ママ友はいらない!という子育て経験者20名のアドバイス

ママ友はいらない

ここでは、ママ友はいらないという子育て経験者20名のアドバイスについてまとめています。

今回は「あなたがママ友はいらないと考える理由について具体的に教えて下さい。」というアンケートを、子育て経験者の方々20名に実施してまとめました。

ママ友との人間関係に悩んでいる方々は多いですが、あえて「ママ友は必要ない」という観点に立つことも役に立つはずです。

ストレスを抱えながらママ友と交流することは本当に必要なのでしょうか。

参考にしてみて下さい。

<スポンサーリンク>

ママ友はいらない!という方々の意見まとめ

経験談と意見1

女性
(女性 27歳)

ママ友はよくグループで一緒にいることがあり、リーダー的存在の人の機嫌を損ねると、そのグループにいられなくなります。

自分だけが仲間外れにされるのは構いませんが、子供も仲間外れにされることもあるので、ママ友がいて子供の交友関係が悪くなるのはかわいそうだと思います。

あと、結局ママ友は上辺だけの関係なので、家事や子供のことで毎日忙しいのにママ友にまで神経を使うと考えるとめんどくさいので、ママ友に気をつかいながら生活するのであればいない方が自分が楽だと思います。

 

経験談と意見2

女性
(女性 28歳)

子どものためにはママ友は沢山いた方が良いと思います。

その方が子ども同士が友達になったり、コミュニケーション力があがると思うからです。

ただ、その為に、早く家に帰って家事をしたいのに付き合いだからと週に何度もカフェでお茶したり、井戸端会議をしたり、気持ちも入ってないのに女子会をしたり、他のママさんの悪口を聞かされたりと、とても無駄に感じます。

時間がもったいないので、それなら家事をしたり自分の趣味に時間を費やしたいです。

 

経験談と意見3

女性
(女性 28歳)

ママ友は年齢の幅が大きく、あくまでも子供を通しての付き合いなので、子育てや結婚に関する価値観が違うことが多々あるためです。

友達や職場の同僚であれば、価値観が異なれば距離をおけばすみますが、子供同士が仲が良かったり、相手のママ友が発言権のある方だといやいやでも付き合わなければならずに非常に苦痛ですので、であればそもそも必要ないと思います。

子育てに関する愚痴や相談は、家族や友人、同僚でも十分ですし、本音を隠して、嫌でも我慢して付き合わなければいけない人間関係は築きたくないです。

良いママ友に出会えればよいのですが、そもそも「子供がいる」以外の共通点がない人間同士が仲良くなれる確率の方が低いと思っています。

必ず相手に対するマウンティングもありますし、詳しく生活の事を聞かれて適当ににごすと、根も葉もない噂が広がったりと、常に気を張っていなければならないです。

家族は同じ生活環境で育ってきた価値観の近さがありますし、同僚も同じ仕事を選んでいる時点でなにかしら似通った思いが共通する人も多いと思いますが、子供がいるという共通点だけで他人の家の事情にまで口をつっこんでくる人間関係のわずらわさしさに嫌気がさすので、ママ友は不要だと思います。

 

経験談と意見4

女性
(女性 29歳)

子どもを通じてだけ関わる友だちはいらないです。

子どもが小学校なら上がったら疎遠になるような人は、そもそも友だちじゃないと思っています。

実際にママ友がいる人の話を聞いても、お互いに気を使いあっていて、すごく面倒くさそうで全然メリットを感じられませんでした。

もともとの友人も同じくらいの子どもを育てている子が多いし、そういう友だちのほうが話も合うし、気を使わなくていいので楽です。

子育ての相談もママ友にはしたくありません。

 

経験談と意見5

女性
(女性 30歳)

私がママ友はいらないと考える理由は、うちは共働きだからです。

専業主婦の方ですと、グループに所属していないと面倒になることも多いでしょうが、働いていると忙しさを理由に、ママ友グループに属さない言い訳が出来ます

それが原因で何かトラブルになったとしても、自分対グループではなく専業主婦ママと兼業主婦ママとの争いという構図になるからです。

実際、私はママ友はいませんがもちろん挨拶はしますし、特に面倒に感じることもありません。

子ども達だって子ども同士で自然に遊ぶようになりますし、逆にグループに入っているママの方がトラブルが多くて悩んでいる印象があります。

<スポンサーリンク>

経験談と意見6

女性
(女性 31歳)

ママ友たちの人間関係に深入りするのが面倒くさいと感じるからです。

ライバル視されたり、変に絡まれるのなら関わりを持ちたくありません。

なるべく他人とは関わりたくない性格なので、ランチなど誘われることが億劫です。

子供同士で頻繁に遊ばせたがられたりするのも面倒ですし、家に遊びに来てと言われたり、遊びに行かせてと言われるのも心から嫌だと感じます。

あまり親しくない関係なのに、分かったような口をきかれるのも嫌です。

あとは役員の押し付けなどされるのも嫌ですし、面倒な人と関わりたくありません。

 

