結婚生活の幸せエピソード20選!幸せを感じる条件とは?

結婚 幸せ

今回は、「結婚生活の中で「幸せ」だと感じることを教えてください。」というアンケートを募集し、男女問わず20人の方に答えていただきました。

大変なこともたくさん有る結婚生活ですが、みなさん、結婚生活のどんな事に「幸せ」を感じているのでしょうか。

今回は、分かりやすくまとめてみました。

<スポンサーリンク>

 

子供の笑顔を見られることが幸せ

子供 笑顔

1.男性41歳:結婚時31歳

結婚生活の中で幸せを感じる瞬間は子供のはじける笑顔を見るとこと、家内の幸せそうな顔を見ると、こちらまで幸せな気分になります。

これまで仕事中心で遅く帰ることが多かったのですが、最近は家庭重視で早く帰るようにしています。

子供と一緒にお風呂に入ったり、マッタリと過ごしていたりすると幸せを感じてしまいます。

やはり仕事中心よりも家庭中心で生活をしたほうが幸せを感じることは多いです。

結婚して非常によかったと思っています。

 

愛されていると感じられることが幸せ

愛されている

2.女性30歳:結婚時26歳

結婚してから4年が経とうとしていますが、今でも夫は「好きだよ」「愛してる」などと口に出して伝えてくれています。

日本人はなかなかそういうことを言う人は少ないと思うので、尚更幸せを感じます。

もちろん伝えてくれた時には私もきちんと言葉や態度に出して気持ちを伝えます。

それで夫が喜んでくれるのもまた嬉しいです。

また、子供のことをとても可愛がっていて、仕事が忙しいにも関わらず休日など少しでも時間があれば関わろうとしてくれている点も、見ていて微笑ましいですし幸せな気持ちになります。

 

3.女性21歳:結婚時20歳

結婚生活はまだ短いので、幸せだなぁと思う時がほとんどです。

例えば、元々付き合っていた頃から遠距離まではいきませんが距離が遠かったので、中々会えませんでしたが、結婚して同棲して毎日一緒にいられるだけでとっても幸せです!!

妊婦の為、めんどくさいと感じる事もありますが、毎日の料理やその他の家事についての感謝の言葉も、記念日や誕生日以外の日のちょっとしたプレゼントなども凄く幸せだと感じます!

また、誕生日や記念日の日には付き合っていた頃とはお給料も違うので、凄く豪華なプレゼントやオシャレなレストランなどにも連れていってくれて凄く愛されてるなぁと思い、幸せな毎日を過ごしています。

 

一人じゃないことで幸せを感じられる

一人じゃない

4.女性34歳:結婚時31歳

結婚してから一人じゃないことに毎日ささやかな幸せを感じます。

朝、目が覚めた時に横に旦那が寝ていることや、ご飯を食べる時もテレビを見る時も旦那が一緒にいてくれることが幸せと感じます。

また、一人暮らし時代は重い荷物も一人で運んでいたのですが、今は旦那が力仕事や家電関係など自分の苦手分野をやってくれるのも密かに幸せを感じています。

結婚生活は楽しいことばかりではないですが、幸せと感じる時間もたくさんあります。

 

5.女性36歳:結婚時23歳

家は共働きなんですが、お互いが帰宅した時に必ず「お帰り」とか「ただいま」と出迎える事です。

家が1番落ち着く場所なので、仕事で疲れていても家族が笑顔で迎えてくれるとそれだけで疲れが吹き飛ぶ気がします。

帰って来て部屋に灯りが見えるとホッとしますし、夫からも同じ事を言われた時は、夫にとっても家が安心出来る場所になっているのだと思える事が出来て、本当に嬉かったです。

好きな人が笑顔でいてくれるのを見ると、凄く幸せを感じます。

 

6.男性27歳:結婚時26歳

自宅に帰ってきた時に、誰かが迎えてくれることが1番の幸せです。

私は高校進学の時に実家を出たため、ひとり暮らしの期間が長くて寂しい生活を送ってきました。

なので人のいる暖かさは何よりの幸せだと感じます。

例え美味しい食事が作れなくても、家事が少々苦手でも、一緒に暮らしてくれるだけで安心感があります。

また、もしも体調を崩したりケガをした時も、一人じゃないというのは心強いです。

私も相手にとって、そういう暖かさを与えられるように努力していきたいと思います。

 

