綺麗好きな方が気をつけている事とは?20人に聞いてみた

綺麗好き

今回のテーマは、「綺麗好きな方が日常生活で気をつけている事」についてです。

キレイ好きな方は、日常生活の中のどんな事が気になるのでしょうか。

「あなたのキレイ好きエピソードや、日常生活の中で特に気になる事について具体的に教えて下さい。」というアンケートを行い、まとめてみました。

参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

 

エピソード1

女性
(女性20歳)

日常生活で一番気になるのは、カーペットのホコリや床の淵などのホコリなどです。

また、よくカーペットの上に小さな子供がいるので、お菓子やご飯などが散乱してる事も気になります。

何度も掃除機やコロコロをしてもすぐに散らかってしまうため、気になってしまい何度も掃除をしています。

床の淵のほこりは、掃除機をかけていても、よく見ると淵には取り切れてないホコリなどがあるため気になってしまい、片手に掃除機、片手に綿棒を持って淵のホコリを取っています。

特に、取りにくいホコリなどは自分で工夫して取って綺麗にしないと気が済みません。

 

エピソード2

女性
(女性20歳)

私は自分の部屋にカーペットを敷いています。

掃除機は毎日のようにかけているのですが、掃除機では取り切れないカーペットに絡まっているごみが気になり、コロコロを使ったり、ガムテープでとったりします。

また、それでも取り切れないものもあるため、端から素手で取っていくこともあります。

テレビを見ていたり、音楽を聴いていたりしても、ごみが落ちていたらいったん中断して掃除をし出してしまいます。

特に私は髪の毛が抜けやすいため、1本でも落ちているとすぐ掃除をしだします。

 

エピソード3

女性
(女性22歳)

実家暮らしの時は、汚いのなんて気にしたことなかったのですが、結婚して家事をするようになってから、様々なところの汚れが気になるようになりました。

特にキッチン周りは料理のたびに掃除してます。

料理が終わったら、必ずコンロ周り、コンロを専用の洗剤で拭かないと気が済まないです。

あとは、水回りですね。

洗面台などは、旦那さんが髭剃りなどをしたカスなどが溜まるので毎回掃除してますし、水アカができたら、酷くならないうちに必ず擦ります。

掃除機などもテレビ台などの後ろや、タンスの後ろなど全て動かして掃除します。

 

エピソード4

女性
(女性24歳)

日常の中で手を洗う回数が多いです。

帰宅後や食事を作る前はもちろんですが、食器を洗ったあとや布巾を触ったあとでさえも手を洗います。

雑菌や食中毒などが気になるので、どうしても手を洗う回数が増えます。

また、洗濯物を溜めると不潔な気がして、洗濯機も頻繁に回しています。

部屋の隅に埃がたまるのが嫌で常にチェックしていますし、拭き掃除も気になったときにはこまめにしています。

お風呂上がりには清潔な状態でいたいので、用事を出来るだけしないで済むように家事をしています。

 

エピソード5

女性
(女性27歳)

私が日々の掃除で一番こだわるのは「床磨き」です。

特にきれい好きというわけではなかった私ですが、息子が生まれ家中を徘徊するようになった数ヶ月前より、気が付けば空き時間に床を磨くようになりました。

基本的には息子が就寝してから玄関から寝室まで水拭きを行います。

市販の掃除グッズを使わない理由は、とにかく安全でありたいからです。

最近では「赤ちゃんにも使える」「環境にやさしい」などと書かれた商品ももちろんありますが、一番安心できるのはやはり水拭きなのではないか、と自分で考えこまめに掃除することを心がけています。

 

<スポンサーリンク>

 

エピソード6

女性
(女性28歳)

私は、外から帰ったらすぐに玄関で靴下やストッキングを脱ぎ、そのままお風呂場に直行して、足を洗います。

そこで、外に着て行った洋服も脱ぎます。

外に着て行った洋服で、ベッドに座ったり、ソファーに座ったりすることは絶対にありません。

そのほか、バッグを床に置いたりすることもありません。

でも、友達が家に遊びに来ると、バッグをテーブルに置いたり、食べ物を触った手で、ソファーやリモコンに触ったりするので、帰ったらすぐに掃除をします。

 

エピソード7

男性
(男性28歳)

