”クラタス”がアメリカの技術者からの挑戦を受けるらしいぞ!!

あのメガボッツ社からの巨大ロボ対決を「クラタス」を保有している水道橋重工が引き受けました。

これでついに夢物語だった、国をまたいだ有人巨大ロボ対決が見られます!!!

メガボッツ2号機(メガボッツ社)vs クラタス(水道橋重工)   

 

<スポンサーリンク>

 

※この記事を読まれる前に、まずは以前にアメリカの「メガボッツ社」から”クラタス”を有する日本の「水道橋重工」へ送られた、以下の決闘状についての記事を読まれることをおすすめします。

【海外の反応】”クラタス”にアメリカの技術者から決闘状が届く。

 

メガボッツ社からの決闘状

SUIDOBASHI HEAVY INDUSTRIES! MegaBots, Inc. challenges you to a duel!

You have a giant robot, we have a giant robot – we have a duty to the science fiction lovers of this world to fight them to the death.

訳: 「”おい水道橋重工!!お前らが巨大ロボを保有していて、我々も巨大ロボを保有している。

俺たちにはこの世界の科学フィクションを愛する奴らのために、メガボッツとクラタスのどちらかが大破するまで闘わせる義務がある。

我々メカボッツ社はお前らに決闘を申し込む!!”」

 

水道橋重工、決闘を受ける

Megabots, thank you for issuing the video.

On behalf of Japan, we accept your challenge. But on one condition: That melee combat be a part of the fight.

Organize the duel, Megabots, and we’ll be there to battle it out. This duel stands to go down in history as the world’s first giant robot battle.

Let’s make sure it’s something for the historians to write about.

訳:「勇気ある挑戦ありがとう、メガボッツ。

我々は日本代表として君たちの挑戦を受けよう。

ただし、戦いは格闘戦だ。

世界初のジャイアントロボデュエル。これはおそらく歴史に残るだろう。

それにふさわしい強力なバトルをしようじゃないか。

さあ、準備をはじめよう。」

 

<スポンサーリンク>

 

海外の反応

●海外のyou

「クラタス」は武器の一部としてドリルを装備すべきだ。

そう、あの「グレンラガン」のようにね!!

 

●海外のyou

なんてこった。

俺はアメリカ人だが日本を応援するのは悪いことなのか?

 

●海外のyou

↑畜生!!

俺たちはみんな日本が勝利に近いと思ってるんだ!!

 

●海外のyou

↑もちろんだ。

結局日本は俺たちの大好きな国なのさ。

 

●海外のyou

↑問題ない。

日本は巨大ロボットに関してはヤバすぎる。

 

●海外のyou

↑日本と巨大ロボット対決・・・。

スマートな賭けになりそうだぜ。

 

●海外のyou

日本が決闘を受けるだと!?

戦いが始まるな。

来年が楽しみだぜ!!

 

●海外のyou

↑今、ロボットの多くのパーツが”MADE IN CHINA”になるんじゃないかと心配している。

 

●海外のyou

見ろ!!

日本のロボットはもうガンダムになってるじゃないか!?

アメリカよ、安らかに眠れ。

 

●海外のyou

UFCやボクシングは昔のものとなる。これこそが未来の戦闘スポーツだ。

 

●海外のyou

技術が日常に合わせるんだ、たまたま日常が技術に合わさっただけだ。

 

●海外のyou

めっちゃ楽しみ!!

 

●海外のyou

↑これは本当なんだよな!?

誰か俺に教えてくれ、これはホントにホントなんだよな!!

 

●海外のyou

アメリカが日本にロボットファイトを仕掛けた。

なんで俺たちアメリカはこんなにひねくれてるんだ。

 

●海外のyou

↑問題ない。ロボットは日本文化の一部だ。

それに他国の文化に挑むのは俺たちの性だろ。

思い出せ、ジョージが一度フランスのフェンシングチャンピオンに勝ったことをな。

 

●海外のyou

↑それに最近ではサッカーでも「なでしこジャパン」に勝って優勝したぞ。

 

●海外のyou

夢が実現する?

ナイトメアたちはいたんだ!!!

翻訳元:https://www.youtube.com/watch?v=7u8mheM2Hrg

 

水道橋重工がメガボッツ社の決闘を受けたため、海外ではたくさんの驚きと期待がコメントに寄せられていました。

(半分ぐらい元ネタが分からない・・・。)

準備期間を約一年間設けるそうなので、決闘が本当に実現するのは一年以上かかりそうですが、レッドブルあたりが協賛して大々的なイベントにして欲しい・・・。

それにしてもまさかの格闘戦で引き受けるとは。

巨大ロボ同士の格闘戦の迫力はきっとものすごいでしょうね。

一年の期間でお互いにどんな魔改造を施してくるのやら・・・。

今後に注目です!!!

<スポンサーリンク>