でも一人も大事

一人も大事

7.女性29歳:結婚時25歳

結婚して一緒に暮らし始めて、最初の頃は2人で過ごす時間が楽しくて、旅行に行ったり、買い物に行ったりといろんなところへ行きました。

食べ物の好みが似てたので、美味しいものを食べに行くのが楽しみでした。

でも結婚して数年経ってくると、一人で過ごす時間の大切さもわかってきました。

お互いそれぞれ趣味が違うので、それぞれ自分の好きなことに夢中になる時間の楽しみも知りました。

今では家の中のリビングなど一緒の空間で、それぞれ好きなことをして過ごすそんななんでもない日常の時間が、実はとっても幸せな時間だと感じるようになりました。

お互い違うことをしていても、同じ空間にて、どちらかがコーヒーを飲むタイミングで2人分入れて、どちらも手を止めて2人で休憩をとる。

そんな些細なことがじんわり幸せだと感じるようになりました。

 

<スポンサーリンク>

 

家族団らんが幸せ

家族団らん 幸せ

8.男性20歳:結婚時19歳

幸せだと感じることは家族団欒をすることです。

仕事から帰り家に帰ると妻がむかえてくれます。

とても疲れてる中家に待っている人がいるのはとてもほっこり幸せな気持ちになります。

それだけでも幸せですが、寒い冬の時期にこたつの中にはいり妻とぬくぬくすることがとても幸せに感じます。

あっかいなか大好きな人とずっと一緒にいれるのはとても嬉しいです。

なので家族団欒することが結婚してからとても幸せです。

結婚してよかった。

 

9.女性44歳:結婚時29歳

うちは、主人と私、娘1人とわんこ2匹の家族ですが、たまにみんなでリビングでくつろいでいるとき、じんわりと幸せを感じます。

実は私は再婚です。

子供はいませんでした。

主人は初婚です。

こんなキズ物のような私をもらってくれて、マイホームをたてて、かわいい娘とかわいいわんこが2匹。

ここにこうしていられるなんて、私、贅沢だなー。なんて思っています。

幸せです。

妻として、母として、自分の居場所を与えてくれた主人にとても感謝しています。

 

10.女性47歳:結婚時29歳

家族で食事をしている時間が楽しく幸せだなぁと感じます。

子どもが小さいときはそれなりに大変でしたが、ある程度大きくなるとゆっくり食事をすることも出来るようになりましたし、その日にあった出来事を家族が順番に話してくれる貴重な時間です。

私はあまり自分から話しをするタイプではなく、家族の話しを聞いているのが好きです。

家族そろってゆっくり話しが出来るのは夕飯だけですがこの時間があるおかげで子どもが大きくなっても寂しくなく過ごせています。

 

何気ない日常

何気ない 日常

11.女性30歳:結婚時23歳

会社が同じ主人は顔がかっこよく仕事も出来るため、社内でもかなりモテていましたが、そんな主人が私を選んでくれて結婚まで至りました。

会社ではいつもバッチリきまっている主人が、家では服もまともに着ないでゴロゴロしていてとてもだらしないです。

でもそのギャップが良くて、自分しか見れない姿なんだと思うと幸せです。

二人の子供にも恵まれて、毎日同じ会社に出勤して、馬鹿なことをしながら笑っている何気ない日常が一番幸せだなと感じます。

 

 

12.女性28歳:結婚時25歳

子供がいて、3人でふざけたり、遊んだりしているときです。

イライラすることもありますが、私はこの人と結婚して、可愛い娘にも出会えて今が1番幸せだなって思います。

何気ない日常、何気ない会話ですら、今は幸せです。

交際当時は、結婚なんて微塵も感じず、まさか私が結婚するとは思わなかったので、想像も出来ないことがたくさん起きます。

今は1日1日が新しいです。

想像もしていないことがたくさん起きているので結婚してよかったです。

 

13.女性28歳:結婚時26歳

一緒に美味しいものを食べて、一緒に寝れる事です。

ごく普通の事ですが、結婚してこの何気ない事がどんなに幸せか分かりました。

食べ物の趣味も合うため夕飯の買い出しも一緒に行きます。

そして食べたいと思ってる食べ物が一緒な事があります。

同じものを食べれる幸せと楽しい会話でいつも楽しい食事の時間を過ごしています。

よる寝る時に付き合っていた頃の思い出話しをしたりして、結婚できた幸せに感謝しながら眠る日々です。

小さな事だけどこの1つ1つを大切にしたいです。

 

14.女性34歳:結婚時22歳

子供が生まれるまでは、付き合ってる時とは違いずっと好きな人と一緒にいれることが幸せだなと思っていました。

結婚するまでは別々の家に帰らなければいけなかったけど、結婚すると夜一緒に寝て朝起きたら隣にいるということが嬉しかったです。

子供が生まれた今は、家族みんなでお出掛けしたりご飯を食べたり、何気ない会話で笑ったり、そんな普通の事が幸せに感じます。

特に主人が子供と遊んであげているのを見てる時や、子供を可愛がっている姿を見ると幸せだなぁと思います。

 