とにかく気になるのが床に散らばる髪の毛です。

「1日掃除をサボるだけでこんなに抜けるのか」という程に落ちています。

お風呂上りにドライヤーをかけた後はコロコロが欠かせません。

しかも、普段ほとんど入らないクローゼットの中や、洗濯した服にまで付いていて、何故なんだろうと思いながらもコロコロしてしまいます。

また、お風呂場の排水口にもびっくりするぐらいの髪の毛が詰まっていて、綺麗さを気にするよりも自分の頭髪の将来まで気にしてしまいます。

 

エピソード8

男性
(男性32歳)

汚い手で大事な物を触られることが嫌なため、とにかく手袋や手を洗ってから触れます。

また掃除も頻繁に行っており、小さな埃が溜まればアレルギー性鼻炎の影響が出るので、小まめなケアが必要です。

ベッド下やダイニングテーブルの下はとにかく汚れが気になる場所であることから、清潔に保つことを意識しています。

綺麗好きと潔癖症の中間的な位置を保つことで、ストレスなくきれいな部屋が保てると思います。

したがって、キレイ好きは良いことだと言えます。

 

エピソード9

女性
(女性32歳)

部屋の中が「散らかっている」という状態が気持ち悪く感じるので、いつでもすっきりとした状態を保つようにしています。

特に気になる場所はリビングや寝室など普段過ごす場所です。

基本的に下に物を置かないように気を付けているのと、出した本や道具などは使った後はすぐにもとの場所に戻すように心がけています。

また食器なども使ったらすぐに洗い、乾いたらすぐにしまうようにしています。

掃除機も可能な限り毎日かけ、常にリビングと寝室は「すっきりしている」を保っています。

 

エピソード10

女性
(女性33歳)

夜に積もったホコリを取りたいので、朝起きたら、まず床をクイックルワイパーで拭きます。

これをしないと気がすみません。

部屋自体を掃除しやすいようにしていますし、埃の出やすい布製品を極力排除しているのですが、それでもホコリはとれますね。

どこから来るんだろうと思ってしまいます。

また、やる気が起きないときはとりあえず手の届く範囲を拭くことにしています。

気になりだすと次々と気になることが出てくるので、延々とどこかを拭いていることが多いです。

 

<スポンサーリンク>

 

エピソード11

女性
(女性34歳)

基本的にキレイ好きで、家の至るところの除菌が気になる性格なのですが、最近特に気になっているのがキッチン周りの除菌です。

水道の蛇口や戸棚の取っ手、電子レンジや冷蔵庫のドアなど良く触る場所は、一度触ったら必ず拭かないかと気が済みません。

しかも雑巾は何度も使うのが不潔な気がするので、使い捨てのクロスを使います。

一度触った場所は、エタノールを薄めて作ったお手製の除菌スプレーを使って、隅々までクロスで拭いています。

あまりに頻繁に除菌するため、除菌スプレーがすぐに無くなってしまいます。

 

エピソード12

女性
(女性36歳)

床や、テレビ台、家具に少しでも埃があると気になって掃除機や雑巾をかけずにはいられません。

毎日必ず掃除します。

トイレも頻繁に掃除しないと気持ち悪いです。

玄関も必ず雑巾がけします。

掃除機は特に1日に2回かけることもあります。

「周りからは大人二人だから汚れないでしょ。」と言われますが、気になってゆっくりできません。

朝、掃除に2時間はかけるようにします。

また、主人の実家はあまり掃除しない習慣のため行くと必ず赤く湿疹がでてしまいます。

家は綺麗じゃないと気がすみません。

 

エピソード13

女性
(女性43歳)

部屋の中は片付いている方がやはり落ち着きますし、気分的にいいものです。

キレイ好きと当てはまるかどうか自分では判断できませんが、やはりキレイ=片付けることにより、心も整理整頓されたような気持ちになります。

日常において気になる点は、ゴミ箱の中にあるゴミ三角コーナーのゴミです。

この2点はとても気になります。

また、毎日使用する洗面所も髪の毛が落ちてないかなど必ず見る場所です。

家族で共有する場所なので清潔にしておきたいですし、心がけたいなと感じています。

 

エピソード14

女性
(女性47歳)

