お化粧をめんどくさいと感じる理由や心理20選!

化粧 めんどくさい

ここでは、お化粧をめんどくさいと考える理由や心理についてまとめています。

今回は「あなたが「お化粧がめんどくさい」と考える理由について具体的に教えて下さい。」というアンケートを20名の方に実施し、それぞれ答えていただきました。

参考にしてみて下さい。

<スポンサーリンク>

めんどくさいと感じる理由1

男性
(男性 20歳)

化粧をするとなると、朝忙しいときにも時間を取らなくてはならないし、余裕を持とうと考えると、起床時間も早めなければならないからです。

さらに、化粧を落とすことも考えるのであれば、最初からしなければ良いだろうと考えます。

また強い雨が当たったり、汗をかくというだけでも落ちている心配がありますし、それによっていちいち化粧を直さなければなりません。

そう考えると、化粧品を常に携帯していなければならず、荷物が増えてしまうということも化粧がめんどくさいと考える理由です。

 

めんどくさいと感じる理由2

女性
(女性 22歳)

私は少し潔癖症な部分があり、化粧品のボトルや容器、メイクボックス、パフやスポンジなど…とにかくメイク用品全てを除菌シートで拭いてキレイにしてからそこで初めてメイクに入ります。

そのため、メイクをしようとすると自分の顔をキレイにする前に周りをキレイにしなくちゃいけないなと気が引けてしまい、結果的にメイクをするのが面倒になってしまいます。

仕事へ行くときはメイクは、人としてしなくてはならないため頑張れますが、休日はいつも気が引けます。

 

めんどくさいと感じる理由3

女性
(女性 24歳)

ベースを塗って粉をつけたら、真っ白で変になるのです。

やはり、アイメークやチークもしなくてはいけないというように、どんどん塗り重ねないといけないのが面倒くさいです。

一度失敗すると、化粧落としで拭かないと化粧がとれませんので、やり直すのが嫌です。

また、汗や皮脂で化粧が取れてきたときに、塗り直しが必要になってくるので化粧道具を持ち歩かないといけないのも面倒くさいです。

化粧直しをしても、元どおりに化粧ができるわけではないので余計に変になることもあります。

そして、化粧を落とすためにクレンジングをするのが手間で面倒くさいです。

 

めんどくさいと感じる理由4

女性
(女性 25歳)

朝の時間がメイクにかける時間が長くなることにより、より時間が必要になるためです。

また、日中はメイクの崩れが気になったり、帰宅後はメイクを落とす必要があるのも、めんどうに思います。

メイクをしないほうが肌に良いと思うので、なるべくメイクしないようにとも考えているのもあります。

帰りが遅くなった日でも、メイクしてると落とさないと肌が荒れるので、落とさなきゃと思いますし、簡単なメイクならすぐ落ちます。

アイメイクをしっかりしてしまうと、落とす時間も増えてしまうので、めんどうになります。

 

めんどくさいと感じる理由5

女性
(女性 27歳)

わたしがお化粧がめんどくさい理由は、仕事柄マスクをしているためあまり顔が見えず、お化粧の意味があまりないからです。

わたしは現在保育士として働いているのですが、乳児クラスは基本的にマスク着用のため目元しか見えていませんし、相手も赤ちゃんです。

なのでお部屋の先生方達もナチュラルメイクが多く、しっかりメイクをしているとぎゃくに浮いてしまいますし、仕事が終われば買い物に行き家に帰るだけ。

ですのでお化粧の必要性を感じませんし、朝はすこしでもゆっくりしたいのでお化粧がめんどくさいです。

<スポンサーリンク>

めんどくさいと感じる理由6

女性
(女性 29歳)

元々メイクは苦手で、ナチュラルメイクをしています。

なので、メイクをしても大して変わらないので、コンビニくらいならメイクしなくても良いかなと思ってしまいます。

だから短時間の外出や、大して重要ではない人に会う時などでも、きちんと下地からメイクしなくてはいけないのがめんどくさいです。

また、帰ってきてすぐに寝たい時でも、メイクをしてると一度メイクを落として顔を洗ってと、すぐにベッドに倒れ込めないのが苦痛です。

 

めんどくさいと感じる理由7

女性
(女性 29歳)

