結婚式での失敗談12選まとめ!服装と飲み過ぎに注意?

結婚式での失敗談

今回は、「 今まで参加した結婚式で後悔した失敗談を教えてください。また、どうすればその失敗を避けられたと思いますか?」というアンケートを15人の方に実施し、「結婚式でやらかしてしまった失敗談」をテーマにまとめてみました。

華やかな祝の席である結婚式ですが、参加している方々は人間であるわけですから失敗してしまうこともありますよね。

みなさん、一体どんな結婚式での失敗経験を持っていらっしゃるのでしょうか。

「結婚式でやらかしてしまった」、また「結婚式で何か失敗しそうで心配だ」という方々は参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

 

1.余興で失敗

女性
(女性26歳)

結婚式をするのは構わないのですが、大して友達が多くない人の結婚式は苦痛だったりします。

そういう人はスピーチや余興などもなかなか頼める友人や知人が少ないので、そこまで仲良くない人に頼んだりしてお互いに失敗したなぁと思う場合が多いからです。

余興で、大して仲良くない人が作った友人達のコメントムービーなんかを見せられるのが一番苦痛です。

思い出のエピソードもなければ、コメントしている人もあまりお祝いムードではないので開始1〜2分で結婚式参加者はしらけてしまいます。

そんなムービーを見せられても結婚式をしている側も大してうれしくないと思います。

そういう人は最初から身内だけで小さく結婚式をするべきだと思います。

そのほうが感動もぎゅっと凝縮されていい思い出になりますよ。

 

2.交通費が大変

男性
(男性27歳)

お金がなさすぎて神戸の式場まで高速バスで移動したことがあります。

苦痛でした。

式と二次会だけで4万円かかり、バスを使っても5万円以上の出費を強いられました。

なかなか辛かったです。

結婚はラッシュで続くもので、なかなか怖いものがあります。

また、服装もネクタイを買い忘れ街中を走った記憶があります。

あれはもう二度とやりたくないです。

 

3.参加者の人間関係

女性
(女性27歳)

適当な理由をつけて断ろうか悩んでいた結婚式に親友が呼ばれており、自分も行かなくてはまずいかと思いどうにか仕事を休んで参加したところ、なんと昔いじめられていた相手が参加していました。

とても気まずかったですし今更顔も見たくない相手だったため、そもそも参加しなければよかったと思います。

それ以来、結婚式は本当に苦手です。

 

4.お酒で失敗

飲み過ぎで失敗

女性
(女性27歳)

以前参加した結婚式での新郎の友人代表スピーチがかなりグダグダで、悲惨だったことがありました。

代表の方はかなりお酒を飲んでいたようで、名前を呼ばれマイク前に立った時には顔が真っ赤でした。

原稿を手にしながら読んではいるものの、酔っぱらってしまっていて何度も同じ部分を読み返すばかり。

時間もかなり長くなっていたので、その方の友人と思われる方々から笑い交じりの「早く終われー」という声が飛ぶ始末。

半ば強制的な形でスピーチは終了しました。

会場は何とも言えない空気に包まれ、新郎新婦がとても可哀想に思えました。

スピーチ前に飲みすぎなければあのような失敗は避けられたと思います。

 

お酒でうるさくなる人

男性
(男性32歳)

自分は大人しく時間が早く過ぎるのを祈っているだけですが、盛り上がるのが好きなタイプの人達はお酒が入るとうるさくなりますね。

仲のいい人同士でテーブルに集まるもんだから、一か所だけ目立ってうるさいテーブルなんかがあると、恥ずかしい奴らだなと思いながら見ています。

うるさいなと思いながらみていたらワインこぼしたみたいで、シャツがワイン色に染まってた人なら見たことがあります。

避ける方法は普段からの教育ですかね。

 

酔っ払って周りから顰蹙を買う

女性
(女性33歳)

結婚式での自身の失敗はありませんが、参加した時の結婚式が後々ひどかったと噂になったものがあります。

新郎、新婦ともにお酒は好きで、新婦はお酒に強く、新郎はお酒に弱かった結婚式に出たときのことです。

披露宴で新郎の友達に進められるがまま新郎がお酒を飲んで酔っぱらい、新郎の友人たちもお酒に飲まれ、新郎に対して「お前が結婚できるとは世も末」などと言っていたらしく、新郎は新郎で新婦さんに対して「こいつは行き遅れのところ俺が拾ってやったから」と失礼な発言を連発し、周りから顰蹙をかっていたこと。

お酒を飲む量をプランナーさん、新婦を含め調節していればおこらなかったかもしれません。

関連:飲み会でめんどくさいと思う事6選と対処法まとめ

 

<スポンサーリンク>

 

5.服装の失敗

ヒールで失敗

女性
(女性29歳)

2次会まで参加したときに、足が痛くてとてもつらい思いをしました。

結婚式から2次会まで時間もあり、ずっと同じヒールを履いていたので最後に終わって帰るときは足の皮がむけていました。

バンドエードなどを用意していくか、式以外で履いていられるペタンコのおしゃれ靴を持参していけば良かったなと思いました。

移動だけでも履き替えられれば楽になったと思います。

 

周りに相談しておけば良かった

女性
(女性37歳)

