結婚式での恥ずかしい経験談14選!気をつけるべき事は何?

結婚式での恥ずかしい経験談

今回は、「結婚式での恥ずかしい経験談・失敗談を具体的に教えてください。」というアンケートを20人の方に実施し、「結婚式で恥ずかしいと思った事」をテーマにまとめてみました。

華やかな祝の席である結婚式ですが、参加している方々は人間であるわけですから、何かと失敗してしまうこともありますよね。

結婚式で恥ずかしい経験をしたという方々は、一体どんな経験をもっていらっしゃるのでしょうか。

「結婚式でやらかしてしまった」、また「結婚式で何か失敗しそうで心配だ」という方々は参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

 

1.母に怒られているシーンが映像に

女性
(女性24歳)

まず、教会みたいな部屋で騒ぎすぎて母に怒られているところを式の映像?みたいなものでしっかりとられていたこと。

そしてそれは参列者全員に配られている代物…あとは、大好きな親戚の結婚式だったので、写真を撮る係を任されていたのに手が震え目がうるんでまともに撮れず、恥ずかしい思いをしました。

あとから親戚の家で見た時すごく微妙な空気になり気まずかったです。

また、キラキラした蛍光の液体を各テーブルに注いで回っているときに、それをいち早くこぼしてまた怒られて、それも映像に撮られていたことですかね…

 

2.スピーチで失敗

女性
(女性27歳)

友人の結婚式での恥ずかしすぎる失敗談です。

友人から「友人代表スピーチ」を頼まれていました。

彼女との10年分の思い出を語りたいと思いつつも、あまり長すぎると良くないと思ったので試行錯誤しながら内容をまとめました。

結婚式までに何度もスピーチを練習し、準備万端で迎えた当日。

和やかに式は進んだのですが、自分の出番が近づくにつれ緊張感がじわじわと襲ってきました。

名前を呼ばれマイクの前に立った瞬間、それまで覚えていたスピーチの内容がすべて飛んでしまいました。

完全にパニックに陥ってしまった私は話そうと思っていた思い出話ではなく、世間話のような薄い内容を話すだけでスピーチを終えてしまいました。

代表に選んでくれた友人に対する申し訳なさと自分へのふがいなさで胸がいっぱいになり、涙をこらえるので精一杯でした。

スピーチを行う際には絶対に原稿を持っていくべきだと痛感した出来事です。

結婚式の後に友人に謝罪に行くと「あんなに顔面蒼白な○○を見るのははじめて」と笑って許してくれ、いまでもとても仲良しです。

 

3.余興で失敗

余興の歌で失敗①

女性
(女性28歳)

友人の結婚式では、私と結婚する友人の友人の二人で、歌を歌う事になっていたのです。

もちろん、事前に歌詞カードも作り、実際に音楽を流してみて、二人で事前練習をしていたのですが、そのときはばっちり息も合って、この調子なら二人で結婚式で歌うのも大丈夫だと思っていたのです。

事前練習したのは実際に結婚式を挙げる1か月前で、私はその事前練習以来、その友達と会うことはなかったまま時が過ぎて、いざ、本番というときに、マイクをもって音楽が流れるのを待つと・・・その時流れたのは事前練習した曲と曲名とアーティストは同じなのですが、アレンジが違ってダンスポップバージョンになっていたのです!

驚いた私と友人はなんとか合わせて歌いましたが・・・今思うとグダグダだったように思います。

周りはおいしいもの食べながら談笑してたので、バレなかったのが幸いだったというオチです。

 

余興の歌で失敗②

女性
(女性50歳)

20年程前の事ですが、親戚の娘さんの結婚式に、母と出席した時の事です。

余興が始まり、食事を始めた私達の席に、係の人がカラオケの本を片手にやって来て、実は余興をする人が少なくて、時間がかなり余ってしまうので、「何か一曲歌ってもらえないか」と言いました。

人がいないのなら、と、快く引き受けると係りの人は喜んで、歌う順番が来たら合図しますね、と言い、舞台へ戻って行きました。

いざ順番が回ってきて、舞台に立ち、十八番の歌を感情たっぷりに歌い上げようとして、出だしから思いきり間違えてしまいました。

また、自分の間違いに笑ってしまい、グダグダになってしまいました。

 

余興の演奏で失敗

女性
(女性31歳)

自分の結婚式の余興で友達に三線演奏を頼んだところ、私たち夫婦も一緒に演奏に参加しようということになり、主人は昔趣味で使っていたオカリナで、私は沖縄のカスタネットのようなもので一緒に参加することになりました。

