結婚生活の「めんどくさい」ことって何?既婚者20人の答え

結婚 めんどくさい

今回は、既婚者20人に対して、

「結婚生活の中で”めんどくさい”と感じることを教えてください。

というアンケートを実施し、それぞれの経験談を教えて頂きました。

結婚生活に対して不安を抱いている方は、ぜひ参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

 

〇家事全般

家事

1.掃除・洗濯がめんどくさい

◆27歳男性:結婚時26歳

掃除や洗濯がめんどくさいです。

今までは一人分でよかった掃除や洗濯が、単純に2倍になるのは大きいです。

分担すればいいという方もいるかもしれませんが、やはり面倒でストレスが溜まります。

特に食器洗いが苦痛ですね。

狭いシンクで二人分の食器や調理器具を洗うのは、めんどうくさいを通り越してイライラしてしまうことも多々あります。

独り身の時は「面倒だから後でやろう」と放置してましたが、相手から強制されるのもめんどくさい要因の一つです。

 

2.朝・昼・晩の献立を考えるのが大変

◆27歳女性:結婚時27歳

朝・昼・晩の献立を考えなければならないことや、その為の買い出しの際に、食材の価格といちいち睨めっこをしなければならないことを、毎日のルーティンとしてこなさなければいけないのが少し億劫です。

また、朝食の用意とお弁当作りのために、自分ばかりが早起きをしなければならないという事も、時に辛く感じてしまうことがあります。

あとは家計のやりくりや、家族のスケジュールの管理なども、日々何かと気にかけなければならないので大変です。

 

3.食事を毎日作るのが大変

◆42歳女性:結婚時27歳

専業主婦ですが、毎日毎日の食事作りが面倒くさくてたまりません。

主人は自営業の仕事をしているので、朝昼夜と全ての食事を作る必要があります。

結婚当初は慣れない料理も楽しかったですが、慣れてきた今は辛くて辛くて。

ただ朝食にこだわりはないので、パンにコーヒーなどで済ませることができますが、そうはいかないのが昼と夜です。

メニューを考えるだけで疲労感が出てきます。

朝食を済ませ、家事をしていたらすぐに昼ご飯の用意、午後は子供達の習い事の送り迎えをしたらあっという間に夕食の準備。

さっき作ったばかりなのに、なんて愚痴りながらいつもキッチンにいるような気がします。

 

4.妊婦だと家事が大変

◆21歳女性:結婚時20歳

結婚してからまだ間もないものの、既にめんどくさいと感じる事が多々あります。

更に、妊婦の為余計に面倒です。

まずは、夫が仕事上朝早くの出勤なので、早起きもお弁当作りも朝ごはんの用意も「めんどくさい」ことの一つです。

「妊婦はどうしても眠くて起きれなかったり、だるくなったりするもの。」

と産婦人科の先生にもお話を受けましたが、全くその通りだなと思いました。

それでも、お弁当作りも朝ごはんの用意も妻の仕事なので頑張っていますが、本音は凄くめんどくさいです。

掃除も洗濯も、あまり前のめりになれないので、めんどくさいと感じてしまいます。

 

5.夫がよく友人を連れてくる

◆34歳女性:結婚時25歳

主人がやたらと友人を連れてきて、食事を作るように言われることです。

別に嫌ではないのですが、自分のペースと了解なく連れてくるので、

「冷蔵庫の中何にもないやん。」

なんてこともあり、とにかくめんどくさいです。

また、子供が産まれてからさらにめんどくさいです。

子供の寝る時間に関係なく夫が友人を呼ぶので、お風呂に入ったあとに夫の友人が来ると、また私服に着替えてメイクするなど、落ち着かない事が多々あります。

人が来ると息抜きにもなるのですが、回数をもう少し減らしてほしいなぁ。と思います。

 

6.たまには外食して欲しい

◆46歳女性:結婚時29歳

結婚生活の中で、「夜遊ぶ時は旦那さんに出かける事を伝えて、ご飯を用意して出かけること。」がめんどくさいなと感じます。

出かける時は、必ず冷蔵庫に「おにぎり」や「唐揚げ」など食べやすいご飯を用意しておいて、レンジで温めて食べられるように用意しています。

たまには、私がお仕事や遊びに行っている時は、「旦那さんも外でお友達と食べてくればいいのにな。」と思うのですが、家で食べるのが好きなようで、会社の飲み会以外は真っ直ぐ家に帰ってきます。

もちろん、それは真面目で良いことだと思いますが、私もたまに「家事を休みたいなあ」と思ってしまいます。

今度試しに「今日は自分でご飯食べてくれる?」と言ってみようかなと考えています。

 

<スポンサーリンク>

 