はじめに、顔を整える為に女性だけ鏡に10分以上居なければならないのは、かなりの時間のロスです。

その上、洗顔も時間がかかり、洗い残しがあれば肌が荒れてしまうというトータルで人生を大幅に損するものと考えます。

例えば、お化粧の上手い人は綺麗に見せられるかもしれませんが、プロ並みに知識を入れ、かつ長時間の化粧する時間を考えると、芸能人以外はほぼ無駄で中身の空の女性を作りかねない、最悪の風習じゃないかとずっと感じております。

 

めんどくさいと感じる理由8

女性
(女性 29歳)

ファンデーションを塗っても、すぐにシワの隙間に入ったり、顔に馴染まずに浮いてきます。

時間をかけて塗っても、次に鏡を見た時には落ちています。

アイラインをきれいに塗っても目の下が黒くなるだけだし、口紅もすぐに落ちるので、時間をかけても同じだと思ってしまいます。

化粧が落ちるからと目を触らないようにしたり、何も食べないようにしたり気を使うのがめんどくさいですし、トイレに行くたびに化粧直しをしなければいけないのもめんどくさいです。

 

めんどくさいと感じる理由9

女性
(女性 30歳)

化粧水が皮膚に染み込むまで時間がかかることです。

さらに、塗り重ねるという作業が時間がかかって面倒に感じます。

また慣れるまでうまくメイクできず、なかなか出かけられなかったり、そのメイクの出来具合でイライラしたりするのも気分が萎えます。

道具が増えてかさばったり、粉などがまった後の掃除も億劫です。

化粧品の匂いも好き嫌いがあり、アレヤコレヤ考え選ぶのも面倒に感じてしまうことがあります。

朝の忙しい時間にせかせかしながら化粧すると、塗り残しがあったりと恥ずかしい思いすることもあります。

 

めんどくさいと感じる理由10

女性
(女性 32歳)

朝はご飯の支度をしたり、洗濯したりとバタバタしてしまいます。

そうした家事を終えてから出勤準備をしていますが、いつもお化粧をする時間があまりありません。

始めの頃はアイラインのメイクもちゃんとしたり口紅もつけていましたが、仕事中はお化粧を直す時間もなく口紅はいつのまにかとれているし、アイメイクもあまりしてもしなくても変わらないような気がしてから、ふと化粧する意味あるのかなと思ってしまいました。

そうした理由でお化粧がめんどくさいなって思ってしまいます。

<スポンサーリンク>

めんどくさいと感じる理由11

女性
(女性 34歳)

もともと私の職場は女性ばかりの職場で、なおかつ私が一番の若手であるため、特に体裁に気を使う風土ではありません。

そういう状況において、朝はやくから起きて、お化粧をするのが本当にめんどくさいです。

それならばノーメイクで出勤すればいいじゃないかと思うかもしれませんが、電車通勤でもあり、流石に学生でもないので、ノーメイクで屋外に出て行く自信もありませんので、そこがダブルでめんどくさいです。

未だ独身でもあり、どこで運命の男性と出会うかもしれない中、やはりお化粧は続けています。

 

めんどくさいと感じる理由12

女性
(女性 34歳)

化粧をしてもあまり変わらないような気がするからです。

気になっているところが肌や目の大きさではなく、クマや顔の形だからかもしれません。

化粧でなかなか隠しにくいところで、頑張って化粧をしても大きな変化は感じられません。

もし劇的に可愛くなるとか、自分好みの顔に変わるならそれほど面倒に感じないかもしれませんが、元々の雰囲気が変わらないのでファンデーションとリップくらいでいいかなと考えたりします。

朝の忙しい時間もかなり取られるので、面倒に感じます。

 

めんどくさいと感じる理由13

女性
(女性 35歳)

お化粧をしても綺麗にメイクすることが出来ないし、時間をかけてしまうことが嫌です。

年々顔色が悪くなってきたので、最低限、チークは塗るようにしています。

基本的にはカラーを付ける事はありません。

お化粧品も安くはないし、顔を良くしても変化に気づかれることもないので、お化粧をしなくてもいいように思ってしまうのでほとんどしていません。

お化粧顔になって、頻繁にメイクも直しもしたくありません。

お化粧をしなくてもいい顔を目指しています。

 

めんどくさいと感じる理由14

女性
(女性 37歳)