1度結婚式前にみんなで合同練習をしておこうと集まっただけなので当日大丈夫かなと不安に思っていました。

そして結婚式の当日、友達の三線・歌ともに素晴らしいものだったのですが、主人のオカリナ演奏が最初の3音目くらいからくるいだし、ステキな三線演奏が台無しになりました。

一緒に前に立っている私は、終始穴があったら入りたい状態でした。

 

4.クラッカーで失敗

クラッカーで失敗①

女性
(女性29歳)

結婚式の披露宴で、お色直しをして再入場する時に会場にいる方にお願いして、大きなクラッカーを私たちに向かってしてもらいました。

その際に旦那の顔にクラッカーのテープがひっかかってなかなか取れない状況になりました。

その時、私は指を指しながら笑ってしまったのです。

後から思うと、旦那の親族がいる前で大変失礼なことをしてしまったと思いました。

また、大きなクラッカーはオプションでつけたのですが、もっと来てくれた人たちに喜んでもらえるように使うべきだと後悔してます。

もったいない使い方をしてしまいました。

 

クラッカーで失敗②

女性
(女性32歳)

13歳の時、いとこの結婚式に出席しました。

式を終えて、参列者が教会入口の脇に並んでライスシャワーや花を歩いて出てくる新郎新婦に投げたりしますが、その時は花の他にランダムでクラッカーも配られていました。

私もクラッカーを2つ手渡されたので、新郎新婦が近づいてきた時に紐を引いたのですが、二つ同時に引いてしまい、銃声のような大きな発砲音が…。

一瞬みんな静まり返ってしまい、めちゃくちゃ恥ずかしかったのと同時にものすごく申し訳ない気持ちになり、いまでも結婚式の参列は若干のトラウマです…。

 

<スポンサーリンク>

 

5.焦りは禁物

焦って転んでしまいました

女性
(女性29歳)

後輩の結婚式で、新郎新婦の目の前で転んだ事です。

写真撮影が自由にできる時間になり、友達と一緒に急いで新郎新婦の座る台まで行くと、色んな方々が記念写真を沢山撮っていてなかなか2人と写真が撮れず、やっと2人と挨拶、記念写真を撮る事ができたと思ってほっとした瞬間に、アナウンスが流れ初めて「皆さんお席にお座り下さい〜。」と音楽が流れ、焦った私と友達は急いで立ち去ろうとした瞬間に、新婦の座る目の前で転倒してしまい、前列の方々に笑われてしまいました。

その後はずっと、下を向いて落ち込みました。

 

頭が真っ白に

女性
(女性41歳)

チャペルでの挙式の際。

牧師さんの合図で誓いの言葉を交わし誓いの口づけを交わした後、緊張と恥ずかしさがmaxの状態の時に、次は参列者の方を向いて結婚の誓いの書面にサインを…という段取りに移る時でした。

事前リハーサルできちんとサインをする台の場所を確認していたはずなのに、緊張しすぎていた私は階段を1段降りるだけのはずを、新郎を置いてスタスタと5段ほどの階段を下までおりてしまいました。

そこで初めて後ろの新郎と牧師さんの唖然とする表情に気づき、我に返ってあわてて階段をまた上がったのですが、ウエディングドレスの裾はグチャグチャになり、変な汗はふきだし、サインする手は震えてなかなか字が書けず、参列者のクスクス笑う声は聞こえて、本当に頭が真っ白になりました。

 

6.計画はしっかり

女性
(女性32歳)

家族だけでこじんまりとした結婚式を、と計画し、結婚式場を使わずに格式ある神社で式をあげました。

当日、無事に祝詞も終わり、「さあレストランに移動しようか」となった時、神社の社務の方から請求書を渡されて真っ青!

そう、当日現金で支払うように、とコーディネーターさんからしつこく言われていた玉ぐし料(?)を、夫婦そろって用意するのも渡すのもすっかり忘れていたのです!

財布に手持ちもなく「どうしよう」と大慌て!

