結婚式に行きたくない理由20選!みんなの断り方は?

結婚式 行きたくない

友人や同僚の結婚式など、思わず「行きたくない」と思ってしまう結婚式ってありますよね。

今回は、結婚式に行きたくない理由や、そんな時に使える結婚式の招待の断り方について、

「 結婚式に行きたくない理由と、あなた流の招待の断り方を具体的に教えてください。」

というアンケートを実施し、20人の方に答えて頂きました。

「結婚式に行きたくない!」と悩んでいる方々は参考にしてみてください。

 

1.同級生に会いたくない

女性
(女性22歳)

中学高校時代にはあまり良い思い出がなく、同級生に会いたくないので結婚式には行きたくありません。

断りの理由としてよく使う手は、

「遠縁の身内が不幸にあってしまい縁起が悪いので出席出来ない」、

「仕事私生活が忙しいので出席出来ない」

「略装略服が用意できないので出席出来ない」などです。

夫の仕事が忙しくサポートが必要な職種な為、本当に忙しい事が殆どで仕事を理由に断ることが多いです。

過去に6度ほど結婚式の招待がありましたが、内5回が中学高校時代の同級生の結婚式でしたので、結婚式には1度しか出席したことがありません。

 

2.海外暮らしを理由に断ります

女性
(女性23歳)

高校卒業後、海外の大学に進学してしまったので、日本の友達となるとどうしても高校の頃以前の友達になってしまい、大学在学中はほとんど日本に帰らなかったため、ご無沙汰してしまっている友達が多く、どのような話をしたらいいのかもわからないので、あまり結婚式には行きたくありません。

招待を断るときは、現在も日本に住んでいないため渡航費が思った以上に高いことや、こちらでの生活が忙しいなどの理由で断るようにしています。

【関連】友達はいらない?友達が必要ではない理由15選

 

3.結婚式よりも趣味を優先

女性
(女性25歳)

私の場合、優先したい趣味のイベントと同僚の結婚式が重なってしまうような場合には、同僚の結婚式を断りたいと思います。

そういう場合、どうしても行かなければならない先約があることを伝えます。

決して趣味のイベントであることは伝えませんが、身内やより仲の良い友人の冠婚葬祭行事があることを理由にします。

子供がいる場合には、子供に関する行事があることを理由にするとより断りやすいと思います。

ポイントは、自分が行きたくないからではなく、自分以外の予定で、そちらに行ったほうが良いと思ってもらえる理由にすることです。

メールやLINEでのやりとりで、あまり親しくなく、友人関係が共通でなければばれないと思います。

思っていることが顔に出てしまうなどで嘘をつくのが苦手な方は、対面での会話で出席してほしいと言われた場合には「予定を確認させて」と一旦返事を保留にしたあと、メールやLINEで上記のような理由を作って返事をすると良いと思います。

 

4.人数合わせが嫌

女性
(女性26歳)

特に親しくない同僚や、人数あわせで呼ばれたような間柄の友達の結婚式は、高いお金を払ってまで行きたくないと思ってしまいます。

本当にお祝いしたい大切な友達や兄弟の時の為に盛大にお金は使いたいので、出来るだけお金は残しておきたいです。

なので、行きたくない式に招待された場合は、先に呼ばれている結婚式があると行って断ります。

先約を優先したと言えば、大抵の人は納得してくれます。

断る場合は早めに断ることが相手に失礼にならなくて良いです。

 

5.人数合わせが嫌②

女性
(女性27歳)

さほど仲良くない関係で招待されるのは、完全に人数集めだと感じてしまいます。

仲が良い関係ならお互い呼び合えるし、何なら自分が家族だけで結婚式をあげるようなこじんまりした方法を取ることになったとしても、あげたご祝儀を損だと思いません。

やはり、ご祝儀の3万円を今後付き合わないであろう関係の人に使うのは、ドブに捨てるのと同じだと思います。

結婚式は大体土日と決まっていますし、他の友人の結婚式と被ってしまっていて遠方でもあるので、式にも二次会にも参加できないと嘘を伝えて断ると思います。

 