ドレスを始め、アクセサリーやメイクが地味すぎたことです。

初めての結婚式で何を身にまとえばいいのかわからず、とりあえずマナーの本で調べました。

しかし、黒を基調としたドレスを選んだため、やはり周りに比べると華やかさに欠けてしまいました。

おまけにメイクやヘアスタイルも地味なので全体的に大人し目の雰囲気になってしまいました。

もっと周囲の友達に相談していれば相場がわかったと思います。

 

6.結婚式しか会わない相手の結婚式

女性
(女性30歳)

高校の時に仲良くしていた友達に呼ばれた結婚式です。

高校の時はとても仲が良かった。

卒業をしてからは会う事もあまりなかったのに、結婚式に招待してくれました。

久々に会える事に嬉しく思い、快く行く事を決めました。

当日も非常に楽しかったのですが、それ以来、連絡も会う事も連絡を取ることもありませんでした。

何だか虚しい気持ちになりました。

それ以来、招待をしてもらったら、今後も付き合うのかどうか。

そんな事を考えて、出欠をするようになりました。

 

7.知り合いがいない式への参加

女性
(女性32歳)

隣町での披露宴へ参加するために車で向かいましたが、ナビの設定がおかしかったのか道に迷ってしまい、やっとの思いで着いた頃には披露宴が始まる2~3分前でした。

一緒に行く人がいれば迷わなかったと思うけど、新婦以外知り合いがまったくいないぼっち参加。

受付の人にも迷惑を掛けたし、当の新婦とも気軽に話せる間柄じゃない。

こういう場合の参加はやっぱり断らせて頂くか、行くと決めたら一人な分、いつもより念入りに下調べをしなきゃと思いました。

関連:結婚式に行きたくない理由20選!みんなの断り方は?

 

8.式は小規模の方がいいかも

女性
(女性35歳)

昼間の結婚式で、ロングドレスを着ていってしまったことがあります。

夜の装いだったことに後から気づきました。

後、よくあることなのですが、小さい子供をやむをえず連れてこなければいけない人がいると思いますが、決まってぐずって泣いてしまうので、式がしらけることがありましたね。

また、友達の少ない人の式は、盛り上がりませんでした。

正直、式はごく親しい人とこじんまりとやったほうが、強制参加させられるよりよっぽど良い日になると思いますが。

 

9.全然盛り上がれなかった

女性
(女性37歳)

来て、来てと軽く誘われ、たいして仲がいいわけでもなく、少しの期間同じ職場だけだっただけで行くと、周りの人も知らないし、盛り上がりもしないし、結局行っても楽しくありません。

行く結婚式は厳選することと、断り上手になることが大切です。

時間もお金も使う必要がなくなり、疲れもないし、人の幸せを見てると自分も幸せになれる方はよいかと思いますが、私はなれませんでした。

関連:飲み会が楽しくない方必見!飲み会を楽しむ方法8選!

 

10.挨拶に行っておけば良かった

男性
(男性40歳)

すでに退職した会社の同僚の結婚式に出席した際、会社の他部署の上役(同僚にとっての上司)が招待されていました。

会場は丸テーブルの席で、席から離れて挨拶などはできないため、そのまま終わってしまいました。

その後の付き合いでその上役とあまり接点はありませんでしたが、積極的に挨拶にいっていればその後の人間関係を良好にできたのかと思います。

 

11.前準備は大切です

男性
(男性41歳)

新婦から依頼されたので、新婦側の来賓祝辞と思い込んでいた所、当日蓋を開けてみると新郎側の来賓祝辞でした。

当然ながら、祝辞の原稿には新婦の事ばかりが綴ってあります。

アドリブで何とか切り抜けたのですが、かなり焦りましたし、中身の無い祝辞になってしまいました。

新郎新婦に一言確認さえしていれば、こういう失敗は起こさなかったでしょう。

また、結婚式の開始時間を間違えて大遅刻してしまった事があります。

これは私の完全な勘違いが原因でした。

この日の前日が夜勤だった為、早朝帰宅して仮眠をとりました。

招待状を見て11時式開始と思い込んでいたのですが、実は10時開始だったのです。

しかも会場は暗く、新郎新婦入場のすぐ後のタイミングだったので、スポットが当たり目立ってしまいました。

友人同士の中で、あいつ遅刻して来てんの?という雰囲気になり、申し訳なくて顔も上げられない状態になってしまいました。

前日に仕事を入れてしまったのが失敗の原因と思っています。

 

12.結婚をせかされる

男性
(男性47歳)

失敗談は無いですが、独身の人は周りから「あなたも早く結婚しなさい」と干渉されます。

自分がしてるからか、優越感に浸って見下してます。

実際、結婚してる人で上手くいってる人は少ないです。

ストレスが溜まり、一人の方が気楽です。

結婚生活は、そんな楽しいことばかりでは、ありません。

年寄りには、人の心配より、自分の心配をしろ!と言いたいです。

関連:独身生活の楽しい事とは?|アラフォー独身10人の答え

 

アンケートに答えてくださった方々、ありがとうございました。

★こちらも読まれています

結婚式のめんどくさい事10選!欠席するべき時もある?

結婚式での恥ずかしい経験談14選!気をつけるべき事は何

旦那のむかつく所8選!イライラを感じた時の対処法は?

仕事が嫌すぎる!という方に提案する4つの対処法と経験談

<スポンサーリンク>