大学を欠席するときに連絡は必要?|風邪や法事の時は?

大学 欠席 連絡

大学では、高校までと異なり、履修する授業自体が基本的に自由選択です。

そして、授業に出席するか否かも、すべて学生の自由となっています。

しかし、いくら出席が自由だとしても、さすがに欠席には連絡が必要なのではないかと気になる方もいるでしょう。

そこで今回は、大学の授業を欠席する際に、教授に連絡する必要があるか否かについてまとめてみました。

<スポンサーリンク>

 

欠席連絡は基本的に必要無い

いきなり答えになりますが、大学の授業を欠席する際、教授に連絡する必要はまったくありません。

そもそも、大学の授業は百人単位で行われることがあるほど、学生の人数が多いのです。

したがって、教授もいちいち学生一人一人の事情について配慮する余裕はありません。そんなことをしていれば、キリが無いからです。

大学を欠席する際に、わざわざ教授に連絡する必要は無いと知っておきましょう。

 

ただし、部活動などの公欠は別

出席点が成績評価に含まれている場合、授業を欠席すれば、当然成績は落ちます。

もっと詳しく⇒大学の単位の仕組みを分かりやすく徹底解説します!

しかし、部活動の試合などが理由で授業に出席出来ない際に、成績や単位が落ちてしまうようなことが有れば理不尽ですよね。

そんなことが多発すれば、部活動に加入する学生は大幅に減ってしまうでしょう。

なので部活動の試合など、やむ負えない理由で授業を出席する際は、欠席が「公欠」として出席扱いとなります。

ちなみに、部活動以外にも、「出席扱い」扱いとなる欠席理由はあります。

 

「出席扱い」になる可能性がある場合

〇電車の遅延

電車の遅延によって授業を欠席してしまった場合は、遅延証明書を教授に提出することで、教授に「出席扱い」として認められる場合があります。

大抵の場合、電車の遅延を出席扱いにするか否かは、授業始めのオリエンテーションにて各教授が話してくれると思います。

オリエンテーションの時点で、電車の遅延を欠席理由として認めてくれる教授なのか否か、しっかり確認しておきましょう。

そして、認めてくれない教授であれば、多少の出席点については潔く諦めましょう。

 

〇インフルエンザなど

「インフルエンザ」や「胃腸炎」などの病気にかかってしまった際は、授業に出席してしまうと他の生徒に病気を感染させてしまうかもしれません。

このように病気が理由の場合は、教授が欠席を出席扱いにしてくれることが多々あります。

教授からしてみても、出席点のために無理をして授業に出席されても困るわけですから、出席扱いと認めざる負えないと言えるでしょう。

 

〇各種イベントなど

冠婚葬祭などによる欠席を出席扱いにしてくれる教授は、珍しい部類に入ります。

近親者の葬祭であれば、欠席を出席扱いにしてくれる教授は多いですが、結婚式に出席するという理由で公欠を出してくれる教授は、”神”であると言えるでしょう。

また、その他「成人式」などのイベントに参加する際も、公欠の許可を出してくれる教授は稀であると言えるでしょう。

 

〇その他教授が認めた場合

上記の場合以外でも、教授が認めさえすれば、欠席を出席扱いにすることが出来ます。

学生の出席を最前線で管理しているのが教授なのですから、教授にさえ認められれば、どんな理由であっても出席扱いの許可を得ることは可能であると言えるでしょう。

上記の場合以外で、やむ負えない事情によって授業を欠席するのであれば、教授に相談してみましょう。

 

単位が危ない時は、教授に連絡するべし

単位を取るうえで、出席点が非常に重要な役割を果たす場合があります。

具体的には、出席点重視の「楽単」と呼ばれる授業を履修している場合です。

これら出席点重視の授業では、一回の欠席が、その授業の単位ゲットの命運を分けてしまう場合すらあるのです。

寝坊などによって、単位のためにも決して休めない授業を欠席してしまった場合は、ダメ元でもいいですから教授にまず連絡しましょう。

連絡というよりは、交渉ですね。

人情深い教授であれば、もしかすると欠席を出席扱いにしてくれるかもしれません。

もちろん、出席のみに関わらず、レポート課題の締め切りを過ぎてしまった場合などでも有効な手段です。

このような小さなことを積み重ねることによって、単位を守ることが出来るのです。

基本的に、大学の授業を欠席する際に教授に連絡は必要ありませんが、単位がかかっている場合は例外として、出来るだけ速やかに教授に連絡しましょう。

そして、フル単を目指して、なるべく授業には出席しましょう。

フル単は大学生にとって当たり前?|メリットはあるのか

 

★こちらも読まれています

大学に行きたくない時に考えて欲しい5つの対策

免許合宿の楽しい事まとめ!学生は合宿で免許を取るべき?

大学を辞めたいという時に考えるべき3つのこと

単位を落とした時にやるべき3つの事|留年を避けるには?

<スポンサーリンク>