弾んでむことはあっても私の仕事が介護士と聞いたとたんにあからさまに態度が変わったり、嫌な顔をされたりと仕事に関する偏見が散見していました。

私はこの仕事に誇りを持っています。

年収300万円台の低年収でも毎日一生懸命仕事に励んでいます。

しかし、このように露骨に嫌がられるのであれば、結婚なんて一生しなくてもいいと思ってしまいます。

 

3-2.【女性35歳】婚活どころではない

◆結婚を諦めた年齢:35歳

まず何より朝が起きれません。

交通事故に遭い、その影響もあり、鬱で仕事をやめてから朝起きれなくなりました。

子供を見ると可愛くてしょうがないのですが、同時に恋人もおらず仕事もない自分が嫌で嫌でしょうがなくなります。

出会いを求めるのにも仕事のことを話さなければならず、全てがめんどくさく感じてしまっています。

実家でお世話にはなっていますが、両親共年を取ってきて不安は募るばかり。

実際に両親の会話も認知症気味の時もあり、この先どうしていいかわからず結婚どころではないと感じております。

 

4.恋愛・好きな人が分からない

4-1.【女性39歳】好きな人に出会ったことがない

◆結婚を諦めた年齢:12歳

子供の頃は親のように「自分も大人になったら結婚するんだろうな」というように何となく思っていましたが、小学校高学年の林間学校で夜、私だけ好きな人について語り合う友達同士の輪にどうしても入れませんでした。

それから、私はこの年になっても、これといって好きな人というのに出会った事がありません

もっと積極になるよう言われる事もありますが、言われなくても好きな人ができるタイプの人は既に自ら望んで行動しているように思います。

また、もともと人付き合いが苦手なので赤の他人で、ましてや異性とずっと一緒にいる事は考えただけでも重苦しいだけでとうてい幸せな結婚生活は思い描けません。

「将来の面倒は誰に見てもらうの」とか「年を取った時寂しいよ」などと言う人がいますが、結婚して家庭を持っても老後を迎えて一人になってしまう人はやはりいるように思います。

このため、こういったアドバイスは、「結婚や恋愛をしないのはありえない」という考え方を押し付けるだけのパターン化された言葉に過ぎないように思います。

それに「お一人さま」という生き方の良さを最近になって認められるところもあり、自分でもこの方が向いていると思うため、私自身にとって結婚は必要を感じないように思います。

関連:結婚したくないと考える女性の理由や心理20選!本音は何?

 

4-2.【女性30歳】恋愛が分からない

◆結婚を諦めた年齢:30歳

今までの人生で、人を好きになったり好かれたこともないし、ましてや男性が好きなのか女性が好きなのかさえ分からないからです。

もう、結婚どころか恋愛さえもわからないので、結婚は無理だと考えてしまいます。

だからといって、自分から積極的に動いてもいないし、極度の人見知りな上に、中学生以来まともに男性と話したこともないので、もう無理だと思ってしまいます。

だけどいずれ人間は一人で生きていかなければならないので、今は少し寂しいですが、自分の好きなことを見つけて頑張っていきたいです。

結婚だけがすべてではないと思います。

<スポンサーリンク>

5.異性との関係に自信がない

5-1.【男性29歳】結婚を真剣に考えていない

◆結婚を諦めた年齢:25歳

生まれてからこの方、女性と良好な関係を築けたことがありません。

一番関わりが深かった時期は中学生や高校生のときでしたが、こちらがフラットに接していても、向こうはやたらと攻撃的だったり無関心だったり、態度が極端だったような気がします。

おそらく自分に理由があったのでしょうが、今となってはよくわかりません。

学校を卒業してからは女性と接する機会はあまりなく、まだまだ自分のことを優先したいという気持ちがあるので、出会いを求めることもしていません。

結婚については諦めたというか、そもそも結婚について真剣に考えたことがないというか、そんな感じです。

関連:結婚したくないと考える男性の理由や心理20選!本音は何?

 

6.結婚生活に自信が無い

6-1.【男性27歳】相手との違いを許容できず

◆結婚を諦めた年齢:27歳

昔は結婚をする事が当たり前という考えでずっと生きていましたが、実際にお付き合いした方と結婚目前、婚約までしたところで破棄になった経験があります。

いざ結婚が近づくと、今まで気づかなかった相手の嫌な部分や価値観の違いなどがとても気になるようになった事が原因です。

3年ほど交際期間がありましたが、とても仲良くさせていただいていたので結婚するのにも上手くいくかなと感じましたが、結局上手くいきませんでした。

このような経験があり、もう結婚はできないかなと思っています。

 

6-2.【女性24歳】トラウマから結婚生活に自信が無い

◆結婚を諦めた年齢:20歳

父親が亭主関白なところがあり、

「俺の物は俺の物。子供のは俺の物。」といった、

「子供は自分のものでコントロールしなければならない」という思いが強い、

そんな父親を見てて男の人に幻滅したこと。

また、母親がアルコール依存性になり、一時期は私のことも忘れるほど酷かったこと。

そうなってしまった原因が、父親が亭主関白なところや金銭面での細かいことで、母を怒っていたからだと思います。

また、アルコール依存性の母親を怒る父親、それに八つ当たりするように母親は私のことを責めて、たまに父親の怒りも私の方に飛んできて、「両親なのにどうしてこんな辛いことを娘に言えるのだろうか?」と。

こんな2人から生まれた私が子供を育てられないし、そんなにストレスがかかる結婚や家庭なら必要ないと思ったからです。

関連:父親を嫌いになる理由や意見15選まとめ

 

6-3.【男性42歳】妻より彼女として好き

◆結婚を諦めた年齢:40歳

結婚をしたいという気持ちは、35歳位まではありましたが、どうしてもしたいという訳ではありませんでした。

「家族がいたら幸せだろうな」とかはたまに考えますが、それでも40歳になって結婚を諦めました。

その理由として、妻として常に同じ家で生活するよりも、彼女として少し距離のある関係が好きであり、私に合っているからです。

結婚して常に一緒に暮らすようになったら、私は上手くやっていく自信がないので、諦めました。

ワガママなのかも知れませんが、失敗するよりは良いと思います。

 

まとめ

それぞれの方々の主張をまとめると、多くの方々の主張の根幹には「結婚して自分の時間を犠牲にしたくない」という思いがあることが分かります。

結婚生活を始めると、夫婦としてお互いに一緒にいる時間は増えますし、場合によっては子育てに追われることだって勿論考えられます。

「一人での活動を好むか否か」については人の性格によっても異なる部分ですので、難しいところですね。

また「結婚を考えるほどの余裕がない」という意見も多く見られます。

精神的に、そして経済的にも、結婚生活を具体的にイメージできない不安感が、結婚する意欲をそいでしまっているようです。

この記事の中には、「結婚を諦めているけど、実は結婚願望はある」という方も多いでしょうから、そんな方々は、「自分が結婚を諦めた理由」を探し出し、それを克服出来るよう行動してみてはいかがでしょうか。

 

★こちらも読まれています

恋人はいらない!という独身20名の理由と意見まとめ

同棲をしたくない理由9選!同棲すると結婚が遠ざかる?

アラフォーの婚活の現実とは?14名の経験談まとめ

同窓会で感じる格差10選!気にせず行くべき?

<スポンサーリンク>