6.出席する余裕がない

女性
(女性28歳)

何年も会っていない友人や、結婚しなければこれから先も会う予定が無い様な友人に誘われても、お祝いする所までモチベーションが上がりません。

また生活がギリギリすぎて、多額のお祝い金や身だしなみを整える金額を短期間で作る事が出来ないのでお断りします。

断る理由は身内の都合か、仕事をどうしても休めないという事にしています。

後日お祝いにご飯を奢るという約束をしたり、結婚式の前日に謝罪とお祝いメールを入れるのは絶対に忘れない様にしています。

 

7.合いたくない人がいる

女性
(女性32歳)

披露宴の座席が苦手な先輩と同じテーブルになることが分かりきっているので、お金を払ってまで、休日に苦手な先輩に会いたくないので、どうしても行きたくない結婚式があります。

そんな時は、遠くの親戚の結婚式と重なってしまったことにして、披露宴のご招待を早めに断ることにしています。

同じ地域だと「どこの式場?何時から?」などと尋ねられてしまうので、親戚一同でマイクロバスに乗って行かなければいけないほどの遠い場所であることを強調して断ります。

 

8.会社の飲み会ノリが嫌い

女性
(女性32歳)

会社の同僚の披露宴はいつも忘年会や新年会のようになってしまい、相手側の出席者から覚めた目で見られることが多いですし、上司にお酒をついだりしなければいけないので、落ち着いて食事もできないし、お酒を飲む暇もないくらい忙しいので、できれば行きたくないです。

もし招待されてしまったら、「先約がある」といって断っています。

 

9.結婚をせかされるのが嫌

女性
(女性33歳)

もう何人もの結婚式に行きましたし、親戚相手だと「次はあなたね。」なんて言われるのが苦痛でしかないからです。

何年も音信不通の元友人にいきなり結婚式だけ呼ばれたり、人数合わせのためなのか正直失礼だなと思います。

本当に仲が良かった大切な友人の結婚式は済みました。

結婚式だろうと仲が微妙だった友人には、はっきり仕事が忙しくて行けないと言います。

ちゃんとした理由は言いません。

言う理由もないと思うからです。

仕事も忙しいし、家もいまごたごたしてて身体の調子が悪くてと言います。

あまり長々と言い訳しても意味がないと思うので向こうにも察してほしいという感じでお話しします。

大切な友人やどうしても行かなくてはならない場合ならまだしも、結婚式が終わってまた連絡しなくなるような友人なら、貴重なお金と時間が無駄になると思います。

 

10.人数合わせが嫌③

女性
(女性33歳)

さほど仲良くない人からの招待で明らかな人数合わせである時、今後その人と交流もそれほどないだろう又はしたくない時、お金に汚い親戚の結婚式が行きたくないと思いました。

あまり快くないと普段から思っている人の結婚式に出ても、素直に祝福できないし、時間とお金がもったないたら思います。

友人の場合は月並みですが、仕事の都合でどうしても予定が合わない、親戚の結婚式が重なってしまったと当たり障りない理由にしました。

親戚の場合は学生時だったので、「その日の試験を受けないと留年してしまう」と学業を理由にしました。

 

11.結婚式は疲れる

女性
(女性34歳)

結婚式に行くためには、結婚式に着て行く洋服を選んだり、また洋服がない場合にはわざわざ購入しなければならないといったことになります。

またご祝儀代もかかるため、毎月の支払などでお金のやりくりが難しいといった場合もありますよね。

こういった場合にもし結婚式を断る場合には、例えば遠方の場合には「遠くて行くことができない」と言って断ります。

また遠方ではない場合には、「その日、たまたま別の結婚式に呼ばれてしまっている」と言って断ると、それ以上追及されにくいと思います。

断る際にはなるべく追及されない断り方で、相手を傷つけないような断り方をするのがベストだと思います。

 

12.他人ばかりなのが嫌

女性
(女性34歳)