休みの日で外に出ない日はお化粧をしません。

お化粧をする時間も勿体無いし、お化粧品を使って減るのも勿体無い。

それに化粧をすると布団の上などでゴロゴロしたり、顔をすりつけたり出来ないので全然リラックスできません。

お化粧をすると神経を集中させることにもなるし、コンタクトに付け替えないといけない。

何よりそれが一番めんどくさいです。

私は視力がとにかく悪いので、裸眼では鏡に映る自分の顔が見えないからです。

全ての要素がお化粧をすることのめんどくささに繋がるので、私は休日や外出しない日はお化粧はしない事にしています。

 

めんどくさいと感じる理由15

女性
(女性 38歳)

まず、朝急いでいる時にしなければならないところです。

そんなにメイク時間は長くないとは思っていますが、その分寝たいです。

かと言って、ノーメイクで外に出るのも嫌です。

乾燥気味な肌なので 洗顔からファンデーションを塗るまでにスキンケアの工程が何度かあることもめんどくさいです。

メイクもそんなに知識があるわけではないのでワンパターンになりがちで、アイメイクがいつもうまくいかなく朝からイライラします。

いつかフェスパックを貼って剥がしたらメイク完了‼︎なんて商品出ないかなぁと思っています。

<スポンサーリンク>

めんどくさいと感じる理由16

女性
(女性 40歳)

お化粧の仕方がよくわからず、頑張ってお化粧してもあまり変わらないので、やる意味があるのかと思ってしまいます。

特に、アイメイクは目に入ったり目が痛くなるのが怖くてなかなかできません。

前髪で顔を隠して、メガネをかけてごまかしてしまおうと横着します。

口紅は血色が悪いとまずいと思い、外出する時は一応ぬりますが、飲み物や食べ物につくのが嫌でできることならぬりたくないです。

お化粧を落とすのもなかなか落ちなくて、肌にストレスをかけているように感じます。

 

めんどくさいと感じる理由17

女性
(女性 41歳)

お化粧がめんどくさいと感じるようになったのは、お化粧しても結局はキレイになれないと気づいたという気持ちの問題とそもそも化粧が苦手という2つの理由からです。

高価なファンデーションを塗って顔の造形は変わらないですし、顔の印象を大きく左右すると言われるアイメイクは不器用な自分には難しすぎます。

アイメイクをすれば見違えるほどの美人になると分かれば努力もしますが、そうでもないので頑張るどころか段々とめんどくさくなってしまいました。

 

めんどくさいと感じる理由18

女性
(女性 42歳)

いろいろ変えるのもめんどうなので、毎日同じものを同じように使うのですが、同じ仕上がりにならないところがめんどうです。

例えば眉毛。

自眉を活かして、眉墨で書くのですが、長さも太さも角度も1日として同じにならないです。

面倒なので入れ墨にするのも考えましたが、時代によって太いものが流行ったり細いものが流行ったりします。

それに対応できなさそうなので入れ墨はやめました。

テンプレートも気に入ったものがありません。

ビューラーも毎日同じように力を入れますが、毛が成長しているせいかまつげが思い通りに折れ曲がる時とちっとも折れ曲がらない時があります。

毎日同じことをするのに朝に時間を取られるのが面倒です。

ファンデーションも、肌のコンディションが毎日違うので合わせて塗るのがわずらわしいです。

いっそのこと、一瞬で着けるだけで終わる自分の顔のお面があればいいのにと思います。

 

めんどくさいと感じる理由19

女性
(女性 43歳)

まず、コストがかかります。

お化粧するためにはまず化粧品を揃えなければなりません。

化粧下地、ファンデーション、アイブロウ、口紅など、様々なアイテムが必要です。

また、時間もかかります。

お化粧を始めて完成するまでにはある程度の時間を取られます。

先に挙げたような化粧品を買うのにも。

一日の終わりにはメーク落としもしますので、かなり費やしていることになります。

さらに、当然これらについて労力を割いています。

このようなことから、お化粧を面倒だと感じることがありますね。

お化粧の習慣がなくなれば楽だろうと思います。

 

めんどくさいと感じる理由20

女性
(女性 47歳)

全てが面倒くさいです。

女性だからという訳ではないですが、若い時はそれなりに化粧をして、顔が変わる事に嬉しさを感じていましたが、年を取るにつれ肌のはりやこしがなくなってくると、あまりアンチエイジングに固執しすぎることに、違和感を覚えてきました

その考えになってくると、簡単な化粧さえも意味がないものに感じてきて、面倒くさくなってきました。

美しさを求めると、”もっと”と思う事が面倒くさくなってきたのかもしれません。