結婚したくないと考える男性の理由や心理20選!本音は何?

結婚 したくない 男

ここでは、「結婚したくない」と考えている男性たちの理由についてまとめています。

今回は「あなたが「結婚したくない」と考える理由を教えて下さい。」というアンケートを20名の方に行い、それぞれ答えて頂きました。

参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

本音や理由1

男性
(男性 20歳)

20代前半までは結婚のことについて考えるつもりはないので、結婚なんて今はしたくないと思います。

そして、彼女作って相手のことを考えて行動すると女性の意見ばかり気にすることになり、自分の自由がなくなり、お金もなくなってしまうので結婚はしたくないと思います。

女性は結婚すると人格が変わるとよく聞きます。

それは結婚してしまうからであり、付き合うまでは仮面を被っていたことになるので、そんな姿見るぐらいなら結婚しない方がいいと思いました。

 

本音や理由2

男性
(男性 21歳)

まず第一に金銭的な余裕がないからです。

当方社会人になったばかりでまだ社会人生活に順応できていない次第です。

ですので、結婚のことはおろか恋愛のこともまだ真剣に考えられない時期であります。

次に、「果たして自分に家族を受け持つことはできるのか」という命題です。

自分自身あまり信頼をされるという経験が学生生活のときほとんどなかったので、いざ結婚となって家族を受け持つというようになったとき、いまの自分では自信を持てないので現段階では結婚をしたいとは思いません。

 

本音や理由3

男性
(男性 22歳)

私が結婚したくないと考える理由は、結婚で得られるメリットよりもリスクの方が大きいと判断しているからです。

結婚したいという考えがみじんもないというわけではありませんが、結婚したいと強く思うようになるためには、まず一生添い遂げたいと思えるような相手がいることが前提です。

そして、生活にゆとりがあることです。

今でこそ離婚率は高く、一生添い遂げる夫婦は減ってきていますが、別れることも視野に入れているのであれば、わざわざ結婚する意味が見出せません。

結婚して家族となるからには、どのような状況でも信頼し合える関係で、お互いを高め合える関係となるような関係こそが望ましいと考えています。

お互いがより良い関係を築くためには、精神的にも経済的にもゆとりがなければ、親密な関係を築くことは難しいと思います。

結婚に至るまでにとても長く、労力を払わなくてはならず、そこまでして結婚したいという思いに駆られることはありません。

逆に結婚してしまうと、相手のことも考えながら人生を選択することになり、制約は増える可能性があり、結婚の費用対効果が悪いのではないかということが現状の私の考えです。

 

本音や理由4

男性
(男性 24歳)

私が結婚したくない理由は、まず金銭面で管理されたくないからです。

結婚するまでは、自分の稼いだお金は文字通り自分で好きなように管理できていたにも関わらず、結婚した途端に相手に財布をにぎられるかもしれないからです。

自分で稼いだ金を相手に握られる生活なんて、想像しただけでも嫌気が差してきます。

それに、相手のことが好きではなくなったときに別れる場合にも、慰謝料を払うのが大抵は男性の方なので、男性にとって結婚で得られるメリットはないと考えるからです。

 

本音や理由5

男性
(男性 25歳)

まず第一に、自分のプライベートな時間が削られてしまうためです。

人生において、一人で心を休める時間というものはとても重要と考えています。

しかしながら、結婚することにより、自分ひとりで使える時間がどうしても限られてしまうためです。

また、2つ目に経済面での負担も大きな原因です。

自分の使いたいことにお金を使いたいため、結婚生活にお金を咲くということはできれば避けたいです。

以上2点の理由から、私は結婚はしたくないと考えています。

<スポンサーリンク>

本音や理由6

男性
(男性 27歳)

理由はいくつもありますが、今のところ、結婚できるだけの資力もないし、まともな結婚生活を送れる自信がないからです。

自分が人として欠落していることを自覚しているので、そんな人間が結婚、しいては家族を作ることはできないと思っています。

まともに出会いの機会もないので、おそらく今後も死ぬまで一人でいるのではないのかなと思っています。

こんな自分を受け入れてくれる方がいたとしても、結婚できる気はしないですし、今はしたくないです。

 

本音や理由7

男性
(男性 27歳)