経験談と意見7

女性
(女性 32歳)

ママ友は、本当の友達じゃなくて、子どものために友達のフリをしているだけな気がするからです。

旦那の職業や持ち家であるか、子どもの習い事で態度が変わったり、マウンティングしあったり、これが友達だとは思えません。

揉め事が起こるところにわざわざ自分から入っていきたいとは思いません。

参観の時などでも一人でいても気にならない。

子どものためにたまにママ会には参加するけど、決して仲良くしようとはしないし、自分のことは話しません。

 

経験談と意見8

女性
(女性 33歳)

ママ友との付き合いは、はっきり言うと面倒です。

子供のことが絡んでいるので、どうしても上部だけの関係になりがちで、逆に親しくなり過ぎると、お互いにトラブルになった際には子供にも影響が出てしまうため、付かず離れずの良い距離感が大事だと実感しました。

実際、子供が小さい頃は私もママ友を作ろうと必死になっていたのですが、毎週のように誰かの家に行ってたわいもないことを話して帰る、という行動にほとほと疲れ切ってしまいました。

別にママ友がいなくても子供はちゃんとお友達を作れますし、あえてママ友を作る必要性はないかと思います。

 

経験談と意見9

女性
(女性 33歳)

集団行動が多いのがママ友の特徴で、そういう人達は一人では何も行動ができない。

今まではママ友作のに必死になっていた時もありましたが、子供も大きくなってきたら子供が小さかった時みたいにママ友が必要情報交換したいと思うことがなくなってきました。

ママ友の集団をみると暇な人達だなと思うようになってきました。

参観やスーパーでもママ友同士で来ている人を見かけますが、そんなに必要なのかなと思ってしまいます。

執着してしまうと揉めた時は大変になるのに・・。

 

経験談と意見10

女性
(女性 35歳)

ママ友っていうのがそもそも意味が分からない。

だって同じ幼稚園や、学校に通わせている親同士なだけでしょ?

なんでそんな必要ないお友達作って、一部だけでわいわいやっているの?

友達として関わっていくのは子供達であって、親はあれこれしゃしゃり出る物ではないと思うんだよね。

自分に賛同してくれるお付きの人がいないと不安なの?

やっぱりどう考えても私には面倒で、なぁなぁしているママ友っていうくくりの人は要らないなぁ。

疲れちゃうでしょ?

<スポンサーリンク>

経験談と意見11

女性
(女性 35歳)

そもそも、保育園に通っているママさん達はママ友はできません。

送り迎えの時間もバラバラです。

迎えの際に話すこともありますが、基本忙しいのでゆっくりお茶をしながら…なんて事はまずありません。

幼稚園に行っているママさん達の話を聞くと、ご主人の仕事、年収、小学校は公立か私立か…等、話題は多岐に渡るそう。

しかし、正直そんな事は知らなくてもどうでもなりますし、話に関わることによりトラブルに巻き込まれている友人を見ると「大変だなぁ…」と思います。

付き合いたい人と付き合えば良いのです。

子供達は勝手に仲の良いお友達を作ります。

その親と良い距離感で話す程度で良いと私は考えます。

 

経験談と意見12

女性
(女性 38歳)

ある程度の年齢になってからは、本当に腹を割って話せるような友達はできないと思っていたほうが、落胆もしないので、ママ友はいらないと思います。

特に、学校や幼稚園など、子供を通じて知り合いになった人とは、夫の職業や収入も違うし、子供の成績なども違うので、下手に気を許して色々と話していると、逆恨みをされたり、他のママさんたちに陰口を言われたりするので、当たらずさわらずという関係でいるほうが結局は良いのだと思います。

 

経験談と意見13

女性
(女性 39歳)

子供が幼稚園の時に実際いたんですが、無理してお付き合いしていたので、卒園と同時に今は一人も連絡をとってません。

子供抜きで考えるといいお母さんはたくさんいましたが、実際は過保護すぎたり、教育方針が違ったり、きつい人には子供のことでマウンティングされたりと、しんどいことがたくさんありました。

またお母さんはいい人なのに、子供が意地悪だったり、乱暴だったりと子供が苦手で避けたお母さんもいました。

しんどい思いまでして無理して付き合う事はないと、この時に学びました。

 

経験談と意見14

女性
(女性 40歳)

ママ友と話をしていても、いつも誰かの悪口ばかりです。

いつも嫌な気持ちになります。

自分の家は収入が少ないとか、子供は頭が悪いとか言って自分は下手に出ておき、相手のことはやたらと褒めちぎり、そして謙遜し合います。

疲れてしまい精神的に良くありません。

一度、学校の参観の時、体調が悪くて誰とも話さずに帰ったことがあります。

とても気楽で帰宅後の疲れもほとんどありませんでした。

それ以来なるべく一人でいるようにしています。

とっても楽です。

学生時代の友人がいるので、あえてママ友は必要としません。

 

