倦怠期はいつから来る?時期や期間を経験者20人に聞いてみた

倦怠期 いつ

ここでは、倦怠期に入りやすい時期や期間についてまとめています。

付き合いが長くなると、ドキドキ感が薄れる一方で相手に慣れを感じてしまうもの。

そして倦怠期とは、相手との関係が「非日常」から「日常」へと変わる過程なわけですが、どんなタイミングでこの倦怠期は訪れやすいのでしょうか。

今回は「倦怠期はどのようなタイミングで来やすいと感じますか?」というアンケートを20人の方に実施し、倦怠期の時期や期間についての経験談をまとめてみました。

参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

 

倦怠期の時期と期間まとめ

経験談1

女性
(女性18歳:倦怠期間約1ヶ月)

やはり、付き合っている期間が長くなってきたら必然とくるものだと思います。

私自身、1年半年付き合った元カレと、半年を超えた辺りから、たまに倦怠期がきましたよ。

やはり、お互いが一緒にいることに安心してきた時に自分に甘くなってなのか、相手のことを分かってきたからこそ倦怠期はきました。

 

経験談2

女性
(女性19歳:倦怠期間約1年)

大学進学、高校受験など、環境の変化があるときや、ストレスが溜まっているとき。

受験中はなかなか会えなかったり、進学先で揉めたりすると、この人でいいのだろうかと迷ってしまって倦怠期におちいってしまう。

大学進学するとウキウキしてはめを外してしまう。

 

経験談3

男性
(男性20歳:倦怠期間約2ヶ月)

お互いが忙しく会える時間が少なくなる時。

そのような時に、ストレスを発散するはけ口がなかったり、相手の事を思える時間が短くなるとそうなりやすいと思う。

また、会えたとしてもお互いが疲れており、充分にお互いの時間を楽しむことができない。

 

経験談4

男性
(男性21歳:倦怠期間約2カ月)

互いが忙しく、すれ違いがあるときです。

会えずにいると、冷めてしまうからだと思います。

他の異性にも目がいきがちです。

また逆に会いすぎている、朝昼晩いつでも一緒というのも、倦怠がやってくるタイミングだと思います。

 

経験談5

女性
(女性22歳:倦怠期間約3ヶ月)

私が倦怠期を迎えたのは、付き合って11ヶ月経った頃でした。

付き合って1年を迎える直前くらいでした。

ちょうど受験とかさなり、お互い勉強に集中したいという理由でした。

受験もあり、お互い少し気持ちが冷めていました。

<スポンサーリンク>

経験談6

女性
(女性22歳:倦怠期間約1ヵ月)

お互いがお互いと一緒にいることを当たり前と感じ始めた頃に倦怠期がやってきやすいと思います。

長い付き合いになると何度も仲が良い時と倦怠期を繰り返しますが、比較的仲が良く不安もなくなり平和な頃に倦怠期がやってくるとも思います。

 

経験談7

男性
(男性24歳:倦怠期間約2ヶ月)

倦怠期は会う頻度が多かったり、満足してしまうと来てしまうような気がします。

学生のように毎日顔を合わせていたり、週に何度も会っている、同棲してるから常に一緒にいるなど、そういった状況だとどうしても飽きてしまうのだと思います。

 

経験談8

女性
(女性24歳:倦怠期間約1ヵ月ほど)

よく言われている3ヵ月ごとです。

長くいればいるほど、夫婦だと家も一緒なので毎日一緒にいるので1人の時間が欲しいと思ったり、このままでいいのかなって考えてしまう時期が私の場合3ヵ月たった頃でした。

ちょっとした事でもイライラしてしまったり相手のすることに嫌な思いをしたりしました。

 

経験談9

女性
(女性28歳:倦怠期間約1ヶ月)

3ヶ月、半年、9ヶ月、1年と、3ヶ月置きに来ると言います。

相手や自分の行動や言葉や、いろんなことによりますが、私は半年以内に一回は来ました。

会いすぎてたり、相手がいてることが当たり前になるとダメだと思います。

<スポンサーリンク>

経験談10

男性
(男性28歳:倦怠期間約1年)

私の場合、地元のデートをする場所をだいたい行き尽くして、いろいろなイベントごとが一周したなと感じらようになってきた頃、そしてエッチにドキドキ感がなくなり、マンネリになってきた頃にしだいと倦怠期へ突入していきました。

 

経験談11

女性
(女性31歳:倦怠期間約1週間から6ヶ月)

思い通りにいかず上手くいかない時になりやすいような気がします。

頑張っても頑張っても上手くいかず達成しないで焦りだけが増していき思い通りにいかない歯がゆさも増し、『どうでもいい。』『もういやだ。』と、諦めちゃう時に倦怠感を強く感じなにもしなくなる日が増えてきます。

