高校生だけど友達がいない!そんな時の対処法とは?

高校 友達 いない

一般的に、人生の中でもっとも青春を謳歌できるとされている高校生活。

社会人になってから知り合った友達との関係は、どうしても一線引いたものになりがちですが、学生時代からの友達は、社会人になった後でも本音で話しやすいものです。

つまり、高校時代に気兼ねなく話すことが出来る友達を作っておくことが、その先の人生においてとても重要になるのです。

しかし、高校生だけど友達がいない!と悩んでいる学生の方々も多いでしょう。

そこで今回は、「高校生だけど友達がいない」と悩んでいる方々が、友達を作れるようになるための具体的な対処法をまとめてみました。

参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

 

まずは自分を変えてみよう

1.積極的に話しかけてみる

積極的に話しかけてみる友達がいないからといって、うじうじ悩んでいるだけでは状況は変わりません。

まずは挨拶から積極的にしていきましょう。

周りに話しかけづらいと感じているときは、最初の一言をかけるのにハードルが高く感じて躊躇してしまうものです。

しかし、1度話してみると、今までどうして話しかけなかったんだろうというくらい、すんなり会話できるようになることもあります。

挨拶は人としての基本です。

クラスメイトに「おはよう」、「さようなら」は必ず言いましょう。

 

2.周りに合わせてみる

周りに合わせてみる友人がいない人は、協調性がなかったり自分勝手だったりすることがあります。

「私は協調性がある」と思っている人でも、1度努力して周りに合わせることを試してみてください。

決して自分を殺して我慢しなさいということではなく、はじめの一歩として無理矢理にでも相手に合わせることも大事です。

 

3.部活に参加してみる

部活に参加してみる人との交流がしやすい部活に参加してみましょう。

クラスメイトだけでなく、他のクラスの生徒や先輩とも話す機会が生まれます。

クラスに話の合う生徒がいない場合でも、部活を通して気の合う仲間と出会うかもしれません。

また、部活でみんなと同じ目標に向かっていくことで団結感も生まれます。

 

<スポンサーリンク>

 

学校以外の場所で友達を探す

1.地域のサークル、イベントなどに参加してみる

地域のサークル、イベントなどに参加してみる学校以外の場所、地域で開催しているサークル、イベントなどで興味のあるものに参加してみるのも一つの方法です。

ボランティアやスポーツなど自分の興味のあるものから選べますし、同世代だけではなく大人が参加している場合もあります。

高校生の時に同世代以外の友人関係を築くというのはイメージがつきにくいかもしれませんが、学校という狭い世界の中から視野が開けるきっかけになります。

 

2.インターネットを通じて友人を探す

インターネットを通じて、友人を探すインターネット上のSNSなどを利用して探す方法もあります。

SNSの中には趣味や興味のあるカテゴリーごとにグループが作成されているものがありますから、話題の合う人との交友関係が作りやすいでしょう。

直接顔を合わせていないから気軽に話せる場合もあると思います。

ただ、顔が見えない人との交流は注意も必要です。

個人情報や金銭を狙っている人物には充分注意しましょう。

 

趣味など別のことを充実させる

趣味など別のことを充実させるどうしても友達ができずそのことを思い悩んでしまっているなら、趣味や夢など別の夢中になれることを探して打ち込むのも良いと思います。

一人の時間を楽しめれば、友達がいないこともさほど気にならなるでしょう。

人生の中で高校生の3年間なんてとても短い時間です。

思いつめてしまって人生を楽しめないなら、友人にあまりこだわらずに自分の人生の貴重な時間を有意義に使う方法を見出しましょう。

 

家族に相談する

家族に相談する一人で抱え込んでいるなら、家族に相談する方法もあります。

たとえば両親なら、過去に自分と同じような境遇で解決方法を見出した可能性もあると思います。

同じような性格だから分かり合える、アドバイスし合えることがあります。

兄弟がいれば兄弟の交友関係に自分が参加することもできます。

家族に友達がいないことを伝えるのは恥ずかしさもあると思いますが、1番親身になってくれるのはやはり家族です。

一人で悩むよりも理解してもらって一緒に解決方法を見出しましょう。

 

まとめ

いかがでしょうか。

まとめると、自ら主体的に行動することが、友達を作ることにつながるということですね。

「今まで友達が出来なかったのは、出会いが無かったからだ」と考え、積極的に行動してみてはいかがでしょうか。

高校時代の思い出は一生ものです。

「積極的に友達の輪に入るのが恥ずかしい」という方もいるかもしれませんが、一生後悔をするよりも、一時の恥の方がマシだと私は思います。

どんどん行ってみましょう。

<スポンサーリンク>