結局、遠隔地に住んでいる兄が式が始まる前に現金でくれたご祝儀を開けて使用させてもらいました。

親族も苦笑い。

でも、笑い話のいい思い出です。

 

7.お酒に注意

ハメを外し過ぎた

男性
(男性34歳)

結婚式当日に新郎新婦が歌うという催しのおかげで恥ずかしい気持ちになりました。

当日は親友、親戚などからお酒をだいぶ飲まされてたので気持ち良く歌っていましたが、あとで結婚式VTRを見て見ると、ノリノリで踊りながら音程を外して歌っている自分を見て恥ずかしさとショックが大きかったです。

あと、結婚式の受付をしてくれた友人にお返しの用意をするのを後々気づき、後悔しました。

あとから考えると反省点と後悔ばかりが頭から離れません。

 

酒癖の悪さ

女性
(女性41歳)

母親の知人に、とても酒癖の悪い男性がいます。

私の結婚式にも招待したのですが、なんと結婚式が始まる前、朝からずっと飲み続けていたらしく、会場に来る頃にはすでに泥酔していました。

司会者のマイクを奪って好きなことを話し続けたり、周囲に絡んだりで、結婚式の主役は私ではなく、その人のような状態でした。

その人の酒癖が悪いのは分かりきったことだったのですが、まさかそこまでの醜態をさらすとは思いませんでした。

お招きしたことを大失敗だったと今でも思っています。

関連:結婚式での失敗談12選まとめ!服装と飲み過ぎに注意?

 

8.準備はしっかり

女性
(女性34歳)

以前、親しい友人の結婚式に行ったときの話です。

友人の晴れ姿を見るのが楽しみで仕方ありませんでした。

わくわくした気持ちを抱えながら、結婚式に着ていく洋服をそそくさと選び、あまりよく洋服を見ずに結婚式へ向かいました。

そして結婚式当日になり、結婚式場にある大きな鏡で自分自身の身だしなみを整えていると、洋服のいたるところがほつれていました。

急いで洋服を買いに行く時間もなかったので、洋服が気になってわくわくして楽しみにしていた結婚式が全然楽しめませんでした。

 

<スポンサーリンク>

 

9.服装で失敗

服装で失敗

女性
(女性34歳)

初めて友人の結婚式に招待されて行った時、どのような服装で行けばいいか分からず、おめでたい席なので「黒っぽいドレスはあまり良くない」とか、「白いドレスは新婦とかぶるからダメ」とか、いろいろ周りの意見を参考に自分のドレスを買いました。

大きな花柄のロングドレスに、靴は少し派手めな普段履けないような気合の入ったピンクのキラキラのハイヒールで特別感を出して張り切って行ったものの、いざ結婚式場に行ってみると皆けっこう黒っぽいおしゃれな落ち着いた色のドレスばかりで、私だけすごく浮いてしまいました。

ピンクの靴なんかで行くんじゃなかったと本当に後悔しています。

 

ベールで失敗

女性
(女性36歳)

教会式の時に、母親に入り口でベールを下ろしてもらう時にきちんとベールが下りず、一箇所だけめくれ上がってしまい、そのままバージンロードを歩く羽目になりました。

絶対に参列者の人たちは「あ、ベールめくれてる」って思われたと思います。

新郎にベールを上げてもらうまでずっと気になって仕方なかったです。

披露宴の時、ケーキ入刀の後の新郎新婦での食べさせ合いの時、最初に私が食べたのですが、司会の人から「ケーキのお味はどうですか?」と聞かれたのでボケた返答をしたのですが笑いはおきず、その後の新郎のボケの方が爆笑をとっていて恥ずかしかったです。

普通に返答すればよかった。

あと、祖母への花束贈呈があったのですが、コメントを考えてなくて小声でモゴモゴ言ってしまい、後から母に何も聞こえなかったとダメ出しが出たのは失敗でした。

 

10.挨拶で失敗

男性
(男性35歳)

10年ほど前、職場の後輩の結婚式に招待されました。

レストラン付きのゲストハウスのようなところでの式で、招待客はごく親しい間柄の人たちばかりでした。

私はそこで光栄なことに、乾杯の挨拶を頼まれ、快く引き受けました。

なにか印象に残るような乾杯は出来ないものかと考え、いろいろ調べてみると、最後の『乾杯!』の掛け声を工夫するパターンを知りました。

『乾杯!』を『○○君、○○さん、末永くお幸せに!おめでとう!』という掛け声で乾杯するというものです。

私はこの掛け声ならオリジナリティがあって、良いのではないかと気に入り、スピーチの内容を考えました。

そして当日、場は気の置けない友人・知人同士で盛り上がり、打ち解けた雰囲気でした。

私の挨拶も終盤になり、最後に『おめでとう!』の掛け声で乾杯すると宣言し、勢いよく『おめでとう!』と叫びました。

しかし、慣れないパターンに参加者は全員あっけにとられ、乾杯のタイミングで戸惑いと、ざわざわした空気になってしまいました。

私一人がグラスを高々と掲げる形になってしまい、なんともしまらない乾杯にしてしまいました。

やはり、オーソドックスなパターンに勝るものはないのだと、勉強になった経験でした。

 