<スポンサーリンク>

 

15.女性19歳:結婚時18歳

結婚生活の中で幸せだと感じる事は、旦那と子供の寝顔を見ることです。

まだ結婚して1年しか経ちませんが、苦労の中で家族のすやすやと寝ている寝顔を見ると今日1日頑張ったと思えるからです。

旦那は毎日仕事を頑張って疲れて帰ってきて不満や愚痴があるはずなのに家事、育児を手伝ってくれて私が我が儘を言って困らせても笑顔で聞いてくれ、育児疲れで八つ当たりしても怒りもせずもっと頑張るねと言ってくれます。

そんな旦那の幸せそうに寝る寝顔と、昼間は泣いてばかり幼い息子の可愛い寝顔を見るととても癒され、幸せを感じます。

 

16.女性21歳:結婚時18歳

自分の作ったご飯を「美味しい」と笑顔で食べてくれることです。

1人だとどうしても簡素なものになってしまうのですが、この人に作ってあげたい!と思って作ったものを褒めてもらえて、更に一緒に食べていると幸せです。

あとは、自分の家族以外で自分のことを大事に思ってくれている人が居るんだなと思うと本当に幸せだと感じます。

休日に遅くまで他愛もない話をして朝はお昼まで寝ている日も、結婚して好きな人と毎日を過ごせるっていいな、と、好きな人の生活の中に自分が居るって幸せなことだな、と思います。

 

17.女性28歳:結婚時27歳

まず1番は好きな人と毎日会えることです。

結婚する前は多いときでも週に1回だったので、毎日一緒にいられる今はとっても幸せです。

次に、頑張って作った料理を毎日美味しい美味しいと食べてくれることです。

結婚するまで料理をしたことがなかったので、全く自信はなかったのですが、毎日今日も美味しかった、ご馳走様、ありがとうと言ってもらえると、明日は何作ろうかなとヤル気も出るし、頑張って良かったと幸せな気分になります。

 

18.女性23歳:結婚時19歳

19歳で入籍して、周りの友達よりはるかに早くに結婚して自由が少なくなりましたが、それを上回る幸せを感じることができていて今、幸せです。

好きな人が簡単に離れていかないこと。カップルは喧嘩なんかすれば、この人は合わないなで片付けてしまうけど、結婚は何度もぶつかって話し合って絆が深まり一生添い遂げる人になる。

好きな人がずっと横にいてくれることは幸せなこと。

カップルの時に思ってた、あーまだ一緒にいたい。また会いたい。

離れたくないという気持ちが叶う幸せです。

今は子どもができて、3人家族になり好きな人の子どもをもてたことも幸せです。

子どもが笑っていれば幸せを感じます。

 

家族の支えを感じる幸せ

家族の支え

19.男性30歳:結婚時24歳

私が一番幸せだと感じることは家族をもったことです。

もちろん、家族をもつということは全員を養っていかなくてはならず育児や経済面について何度も壁にぶつかることがありました。

しかしそれ以上に幸せな思いをすることができました。

妻は大変な出産を終えてから自分のことを後回しにし、私がインフルエンザなどの病気になったり、仕事で落ち込んでいるときは、自分も大変なのにすごく支えてくれます。

また、子供達も自分が今できることを一生懸命やってくれ、いつも励まされてばかりですので、私も頑張ることができます。

このように、自然と支えを感じることができとても幸せです。

 

20.男性40歳:結婚時33歳

体調を崩して自宅にいるとき、家族のサポートを受けると感謝の気持ちが湧いてきます。

年齢を重ねるごとに少しずつ健康不安が増えてきますが、一方で子供たちが成長を重ねるので寂しさよりも嬉しさが勝ります。

妻とは恋愛関係という感じでは無くなってしまっていますが、その分互いに対する慈しみの気持ちは高くなっており、互いに敬意を払った関係になっています。

金銭的には自由に使えるお金が無くなってしまいますが、年を取ってくるとお金を使うところも無くなってくるのであまり気になりません。

 

まとめ

いかがでしょうか。

「結婚生活の中で幸せを感じること」について、「子供の笑顔」や「一人じゃないと感じられること」などが挙げられていますが、多くの方々が「家族との何気ない日常」を挙げていますね。

このことから、結婚生活の中で幸せを感じる条件とは、家族との何気ない日常を楽しむことであると言えるのではないでしょうか。

大変で辛いこともたくさんある結婚生活ですが、そんな日常を楽しめるかどうかで、生活の中に「幸せ」を感じられるか否かが決まりそうですね。

日々の結婚生活の中で「幸せ」を感じられない!という方は、忙しい生活の中で少しでも余裕やゆとりを取り入れられるよう、意識して過ごされてみてはいかがでしょうか。

<スポンサーリンク>