 

経験談12

男性
(男性31歳:倦怠期間約5ヶ月)

一緒にいる時間が増えてしまいって、必要以上の会話が増えた時に、会話の話題が途絶えることが多くなり、それが倦怠期を促してしまったり。

相手以外に何か夢中になる事が出来てしまって、そちらにばっかり気がいってしまい、会う回数が減ってしまい、そのまま相手との熱量が落ち倦怠期になってしまう。

 

経験談13

女性
(女性32歳:倦怠期間約6ヶ月くらい)

何年も一緒にいると、ここはいいかなぁと自分が相手に対してやってあげたりしたいと思う気持ちが減って来る事が増えたりすると、お互いがなぁなぁになってしまう事により、喧嘩が増えると思います。

タイミングは何年かの積み重ねだと思います。

 

経験談14

男性
(男性33歳:倦怠期間約1ヶ月)

倦怠期というのは何も恋人や夫婦の関係のみで訪れるものではありません。

大好きだった趣味も少し飽きたり、仕事だってルーチンに気づくと嫌気が差すものです。

それらと同じように、男女関係に於ける倦怠期も主に同じような生活が続いてしまった時に訪れるのです。

毎日一緒にいたり、毎日電話をしたり、毎週会う約束をしていたりと、同じことの繰り返しになってしまうとやって来るものだと思います。

 

経験談15

男性
(男性35歳:倦怠期間約半年)夫婦がお互いになれすぎてきた頃が一番倦怠期がくる頃だと思います。なれというのは必ずくるので、倦怠期も必ずくるものです。

旦那さんの場合は、毎日が同じ事の繰り返しで家に帰っても特に奥さんと話す事もなく、家に帰りたくないと思いだした時期が危険です。

奥さんの場合は、子育てや仕事に疲れているのに、旦那さんが特に手伝う事もなく、徐々に一緒に寝る事が少なくなってきた頃が倦怠期に突入かなと思います。

実際にうちはそうでした。

<スポンサーリンク>

経験談16

男性
(男性35歳:倦怠期間約1か月)

倦怠期は付き合う中や一緒に生活をしていく中で、お互いの良い面だけでなく、悪い面であったり、自分が生きてきた中ではなかったが、相手の生活の中にある文化のようなものに触れた時に訪れると思います。

急に来るものではなく、積み重なってきたものが何かの拍子に弾ける様にしてくるものだと感じています。

 

経験談17

女性
(女性39歳:倦怠期間約2週間)

まずは付き合い始めてから3ヶ月~半年のどこか、1年~3年のどこか、このあとは倦怠期というより空気のようになります。

しかし、付き合い始めてから7年から10年経った際に倦怠期と変革期の合わさったようなものが来て、長らく一緒に居たのにここで別れるカップルが私を含めて多いと感じます。

 

経験談18

女性
(女性40歳:倦怠期間約2年)

結婚してから最初の1年は楽しく過ごしていましたが、しだいに会話の数も減り、すれ違いも増えて夜の生活も減っていきました。

一緒にいることが当たり前になってきたころです。

何の緊張感もなくなり、家族になってきたからだと思います。

 

経験談19

男性
(男性55歳:倦怠期間約3ヶ月)

子供が幼い頃は、夫婦で協力し合って共通した目標を持てていました。

しかし、子供が手がかからない様な年齢になると、夫婦の会話も話題不足になっていきます。

それまでの生活が育児中心だったから、その生活のスタイルが変化するタイミングは要注意です。

張り合いを失ってしまった二人は、すぐには新しいスタイルに馴染めないと思います。

その時期に倦怠期が訪れやすいと感じています。

 

経験談20

男性
(男性60歳:倦怠期間約4,5年くらい)

お互いに仕事とか子育てで忙しくなり、毎日の生活に忙殺されているタイミングで来やすいと感じます。

すれ違いが多くなり、お互いに対して不満がたまったりすると、相手に期待しなくなります。

そうすると居ても居なくても変わらなくなり、それが続く事で倦怠期に入るような気がします。

 

アンケートに答えてくださった方々、ありがとうございました。

★こちらも読まれています

倦怠期の乗り越え方を経験者20人に聞いてみた

彼女が友達を優先する!そんな時の彼女の心理とは?

同棲に対して感じる不安8選!この不安を解消できる?

結婚生活の幸せエピソード20選!幸せを感じる条件とは?

遠距離恋愛の辛いコト10選!離れても交際を続けるべき?

<スポンサーリンク>