11.待合室ミス

女性
(女性38歳)

結婚式での恥ずかしい体験談かれこれ10年前の話になります。

当時20代だった私は、高校時代の友人の結婚式に出席しました。

友人から、挙式にも参列してほしいと言われていたので、予定時刻より早めに結婚式場に到着しました。

挙式開始まで30分以上時間があり、ロビーで一人待っていると、式場の方から「あちらの待合室へどうぞ」と声がかかったので、部屋に入りました。

部屋の中には、知らない人達がテーブルを囲んで座っていました。

とりあえず、挙式が始まるまでの30分間、特に誰と話すわけでもなくその部屋にいました。

後で気づきました。

そこは、花嫁である友人の親族の待合室でした。

ドアにはきちんと「○○家」と貼り紙があったのに全く気がつきませんでした。

後から気づいて、大変恥ずかしい思いをしたのを覚えています。

 

12.会場ミス

女性
(女性39歳)

友人の結婚式の日、寝坊をしてしまい時間に追われて急いで支度をして結婚式会場へ出向くと、間に合わないと思っていたのにどうやら時間に間に合ったのか、たくさんの式参列者が記帳をしているところでした。

良かったと思い、記帳を済ませ、そこでビデオを撮っている方に呼び止められ、新郎新婦にメッセージを残すことになりました。

それから会場に入っても参列する他の友人の姿はなく、みんな遅いなと思っていたら携帯がなり、小声で私はいまどこで何をしているかを聞く友人。

その友人も式に参列するはずだったので、もう会場で待ってると伝えると、なんと式はすでに始まっていると伝えられました。

あわてて入口へ戻ると、そこには知らない新郎新婦の名前が書いてありました。

結局遅刻をし、知らないカップルにビデオメッセージを残し、記帳までし、お祝いのお金が入った封筒を返してもらうというなんとも恥ずかしい失敗をしてしまいました。

 

13.元恋人関係

女性
(女性49歳)

友人の結婚式に呼ばれ出席。

友人代表のスピーチも頼まれました。

元彼も新郎側から呼ばれ友人代表のスピーチをする事になっていました。

私と元彼はお互い新郎新婦の友人代表としてマイクの前に立つことになりました。

周りの出席者も皆知り合いで私たちの過去の付き合いを知っています。

元彼は奥さんと同伴していました。

スピーチが間近になったので、元彼の前に行き軽くお辞儀をしました。

別れてから一年ぶり程の再会でした。

お辞儀をしたまさにその時。

元彼の奥さんが「あっ!ビデオで何回も見た人だ!」と私に指をさしたのです。

ちょうど式が静まり返ってる時でしたのでとても目立ちました。

その奥さんとの結婚がもとで私がふられた事を周りの人は知っていましたので、とにかく恥ずかしくて。

この人私の事を何て奥さんに説明してビデオを見せていたのだろう。

という腹立たしさも後からきました。

ビデオといってもサーフィンをしている自分の姿を奥さんに見せたかったのだと思いますが、それを撮影しているのは私。

そこに私のすがたが何度か登場するものです。

指をさされた後に慌てて元彼がその手を払っていました。

屈辱と腹立ちの結婚でした。

 

14.周りが引くほど号泣

女性
(女性50歳)

友人の結婚式に行った時の事。

感動はするだろうけど、泣く事はないだろうと思っていたのですが、式が進むにつれ、小さな頃の写真などを見せられたりして、一人娘である友人が、両親に宛てた手紙を、泣きながら朗読を始めたら、完全に感情移入してしまい、涙が溢れました。

その時に流れた音楽が、山口百恵の秋桜で、あまりにもタイムリーに流れる音楽が、私の泣きツボに入ってしまい、回りが引く程泣いてしまいました。

メイクも崩れてしまい、とても恥ずかしかったです。

 

アンケートに答えてくださった方々、ありがとうございました。

★こちらも読まれています

結婚式に行きたくない理由20選!みんなの断り方は?

結婚式のめんどくさい事10選!欠席するべき時もある?

専業主婦が暇な時間にしている事10選!おすすめは何?

飲み会での失敗談10選!みんなの恥ずかしい経験まとめ

<スポンサーリンク>