〇決定に相談と許可が必要

許可

7.とにかく相談

◆34歳女性:結婚時31歳

結婚してから何でも自分一人では決められなくなりました。

家具一つ購入する時でも、相手に相談しなくてはいけないことにめんどくさいと感じます。

好みが合わず、自分が欲しい物が買えないこともあります。

独身時代は自分で全部決められたのにと思ってしまいます。

自分で働いて自分のためだけにお金と時間を使えた独身時代に比べて、今は相手に合わせなければいけないので、何かとめんどくさいと思う機会があります。

好きな物を好きなように買いたいです。

 

8.お出かけに許可

◆44歳女性:結婚時29歳

休みの日の予定や、友達と飲みに行くときなど、いちいち家族の予定を確認し、許可をもらってからじゃないと出かけられないことです。

独身時代はその場の流れやノリで好きなことできましたが、今はそうはいきません。

誰にダメと言われているわけではないのですが、帰りの時間もやっぱり気になります。

あまり遅い時間まで家を空けるわけにもいきません。

次の日が休みでも、お昼まで寝ているわけも行かず、ご飯の準備や何やらやることはたくさんあります。

そういう時に、面相だな。と、ちょっとだけ思います。

 

〇相手に合わせる

合わせる

9.食事も相手に合わせる

◆30歳女性:結婚時26歳

結婚生活を送っていると、様々な面で相手に合わせないといけないのでめんどくさいと感じることがあります。

私が特に感じるのは食事の面です。

幸い味の好みは似ているのでそこで悩むことはないのですが、なんとなく食欲の出ないときって誰にでもありますよね。

自分は食欲がないのに、夫のために食事を作らなければならないのもめんどくさいですし、夫が食欲がないというときに、自分のためだけに作るのも少し寂しい気持ちがあります。

体調はいつでもお互いに同じという訳にはいかないので、ちょっとめんどくさいですね。

 

10.辛くてもお出かけ

◆20歳男性:結婚時19歳

めんどくさいと感じることは相手の言うことに合わせないといけないことです。

こちらが仕事が休みの日に、

「せっかくの休みなので、ゆっくり寝て遅くに起きてからゲームなどをしよう」

と思っていても、休みなんだからどっか連れてけと言われることです。

自分は常日頃仕事で疲れてるから、休みの日くらいゆっくりさせてくれと思うのですが、そういうことを言うと喧嘩になってしまい、どちらも嫌な気持ちになるので自分が我慢しています。

相手の気持ちを考え行動するのがめんどくさいです。

 

11.好みの違いにイライラ

◆38歳女性:結婚時28歳

独身の頃は、自分の給料を自分で考えて使えたし、例えば車や家具など何かを買うときも、自分好みのデザインを自分が出せる金額を考えて、誰かに相談せずに購入できていたけれど、結婚すると購入が簡単に出来ないです。

車も、相手がデザインやグレードにこだわるから全然決まらないし、色や形も自分とは好みが違うので、話が平行線のまま決まらないです。

そんな時は、本当にめんどくさいな。と感じています。

あとは服なども好きな時になかなか自由に買えないのがめんどくさいな。と思います。

 

12.相手が家の事に口出し

◆35歳女性:結婚時27歳

単身赴任中の主人が帰ってきたときに、家の事にいろいろと口出ししてきます。

家計を管理しているのが主人なので、主に節制に関する事なのですが、正直私のやりたいようにやらせてくれよと思います。

例えば、私は寒ければ床暖房をつけたいのですが、主人は極限まで我慢して、短時間点けたらすぐに消してしまいます。

「ああ、寒いな」、「スイッチ入れたいな」と思いますが、主人がいるとそれができないのでイライラが募ってしまいますね。

そして、最終的に主人が帰ってくると、色々面倒くさいなと感じてしまいます。

 

13.感覚の違いに悩む

◆18歳女性:結婚時17歳

金銭感覚が全く違うので、買い物の時にカップ麺一つでも、私はカレーヌードルがいいのに、

「スープヌードルにして」とか言ってきたり、年齢がものすごく離れてるから、観るテレビも音楽もまったく違くて、そういうので毎回喧嘩するからめんどくさいです。

あと、昭和な考えの旦那なので、帰ってきたらお風呂かご飯か聞いて色々準備しなくちゃいけないのと、自分でできることすら自分でしないで、その上文句ばっかいってくるところとかです。

子供の育て方などもお互いに違い、一つ一つが面倒くさいとこです。

 

14.相手の機嫌に合わせる

◆21歳女性:結婚時18歳

普段の生活をしていて、特に理由もなく機嫌の悪いときや、相手の機嫌が悪いときにも相手と一緒に居なければならず、

「どうして何もしてないのに相手は機嫌が悪いのか」

と険悪なムードになってしまうことがめんどくさいです。

運転や、素行など日常生活の中に出ているので、気にしたくなくても気になり、お互い気持ちよく過ごせなくなります。

あとは、休日でも旦那が家にいればちゃんとしたご飯を作らなくてはならないということです。

自分だけならカップ麺でもいいものを、旦那がいれば彩りを考えたり、栄養面を考えたりしなくてはなりません。

そういうところが面倒だなと思いました。

 