人の多い場所が苦手で、ほぼ知らない人ばかり・・・。

どの結婚式も同じような料理で美味しくないし、見せられる馴れ初めDVDもどうでもいい内容でまったく楽しくありません。

結婚式もクリスチャンではないのに結婚式だけ「アーメン」と言ったり、知らない歌を歌ったりも変だと思います。

披露宴の乾杯の挨拶などで、常識のつまらないお決まりの話とかオヤジギャグも聞きたくありません。

何年かぶりに会う友人も多いので、披露宴の丸テーブル上の話はさりげない自慢や会話を濁すなど探り合いばかりです。

妊娠中の方も多く、独身組とまったく話は合わないし、リアルな出産話など「式場で話さなくても・・・」というような話をしたりします。

兄弟や親族の結婚式が重なったと言うといいと思います。

 

13.幸せオーラに耐えられない

男性
(男性35歳)

結婚式に行きたくない理由は、これから結婚して家庭を築いていく幸せを見せつけられるのが耐えられないからです。

幸せを見せつけられた上にお金を払うというのは、大変耐え難いものです。

しかも、明らかにあまり親しくもなく、数合わせのような感じでもあったからです。

新郎が「来てくれないと採算がとれない」と言ったことも、さらに拍車をかけました。

結婚式に行きたくない時に、私流の断り方は『親族の結婚式がある』です。

よかったら皆さんも参考にしてみてください。

【関連】独身生活の辛い事とは?|アラフォー独身10人の答え

 

14.他人ばかりなのが嫌

女性
(女性38歳)

過去に実際に体験して参ってしまったことがあるので書かせてもらいます。

新婦は職場の同僚。

職場から招待されたのは何故か私一人で、完全にスピーチのためだけに呼ばれたのだと察知。

スピーチ自体は問題ないけれど、なんといっても出席したって周りはすべて初対面の他人ばかり。

同世代もたくさんいるから大丈夫と新婦には言われたけど、さすがに行きたいと思えなかったです。

「招待してもらったことはとてもありがたいけれど、知人もまったくいない場にひとりで行くのはやはり辛い。」

というのが率直な断り方なんでしょうが、いろいろ席次を考えてくれた主催者の気持ちもあり、断り辛かったです。

相手を傷つけずに断る方法として、やはり子供がいる私は子供の行事やイベントを口実に断っています。

春や秋だったら運動会。

「子供の習いごとの発表会がある」というのも使える断り方かなと思います。

ただし、運動会の当日を理由にすると、もしかしたら相手が日にちを調べてしまい嘘だとばれてしまう可能性もあるので、「役員になってしまって準備で大変。どうしても役員会に出なければならなくて」とイベント当日じゃなくても断れるような理由を作るのも大事です。

 

15.めんどくさいから

男性
(男性38歳)

自分は既婚者です。

「結婚式に行きたくない、参加したくない理由」は、「単に面倒」、「祝儀などの出費が掛かるのが嫌だから」、「せっかくの休日が潰れるのが勿体ない」などの理由です。

酒を飲むのは好きですが、あんな場では飲み過ぎてしまうのはNGですし、普段スーツを着る仕事をしていないので、窮屈な服装もダルいです。

一度だけ袖を通して、またクリーニングに出さなければいけないのも勿体ないです。

結婚式に誘われて断る方法は、趣味の「魚釣り」です!。

魚釣りと言っても、最近は大会などが開かれています。

「その大会に数ヶ月前から既に申し込みをしてしまっていて、参加を振り込んでしまっているからキャンセル出来ない」という理由で断ります

 

16.出席する余裕がない②

女性
(女性39歳)

すばり、費用がかかるから出席したくありません。

ご祝儀はもちろん、会費の場合でも、ご祝儀や会費以外に美容代や衣装代や交通費など出費がかさみます。

お目出度い事なのでお祝いはするべきと思いつつも、日々の生活の中では大きな出費なので、出来るだけ参加を控えています。

招待の断る理由としては、サービス業をずっとしていたので仕事を理由にします。

相手が困らないように、なるべく連絡を貰ったらすぐに仕事でどうしても空けられない事情がある事を伝えてお断りします。

 