過去に一度結婚をした経験のあるものです。

「結婚したくない」というよりは、「結婚はしなくてもよい」と考えています。

一番の理由は、独身はお金と時間を自由に使えるという点です。

結婚をするとお金と時間を自由に使えなくなると分かってはいましたが、いざ自由に使えなくなると、この事が本当にストレスでした。

シフト勤務で労働時間もまばらなので相手に合わせる事が難しく、たまに合った日も自分の時間が欲しいのにそうはいかない等、制約がある事が苦痛でした。

ただし、どちらも良いこと悪いことはあるので、結婚をしたいという人を否定しているわけではないので悪しからず。

 

本音や理由8

男性
(男性 28歳)

相手側の親族と交流せねばならない事です。

年に何回かは向こう側の実家にも顔を出さなければならないでしょうし、苦痛でしかありません。

今まで育ってきた環境も違いますし、間違いなく考え方等が合わない可能性が大だと思います。

立場はこちらが弱いですから、そういう相手にも波風を立てないように気を使わねばなりません。

ようは、仕事で上司の顔色を見て気を使うのと変わりません。

しかし、仕事と違って相手側の親族との交流にはお金は発生しませんから、仕事以上の苦痛です。

 

本音や理由9

男性
(男性 29歳)

まず、育児支援制度が全くしっかりしていないと思うこと。

子どもをたくさん産めば産むほど貧乏になって行く悪循環になってしまいます。

しっかりと子どもの未来を見通せない現実では、なかなか結婚はしにくいと思います。

そして、今後ますます子どもの数が減って行く中で幼稚園や小学校なども相次いで閉鎖され、待機児童も増えて行くと予想されます。

ですので、こんな環境の中ではなかなか結婚に踏み出せる気がしませんね。

今後の改善に期待します

 

本音や理由10

男性
(男性 30歳)

結婚すると相手の親族とのやり取りがとても大変そうだからです。

また、男性側にあまりにも結婚のメリットが少ないと感じます。

問題が起きて離婚になっても、裁判では比較的女性のほうが有利だという話はよく聞きます。

子供が欲しいなら、なるべく早く結婚したほうがいいのかもしれません。

しかし、特に子供がいらないと考えていたり炊事や洗濯などの家事が得意な男にとっては、性との関係はつきあう程度にとどめておくほうがストレスもなく快適だからです。

<スポンサーリンク>

本音や理由11

男性
(男性 32歳)

私が結婚したくないなと思うのは、色々と拘束をされてしまうからです。

一人暮らしであれば自由に趣味を楽しむこともできますし、自分で稼いだ給料は自分で利用することができます。

しかし、結婚をするとなるとお金の使い方や生活スタイルが拘束されてしまうような気がします。

今比較的自由に楽しく生きているので、その生活が一変してしまうというのは耐えられるか心配で結婚したくないと思っています。

結婚よりもパートナー位の距離感がいいかなと思っています。

 

本音や理由12

男性
(男性 32歳)

正直なところ、「結婚」という制度に疑問を感じています。

例えば彼氏、彼女と既に同居されていてもう何年も一緒に住んでいたとしたら、それは結婚生活と何が違うのでしょうか。

子供を希望する場合でも、よくニュースでシングルマザーで頑張っている方の話も聞きます。

もちろん、子供にとって幸か不幸かという話は別ですが、彼氏がきちっとサポートできる、両親の理解を得られていてサポートも期待できる、となればそれは実生活において結婚生活と同じではないか、というのが私の考えです。

 

本音や理由13

男性
(男性 34歳)

30歳を越えて、仕事も出来てきてお金も余裕が出来てきました。

仕事の充実感を得るために休日はしっかり自分のために使いたい、という思いで趣味を持ちました。

趣味を持つと毎週週末が楽しみになって恋人よりも楽しみが大きくなりました。

実際に恋人にも愛想を尽かされて別れましたし、30歳を越えてこの4年間は彼女は居ません。

欲しくもないです。

趣味はゴルフです。

ラウンドを一日回っていたらあっという間に一日が終わってしまうので楽しいです。

 

本音や理由14

男性
(男性 40歳)