経験談と意見15

女性
(女性 40歳)

家事で忙しい時間帯に、ママ友ランチなど集まりが苦痛です。

子育てに関する情報ならまだしも、噂話や、テレビの話、身にならないことが多い気がするからです。

また、ママ友同志の派閥やいじめなどもよく聞きます。

そういうことに巻き込まれたくないですし、嫌な気持ちになりたくないです。

子供が大きくなったら100%付き合いが無くなるのに、そういういざこざで神経をすり減らしたくないです。

自分の気心知れた友人と、家族がいてくれれば十分です。

<スポンサーリンク>

経験談と意見16

女性
(女性 42歳)

娘が産まれ、育休の間は、公園頑張って行ったりして、なんとかママ友を作り、その時、3人の方と会えば話しをする程度の関係ができました。

なんとなくママ友を作らなきゃと思い込んでいたんですよね。

その後、育休が終わり、会社は復帰し、子供は保育園に預け、当時のママ友とは顔も合わせなくなったため関係は終了しました。

すごく楽になった気がしました。

娘は、育てにくい子供なので、ママ友とその後も付き合っていたら、子供が迷惑かけて、大変だったと思います。

今中学生ですが、娘関係のママ友はほぼいません。

たまーに寂しいなとも思いますが、気楽でいいとも思います。

ママ友は無理に作る必要はないなと思ってます。

 

経験談と意見17

女性
(女性 42歳)

一人も必要はないとまでは思いませんが、女性が大人数になれば性格がいい人ばかりではなく必ず人の悪口を言ったりばかにしたりする人がいるので、必要以上の人数のママ友はいらないと思っています。

ママ友が全くいないと学校を休んだ時などに聞きたいことが聞けないので、自分と合う最低限の人とは付き合っていますが、広く浅く付き合っても全くいいことがなく、嫌な気持ちになることのほうが多いので、そんなママ友ならばいらないと思っています。

 

経験談と意見18

男性
(男性 42歳)

以下のようなことが実際あり、ただでさえ育児に疲れているのに余計な人間関係の悩みまで背負い込むことなったため。

・子供同士の相性が悪く、疎遠にしたいがうまい理由が見つからない・仲良しだったが、ノロウイルスにかかったまま家に遊びに来て嘔吐。

母親、0歳の娘ともに感染。

・娘の友達A、その友達B、その母親B親の関係で、私とB親の関係があまりよくなかった。

しばらくすると友達Aに悪口を言ったらしく娘とAまでが疎遠に。

 

経験談と意見19

女性
(女性 42歳)

1人の方が気楽だからです。

子どもの学校に行った時に世間話を出来る程度の友達がいたらいいかもなぁと少しは思ったりもしますが、それよりもママ友付き合いの煩わしさの方がまさっているので、ママ友は作らないというポリシーを貫いています。

正社員で働いてるから時間がないのも一因かもしれません。

せっかくの休みの日にママ友達とランチをするくらいだったら、家族とのんびり過ごしたり、1人で好きな場所に出掛けたりと、誰にも気兼ねなく過ごしたいです。

 

経験談と意見20

女性
(女性 58歳)

今は社会人になった息子と娘の二人の子供を育てました。

フルタイムの仕事を持っていましたので、保育園・小学校・中学校・高校と保護者会やPTAの集まりには最小限しか参加できませんでした。

保育園は仕事を持っているお母さんばかりだと思われるかもしれませんが、案外そうでもなく、朝一番に子供を送って行って、夕方も一番遅くに迎えに行くお母さんはほんの少数派でした。

ママ友を作る時間や機会がなかったせいで、べったりとした関係のママ友はいませんでしが、なんの支障もなく保育園生活を送ることが出来ました。

ただ、送迎時間によく会うお母さんとは自然と仲良くなり、情報交換をすることもありましたが、お互い忙しいのでおしゃべりに興じる時間はありませんでした。

小学校になると参観日にはママ友の塊(数人のグループ)が授業を見ることなく、廊下でおしゃべりに夢中になっている光景がありました。

ママ友たちは働いているお母さんのことを快く思っていないようで、PTAの役員選挙で暗躍し、彼女らの策略で6年生の時の役員に選ばれてしまいました。

卒業する年度の役員は多忙で、アルバム作り・卒業式の挨拶・謝恩会などの行事が目白押しでしたが、淡々とこなすことに徹しました。

ママ友の助けなど別に不必要で、仕事でやっているように事務的に処理すれば簡単なものでした。

ママ友を作る必要などまったくありません。

何かのきっかけで、親しくなるお母さんが一人や二人できるものです。

大勢で群れて無駄話に興じたり、その群れの中の人間関係に一喜一憂するなんて馬鹿馬鹿しいことです。