17.人数合わせが嫌④

女性
(女性40歳)

親族や親しい友人の結婚式には、何の抵抗もなく参加します。

何を着て行こうかとか、お祝いに何をあげようかとか、そういった悩みはありますが、お式への参加自体は問題ありません。

ところが、一旦親しくもない同僚や、何度か会っただけの知り合いの大規模な結婚式に招待されると、お祝儀集めの一員として招集されている気持ちになるのです。

この年齢になると、どんなに浅いお付き合いでも3万円は包まなくてはなりませんし、正直迷惑だなと思うことの方が多いです。

そういう時は、ちゃんと丁寧に「地方で仕事がある」、「海外に出張がある」などとお伝えして欠席のお返事をします。

 

18.出席しても・・・

女性
(女性46歳)

高校の同級生。部活が一緒だった。

卒業から10年以上経過しており、年賀状すらやり取りしていない希薄な関係。

当時の友達とは連絡を取り合っている人も少なくて、話も弾みそうにないと出席をためらってしまった。

また、自分自身の結婚式にも呼んでないし、結婚のお祝いも貰っていなかったので。

むしろ呼ばれたことが不思議なくらいだった。

実際に断った理由は、友人の挙式が9月で自分の出産予定日も9月と重なっていたため。

出産予定がなかったとしても、親戚の結婚式と重なっている、あるいは法事と重なったなど当たり障りのない理由をつけて断ったと思います。

お祝いにドーム型のフラワーアレンジメントを送りました。

お返しも特に何もいらないと思ったので。

 

19.出席する余裕がない③

女性
(女性49歳)

結婚して家庭を持った私にとって、突然来る招待状は督促状と同じ匂いがします。

毎日毎日切り詰めて生活している中で、親しい友人からのものでもためらいます。

まして主人の見たこともない親戚から家族全員招待された時は決して断れません。

どれ程の出費でどれだけ大変か分かっているのかいないのか、ヘラヘラ笑っている主人そのものに殺意をおぼえます。

友人からの招待状はだいたい断ります。

主に実家の法事と言う理由で。

他県などに住む友人からの招待には、子供の部活の大切な試合がある。などです。

本当は出席したいのはやまやまなのですが、家計の事を考えると足がすくんでしまいます。

そんな私の気持ちも知らず、来る者拒まずで全てに出席している主人を見る度、結婚なんてするものではないと新婦に伝えたくなります。

【関連】旦那さんのうざいと思う所10選!どんな対処をすればいい?

 

20.親戚や友人の不幸を理由にする

男性
(男性67歳)

「親戚に危篤者がいて、いつ死ぬか分からないのでとても結婚式に出席できない」とか、「親戚の葬式があって出席できない」とか、「親戚に事故か災害が起きたので出席できない」というように、親戚や昔からの付き合いのある友人の不幸を理由にするのが良いでしょう。

なお、事故や災害は小さなものなら報道されることも少ないので、バレる事もないと思います。

親戚や友人の不幸を欠席する理由にするのは気が引けてしまうかもしれませんが、不幸となると結婚式の招待した人も諦めると思います。

 

アンケートに答えてくださった方々、ありがとうございました。

やはり、人数集めで呼ばれた結婚式に出たくないという方や、結婚式に出席するほどの余裕がないという方が多かったですね。

また、結婚式への招待を断る理由としては、「他の予定をでっちあげる」というものが最も多いようです。

結婚式は出席するだけでも大変ですから、出席するか否かはしっかり考えたいですね。

こちらも読まれています。

結婚を諦めた時の年齢と理由は?独身15人に聞いてみた

結婚生活の「めんどくさい」ことって何?既婚者20人の答え

結婚生活の幸せエピソード20選!幸せを感じる条件とは?

独身たちに老後の不安を聞いてみた|貯金はいくら?

<スポンサーリンク>