私は四角い物が大好きで、四角い棚や四角い箱に物を分類し、縦横なるべく合わせてしまいます。

気づけばお皿も四角いものばかり買っていて、デットスペースができると気になります。

日常生活で気になるのは、使ったものが元の位置に戻されないこと。

あるべき場所にあるべき物がないと、大変不便さを感じます。

なるべく物を探すことがないよう、使いぱなし出しっぱししないよう家族に言ってますが、なかなか難しいです。

また、物があちこちあると生活動線の邪魔になることもあるので、後回しせずその都度片付けるを心がけています。

 

エピソード15

男性
(男性47歳)

部屋が散らかったことがないですね。

脱いだ服を床に置かれただけでイラッときます。

部屋に人を入れたくないレベルです。

ほこりが溜まる水平部分は、毎日拭き掃除です。

洗濯や洗車も好きです。

お風呂上がりは、掃除します。

外出時は、ルンバに任せているので楽になりました。

たまに床をモップで水拭きし、乾いたらワックス仕上げをしています。

また、潔癖症にはコロコロローラーは欠かせません。

掃除してると、心が落ち着きます。

 

<スポンサーリンク>

 

エピソード16

男性
(男性52歳)

僕はフローリングのワックスがけに気を配っています。

ワックスがけした後のあの光沢とすべすべ感は感触良くて気持ちがいいですね。

ワックスがけに心掛けて実践していることは週に一度だけ必ずやるってことです。

毎日やる必要はありません。

フローリングのワックスがけは一度かけると一週間くらい持つので、それくらいの間隔でワックスがけするようにしています。

一度ワックスがけしてワックスの効き目がなくなるのが大体一週間くらいなので、週一ペースでワックスがけしてます。

 

エピソード17

女性
(女性55歳)

物を片付けるとスペースができ、そこに「良い気」の流れができると本で読みました。

運気をアップさせようと思い、物を捨てるか整理しました。

何年も使わないくたびれたバッグは処分し、服も大分捨てました。

床に置いてあった雑誌や本は本棚に入れたところ、部屋がスッキリとしました。

部屋が綺麗になると頭までスッキリしてきて、ストレスもあまり感じなくなりました。

物を出した時は元の場所にしまう習慣もできたため、いつも綺麗な状態です。

運気アップってこんな小さな何気ないことだったんだと今は思っています。

 

エピソード18

女性
(女性56歳)

髪の毛が1本でも床、絨毯、洗面所などに落ちているのがいやなので、一日に2回掃除機をかけてそのあとクイックルワイパーで掃除をする。

シンクの水滴であとが付くのがいやなので、洗い物をするたびにすべて拭き取る。

台所、リビング、自分の寝室では、今必要でないものを、常に閉まって何もでていない状態にしたい。

玄関周り、車庫で近所の葉が1枚でも落ちていると気になるので、ときどきチェックして落ちていたら拾うを繰り返している。

 

エピソード19

女性
(女性60歳)

外から家に帰ったら手洗いうがいは必ずするは基本でしょうか。

外に着ていったものは色んな汚れがついていると思っているので、外着と部屋着は完全に分けています。

それから、バッグは絶対に直接床(地面)には置かないよう気をつけています。

子供にもそう教えて育てました。

床にバッグを置く人は少なくありませんが、靴を履いて歩く場所にバッグを置くのはどうしても不衛生なイメージがあり、出来ません。

バッグは膝の上に置きます。

それが出来ない時は、床に持ち歩いているチラシなどを敷いてその上に置きます。

使ったチラシは後でゴミとして捨てます。

よく汚いと言われているパソコンのキーボードやケータイ、眼鏡などは毎日磨いています。

神経質だと言われようとも、これらのこだわりは捨てられません。

 

エピソード20

男性
(男性67歳)

私は外出しても公衆トイレを利用することができません。

もし必要に迫られて利用する場面に直面しても、必ず、ホテルや百貨店を利用させていただきます。

公衆トイレに清潔感を求めること自体がおかしなことと思われるようですが、汚れていたり、臭ったりしてとても使用することが出来ません。

中には奇麗なところもあると思いますが、最初から利用することはまずありません。

ただし、我慢ができる範囲であることを申し上げておきます。

外出先でのトイレの利用は、安心して、ゆっくりと気分よくホテルや百貨店を利用するに限ります。

 

★こちらも読まれています

友達付き合いがめんどくさい!そんな時の対処法まとめ

専業主婦が暇な時間にしている事10選!おすすめは何

義母を嫌いな理由9選と対処法|うざい姑との接し方とは?

チキンクリスプの値段が安い理由とは

<スポンサーリンク>