結婚したいのは山々だが、現在の職業上、高収入おろか安定収入が見込めない。

現状では結婚相手に負担が掛かるし、それでも良しとする相手であっても申し訳さと心苦しさやらで耐えられそうにもなく、幸せな結婚生活とは思い描けない。

そもそもとして、低収入者は多くの女性の結婚対象から外れており、本人の結婚承諾おろか相手方の御両親にも認めてもらえません。

仮に結婚したとしても生活費、養育費、交際費等々、現状以上にストレスが増えそんな環境が望んだ事とは到底思えない。

そこがある限り、結婚は考えられない。

 

本音や理由15

男性
(男性 40歳)

一言で言うと女性を信じていません。

加えて、結婚している男の友人達は全員が全員、不倫をしています。

周りの友達を見ていると、結婚ってなんなんだと疑問しかありません。

男の友人ならまだしも、女性の友人達も全員とは言えませんが、何人かは不倫をしています。

結婚の時に一生の愛を誓った2人ではないのでしょうか?

なのに、何故お互いのパートナーを裏切り合うのでしょうか?

自分には到底理解ができません。

それなら結婚なんかめんどくさく、最初からしないと考えたから結婚しないのです。

<スポンサーリンク>

本音や理由16

男性
(男性 42歳)

若い時は、少しは結婚したい願望はありましたが、今は別に結婚しなくても良いと思っています。

ひとつの大きな理由には、収入面的に厳しいものがあるのではないでしょうか。

とある日、自宅で政府統計の家計調査のデータを閲覧したことがありますが、子持ちの世代のケースですと生活費が一月で30万円以上掛かる事実に愕然としたからです。

ところが、今の月収はそれには到底及ばなく20万円程度であるため、仮にこの状態で結婚したら相当苦しい生活を強いられるのが必至です。

これでは、家庭が文化的な生活を送れないと危惧したためそれ自体を諦めました。

やはり、夫側は一人が健康的で文化的な生活を送れる手取り25万円前後がボーダーラインなのかもしれません。

 

本音や理由17

男性
(男性 42歳)

結婚したいと考えています。

したくても、経済的事情を考えた場合、現状は難しいです。

現在の職業が個人で店舗経営をしておりますので、常に安定した売上が維持出来るかどうかにかかってます。

現状は、最低限の生活ができれば良いほどです。

お付き合いしている方との結婚を考えた時、現状を考えると難しく、養うには経営向上していかなければなりません。

脆弱な経営基盤を強固にして、安定した状況が長期間に渡れば、お付き合いしている方と真剣交際に発展できたら良いと思います。

 

本音や理由18

男性
(男性 44歳)

私は離婚経験があり別居している中学生になる息子がいます。

私も40歳を過ぎ、毎日働きながら家事をするのは気力的にも体力的にも辛いと感じています。

また独りの寂しさもあり、気の合う素敵なパートナーと過ごしたいとうい気持ちはあります。

しかし息子の事を考え結婚するのは嫌だと考えています、息子もそれなりの年齢になり親離れをしてきていますが、やはり父親に自分の母親とは別の女性の存在があったら、複雑な気持ちになると思うのです。

息子の事を優先に考え、これからも結婚する事はないでしょう。

 

本音や理由19

男性
(男性 46歳)

一人が気楽だからです。

わざわざ二人で家庭を持ちたいとは思いません。

収入も少ないし派遣です。

料理好きです。

むしろ収入の多い女性のサポートをしたいくらいですね。

酒好きですが家で一人で飲みます。

酒の肴も手作りです。

酒のことを考えつつ料理をするのが至福の時間です。

両親は健在でして、また姉はとっくに結婚しています。

いまだに自分の結婚を望んでいますが聞き流しています。

老後のことを考えると貯金をしておくくらいです。

 

本音や理由20

男性
(男性 47歳)

私が結婚したくないと思った一番の理由は、自分の好きなことをする時間、お金が欲しいということが大きいです。

大学時代、姉と義兄を見ていましたが、やはり家庭のことで時間をとられているのを見てきました。

また、今も同年代の友人が子供のイベントにより自由に予定を立てられないということを聞きます。

ネットの発達によって趣味に関する情報、知識が得られやすくなり、より好きなことに熱中することが多くなった時代になったと思います。

そのため、私のように結婚よりも趣味を優先する人も増えているかと考えます。