<スポンサーリンク>

 

〇帰宅時間

時間

15.常に連絡

◆28歳女性:結婚時27歳

帰宅時間について言われることです。

独身時代、同棲を始める前にも、何時に帰るか聞かれたりしていたけれど、遅くなる時は嘘をついたりしてバレずにやれていました。

しかし、結婚し一緒に暮らすとそういう訳にはいきません。

遅いと思う時間が夫と違い、普通に帰宅したら注意されあることもありました。

さらに連絡をしないと、電話がかかってきたり、帰宅してからグチグチ言われることも多々あります。

飲み会中でも2時間おきに連絡をしてほしいそうです…

 

〇近所付き合い

近所付き合い

16.近所付き合いがめんどくさい

◆32歳女性:結婚時30歳

近所や地域との付き合いです。

1人のときは地域の組合や班のようなものに入る必要がなかったのですが、所帯となると、組合に入り、集会や総会や公園の掃除をしなければなりません。

地域の付き合いももちろん大事で、こういうことがない地域として成り立たないのもわかるのですが、どうしてもめんどくさいです。

特に私の回りはお年寄りばかりで、昔からの慣習もあるため、なかなか私から意見を言う機会がありません。

若い方ばかりのところならまた違うのでしょうが…

 

〇義両親とのコミュニケーション

議両親

17.親とのコミュニケーションが大変

◆32歳女性:結婚時30歳

旦那様自体との生活に不満を感じた事はありませんが、双方の親からのアドバイスじみた意見をされたり、イベント毎に食事をしたりする度に気遣いをして疲労をその都度感じます。

でも、やはり全く関わらないわけにはいかないのが現実。

気を使わなくていいのよ、家族なのだからと言われ笑顔で返事をするものの、多少なりとものストレスは感じます。

最近は妊娠し、さらに自分の親だけならまだしも旦那様の親も関わってくるので、結婚生活の面倒な点といったら親とのコミュニケーションですね。

 

18.旦那の実家のイベントに参加

◆29歳女性:結婚時27歳

旦那さんの実家との関わりがめんどくさいです。

私はどちらかと言えば「義理の実家は他人」というスタンスなのですが、旦那さんの実家は「お嫁さんは家族の一員」という感じで距離感が近いのです。

クリスマス、義母の誕生日はもちろん、義理の姪の誕生日まで集まってお祝いをしなくてはいけないのは、結構しんどいです。

あれこれ気に掛けていただいて、「これもう着ないからあげるよー」と服なども貰うのですが、義母の着た物なんて、気持ち悪くて着れません。

それでも、「ありがとうございますー」なんて言ってるのも、本当はツライです。

 

19.義両親と同居

◆28歳女性:結婚時25歳

義理実家との関係が面倒くさいです。

結婚してすぐに同居生活を1年しましたが苦痛でたまりませんでした。

新婚のはずがそんな気には全くならず、我慢の日々でした。

しかし、現在は同居を解消し義理実家から15分程の所に住んでいます。

それでもやはり顔を合わせないといけないので

旦那の親との関係が面倒くさいです。

また、普段の生活で面倒くさいのはお金の管理です。

結婚して専業主婦になったため、家計管理は主人がしています。

それが逆に面倒で、自分が働いていた頃に比べると気楽に買い物とか出来なくなりました。

 

20.姑さんとのお付き合い

◆28歳女性:結婚時25歳

旦那さんのお母さん、所謂姑さんとのお付き合いがめんどくさいと感じる時があります。

基本的には良い人なのですが、すごく私に気を使ってくださっているように見えて、実は気が強く、自分中心に物を考えています。

例えば、姑さんが料理をおすそ分けしてくださるということになった時に、「料理を作りました。ご迷惑でなければ持って行きたいので今から行きます。いいですね」(義実家と私の家は車で10分の距離)と連絡がきます。

休日のスッピンだったり着替えたりしていない時に、料理を頂けるのは嬉しいけど正直めんどくさいなぁと思ってしまいます。

しかも有無を言わさず10分後にくるのかぁと、慌てて化粧をしたり着替えたりします。

 

まとめ

いかがでしょうか。

もっとも多かったのは、「家事全般がめんどくさい」という意見でした。

また、義両親やご近所とのお付き合いについても、めんどくさいと感じている方々が多いようですね。

さまざまなことで相手と意見を合わせる必要がある結婚生活。

自分を捨てすぎてストレスを抱え込みすぎないよう、相手としっかり話し合うことが大切だと言えるでしょう。

<スポンサーリンク>